BMW 6シリーズ M6グランクーペ グレードごとに魅力をまとめてみた!

BMW6シリーズM6グランクーペ

時代が選んだ4ドアスポーツクーペ、その究極系とも言えるのがM6グランクーペです。

年々セダンの需要が減ってきていますが、2ドアスポーツクーペの需要もあまり伸びていない。その中間の4ドアクーペは、スポーツ車の中で最も望まれている形と言えるでしょう。

また、ボディタイプだけでなく「高級車にはラグジュアリー感と快適さを求めたい」という需要も大きいです。グランクーペのボディ設計は、2ドアクーペより高級感と快適性を高めやすいと言えます。

逆に2ドアクーペのような本格的なスポーツモデルとも言えるタイプの車は、そういった需要に応えるのが難しく、扱いづらいんです。

ラグジュアリー感を残して快適性重視の落ち着いた雰囲気を出しつつ、中身は本格的なスポーツモデルにするというのがM6グランクーペの狙いと言えます。

そんなM6グランクーペの特徴や魅力を、これからじっくり見ていきましょう。

6シリーズ M6グランクーペ グレード表

グレード名 価格
M6Gran Coupe 18,910,000円
M6 Gran Coupeコンペティション・パッケージ装備車 19,500,0000円程度

コンペティション・パッケージ装備者の価格が曖昧なのは、日本BMW公式ページに記載が無いためです。

プライスリストに書かれておらず、装備内容などの記述も無く、カタログにも記載がありません。あるのは緒元だけなんですよね。

日本向けの公式情報はゼロに等しいため、しっかり販売されているかどうかも定かではありません。各地BMWのページにも価格は記載されていないため、気になる方は各個人で問い合わせてみると良いでしょう。

M6グランクーペのグレードは、ほぼひとつだけと言えます。

各グレードの特徴や違いを解説

M6グランクーペは19000万円近い超高級車ということで、その性能と装備が気になる人が多いでしょう。価格を知ってしまうと、どうしても知りたくなりますよね。

装備内容は後で詳しく述べるとして、まずは性能について語りたいと思います。

M6 Gran Coupé

M6グランクーペに搭載されるのは、4,394ccのV型8気筒DOHCエンジンです。

最高出力は412kW/6,000rpmで、最大トルクは680Nm/1,500~5,750rpmとなっています。数値を見るだけでも、凄くハイパワーなエンジンだということがわかるでしょう。

グランクーペに求められるのは、「市街地での快適な走行」と「走りで遊べる加速の楽しさ」だと思います。前者については、これが本当に完璧なんですよ。最大トルクは1,500rpm以上で発揮され、発進してすぐに巡航速度に達します。

その後は本当に楽です。アクセルをほとんど踏み込むことなく流れを牽引できる速度になるため、アクセルワークにはあまり気を配らなくても良い。

ステアリング操作も楽で、あらゆる制御システムが働いて曲がりやすいようにできています。足回りも堅牢すぎず、やわらかすぎずでちょうどよく、すべてが快適な走りを支えているんです。

そして何より! 後者、加速の楽しさですよ。

モード選択を全てスポーツ走行寄りのモードにすると、動きが軽快になってサイズと重量が変わったのではないかと錯覚してしまいます。

そしてアクセルを踏んだその瞬間に、どこまでも届くようなカッコイイ咆哮を上げ、血の気が失われるような加速Gに体と意識が車に取り込まれるんです。

窓の景色の流れが速すぎて見えなくなってくると同時に、意識は完全に車と同化したような気分になります。

とてつもなく恐ろしい走りをするのに、ステアリング性能やグリップ、トラクションコントロールの調整が秀逸なためか、操りやすい。

「これが、人馬一体なのか」と思い知らされる車です。

おそらく、世界で一番疲れないハイパワーマシンなのではないでしょうか。

M6 Gran Coupé コンペティション・パッケージ装備車

コンペティション・パッケージ装備者は、足回りに専用チューンを受けた車ということです。

同時にエンジンを少しパワーアップしており、更にレースチックな走りを楽しむことができます。ここまでくると、もう「スポーティ走行」ではなく「レース走行」ですよ。

エンジン性能は最高出力が423kW/6,00rpm、最大トルクは通常仕様と同じです。

どこがどうレースチックなのかは、装備の項目で語りたいと思います。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

