BMW 6シリーズ M6クーペ グレードごとに特徴をまとめてみた!

BMW6シリーズM6クーペ

速いだけじゃ、高性能とは呼べない。柔軟で、快適で、それでいて速いのが高性能なのだ。

それこそがM6クーペであり、これこそがBMWの追い求めるスポーツ車なんです。強力な加速力だけでは、M6は名乗れません。

高性能とは実用性と加速力との両立を、どちらも高いレベルで実現することです。「高性能で実用的ですよ!」という車は数多くありますが、これほどまで高いレベルの車は多くありません。

どちらかと言えば加速力や趣味に偏りがちなクーペですが、その中で最大限実用性を高めているんです。

そんなM6クーペの特徴を、グレードごとに紹介していきましょう。

6シリーズ M6クーペ グレード表

グレード名 価格
M6 Coupe 18,540,000円
M6 Coupeコンペティション・パッケージ装着車 19,000,000円程度

コンペティションパッケージ装着車の価格が曖昧ですが、価格差は40万円から50万円程度だと考えられます。

価格が曖昧なのは、日本BMW公式ページにコンペティション・パッケージ装着車の価格の記載が無いためです。諸元だけは書かれているのですが、それ以外の情報はゼロに等しいんですよ。

販売されているかどうかも定かではないため、一応紹介はしますが、無いものと考えても良いかもしれません。

実質的にはグレードはひとつだけということですね。どうしても気になる方は、自分の地域のBMWのお店に問い合わせてみると良いでしょう。

各グレードの特徴や違いを解説

M6クーペの「高性能と実用性の両立」というのはどういうことか、性能と装備の両方から詳しく語ります。

装備に関しては後ほど詳しく見ていくとして、まずは性能から「高性能と実用性の両立」をメインテーマにして、見ていきましょう。

M6 Coupé

M6 Coupeのエンジンは、4,394ccのV型8気筒エンジンです。その最高出力は412kW/6,000rpmで、最大トルクは680Nm/1,500~5,750rpmとなっています。

このエンジンは数字を見るからに高性能なのがわかりますよね。車に少しでも詳しい方なら「V8」と聞いただけで、なんとなくイメージできるでしょう。

もちろん高性能なんですが、それよりも実用と遊びとの両立が凄いんです。

1,500rpmという回転数……走り出してすぐに最大トルクを発揮することができるため、市街地走行程度では「アクセルを踏む」という意識すらなく走ることができます。

アクセルを少し踏んだだけで、その場の道路の流れを生み出すことができるんです。

楽で、とても快適、実用的ですよね。

そして何よりも、日常走行時の扱いやすさが特徴的です。通常これくらい性能の高い車だと、免許取立ての母親が子供の送り迎えに使うということは、しません。

そんなラフな使い方、できないんです。ハイパワーマシンは、怖くて扱いづらいから。

でも、M6クーペはそれができます。コンフォートモードで走れば無茶な速度になることはありませんし、普段使いを想定したダンパー特性が引き出されるため、静かで快適で実用的な走りができるんです。

だから送り迎えにも、買い物にも使えます。

もちろん、他のハイパフォーマンスカーのように恐怖すらも感じる加速感覚を味わうことも可能です。

思い切りアクセルを踏み込んだ瞬間、気が遠くなるほどの強烈な加速Gが体にのしかかり、コーナリング時には恐怖すらも感じるような圧倒的スポーツ走行を楽しめます。

悪魔のようなスピードと走行感覚は、慣れていない人であれば必ず気分を悪くするほど強烈です。

そんな悪魔じみた性能を発揮できるのに、快適なドライブを楽しむことができて気難しさなんて感じさせず、アイドリングストップすらも備えているという……。

まさに高性能と実用性を高いレベルで両立させていると言えるでしょう。

M6 Coupé コンペティション・パッケージ装備車

コンペティション・パッケージ装着車は、足回りに専用チューニングをした車です。

専用チューニングによって「実用性」をどこかに置き忘れてきたような車になるため、BMW全体から見ても若干の異端児と言えるでしょう。

足回りの調整と同時に、最高出力が423kW/6,000rpmと若干向上しているのもポイントです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

