BMW 5シリーズ セダン 魅力的なグレードを紹介、徹底解説!

BMW5シリーズセダン

5シリーズセダンは、BMWの王道、これぞBMWだよと思わされる車です。高級車らしい存在感あるスタイリングと迫力、それを威張るわけではなく謙虚にアピールする姿勢が魅力的。静かに威厳を放っているという感じが、痺れます。

クリスタル調のライト周り、ヘッドライトとグリルが一繋がりになったデザイン、平面ボンネット……。

全ての要素がバッチリ調和して、背の低い高級スポーツセダンの印象を演出しています。デザインだけでなく、走りの性能も魅力的で味わい深く、個性的です。

そんな5シリーズ セダンの魅力について、各グレードごとに迫ってみました。どんなグレードがあるのか、どんな走りをしてくれるのか、気になるところを徹底的に解説しましょう。

5シリーズ セダン グレード表

グレード名 価格
523i 6,170,000円
523d 7,130,000円
523i M Sport 7,610,000円
523i Luxury 7,630,000円
530i Luxury 7,790,000円
523d M Sport 7,810,000円
523d Luxury 7,830,000円
530e iPerformance Luxury 7,930,000円
530i M SPort 8,040,000円
530e iPerformance M Sport 8,180,000円
540i Luxury 9,910,000円
540i M Sport 10,050,000円
540i xDrive Luxury 10,220,000円
540i xDive Luxury 10,360,000円

グレード数は全部で十三個あり、その最低価格と最高価格の差は約420万円です。

「523i」「523d」「530i」……と異なる性能・仕様のグレードが多いため、この価格差は納得ができる範囲内でしょう。装備に関しては「M Sport」「Luxury」という名前が共通していれば、ある程度は共通しています。

そのために、523i Luxuryと523i M Sportなど同じ性能のグレードで比べると、価格差は小さいですよね。

また、十三個ものグレードは性能ごとに大きく分けることができます。そのため装備表を見た際には複雑に思えるかもしれませんが、思っているよりも、実際のグレードごとの特徴・違いは単純です。

各グレードの特徴や違いを解説

性能と装備に分ければ、各グレードの特徴・違いは単純だということで、最初は性能の特徴や違いを見てみましょう。

ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドに4WDなどなど、見所が多いですよ。

523i/Luxury/ M Sport

523iは、1,998cc直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。最高出力は135kW/5,000rpmで、最大トルクは290Nm/1,250~4,500rpmとなっています。

見るからに実用向きのエンジンですよね。ガンガン加速して遊ぶには、物足りません。

実用域で考えるのであれば、低速から290Nmもの最大トルクが出て安定感と余裕ある走りができて、高級車の威厳と風格を周囲に放つことができるでしょう。

余裕たっぷりで市街地走行をしているさまは、威風堂々です。

高速道路でエンジンを回して走ったとしても、実用で不満が出ることはあり得ません。

ただ、やっぱり加速感やスピード感を楽しもうと思えば、不満に思う人も多いでしょう。あくまでも、コンフォートな走りを楽しみたい方向けといったところです。

523d/Luxury/ M Sport

勘の良い方は、名前だけで察しが付くでしょうね。523dは、4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載しています。最高出力140kW/4,000rpm、最大トルク400Nm/1,750~2,500rpmで、523iよりも性能は大幅に高いです。

ディーゼル特有のカラカラ音や不快な振動などは、ほとんどありません。120km/hを超えてくると振動が気になりますが、一般道を走る上では快適そのものです。

トルクも出力も比較的低回転で最大になるため、523iより楽に加速できます。特に意識して踏み込まなくても速度が出るし、加速感覚も軽快です。ハンドリングも結構軽めなので、本当に軽く運転できますよ。

優しい走りにも向いていますし、523iと比べればガンガン加速して走るのにも向いています。

快適でジェントルマンですが、スポーティな走りにもしっかり応えてくれて、自分の好きなタイミングで運転の方向性を変えられるのが523dの特徴です。

圧倒的なパワー感と、意のままに操ることのできる感覚。

直進では重厚感のある走りが楽しめて、安定性も高く、優雅に堂々とした走りができる。ハンドルを一度切れば、重厚間が軽快さに一瞬で塗り替えられ、気持ちの良い鋭いコーナリングができる。とても良い、スポーティディーゼルです。

