N-ONEはターボ「アリ・ナシ」どっちがお得?コスト、口コミから比較

[最終更新日]2016.12.13

Nシリーズの中でも趣味性の強い可愛らしい車として、一定の人気があるN-ONE。可愛らしい車だけどしっかりと走ってくれるのか、ターボがあったほうが良いのだろうかと、走行性能について気にしている人が多いのではないでしょうか。

ターボの有無で値段はどれだけ変わるのか、そのコストに釣り合う走行性能の差はあるのかなど、N-ONEを検討する際に気になる、ターボ有りと無しで生じる違いについてデータと口コミを基にまとめてみました。

 

まずはコスト。どれくらい差が出るか調べた

ターボの有無で車体代金が変わりますが、変わるのはそれだけではありません。エンジンが違えば燃費も異なるため、ガソリン代金(維持費)も変わるのです。走行性能について考える前に、まずはコストの差がどれくらい出るのかを明らかにしてみましょう。

車体代金

ターボ無し ターボ付き
1,185,000円 1,445,000円

車体代金をそのまま比較すると、ターボ付きのほうが26万円高いです。5年間乗ると考えると、月々支払う金額はターボ付きだと約2万4千円、ターボ無しだと約2万円(百円以下切り上げ)となり、その差は月々4千円となります。

こうして「4千円」という数字だけ、パッと見てみると、大した差額ではないように感じるかもしれません。一人暮らしをしている人だと、毎週の食費が3,000円から5,000円までという人も多いでしょう。一週間の食費にも匹敵するような価格差だと考えると、結構大きな差に思えてきます。

また、「月に一度の贅沢に豪華な晩御飯を食べる」「月に一度温泉につかる」「飲み会をする」といった、プチ贅沢に充てることができるほどの金額とも言えるでしょう。こうやって自分の生活の中で月々4千円というお金がどう影響するのかをイメージすれば、自分にとって「大したことがない」金額なのか、そうではないのかがわかります。

 

ガソリン代金

ターボ付き ターボ無し
燃費 16.21km/L 20.21km/L
ガソリン代金 約7,402円 約5,937円
※燃費は実燃費平均値、ガソリン代金はリッター120円で月に1000km走行すると仮定し算出。

ターボ付きとターボ無しで、月々約1,500円のガソリン代金の差が生まれています。1,500円というお金は一度喫茶店でランチやティータイムをとれば無くなってしまうほどの金額です。しかし、この差額が5年間続いていくと仮定すれば、5年間で9万円の差額が生まれることになるので、決して看過はできません。

ターボ車でも人によれば18km/Lから20km/Lといった低燃費記録を出す人もいるので、長距離移動が多くエコドライブができる人であれば、ガソリン代の差は限りなくゼロに近づけることが可能です。ターボ車がほしいけど燃費だけが気になるという方は、エコドライブを常に意識して運転をすると良いのではないでしょうか。

 

走行性能

ターボの有無によって生じるコストの差は、5年間乗ると仮定した場合、車体代金とガソリン代金合わせて月々5,500円だということがわかりました。

コスト差がわかったところで、ここからは走行性能について見てみましょう。ターボ無しとターボ有りの走行性能の差が、コスト差に見合うかどうかを考えることで、ターボ有りはお得かどうかを見てみます。

パワー、トルク

ターボ無し ターボ付き
最大出力 43[58]/7,300 47[64]/6,000
最大トルク 65[6.6]/4,700 104[10.6]/2,600

上記表のデータが、ターボの有無によるエンジン性能の違いです。

最大出力は、ターボ無しだとエンジンが7,300回転時に最大43馬力の出力が出るということになります。ターボ付きだとエンジンが6,000回転したときに最大47馬力の出力が出るので、ターボ付のほうが1,300回転低い回転数で4馬力も大きなパワーが出るということです。

同様にして最大トルクは、ターボ無しだとエンジン4,700回転時に最大65、ターボ付きだと2,600回転時に最大104となり、ターボ付きのほうが2,100回転低い回転数で39も大きなトルクが出るということになります。