楽しさと快適さの両方を高い次元で実現した、とても高い性能を持っているM6グランクーペ。これだけでも価格の高さに納得ができそうなものですが、やはり装備内容が気になるところです。

そこで、今度は装備を基準にしてM6グランクーペの特徴を語ります。

なお、装備内容はWEBページやWEBカタログから抜粋したものです。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • カーボン・ファイバー製ルーフ
  • Mドア・ミラー
  • 20インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング433M
  • アクティブMディファレンシャル
  • Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム
  • ローンチ・コントロール
  • Mダイナミック・ダンピング・コントロール
  • Mダイナミック・モード
  • Mサーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • M Drive
  • BMW ConnectedDrive
  • BMWドライバー・サポート・デスク
  • BMWオンライン
  • BMWリモート・サービス
  • BMWナイトビジョン
  • BMWヘッドアップディスプレイ
  • HDDナビゲーションシステム

コンペティションパッケージがレーシング性能が高いと述べましたが、装備を見る限り、基本的にM6全体がレーシング性能が高く作られているようですね。

レース性能が高いという匂いが、エクステリアの「カーボン・ファイバー製ルーフ」から既に、漂っています。

このルーフの素材は、カーボンファイバー強化樹脂というもので、これを使うことによって車両重量を抑えて重心を低くすることができるんです。

その恩恵はコーナリングや加速の際に感じられ、他の素材のルーフの車より扱いやすくなります。

重心の低さはスポーツ走行の基本ですね。

また、カーボンセラミックブレーキも特徴的です。これはモータースポーツの技術の応用で実現したもので、鋭いレスポンスと優れた制動性、耐熱性を誇っています。

腐食や磨耗に強くて高温にも耐えられるため、超高速で走っていても、ビッタリと止まってくれるというわけですね。

こういった基本的な設計から、既にスポーツ走行向きに作られているんですが、足回りはスポーツ走行と普段使い両方の安定性を高めるように作られています。

たとえば、M・ダイナミック・ダンピング・コントロールです。

走行状況に合わせて「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ・プラス」と、ダンパー特性をシームレスに調整することができます。

コンフォートは快適にゆったり走りたいとき、スポーツ走行は少し遊び心が沸いてきたとき、スポーツ・プラスは思い切り飛ばしてみたいときに最適な足回りに調整されるんです。

また、Mダイナミックモードを使うことによってDSCがほとんど介入しない、車両横方向・前後方向の加速度の許容範囲が大幅に広がった走りを体験することもできます。

言うなれば、リミッター解除ですね。

こういった装備が搭載されていることによって、M6グランクーペは快適な走りと遊びの走りの両方をより良く楽しむことができるようになっているということです。

そして、コンペティション・パッケージはそれを更に極めた形となっています。

ただ、グランクーペであるからには走りだけじゃなく、快適性や利便性も追求したいですよね。

利便性や快適性のほとんどの要素は、BMW ConnectedDriveやサポートデスクなどのサービスに委ねられています。サポートデスクとBMWオンライン、リモートサービスが個人的には特に便利だと感じていますよ。

運転しながらテキスト読み上げでニュースを聞くことができたり、目的地の天気やホテルの位置情報なども検索できます。そして、スマートフォンアプリを使えば、BMWを遠隔操作できるんですよ。

たとえば、夜間の駐車場で車を見つけづらいときにヘッドライトを点滅させたり、エアコンを車外から起動させたりできます。

こういった部分が、M6グランクーペの高級感ですよね。室内の雰囲気や質感などももちろんゴージャスでラグジュアリーなんですが、それ以前にシステムや機能、サービス関係が充実しているところが非常にBMWらしくあり、高級車らしくもあります。

