ミライース グレードごとに特徴を紹介。ミライースのここが凄い!

ダイハツミライース

ミライースは誰でも気軽に買って、気軽に乗り回せる「第三のエコカー」をコンセプトに生まれました。

この「第三の」というのは、きっと「第三のビール」と同じような感覚なんでしょうね。PHVでもHVでもなく、低価格のガソリン車ながらも燃費を良くしようというメーカーの意図が見えます。

軽量化・効率化を徹底的に図って燃費性能を上げて、価格は極力下げる。

その結果として、唯一無二とも言える価格帯となり、本当に「誰でも気軽に乗り回せる第三のエコカー」となっているんです。

「どれくらい安いの?」「どれくらいの性能なの?」「装備は?」

安い車となれば、いろいろなことが不安になりますよね。そこで、ミライースの特徴をグレードごとに紹介しましょう。

ダイハツ ミライース グレード表

グレード名 価格 価格(SAⅡ搭載車)
B 842,400円(972,000円) 907,200円(1,036,800円)
L 874,800円(1,004,400円) 939,600円(1,069,200円)
X 1,080,000円(1,209,600円)
G 1,209,600円(1,339,200円)
※()内は4WD価格です。

「安すぎる!?」

昔は軽自動車と言えばこれくらいの価格だったかもしれませんが、今では軽自動車も150万円前後のものが多いですよね。

軽自動車も高くなったなあということで、学生は中古の軽自動車を買ったり、思い切って普通自動車を買ったりということが多くなりました。

そんな中、84~120万円という価格帯は、あり得ないほど安いです。唯一無二の安さ!

また、80万円台から120万円ということで価格差が大きく見えますが、実際は36万円程度ですし、SAⅡ搭載車同士で比べれば30万円程度。グレード数と比べると、そう大きすぎる価格差でもないでしょう。

各グレードの特徴や違いを解説

装備内容も気になるところですが、第三のエコカーということで燃費性能やエンジン性能が気になる方が多いと思います。

そこで、装備内容を詳しく語る前に、まずはその概要と性能について語っていきましょう。

B/B”SAⅡ“

エンジンは、全グレード共通で水冷直列3気筒エンジンを搭載しています。

最高出力は36kW/6,800rpmで、最大トルクは57Nm/5,200rpmです。これもまた全グレード共通なんですよね。ただ、装備の関係からか燃費はグレードごとに若干異なります。

BとLは、35.2km/L。

XとGは34.2km/L。

第三のエコカーということですが、これほどまでとは! 新型ミライースが出たのは2017年でまだまだ新しいため2017念7月現在有効な実燃費情報はありませんが、先代は平均で22km/L程度でした。

低燃費にこだわって運転する人だと30km/Lを超えることもあるので、それを考えると凄まじいですよねえ。

エンジンに関しては、特筆するところは無いような性能ですが、車体が軽いために四人乗車でも市街地走行を前提とするなら不満はありません。

エアコンを使って坂道を登るとエンジンが唸り声をあげますが、不快というほどではないですよ。

高速道路は80~100km/hまでなら問題はありません。

ただ、市街地走行に関しても、高速道路に関しても、「問題ない」というレベルです。ステアリングフィールも人工的で安っぽさを感じますし、走行関係はコストダウンの犠牲になっている感じがしますね。

L/L”SAⅡ“

LはBと共通する装備が多いんですが、リヤドアのパワーウインドウなどBよりも若干装備が豪華になっています。

ただ、価格差が小さいことからも想像できるでしょうが、追加装備は少ないです。少ないながらも、需要の多い装備を揃えたいというメーカーの想いは、見えてきますよ。

X”SAⅡ“

BやLと比べると、Xは装備が結構充実してきました。

インテリアのメッキ部分が増えて質感が向上し、メーター関係がパワーアップするなど室内の印象がB・Lから変わっているのが特徴的です。

快適装備も若干増えてはいますが、まだ充実しているとはいい難いですね。

G”SAⅡ“

Gは、シートヒーターなどの快適装備を増やしています。Xでは質感が向上し、なおかつ少しだけ快適装備も増えたりしていて、Gでそこを拡充させる……。

段階的に装備を豪華にしていっているのがわかりますよね。性能に違いはないので、段階的に装備を追加することで差別化を図り、どのグレードにも個性を持たせているんでしょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

装備の概要とエンジン性能・燃費性能を語りましたが、各グレードの違いを見るには装備を比較しないとわかりませんよね。そこで、今度は各グレードの装備を比較してそれぞれの特徴を見ていきましょう。

