【見積書公開】ムーヴカスタム値引き交渉してみた。結果は?

軽自動車って一年経過しただけでも新しい技術の搭載された車が出来たり、劇的な改良を加えられたりして、面白いですよね。

今乗っている車を購入してから現在に至るまでも、気になる車が何台かありました。

そのたびに「あともう少し待っていれば良かったかなあ」と後悔したり、でも今乗っている車も好きだからと、やっぱり納得したり・・・そういうことを繰り返しています。

そんな中、今乗っている車を免許取りたての友人に譲ることにしたので、車を買い替えることになりました。

譲ることにしたから買い換えるというのは建前で、本音を言えば乗りたい車があったから譲ることにしたのです。その車が、ダイハツのムーヴカスタム。

購入を決める前にやっぱり実物が見たいということで、ディーラーに行ってきました。そこで見積もりをもらう際の値引き交渉の様子や、値引き額などを徹底的にリポートします。最後に見積書も公開するので、お見逃しなく。

ムーヴカスタムの値引き交渉材料とは

いきなりディーラーへ行ってみるのも当然良いのですが、本当に購入したいのであれば、商談材料を調べておく必要があります。今回私もディーラーへ行く前に役立ちそうな情報を、少しだけ調べたのでご紹介します。

それは、

  • ムーヴカスタムの値引き相場
  • ムーヴカスタムの競合車種について
  • ムーヴカスタムの納期について

以上の3種類です。

早速値引き相場から見ていきましょう。ムーヴカスタムは車両値引きだけで5万円程度。

オプション値引きを入れると10万以上狙えるかなあといった具合なようです。最低値引き目標額は、5万近くで設定し交渉していくことが大切になるでしょう。

次に2つ目の競合車種について、これはスズキのワゴンRやホンダのN-WGN等が挙げられます。

新車スタート価格で比較してみると、ムーヴカスタムは135万。対するワゴンRは107万円でN-WGNが109万円と、ムーヴカスタムが一番高いですね。

この点を上手く利用して、「ワゴンRはもっと安く買えるから、この金額じゃちょっと悩むなあ」なんて言ってみると、面白いかもしれません。

最後に、ムーヴカスタムの納期について。これは1か月~2か月と、軽自動車であれば一般的な納車期間になっています。

もし、値引き交渉につなげたいのであれば、「ホンダさんではもっと早く納車できそうなんですよねえ」と言ってみたら、少し変動するかもしれません。

いざ、ディーラーへ

今乗っている車を友人に譲ることが決まって、そのままの勢いでディーラーに行くことを決意。

「明日休みだから行くぞ」と張り切って、その日は寝ました。当日になってもその勢いは削がれることなく、朝起きてご飯を食べている間も、私の心は高揚感に包まれていたのです。おもちゃを見に行く子供のような気分でした。

身支度を済ませて出かけます。勢いで飛び出したようなものなので、まだ購入は決めません。とりあえず見積もりをもらってから検討するという形です。すぐに買うわけじゃないんだからと自分の心を落ち着かせます。

「出来れば値引きしてもらいたいなあ」「本体価格って値引きしてもらえるのかなあ」というようなことを、車の中で考えていました。そして考えている間に、気がつけばディーラーの駐車場にいたのです。

商談開始! 値引きの作戦とは

車から降りて店内に入ると、中は案外静かでした。

私のほかにもお客さんがいたので、とりあえず様子をみようとカタログに手を伸ばします。ダイハツのほかの車を見つつも、お目当てのムーヴカスタムのページをじっくりと見ていました。

営業担当者
お探しの車種等、ございますか?

声に気がついて横を向くと、そこにはセールスマンの姿が・・・!

どうやら集中していて気がつかなかったようです。私は「ムーヴカスタムが気になっていて」と言いながら、カタログを指差しました。セールスマンはニッコリと笑います。

営業担当者
ムーヴカスタムでしたら表にございますので、ご覧になりますか?
iFTig編集部
お願いします!
営業担当者
ご一緒に色々見ながら、装備等の説明をさせていただきますね

とても話の早いセールスマンで助かりました。人に話しかけるのが少し苦手なので、話しかけるのを待ちましたが、人の良さそうな方で安心です。

外に出ながら少しだけお話しましたが、どうやら若手セールスマンのようで、緊張なさっていました。「緊張してますか? 僕は緊張してます」という言葉が印象に残っています。

現車の確認! エクステリアとインテリアの雰囲気は?

