ベンツEクラスvsフォルクスワーゲンパサート 徹底比較、あなたにオススメ出来るのはどっち?

ベンツEクラスフォルクスワーゲンパサート比較

国内ではお馴染みの外車メーカーである、メルセデスベンツとフォルクスワーゲン。この2つのメーカーの人気看板車種、メルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートは街中でも見かけますよね。

どちらの車種もグレードとしては少し高い部類であり、オーナーになるのもそれなりの覚悟と経済力が必要となります。

そんなメルセデスベンツのEクラスとフォルクスワーゲンパサートを見ながら、あなたにおススメできるのはどちらの車種なのかを徹底比較していきましょう!

価格・ローンについて、どっちが安い?

まずはメルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートの車両価格を比較していきます。どちらも高級車ということは皆さんもご承知だと思いますが、実際どのくらいの価格なのかはあまり知らないですよね?

メルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートの車両価格と、ローンで購入したらどの程度になるのかを、3年と5年ローンと合わせて紹介していきたいと思います。

≪メルセデスベンツEクラスタイプ別ベースグレード≫

  セダン ステーションワゴン クーペ カブリオレ
価格 6,750,000円 7,120,000円 7,160,000円 7,480,000円
3年ローン(月々) 187,500円 197,777円 198,888円 207,777円
5年ローン(月々) 112,500円 118,666円 119,333円 124,666円

≪フォルクスワーゲンパサートタイプ別ベースグレード≫

  TSIトレンドライン 2.0TSI Rライン GTE
価格 3,299,000円 4,999,000円 5,199,000円
3年ローン(月々) 91,638円 138,861円 144,416円
5年ローン(月々) 54,983円 83,316円 86,650円
表補足
ここでは、金利計算をせずに単純な計算をしています。両車種の比較のため参考にして下さい。

価格やローンの金額は表の通りです。メルセデスベンツのタイプは全4種類で、セダン・ステーションワゴン・クーペ・カブリオレとなっています。

ベースとなるセダンの価格は6,750,000万円で、シリーズ最高値なのはカブリオレ7,480,000円でした。

一方フォルクスワーゲンパサートのタイプは3種類で、TSIトレンドライン、2.0TSI Rライン、GTEとなっています。ベースとなるTSIトレンドラインは3,299,000円で、シリーズ最高値はプラグインハイブリッドのGTEが5,199,000円です。

メルセデスベンツEクラスの平均車両価格は7,127,500円で、フォルクスワーゲンパサートの平均車両価格は、4,499,000円となっています。メルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートの平均価格の差は約262万円です。

262万円もあれば、同じフォルクスワーゲンのゴルフがベースグレードで買えてしまうほどの金額で、メルセデスベンツのEクラスとフォルクスワーゲンパサートはそれだけ大きな価格差があります。

ゴルフが1台買えてしまうほどの価格差があれば、当然車の質感や走りにも大きく影響していることでしょう。この2台にどのくらい違いがあるのかをみていきます。

【ベンツEクラス】VS【フォルクスワーゲンパサート】装備を比較してみた

メルセデスベンツもフォルクスワーゲンも先進の安全性能を搭載しドライバーの安全確保や疲労軽減に貢献しています。またそれらの機能は高精度なことで定評があり、様々なモータージャーナリストも注目しています。

ここではメルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートの安全装備についての紹介と、その装備についてオーナーの口コミを見ていきましょう!

セーフティー&アシスタンスシステム【ベンツEクラス】

メルセデスベンツEクラスが搭載している最先端の高性能ステレオカメラ&センサーが、これまでとは比べものにならないほど複雑な交通状況の把握も可能にしました。

この最先端の装備により、高速走行から渋滞中に至るまで、幅広いシーンで前走車との最適な距離をキープしてくれるディスタンスパイロット・ディストロニックが装備されているのです。

さらに、車線のカーブや前走車を、車線が不明瞭な道ではガードレールなどを認識し車間を維持しながらステアリング操作をアシストするステアリングパイロットも装備されたことにより安全性を高め、ドライバーの疲労も軽減してくれるようになりました。

そのほかにも、車線変更時にレーダーセンサーが他の車などと衝突の危険がないことを確認してアシストするアクティブレーンチャンジアシストや、死角エリアの車両や自転車の存在を警告するアクティブブラインドスポットアシストなども装備されています。

全方位アドバンス・セーフティー【フォルクスワーゲンパサート】

フォルクスワーゲンパサートには全方位を網羅する先進の安全装備を備えています。

例えば、世界初となる渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」や、歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキなど、数々の最先端技術がフォルクスワーゲンパサードに標準装備されているのです。

これらの装備を紹介すると全10装備になってしまうので、ここでは世界初となる渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」を紹介します。

このシステムはドライバーが予め設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持するようにサポートしてくれるのです。