コンペティション・パッケージ装備車

ダンパーとスプリング、そしてアクティブMディファレンシャルが専用チューンされています。

ダンパーとスプリングはとにかく高速域での走行が前提となった堅牢なもので、ゆったりとした走りはあまり前提となっていません。

ただ、超高速で走るのであれば、これほど適した足回りはBMWの中だとなかなか無いでしょうね。乗用と遊びの両方を兼ね備えたMシリーズの中で、完全に遊びに特化しているというのが面白いところです。

アクティブMディファレンシャルに関しては、スタビライザーやブッシュが強化されていますよ。

また、ブラッククローム仕上げのデュアル・エキゾースト・テールパイプも装備されます。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・装備と色々な側面からM6グランクーペの特徴を見てきましたが、知れば知るほど面白い車ですよね。

高級車なので、これくらい面白くなきゃあなという感じはありますが、BMW最強の4ドアクーペと言っても過言ではないほどです。

そんなM6グランクーペを、独断で評価してみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
M6 Gran Coupe ☆☆☆☆ 快適性と加速性能の両方を最大限楽しみたい方へ。
M6 Gran Coupeコンペティション・パッケージ装備車 完全にスポーツ性能に振り切れた車が欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

M6 Gran Coupéの評価

4ドアクーペは、セダンと比べれば日本の車社会でも需要が高めのタイプです。

最も需要があるのはワゴンなどですが、「それは実用向きすぎるよ」という人は、4ドアクーペを選ぶ傾向があります。実用向きと遊び向きの中間で、そのどちらにも振り切れないのが魅力的なんですよね。

M6グランクーペは「Mシリーズ」の仲間であるため、どちらかと言えば「スポーツ性」「遊び」に比重が大きく傾いています。それでも普段使いを華やかに彩りたい、実用にも使いたいという需要を捨てていないのが魅力です。

圧倒的なパワーを誇る性能を活かせば、誰よりも楽に、誰よりも速く市街地を駆け抜けることができるでしょう。時々遊び心に任せて加速してみれば、後続車が一気に離れていく快感を気楽に味わうことができます。

ひとたび街を離れて高速に乗れば、誰から見てもモンスターマシンという鋭い加速ができる。圧倒的な加速Gは慣れないとキツイですが、スピードマニアも思わずニッコリどころか高笑いしてしまうほどです。

M6 Gran Coupé コンペティション・パッケージ装備車の評価

コンペティション・パッケージの魅力は、圧倒的なレーシング性能です。ただ、これはM6グランクーペの魅力と相性が若干悪いんですよね。

特に日本においては、M6グランクーペにわざわざデフォルトで硬い足回りの調整をする車を選ぶかというのが、疑問点になります。

この車の足回りは、コンフォートモードでも硬いため、市街地をゆったり走るのには不向きです。

そうなると、誰のための車なのかということになりますよね。

普段使いに向かないなら、何のための車なのだろうかと、そして誰のための車なのだろうかと疑問を投げかけたくなるものです。特に車文化の衰退気味な日本社会においては、その疑問が顕著。

結局、コンペティション・パッケージはサーキットを走るための車で、サーキットを走らせたい人のための車なんです。

6シリーズ M6グランクーペの総合評価

M6グランクーペは、BMW最強の4ドアクーペだと個人的には思っています。

快適性と高級感重視の方でも、スピードマニアな方でも満足できる性能と装備を持っていて、実用も遊びも楽しむことができるというのは大事なことです。

車は遊びを突き詰めたとしても、レースカー以外は移動手段であるということを忘れてはいけません。

どれだけ高級でハイパワーな車でも、一般に向けて販売されているなら、それは同じです。1900万円程度の価格だからと言って、完全マニア向けにすれば購入者数は激減するでしょう。車の持つ役割や意味が、ひとつ減るからです。

M6グランクーペは一見して取っ付きにくいかもしれません。

「グランクーペって?」「もうすぐ2000万円の大台に乗るなあ」「性能高すぎるな」

こうやって特徴を細かく見る前には、そのようなことが頭をよぎったかもしれません。ただ、実際に中身まで知ってみれば、案外乗る人のことをよく考えた高級乗用車であることがわかりますよね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です