そうは言っても実際どれだけ走れるのかわかりづらいので、ターボ車の口コミから実際の走行性能について見てみましょう。

口コミから考察

良い 悪い・どちらでもない
高速道路でも安定して走れる高速走行性能があり、加速もドッカンターボではなく、リニアな感じなので、とても良いと思います。 足回りは非常に満足していますが、タイヤの細さに少しだけ不安を覚えます。そこは交換すればいいので問題ありませんが、デフォルトのホイールのデザインが気に入っているので、迷う・・・。
急な坂道をスイスイと登っていきます。高速での静粛性も期待通り、バッチリです。 街乗りでは乗り心地がかなり固めで走り心地もどこか跳ねるように感じますが、バイパスから高速で本領発揮。走りやすい乗り味と安定した足回りに変化します。
燃費を気にしているので、ずっとECONモードで走っていますが、それでも十分満足できるほどの走行性能があります。 ECONモードはスタート加速に少しもたつきがありますが、慣れれば許容範囲ですし、スタートから先はまったく問題ありません。
少しアクセルを踏んだだけでも十分加速してくれますし、低加速でも十分走れるのでエコドライブもできます。 高速の追い越し時の加速には多少の不安感があります。
速度を上げるほどに乗り心地がフラットになる。軽快に走ることができて楽しいです。 ターボエンジンの音が特徴的だなと感じました。賛否両論ありますが、個人的には嫌いではありません。

N-ONEのターボエンジンはドッカンターボという、アクセルを踏んでから急加速するようなものではなく、徐々にスピードを上げていくタイプのものです。体感的な加速感は薄いでしょうが、実際にはスムーズに加速していくようで、加速に関して不満を持っている人は口コミを見ている限りでは見られませんでした。

低速域での走行だと、ぴょこぴょこと跳ぶような走り心地で不安感がありますが、速度を増すうちに安定してきてフラットな走り心地になるようですね。ターボエンジンの音に関しては「うるさい」と感じる人も多いですが、「好きだ」という人もいるので試乗するなどして一度聞いてみる必要があるでしょう。

エンジン音はあっても、ロードノイズはあまり拾わないので、結果的に高速走行時の静粛性が高いと感じている人が多いです。

ターボエンジンだと低回転域から速度が出るということですが、ノーマルエンジンだと低回転域では心もとないという意見が多く、ここにノーマルエンジンとの性能の差が表れています。ターボの有無による性能の差は大きいと言えるのではないでしょうか。

 

結局どっちがいいの?

ターボの有無による性能差はしっかり表れており、それは価格差に見合うものと言っても良いものです。

しかし、それはターボが必要な状況にある人にとっては価格差に見合う性能があるということ。ターボが不要な状況にある人がターボ車を買っても、その性能を活かしきれません。

最後に、自分がターボ車を買って得をするのかどうか、ターボの必要性から考えてみましょう。

ターボが必要な方

口コミには「高速道路を走るときの安定感が強い」「高速道路で90km/hから100km/hまでなら安定した走行ができる」など、高速道路でその性能を実感する人が多く見られました。さらには「坂道をスイスイ登ってくれる」というように坂道を登る際にもターボ車の性能は役立つとのことです。

ノーマルエンジンでは「踏み込まないと急な坂はキツイ」「踏み込むとエンジン音がうるさい」という口コミが多く見られます。通勤で毎日高速道路を利用しなければならない、起伏の多い地形に住んでいるという人にはターボが無いと困るのではないでしょうか。

週末にはN-ONEでレジャーに行きたい、よく遠出をするという人もターボ車を買って損はありません。

ターボは必要ない方

坂道でも急な坂道でなければ、ターボが無くてもしっかりと登ることができます。高速道路の合流は若干遅くて怖いと感じる人が多いので、高速道路では心もとないです。

たまにしか高速道路を利用せず、急な坂道の無い平坦な土地に住んでいるという人には、ターボは必要ないでしょう。

以上の条件に当てはまり、なおかつ短距離の通勤・買い物・送り迎えに使うといった程度なら、ノーマルエンジン搭載のグレードを選ぶことをおすすめします。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。