ラパンのグレード選び。ぴったりのグレードは?

スズキラパン

可愛くて雰囲気の良い、実用的なお洒落さん、ラパン。初代が出た当初はカーデザイナーの間で話題になっていたそうですが、現行ではもう三代目です。

もう、すっかり馴染んできましたよね。それでも、一目見れば「あ、ラパンだ」とわかるところが素晴らしいです。

スズキは他社に比べて、軽自動車のデザイン面などで独自路線を突っ走ってますよね。イカツイデザインが多くなってきている今、丸いヘッドライトや可愛らしく角の無いグリル周りは珍しいです。

しかも、ボディカラーに採用されたミンとやピンクなどのファンシーな色!

そして何より、ウサギのキャラクターですよ。

ただ、ラパンの魅力を語ると、どうしてもデザイン面の話に始終しがちですよね。実際、今もデザインの話ばかりになっています。

デザインが印象的すぎて、ラパンの特徴が見えづらい……そこで、グレードごとにその特徴や魅力を紹介しましょう。

スズキ ラパン グレード表

グレード名 価格
G 1,077,840円(1,188,000円)
L 1,202,040円(1,312,200円)
S 1,285,200円(1,387,800円)
X 1,389,960円(1,492,560円)
※()内は4WD価格です。

最低価格と最高価格の差は、約30万円です。グレードが四つあることを考えると、ちょうどいい感じがします。価格帯自体も、高すぎず安すぎず、ちょうどいいですよね。

他には無いデザインの車が、これくらいの価格帯で手に入るというんですから、ラパンのデザインが好きな方には嬉しいところでしょう。

ただ、他社より低めの価格帯だから、性能と装備が若干劣るのではないかという不安がありますよね。そういったところが実際どうなのかを、これからじっくりと見ていきますよ。

各グレードの特徴や違いを解説

「この価格帯だと装備が少し貧弱なんじゃないかな」というところが気になりますが、装備内容を詳しく語る前に、性能や装備の概要を語りたいと思います。

性能に違いはあるのか、各グレードでどんな装備が搭載されるのか、気になるところをかいつまんでいきましょう。

G

エンジン性能は、どのグレードでも変わりません。最高出力は38kW/6,500rpmで、最大トルクは63Nm/4,000rpmです。一見特徴の無いエンジンですが、最大トルクが少し大きめに感じられます。

正直なところ、デザインからして走りには期待していない方が多いでしょう。個人的にもそう思っていたんですが、実際に走らせると、思っていたよりも遥かによく走るんですよね。

静かだし、リッターカーに並ぶくらい走るし、抜き去ることもできるんじゃないかと思えるほど。

乗り心地もとても良くて、快適そのものです。

やる気なさそうな顔しておいて、やるときは、やるんだなあ。

これだけ走ってJC08燃費が29.6~35.6km/L……頼もしいですよね。

装備に関しては、Gは他グレードに比べると貧弱ですが、100万円ちょっとの価格と比べると充実していると言えるでしょう。

特に安全装備と快適装備が案外充実していますし、そもそも全車標準装備でインテリア関係の装備は出尽くしている感じがあって、とてもクオリティが高いです。

L

Lは、Gには無かった装備や機能が多数搭載されています。たとえば、アイドリングストップやエネチャージです。Gの項目で燃費が29.6~と書きましたが、Gだけこの二つの装備が無いため、29.6km/Lと少し燃費性能が劣るんですよね。

S

Sでは、ウレタンが本革巻になったり、メッキ加工が増えたりと内外装の質感に関する装備の充実が図られています。

Lは実用性を引き上げた形になっていましたが、Sでは実用性もそうですが、装飾や素材関係をメインに据えて、中間グレードとしての役割を担っているというわけですね。

X

Xは、唯一「ナノイー」を搭載したグレードです。他にも色々違いがあるんですが、ナノイーの前にそれらは霞んで見えてしまいます。

この価格でもナノイーを搭載させるかあと、思わず唸ってしまいました。ラパンは、価格と比べて装備が充実しているのが魅力ですね。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

ラパンは全グレード通して、価格以上の装備の充実度となっています。これだけ色々語ってきたら、嫌でも期待が高まりますよね。その期待を胸に抱いたまま、今度は装備を詳しく語ることで各グレードの特徴を紹介していきましょう。

なお、装備内容は下記PDFより一部抜粋しています。
http://www.suzuki.co.jp/car/lapin/detail/pdf/detail.pdf