530i Luxury/M Sport

523iと同じく4気筒DOHCガソリンエンジン搭載車ですが、性能が向上しています。

最高出力は185kW/5,200rpmになり、最大トルクは350Nm/1,450~4,800rpmになっているんです。実用域での走行もそうですが、遊びの走行もしやすくなっていますよ。

ディーゼルにも負けないほどのパワー感! 発進時の加速の良さと力強さには、本当に感心させられます。

市街地では523iよりも大きな余裕を感じさせられ、ついつい加速したくなる。高速道路では思わず声を上げたくなるようなスムーズな加速を楽しむことができて、走りを遊んでいる感じがして楽しいです。

アクセルを踏み込むと、4気筒とは思えないほどの気持ち良い感覚と音を感じながら、後続車を一気に引き離すことができます。徐々に周りの景色の流れが速くなっていき、運転の没入感も高まっていくのが面白いところです。

マニアックなほどに高性能というわけではありませんが、スピードマニアでない限り、満足できますよ。

530e iPerformance Luxury/M Sport

523iと同じ性能のエンジンと、ハイブリッドシステムを掛け合わせたグレードです。

元から性能の良いガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせることで、より効率的で面白い走りが実現されています。

ゼロ・エミッション走行もできるし、航続距離を気にせずにガソリンエンジンとモーターアシスト両方を活かして思い切り楽しむこともできる。

動力もハイブリッドなら、楽しみ方もハイブリッドです。

ハイブリッドシステムが加わると、最高出力は185kW、最大トルクは420Nmになります。

トルクはディーゼル並みで、最高出力は530iと同等になるということですね。両者の中間のような性能ですが、iPerformanceの面白さは単純な性能だけでは語れません。

ゼロ・エミッション走行で52.5kmまで走ることができ、効率的なハイブリッド走行ができるのがiPerformanceの魅力です。

インテリジェント・エネルギー・マネジメント・システムが搭載されていて、常に最適な走行モードを予測して自動選択してくれるんですよ。状況ごとに走りが切り替わるため、効率的ですし、なんだか面白いですよね。

自動に切り替わるシステムだけでなく、能動的に運転スタイルを切り替えることもできます。「今日はどんな運転スタイルでいこうか」「今から加速しまくってやろうか」と考えるのも楽しいです。

540i Luxury/M Sport/ xDrive

540iは、6気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。

その最高出力は250kW/5,500rpm、最大トルクは450Nm/1,380~5,200rpmとなっています。540iの走りは、スポーティセダンとはこうあるべきだ、と思えるような王道なものです。

市街地走行では、滑らかなシフトチェンジのおかげか混雑していたとしても、優雅な走りが楽しめます。流れに合わせて最適な走りを常に実現することができるため、都会で走ったとしてもストレスもありません。

発進時の力強さは群を抜いていて、他の追随を許さないほどです。

そして何よりも、高速道路ですよ。

高速道路に乗って、アクセルを踏み込んだ瞬間、水を得た魚の如く、エンジンは本領を発揮します。市街地でなりを潜めていたアクティブさ、元気の良さが表に出るんですよ。

市街地での大人しい走りが嘘のように、野太く気持ちの良い雄叫びをあげながら、スムーズに加速していきます。

この感覚がなんとも味わい深く表現しづらいんですが、圧倒的な太さのトルクの恩恵によるところが大きいということは言うまでもないですよね。

アクセルを踏み込んだ瞬間に感じる太いトルクと、引っ張られるような感覚。周りの景色が一瞬で流れていき、道路に一人だけ取り残されたような錯覚に陥ります。まるで、世界には自分たちしかいないような気すらしてくるんです。

また、xDriveという4WD車を選ぶことができる唯一のグレードでもあります。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの性能を見てきましたが、どのグレードにもそれぞれ個性があるということがわかりました。装備に関してはグレードごとの個性が少ないですが、Luxury・M Sportとで内外装が変わるという個性があります。

そこで、今度は装備を基準として各グレードの特徴を見てみましょう。

なお、装備内容はWEBページ及びWEBカタログより抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/content/dam/bmw/marketJP/bmw_co_jp/pdf/all-models/5/G30I_216_JPN.pdf