なお、装備内容は下記PDFから一部抜粋しています。

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/pdf/equipment.pdf

全グレード共通標準装備

  • 車両安全ボディ(TAF)
  • デュアルSRSエアバッグ
  • ABS
  • VSC&TRC
  • リヤコンビネーションランプ(LEDストップランプ)
  • エコドライブアシスト照明
  • インパネロングアッパートレイ(助手席)
  • センターフロアトレイ
  • 電動式パワーステアリング
  • クリーンエアフィルター
  • ドアポケット(フロント)
  • フットレスト
  • リヤシート一体可倒機構
  • ショッピングフック(インパネ)
  • フロントセパレートシート(ヘッドレスト一体型)

安全装備やシート周り、収納に関してはほとんどが全車標準装備となっています。

基本的な装備は全部が揃っているんですが、機能関係は貧弱ですよね。機能周りが充実するのはX以降からです。価格帯を考えると、そうなるのは必然でしょう。

特筆すべきところがあまりありませんが、個人的に良いなと思うのは収納関係です。

ショッピングフックやトレイ、ポケットなどなど最低限欲しい収納関係は全部揃っています。置くべきものを、置くべきところに置いておける。コンビニでちょっとした買い物をしても袋が邪魔にならない。

これらは、乗用車にとってとても大事なことですからね。

また、何気にフットレストが全車標準装備なのもありがたいです。

B/B”SAⅡ“とL/L”SAⅡ”の装備比較

B/B”SAⅡ” L/L”SAⅡ”
  • ビジネスデッキボード
  • 13インチスチールホイール(センターキャップ付)
  • フロントドア パワーウインドウ
  • バックドア車名メッキエンブレム
  • フロントドア/リヤドア パワーウインドウ
  • 13インチフルホイールキャップ
※二つのグレードで異なる装備を挙げています。

BとLの装備の差は地味ですが、何気に大事なものばかりです。

エンブレムは「要らない」という人にとっては何の価値も無いかもしれませんが、これを必要とする声は案外大きい。乗っていると見えないとは言え、こういう細かいところに所有欲が出てくるんですよねえ。

また、パワーウインドウがリヤドアについたのも嬉しいです。フルホイールキャップも最低限欲しいところですし、3万円くらいしか違いが無いならLを選ぶかなあという人も多いんじゃないでしょうか。

Bは完全に廉価版という感じですよね。

X”SAⅡ”の装備比較

  • 電動格納式(カラード)ドアミラー(2WD)
  • 電動格納式ヒーテッド(カラード)ドアミラー(4WD)
  • フロントドア/リヤドア/バックドアウインドウUVカットガラス
  • スモークドガラス(リヤドア/バックドアウインドウ)
  • LEDヘッドランプ[ロー/ハイビーム・マニュアルレベリング機構・LEDクリアランスランプ付)
  • ツートーンインパネ
  • リヤヘッドレスト
  • 自発光式デジタルメーター(ブルーイルミネーション)
  • ウレタン(メッキオーナメント付)ステアリングホイール
  • 運転席/助手席サンバイザー(バニティミラー<運転席/助手席>&チケットホルダー<運転席>)
  • 車速度感応式間欠フロントワイパー
  • 14インチフルホイールキャップ

Xから急に色々追加されて、驚きますね。インテリアのメッキ部について詳しく書かなくても、これだけの装備・仕様の追加変更があるんです。

ちなみに、メッキ部は三箇所追加され、シルバーアクセントなども含めるとインテリアの印象は結構変わります。

安っぽさはあるものの、BやLほどではありません。

また、色々な装備がありますが、個人的にプッシュしたいのがブルーイルミネーションのメーターです。

デジタルメーターは個人的にそこまで好きではありませんが、ミライースのメーターは格好いいと感じるんですよ。

特にブルーイルミネーションのXとGが、かっこいい。

そこまで派手なイルミネーションじゃないんですが、そこがいいんですよね。シンプルで見やすい数字、その周りに置かれたアイコン類、そして周りを彩るブルーイルミネーション……。全てが調和していて、個人的には好きです。

それ以外で特筆すべきは、LEDヘッドライトでしょう。

この価格帯でヘッドライトにグレードごとの違いを持たせただけでも少し驚きましたが、それがLEDとなればさらに驚きです。良くてもハロゲンとディスチャージだろうと思っていたんですが、ハロゲンとLEDですからねえ。

2011年から2017年に移り変わるにあたって、時代の波に乗っかってきたという感じがします。

他にも細々とした様々な装備が追加されていますが、どれも重要性が高いです。Xになって、ようやく需要の多い装備が一通り揃ったかなといったところでしょうか。

G”SAⅡ“装備、特徴、異なる点

  • オート格納式(キーフリー連動・カラード)ドアミラー(2WD)
  • オート格納式ヒーテッド(キーフリー連動・カラード)ドアミラー(4WD)
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • SRSサイドエアバッグ
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム
  • 全ドアパワードアロック
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • オートライト
  • 14インチアルミホイール

シートヒーターにシートリフター、そしてオートエアコンなど……快適な装備が揃っています。

プッシュボタンスタートやキーフリーシステムなど、現代の車には無くてはならないようなものも追加。唯一のアルミホイール搭載車でもあって、しかもそれが14インチという……ねえ。

低価格帯の車にとっての上位グレードは、かくあるべきだという感じがしませんか?