高性能なスポーツカーでありながら、子供の送り迎えにも使えてアイドリングストップも搭載……。

どれだけ特徴を詰め込めば気が済むんだと言いたくなるほど、M6クーペはキャラクターが立っていますよね。装備を見る前から、この車の凄さを実感します。

今度は、装備内容を基準にして特徴を語っていきましょう。

なお、装備内容はWEBページやWEBカタログから抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • Mキドニー・グリル(Mロゴ)
  • Mリヤ・スポイラー
  • カーボン・ディフューザー
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • シフト・パドル
  • M Driveボタン
  • フル・レザー・メリノ Mマルチファンクション・シート(運転席・助手席)
  • 19インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング344M[鍛]
  • アクティブMディファレンシャル
  • Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム
  • Mダイナミック・ダンピング・コントロール
  • Mサーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • M Drive
  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能
  • ブレーキ・エネルギー回生システム
  • BMWナイト・ビジョン(歩行者、動物検知機能)
  • BMWヘッドアップ・ディスプレイ
  • HDDナビゲーション・システム
  • アクティブ&パッシブ・セーフティ
  • BMW ConnectedDrive

室内の快適性を作っている装備はいくつもありますが、その主役とも言えるのが「Mマルチファンクションシート」です。

サイド・サポートがしっかりしているだけでなく、座面の高さや沈み込みの深さまでもがしっかり調整されているなと感じさせられます。このシートがあるからこそ、思い切り加速した際の悪魔的な走りに没入できるんでしょう。

このシートが快適だからこそ、普段使いでも苦にならないのかもしれませんね。

それだけでなく、ブレーキシステムの精度の高さも快適性を高める要因となっています。どれだけガンガン速度を出していても、ピタッと止まる。この精度の高いブレーキが無ければ、怖くて加速なんてできませんよね。

また、個人的にはM Driveが気になります。

DSCのモード設定や、BMWヘッドアップ・ディスプレイの表示内容などなど、さまざまな部分をドライバーの好みで設定できるんです。

これによって快適性も上がりますし、エンジンレスポンスやステアリング特性なんかを調整しておくことによって、自分の好きな走りを楽しむことも可能。

そして、それをステアリングホイールに配置されたボタンに記録しておくことができるんですよ。

走りながら、記録しておいた走行モードを呼び出すことができるということですね。

車のありとあらゆる部分を細かく調整できるからこそ、M6クーペは「誰でも扱いやすい車」と言えるというわけです。

免許取立てのお母さんでも、運転に自信の無い方でも、誰でも自分にぴったりな走行モードを設定して、楽に楽しく走れます。

基本的にM6クーペは「安定性の高い実用向けの車」と感じるかもしれませんが、圧倒的な加速性能をギリギリまでリミッターをかけずに楽しむことも可能です。

M6クーペの走行モードには「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ・プラス」の他に、「Mダイナミックモード」というものがあります。

これを使うと、DSCが本当に危ないとき以外ほとんど介入しない、加速度の許容範囲が大幅に広がった状態での走りを楽しめるんですよ。

DSCが普段ほとんど介入しないということは、エンジンの制御を極力しないということです。DSCが介入することで加速量は制御され、エンジンは本来の性能を発揮できませんからね。