全グレード共通標準装備

  • BOWERS&WILKINSダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システム
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(スポーツ、コンフォート、ECO PRO)
  • インテリジェント・スタート/ストップ機能
  • BMW ConnectedDrive
  • ドライビング・アシスト・プラス
  • リモート・コントロール・パーキング
  • パーキング・アシスト・プラス
  • BMWヘッドアップディスプレイ
  • アクティブ・プロテクション
  • DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)

計16個のスピーカーを、入念に考え尽くされた配置箇所に置くことによって、圧倒的臨場感と迫力を実現したサラウンドサウンドシステムが搭載されています。

システム起動と同時に、スピーカーが少し輝くところがカッコいいんですよ。

見た目にカッコいいだけでなくて、音質がとても良い。大迫力なのにうるさくなくて、今そこで演奏が行われているかのようです。

高級感漂う落ち着いたインテリアとマッチして、最高のくつろぎ空間が演出されています。

また、快適なのは室内空間だけではありません。

BMW ConnectedDriveを使えば、便利で快適な機能を利用することができます。

たとえば、BMWドライバー・サポート・デスクがそうです。これを利用すると、四六時中オペレーターと繋がって運転手の代わりに様々な情報を調べてくれます。

たとえば、「近くのレストラン情報」やコンビニ、ATM情報などを調べてもらうことができて、便利です。

一人でドライブする際、助手代わりに使えます。

他にも車から降りてリモコン操作で駐車ができる機能やヘッドアップディスプレイなど、多彩な機能が5シリーズセダンには標準装備されているんです。

複数の安全機能が自動的に働いて、乗員全てを最適に守ってくれるアクティブ・プロテクションなどもあり、安全装備も充実しています。

セダンとして欲しい快適装備や収納、室内装備はもちろん揃っているでしょうし、その他の装備も充実。高級セダンとして恥じない出来と言えるでしょう。

Luxury/ M Sport装備、特徴、異なる点

Luxury M Sport
  • ドア・シル・プレート(Luxuryロゴ、アルミ・インサート、イルミネーション付)
  • ダコタ・レザーシート
  • マルチファンクション・スポーツ・レザーステアリングホイール
  • クローム・アクセント付リモコンキー
  • クローム仕上げキドニーグリル(クローム・バー)
  • Luxury専用エレメント
  • Luxuryエクステリアバッジ
  • エア・ブリーザー(クローム仕上げ)
  • クローム・ライン・エクステリア
  • ドア・シル・プレート(Mロゴ、イルミネーション)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席)
  • マルチファンクションMスポーツ・レザーステアリングホイール
  • シフト・パドル
  • BMW Invidiualアンソロジット・ルーフ・ライニング
  • M Sport専用リモコンキー
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ
  • クローム仕上げキドニー・グリル(ブラックバー)
  • 19インチM・ライト・アロイ・ホイール・ダブル・スポークスタイリング664M
  • (フロント)8J×19ホイール、245/40R19タイヤ
  • (リヤ)9J×19ホイール、275/35R19タイヤ
  • Mスポーツ・サスペンション
  • Mエクステリア・バッジ
  • BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・エクステリア
※両者に違いのある装備を挙げました。

Luxuryは落ち着いた大人のくつろぎ空間といった感じですよね。内外装共に装飾が派手すぎず、色合いも落ち着いていて親しみやすいです。ダコタ・レザーシートの質感と快適感も手伝って、より快適な空間となっています。

M Sportはスポーティで主張の強いデザインのものが多いですが、高級セダンとしての風格や品格も損なっていません。むしろスポーツ性と、それらが調和していて、とても雰囲気が良いです。

両者の違いはほとんど内外装のデザインに関するものですが、M Sportはサスペンションが異なるという大きな特徴もあります。

Mスポーツサスペンションは、元々のサスペンションよりも硬く、高速走行時の衝撃吸収性が高いです。簡単に言えば、ガンガン加速して走らせる際に突き上げ感や段差での衝撃が少なく、なおかつ安定性が高くなるということ。