全グレード共通標準装備

  • 軽量衝撃吸収ボディーTECT<テクト>
  • 歩行者障害軽減ボディー
  • 頭部衝撃軽減構造インテリア
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • フロントディスクブレーキ
  • IRカット機能付フロントガラス
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • 運転席シートリフター
  • 分割可倒式リヤシート
  • チルトステアリング
  • パワーステアリング
  • キーレスプッシュスタートシステム&電波式キーレスエントリー
  • マルチインフォメーションディスプレイ(アニメーション表示機能付)

スズキの軽自動車はどうしても価格を抑えるということもあってか、安全装備が機能より設計関係に偏りがちですよね。

軽量化と剛性強化を同時に図って、安全性と燃費性能・走行の軽さを両立させるという意味では、非常に軽自動車らしいです。

ただ、偏りがあると言ってもラパンは、レーダーブレーキサポートや誤発進抑制機能が搭載されていて安全装備が充実していると言えるレベルになっています。

また、安全装備以外で特徴的なのはインテリアですよね。

運転席シートリフターが全車標準装備というのは、最低価格が100万円ちょっとの車としては豪華です。記載していませんが、収納関係もとても充実しています。

助手席シートバックポケットやショッピングフックが全車標準装備! シッピングフックは助手席シートバックとインパネ両方で、とても豪華です。

そして何よりも、インパネにはめ込まれたちょっとしたテーブルが特徴的! カフェをイメージした内装でくつろぎやすく、所有欲もバッチリ満たすことができます。

マルチインフォメーションディスプレイには、可愛いウサギのキャラクターがいて、挨拶をしてくれるし……ラパンはどこを切り取っても面白いですよね。個人的に、このウサギが記念日を祝ってくれるのがツボです。

GとL装備、特徴、異なる点

G L
  • 運転席シートヒーター(4WDのみ)
  • エコドライブアシスト照明
  • エコクール
  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • 運転席シートヒーター(2WD/4WD両方)
  • 助手席シートヒーター(4WDのみ)
  • ステータスインフォメーションランプ
  • エネルギーフローインジケーター
  • 助手席バニティミラー[チケットホルダー付]
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • エネチャージエンブレム(バックドア)
  • エネチャージ
  • アイドリングストップシステム
※二つのグレードで異なる装備を挙げました。

Gだけの装備が少ないために「なんだ、Gって装備全然ダメじゃん」と思いがちですが、実際はG・Lと共通している装備が多いんです。

PDFを見ていただければわかりますが、そもそも全車標準装備が多く、さらにG・Lと共通仕様のものが多いために一見してGの装備が不足しているように見えてしまっています。

実際は、価格と比べると十分すぎるほど豪華なんですけどね。

Lは、そこにさらに装備を足してきた感じです。

運転席シートヒーターが2WDにも搭載されるようになり、4WDを選べばフロントシート両方にシートヒーターが搭載されるというのが、個人的にびっくりしました。

この価格ならシートヒーターが無くても不思議じゃないのに、4WD限定とは言え運転席・助手席両方が揃うなんて、これはある意味快挙です。

それだけでもLを選ぶ価値があるというものですが、エネチャージやアイドリングストップなど燃費重視の走行を助ける装備も充実していて、とても良いですよね。

装備だけじゃなくて、インフォメーションランプやインジケーターでちゃんと管理できるし、そういう細かいところがしっかりしているのも好印象。

これだけ追加しているため、Gとの価格差は少し大きめですが、これなら納得できますよね。

S装備、特徴、異なる点

  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • ナチュラルインパネ[一部木目調]
  • 本革巻きステアリングホイール[一部シルバー塗装]
  • メーター音声案内機能
  • ドアトリムクロス
  • 照明付 運転席バニティミラー[チケットホルダー付]
  • 照明付 助手席バニティミラー[チケットホルダー付]
  • メッキ インサイドドアハンドル
  • シートパイピング
  • フロントアームレストボックス
  • ピラーブラックアウト

Sで追加される装備を挙げました。

インパネが一部木目調ということですが、これはテーブルが木目調になたっということです。GとLのテーブル部分はドット柄なんですよね。

それでも可愛いんですが、色合いが少し暗いためシックな印象になっています。男性にはそのほうが嬉しいかもしれませんが、ラパンのターゲットは女性。

木目調で明るくポップな雰囲気になったことで、よりターゲットに寄り添う形になりました。

木目のほうがカフェっぽいですし、コンセプトにも合ってますよね。

そうやって内装の印象が変わっただけでなくて、メーターの音声案内機能やバニティミラーの照明など実用性もしっかり向上しているところが憎いです。ピラーブラックアウトとか、フロントアームレストボックスも地味に嬉しい。