ムーヴカスタム エクステリア 正面

会話はそこそこに、ムーヴカスタムの目の前に到着です。ムーヴカスタムは、インターネットで見ていた通り精悍な顔つきをしていました。写真の通り、日差しを受けて反射するメタリックな感じがなんとも言えずかっこいいです。

個性的ではありますが、決して奇抜ではありません。

釣り目なヘッドライトとシルバーメッキのグリルが、スポーティな印象を誘います。グレーの部分がX状になっているのもかっこいいですね。色合い的にわかりづらいですが、赤や青を選べばXが強調されて見栄えも良さそうです。

ヘッドライトとフォグライトが光ると、夜でもX字に見えるのだとセールスマンの方がおっしゃっていました。

ムーヴカスタムは、ベースグレードであるX SpecialでもLEDヘッドランプおよびLEDフォグランプが装備されているのだそうです。フロントウインドウはUVカットになっていて、紫外線から肌を守ることができます。

ムーヴカスタム エクステリア バック

後ろから見た第一印象は、リヤランプがかっこいいということでした。

真っ赤なリヤコンビネーションランプはよく見ますが、このようにクリアクリスタルになっているのはあまり街中では見かけず、個性的だと感じます。ストップランプはLEDになっているとのことです。

コンビネーションランプが窓枠のように細長いデザインになっている点も好印象。前から見ても後ろから見てもバッチリかっこいいというのは、見た目を気にする私にとってはとても大切な部分です。

リヤドアやバックドアウインドウには、スモークドガラスが使われていると説明を受けました。確かにちょっと不透明感があって、中が見えづらくなっています。これでプライバシーも守られるでしょう。

ムーヴカスタム インテリア 前席

一番驚いたのがインテリアです。私の知っている軽自動車とは違うと言いたくなるほどに、質感が高いように見えます。

X Specialだとシートはフルファブリックですし、ステアリングホイールはウレタンでシルバー装飾も加えられていません。材質ではなく、全体的な雰囲気が高い質感を演出しているのでしょう。

雰囲気だけでなく、使い勝手も良さそうだと感じました。メッキオーナメントのついたステアリングホイールはかっこいいだけでなく、握りやすい形になっています。運転席にはシートリフターがついていて、ドライビングポジションの調整が可能です。

軽自動車のベースグレードだとオプションになっていることも多いチルトステアリングも標準装備で、運転席・助手席ともに収納の数も多くなっています。

メーターの位置もいい感じですし、夜になると光りだすので見やすいです。

ボタン類の位置やマークのデザインなどもとてもわかりやすく、誤操作はないでしょう。カップホルダーもイルミネーションが付いていますし、運転席にはフロアイルミネーションもあって、夜になるとまた違った楽しみが生まれそうですね。

ムーヴカスタム インテリア シフト周り

助手席には大型のシートアンダートレイがあって、靴などを収納しておけます。

カップホルダーはワンプッシュでオープンしてくれるタイプなので、不要なときには邪魔になりません。助手席周りもすごしやすそうですね。

セールスマンから、マルチインフォメーションディスプレイの説明を受けました。

X Specialでは通常のマルチインフォメーションディスプレイ(アイドリングストップ時間・アイドリングストップ積算時間・平均燃費・航続可能距離・外気温を知らせる)が付いているようです。

X Special以外のグレードには、「TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(操作用ステアリングスイッチ付)」が付けられています。

これは通常のマルチインフォメーションディスプレイでお知らせしてくれること以外にも、メンテナンス情報やガソリンの節約量・ecoゲージの表示・エコドライブアシスト照明などが付け加えられているようです。

上位グレードをアピールされているということですが、私はX Specialを購入しようと考えています。見ている限りでは、標準装備でも十分な質感があり、装備も十分利便性が高いのでベースグレードで十分です。

ムーヴカスタム インテリア 後席

後部座席は非常にすっきりとしていて、広いです。

セールスマンによると、リヤシートは240mmの分割スライドが可能で、リクライニングしたり倒したりできるとのこと。一人ひとりの体格に合わせて前席との距離を変えられるので、大人でも子供でも快適に過ごすことができます。シートアレンジも自由自在です。

お楽しみはこれから! 値引きの結果はどうなった

現車の確認を済ませ、テーブルに案内されました。現車を見ていたときにはセールスマンが色々なことを説明してくれましたが、所々上位グレードに誘導しようという思惑が見えてしまいましたね。