高速道路で思い切り走らせたいという方には、嬉しいのではないでしょうか。

また、LuxuryでもM Sportでも無いグレードもありますよね。装備内容は全車標準装備に毛が生えた程度のもので、Luxury・M Sportの装備に記載しているようなものは装備されません。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

快適な装備や便利な装備はどのグレードでも一通り揃って、後は内外装の違いだけというのがわかりやすくて良いですよね。性能だけである程度グレードを絞り、その中から好きなタイプのものを選ぶことができます。

ただ、性能で選ぶというのが案外難しいんですよね。そこで、どのグレードがどんな人にオススメなのかを独自で判断してみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
523i ☆☆☆ 実用メインで遊びが少ない方へ。
523d ☆☆☆☆☆ 実用も遊びも本気で楽しみたい方へ。
530i ☆☆☆☆ 実用・遊び両方とも楽しみたいが、ガソリンエンジンのほうが良い方へ。
530e iPerformance ☆☆☆ iPerformanceに少しでも興味ある方へ。
540i ☆☆ 圧倒的な走行性能を楽しみたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

523i/Luxury/ M Sportの評価

快適装備や便利装備がほとんど変わらないのであれば、性能が十分だと感じればベースグレードでも満足できます。LuxuryやM Sportではないグレードも選択できることですし、出来るだけ安く手に入れたいという方にも良いでしょう。

走りが実用メインなら、十分すぎる性能ですからね。

523d/Luxury/ M Sportの評価

実用だけでなくて、走りで遊びたいという方には523dがオススメです。

静かで優しくもスポーティに走ることができ、意のままに操ることができる扱いやすさが523dの魅力。

加速感覚も急すぎず遅すぎずちょうど良く、重厚間と軽快さの狭間にあるような走行感覚も面白いです。

この世界観は、BMW特有ですし、ディーゼル特有でもあるでしょう。

普段は優しく安定した優雅な走りをして、高速道路では思い切り駆け抜ける喜びを味わう。車の楽しさと快適さ、その両方を併せ持ったとても良いグレードです。

530i Luxury/M Sportの評価

523dと同じ目的で購入したいグレードではありますが、ディーゼルとガソリンという違いは案外大きいですよね。

530iの方が立ち上がりも若干早いですし、加速感覚がより鋭くなっています。

優しさと強さの二面性を持ったディーゼルに対して、530iは頑固さの中にキレの良さが鋭く光っているといったところです。

ガソリン車の中では、一番オススメしやすいグレードと言えます。

530e iPerformance Luxury/M Sportの評価

移り変わる走行状況の中、最適な運転スタイルに自分で切り替えることができ、自動で走行スタイルが切り替わるところが530e iPerformanceの面白さです。

路面状況や走っているときの「こうしたい」という気持ちはシームレスに移り変わりますよね。

燃費を節約したいとき、ガンガン加速したいとき、その二つの中間を取りたいとき……。

そんな運転者の気持ちの変化にも応じられるという、良妻賢母な感じが良いんですよね。良い相棒・パートナーとも言えます。

540i Luxury/M Sport/ xDriveの評価

圧倒的な走行性能、世界にただ一人かのような加速感覚……全てが面白い車です。

スポーツセダンとしての完成度が本当に高くて、市街地・高速道路で二つの楽しみがあるというところが魅力でもあります。xDriveが選択できるところも、いいですよね。

4WDが必要な方以外でも、xDriveは普段から走行安定性を高めるシステムなので、選ぶ価値はあります。

BMWのスポーツセダンとしての完成度の高さ、選択肢の豊富さ、個性。

全てがハイグレードなんですが、価格もハイグレードなためオススメ度は低いです。

5シリーズ セダンの総合評価

「これだよ、これがBMWだよ」

5シリーズ セダンは、そう言いたくなるほどのBMWらしい世界観に溢れていて、個性的だけど癖が無く選びやすい車です。そして、「悩んだら5シリーズの中から選べばいいんじゃないか」と個人的には思います。

選択肢が豊富で選びやすく、どれを選んでも過不足がほとんど無いんです。価格帯も600万円台から1000万円程度のものまで幅広いのも、そう思う理由のひとつとなっています。どんなシーンにも合うデザインで、扱いやすくて、面白い。

スポーツセダンとしても、高級車としても、BMWとしても完成度が高いです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です