わかってるなあと、感心させられます。

X装備、特徴、異なる点

  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/エアフィルター付]
  • 6スピーカー(フロント2、リヤ2、ツイーター2)
  • [リモート格納]電動格納式リモコンドアミラー
  • インパネシフトガーニッシュ[一部シルバー塗装]
  • 外気温計(エアコンパネル内)
  • メッキドアハンドル
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 14インチアルミホイール

色々な追加点や仕様変更がありますが、やはり一番は「ナノイー」搭載フルオートエアコンですよ。X以外は全てマニュアルエアコンでしたからね。

フルオートになっただけでも価値があるのに、「ナノイー」まで搭載しているというのだから驚いてしまいます。

外気温計もあって空調関係が充実し、スピーカーの数も増えてどんどん室内が快適になっていくのが嬉しいですね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ラパンの性能と装備を見てきましたが、本当に個性的で魅力的な車ですよね。デザインだけ優れているのではなくて、走行感覚も装備もハイクオリティで、「可愛いだけじゃないんだな」と感じさせられます。

そんなラパンの魅力をグレードごとに評価しながら、どんな人にオススメなのかを、個人的な意見を含めながら考えてみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
G ☆☆☆ 安く、快適な車が欲しい方へ。
L ☆☆☆☆ 快適性と燃費をより追求したい方へ。
S ☆☆☆☆☆ テーブルは木目調がいい方へ。
X ☆☆☆☆ フルオートエアコンが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Gの評価

Gはベースグレードとして、とてもよく出来ています。価格がLに比べて大きく抑えられているんですが、だからと言って装備に不足感があるわけじゃない。

必要最低限の装備を全部そろえた上で、快適だと感じる室内空間作りや演出、利便性の維持、それら全てを叶えているんです。

これだけ安く、快適な軽自動車は他に無いんじゃないでしょうか。

Lの評価

Lはシートヒーターなど快適性を高める装備が増えているだけでなく、燃費を向上させる装備も増えています。

近年の軽自動車に求められるのは、快適性と燃費性能の高さ……軽自動車の最も大きなニーズをしっかりと満たしているところが憎いですよねえ。だからこそ、誰にでもオススメしやすい万能なグレードと言えます。

Sの評価

Lを誰にでもオススメしやすい万能なグレードと言っておきながら評価が最大ではないのは、インパネテーブルが木目調ではなくてドット柄な点が原因です。

ドット柄もそれはそれで可愛らしいし、シックな雰囲気は男女ともに受けが良いとは思いますが、やはりラパンと言えばカフェチックなインテリアが印象的ですよね。

だからこそ、木目調は外せない!

そういうわけで、Sを最もオススメしたいグレードとしたわけです。

Xの評価

Xは「ナノイー」搭載フルオートエアコンを目当てに買うならとても良いグレードですが、マニュアルエアコンでも良いやと妥協できる方にはあまりオススメできないんですよね。

アルミホイールなど他にも色々な装備の追加はありますが、エアコン関係にそこまで興味を示さないのであれば、装備はSで十分すぎるんです。

スズキ ラパンの総合評価

正直、最初にラパンを知ったときには舐めていました。ウサギのマークで可愛らしさをアピールしたデザインを見て、「なんだかなあ」と思ったんです。

ただ、軽自動車の事情について色々知るうちにラパンが唯一無二の軽自動車であることに気づきました。そこから、評価がガラリと変わりましたね。

たとえばデザインに関しては、ヘッドライトの丸さや色のことばかりが気になりがちですが、内装のほうが特徴的だと気づいたんです。

テーブル上部のエアコンルーパーを持つインパネ、このインパネが丸々していて、なおかつ四角いところが、ラパンのキャラクターを一番良く表していると個人的には思います。

また、ルーパー自体も丸くて四角い凝ったデザインで、しかも同じような意匠が色々な部分に見られるんです。非常に凝っていて、計算されつくされたインテリアであることがわかります。

おまけにしっかり走るし、装備も充実していて快適だし……ラパンはもはや走るカフェですよね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です