出来るだけ高い商品を安い値段で買ってほしいという矛盾した願いは、物を売る人共通の考えでしょうから、仕方のないことです。

営業担当者
先ほどからご説明させていただいているとおり、ムーヴカスタムは標準装備でも便利ですが、ベースグレードでもオプションを付ければさらに便利に楽しくなります。オプションのご用意もできますし、お値引きもさせていただきますが、いかがいたしましょうか
iFTig編集部
そうですねえ・・・ベースグレードのオプション無しでいいかなあ。オプション付けなくても値引きってして貰えますか?
営業担当者
下取り車があれば、そちらお値段のほう頑張らせていただきます
iFTig編集部
すみません・・・今乗っている車は友人に譲ることになっているので・・・あまりこれを言うのもなんですが、本体価格の値引きはできないのでしょうか。まだ購入を迷っている段階でして、納得できる価格なら購入を前提に今後も話を進めていきたいのですが・・・
営業担当者
本体価格の値引きも可能ですが、ご期待に沿えるかどうかはわかりかねます
iFTig編集部
5万円の値引きとか、難しいですよね
営業担当者
そうですね、上司に確認しなければわからないですが、5万円は・・・間違いなくダメだと言われるでしょうね。うーん、4万円で可能かどうか、一応上司に確認してまいりましょうか?
iFTig編集部
4万円・・・お願いします

お互い手探り感満載で交渉が始まりました。

相手も若手さんですから、上司の顔色を伺いながらの交渉になりそうですね。5万円は上司に掛け合うのも躊躇われる金額だったので、とりあえず4万円に落としたのでしょう。

営業担当者
4万円は厳しいそうです
iFTig編集部
3万5千円はどうでしょう
営業担当者
聞いてきますね
営業担当者
3万5千円でも厳しいので、3万円でどうでしょう、とのことです
iFTig編集部
わかりました、では3万円でお願いします!

これで値引き交渉は完了。価格を提案するたびにセールスマンが奥に消えていくのが少し面白かったです。

ープランで交渉をしましたが、意外としっかり値引きしてもらうことができて満足しています。この後見積もりを作ってもらって、この日は帰りました。

その見積もりが、こちら!

見積書公開!

ムーヴカスタム 見積書

写真だと数字が見づらいですね。表で細かく見てみましょう。

総合明細

車両本体価格 1,350,000円
車両本体値引 30,000円
車両店頭引渡価格 1,320,000円
付属品A価格 0円
付属品B価格 105,264円
合計 1,425,264円

諸費用明細⑤

税金・保険料 自動車税
取得税 0円
重量税 0円
自賠責保険料(37ヶ月) 37,780円
37,780円
販売経費用(消費税等込) 車庫証明手続代行費用 0円
検査登録手続代行費用 26,095円
下取手続代行費用 0円
納車費用 10,070円
下取車査定料 0
リサイクル資金管理料金 380円
36,545円
非課税 車庫証明 0円
検査登録 5,300円
下取車 0円
リサイクル預託金 8,430円
13,730円
自動車任意保険料 0円
諸費用合計 88,055円
消費税合計 108,283円

付属品明細

品名 金額
テレビ・ナビKit(TTR72A) 25,920円
ワイドバイザー 18,706円
カーペットマット(ダークグレー)(2WD) 15,293円
ワイドシンプルメモリーナビ 90,374円
値引 45,029円
付属品価格計 1065,264円

リサイクル関連費用明細

リサイクル預託金額 シュレッダーダスト料金 4,650円
エアバッグ類料金 1,900円
フロン額料金 1,750円
情報管理料金 130円
合計 8,430円
資金管理料金(消費税込) 380円
合計 8,810円

現金販売時お支払い総額:1,513,319円

まとめ

ムーヴカスタムX Special(2WD)をオプション無しで本体価格の値引きをしてもらった結果、3万円値引きしてもらうことができました。5千円ずつ値段を落としての交渉だったので、おそらくこれが限界なのでしょう。

今回まったくのノープランでディーラーに出向き、若手セールスマンと一緒に手探りで値引きしてもらいました。

若手にしてはしっかりと説明してくれて助かりましたし、若手だと成績もまだ安定しないでしょうから、値段の相談に親身になってくれて助かりました。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です