それを外すということは、M6クーペ本来のエンジン性能を遺憾なく発揮できるということです。

これまで装備内容を「安定性を高める」「実用性を高める」方向性で語ってきましたが、このモードの豊富さがM6クーペの「走り」に比重を置いている部分と言えます。

装備内容は快適性重視に寄っていますが、エンジン性能とそれを引き出す仕組みでハイパフォーマンスさを強調する……うまくバランスをとってますね。

M6 Coupéとコンペティション・パッケージ装備車の装備比較

専用チューニングされているのは、ダンパーとスプリング、アクティブMディファレンシャルです。これによって足回りが、とてつもなく硬くなりました。

普段使いだと明らかに不快だと感じる程に硬く、実用性と快適性をどこかに置いてきたような走り心地になるんです。

超高速で走らせない限り、意味を成さない設定と言えます。遊びに特化している、走りに特化しているのは面白いですが、需要はほとんど無いでしょうね。

これだけの高級車で利用用途が限定されすぎると、よほどのマニアでない限り手がつけられません。

M6クーペのエンジンで超高速を出せるような道は、サーキットしか無いでしょうしね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

グレード名 評価 こんな人にオススメ
M6 Coupe ☆☆☆☆ 高性能と実用性の両方をとことんまで追求したい方へ。
M6 Coupeコンペティション・パッケージ装着車 サーキットで走らせたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

M6 Coupéの評価

M6 Coupeを購入するなら、まず間違いなくこのグレードになるでしょう。

そのため、コンペティション・パッケージと比べてどうかということよりも、M6 Coupeという車自体の良いところについて語りたいと思います。

M6クーペはMシリーズという、BMWの中でも走りや遊びに重点を置いたシリーズの仲間です。そのため、それらに比重が傾くのは当然。

増してや2シータークーペですから、必然的に「目的の無い遊びのドライブ」を楽しめる車であることは第一条件となります。

ただ、それだけではありません。

誰であっても、どんな場所であっても、走りを最大限に楽しめるように工夫されている点がM6クーペの良いところなんです。

エンジン性能が加速力を高めるだけでなく実用向きであることもそうですし、多彩な設定ができるM Driveもそういった工夫と言えますよね。

「高性能ですよ!」という車は、たくさんあります。

そういった車ばかりがメディアに取り上げられるため、ひたすら高性能を追求しただけの車の方がメジャーだったりしますよね。

ただし、本当に高性能だと言えるのは、ハイパフォーマンスなだけでなく実用性が高く快適である車です。

車は趣味ですが、それ以前に移動手段であることを忘れてはいけません。

高級車になればなるほどそれを忘れがちになるんですが、BMWは1900万円近いモデルにおいてもそれを忘れていないのが、良いですよね。

M6 Coupé コンペティション・パッケージ装備車の評価

コンペティション・パッケージは、M6クーペの高性能ばかり推し出したバージョンです。サーキットで走らせてこれだけの速度が出る、これだけ楽しめるというところに終始しています。

M6クーペというスポーティな乗用車を、本当のスポーツカーとしているといったところでしょうか。

6シリーズ M6クーペの総合評価

セダンや4ドアクーペと違って、2ドアクーペは「遊びの車」というイメージが強いですよね。

だからこそ、クーペでは特にスポーツ性能ばかりに気を取られてしまいます。それは多くのメーカーもそうですし、ユーザーだってそうです。

2ドアクーペはボディ形状的に、室内快適性を高めるのは若干難しいんですよ。

4人乗りの車と違って置ける室内装備の数や種類が限られてくるために、「室内装備充実してるな」という印象を持たせるのに苦労する。だからこそ、メーカーもユーザーも走りにばかり目がいきがちになるわけですね。

M6クーペは、2シータークーペで実現し得る範囲ギリギリで室内快適性を高めています。

実際室内装備と言えるようなものはそう多くはないんですよ。他のメーカーの同じ価格帯の車と比べても、そうです。

ただし、その分運転手が利用できる機能を充実させています。M Driveにしてみてもそうですし、ヘッドアップディスプレイもそうですよね。

非常にうまい装備設定、圧倒的なハイパフォーマンスエンジンが提供する快適性……。それら全てが、M6をスポーティな高級乗用車たらしめているということです。これこそ、スポーツクーペのあるべき形でしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です