最低価格が84万円で、最高価格が120万円。

最高価格でも他車の最低価格より安いんじゃないかという価格設定のグレードで、どんな装備を持たせようかと考えたとき、色々な選択肢が思い浮かぶでしょう。

その中でも、個人的にベストだと思うのが「最低限これは欲しいけど、無くてもいけるかなあ?」という装備と、「あれば嬉しいけど、無くても納得できる」という装備の混合です。

最低限の装備は下位のグレードでも揃えるべきかもしれませんが、「無いと困る」というものは、下位グレードで揃っていますよね。ここで言う最低限の装備はキーフリーシステムとプッシュボタンスタートです。

14インチアルミホイールやオートエアコンなんかは、最低限ではなく「あれば嬉しい」類のものだけど、価格的に無くても納得できる装備と言えるでしょう。

基本的には後者の装備を揃えながらも、その中に一つか二つ前者の装備があれば、上位グレードの存在意義はとても大きくなります。

価格帯の低い車は、最上位グレードの存在意義が希薄になりがちですから、これはとてもうまい装備設定です。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

ミライースの性能と各グレードごとの装備内容について詳しく見てきましたが、価格と比べると魅力的で面白いですよね。

初代発表当時はエポックメイキングだと言われ、現在では少し落ち着いてきたように思えますが、それでも他には無い価値をユーザー提供してくれています。

そんなミライースの四つのグレードについて、個人的な評価をしながら「どんな人にオススメなのか」を考えてみましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
B/B”SAⅡ” ☆☆ 何より安さを追求したい方へ。
L/L”SAⅡ” ☆☆☆ 追加される三つの装備を重視する方へ。
X”SAⅡ” ☆☆☆☆☆ コスパの良さを追求したい方へ。
G”SAⅡ” ☆☆☆☆ 装備を充実させたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

B/B”SAⅡ“の評価

Bの魅力は何よりも圧倒的な安さですが、価格はLとあまり変わりません。パワーウインドウがあるだけでもその価格差の価値はLにあると判断できるので、余程予算に余裕が無い方以外にはBはオススメできないんです。

ただ、Lで追加される三つの装備に全く興味が無いのなら、Bを選ぶのも良いでしょう。

L/L”SAⅡ“の評価

Bを選ぶならLを選んでおいて損は無いというのが、個人的な意見です。パワーウインドウにエンブレム、フルホイールキャップと地味ではあるものの重要な装備が追加される。

しかもそれは最低限必要と考えられるものなので、やはりBを選ぶ意味は小さく、Lを選ぶ意味は大きいですよね。

X”SAⅡ“の評価

Xは、コストパフォーマンスが最も良いグレードです。最低価格が84万円だから高く感じますが、100万円程度でも現代の軽自動車の中では十分すぎるほど安く、それでいて重要性の高い装備は一通り揃っているのがポイントですよね。

「車を買うなら100万円以下で!」と決めているわけではないなら、Xが一番オススメです。

G”SAⅡ“の評価

ミライースを選ぶ方は恐らく100万円前後で車を探している人が多いでしょうから、G”SAⅡ”はオススメしづらいです。ただ、個人的にはG”SAⅡ”をとても高く評価しています。

装備の項目で語った通り、非常に装備設定が絶妙なんですよね。「プッシュエンジンスタート」と「キーフリーシステム」を上位グレードに持ってきたことで、購入を考えさせられてしまいます。

上位グレードを買うつもりはなかったけど、この二つがあるなら……他にも色々装備あるし、買おうかなあ。

そんな風に思わせてくれる、良いグレードです。120万円なら、まだまだ安いほうですからね。装備内容と比べたら、十分すぎるコストパフォーマンスですよ。

ダイハツ ミライースの総合評価

近年は軽自動車でも130万円から150万円あたりが一般的になってきて、高い車種だと160万円くらいするものもあります。

軽自動車も決して安くはなくなってきているんですが、その中でミライースは圧倒的な安さを誇る、唯一無二の車となっているんです。

登場した当時、2011年と今とでは軽自動車事情も大きく変わりましたよね。

第三のエコカーとして登場した当初はエポックメイキングな車種だと言われていましたが、軽量化と効率化を追求した燃費至上主義は今となっては軽自動車のトレンドです。

その中で快適性重視や装備も充実させようという方向になっていき、価格がどんどん高くなっていったんですよね。

ミライースは、良い意味で登場した当初のことを感じさせてくれます。

ただ、時代に逆行しているわけではなく、時代に合わせて装備や仕様が変化していっているんですよね。時代に流されすぎず、それを利用して「エポックメイキングから唯一無二へ」と変化しています。

そう考えるとミライースは、ひょうひょうとした、上手い立ち回りをしていますよね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です