この機能を使うと、交通渋滞時や発進停止の多い状況において、自動的にアクセルペダル、ブレーキおよびステアリングを制御します。

渋滞の最後尾などで停止している車両の後ろでは、停車するまで減速し、先行車が発進すると、その動きを検知して自車も発進するのです。

装備に対する口コミ

Eクラス フォルクスワーゲンパサート
 Eクラスのディスタンスパイロット・ディストロニックはかなり精度がいいです。国産ではカーブなどで急にアシストしなくなりますが、Eクラスはそのようなことはおきません。(セダン) トラフィックアシストは渋滞の時には絶対使っています。停止も発進も先行車の動きをしっかり感知しているので、ハンドルを握っているだけでOKです。(TSI)
追従機能は単調な高速道路で非常に便利だと思います。(ツーリングワゴン) ACC(アダプティブクル-ズコントロール)が非常に
便利です。長距離の高速道路での疲労感が全く違います。(TSI)
長時間の運転の時など疲労で油断してしまった時など、車線を越えてしまうとステアリングに微振動がくるのでハッとします。そのままにしておくと自動で補正するので驚きです。(ツーリングワゴン) バックカメラがエンブレムの下に隠れています。使用時にカメラがひょっこり現れます。格納されている方が、耐久性も長くなりそうですね。(TSI)
ライトは素晴らしい機能がついています。ハイビームでAUTOのままで走ると対向車や前方走行車だけ照らさず前方を照らします。それだけでなく広告看板やトンネル標識は照らさないのに必要な道路標識だけを認識して照射します。(セダン) サイドアシストプラスは車線変更の時に役立っています。レーンチェンジする時は目視もしていますが、レーンチェンジアシストシステムが検知してくれるので、安心感があります。(GTE)
縦列駐車をサポートするパーキングパイロットは全てを自動で制御して駐車してくれます。これならば初心者の娘に縦列を任せても安心です。(セダン) 家の駐車場からバックで出る時に、今までの車はかなり目視に気を遣っていましたが、リアトラフィックアラートを搭載しているので助かっています。(TSI)

メルセデスベンツEクラスもフォルクスワーゲンパサートも安全性能に関しての口コミを拾ってみました。どちらの安全性能もオーナーの評価はかなり高く、信頼のおける機能になっています。

メルセデスベンツもフォルクスワーゲンも最先端技術を惜しみなぐ注ぎ込み、安全性、快適性、疲労軽減を高レベルで実現しているのではないでしょうか。

また何よりこれらがオプション装備でなく標準装備にしている所に、両メーカーの安全への取り組みに対しての力の入れようを感じます。

両モデルのエクステリア・インテリアを比較

ここからは、インテリアとエクステリアをみていきましょう、まず最初に居住性や車の印象にも大きく関わるボディーサイズをみていきます。

【ベンツ・Eクラス】 【フォルクスワーゲンパサ-ド】
全長 全幅 全高 全長 全幅 全高
セダン/TSIトレンドライン 4,930mm 1,850mm 1,445mm 4,785mm 1,830mm 1,465mm
ステーションワゴン/ 4,940mm 1,850mm 1,465mm 4,785mm 1,830mm 1,470mm
2.0TSI Rライン
クーペ/GTE 4,745mm 1,785mm 1,395mm 4,785mm 1,830mm 1,470mm
カブリオレ 4,745mm 1,785mm 1,395mm

フォルクスワーゲンパサートはグレード間でサイズ違いがほとんどありませんが、TSIトレンドラインの全高が他のグレードより5mm低いです。

メルセデスベンツEクラスはボディータイプが変わることで全長は185mm~195㎜、全高は50mm~70㎜程度変わってきます。

特にクーペとカブリオレは居住性よりも走行性能を重視しているのでセダンやステーションワゴンよりも小さくなっています。

総合的にみればメルセデスベンツEクラスのクーペとカブリオレが全長・全幅・全高においてコンパクトになっており、セダンで比較するとフォルクスワーゲンパサートの方が全長が145mm、全幅が20mm小さいという結果になります。

では、口コミを元にエクステリアとインテリアを比較してみましょう。

エクステリア・インテリアに対する口コミ、オーナー意見

Eクラス フォルクスワーゲンパサード
二つの電子パネル、木目調、革シート細部への拘りを感じます。メーターもアナログとデジタルが心地よく共存しています。(セダン) パサードの細めのライトと一体化した細めのグリルが大人っぽさを演出している。この落ち着いた感じが好きです。(TSI)
超ワイドディスプレイが凄い!12.3員インチのディスプレイを2枚合わせた一体化デザインが高精細です。(セダン) キャラクターラインの同一線上にドアハンドルが、ショルダーラインにドアミラーを配置しており、緻密に計算された美を感じます。(TSI)
黒い内装は嫌いなのですが、レザーエクスクルーシブパッケージの赤黒の内装がカッコ良くて気に入っています。(セダン) フロントは精悍な感じで良いのですが、リアのデザインが残念。お尻が短くて三菱のランサーみたいな見た目で好きになれない。(TSI Rライン)
フロントグリルはメルセデスベンツの特徴でもある大きなグリルが恰好いい。リアも派手すぎず精悍な作りが気に入っています。(セダン) センターに配置されたアナログ時計がオシャレ!時計を中心に左右に伸びるデコラティブパネルが美しいシンメオリーを演出しています。(TSI)
LEDのハイパフォーマンスライトが攻撃的なデザインで凄くベンツに合っています。グリルとのバランスも抜群です。(ステーションワゴン) LEDヘッドライトはパサード用に開発された全く新しいもので、視認性が凄くよい。特徴的なアイラインは20個のLEDが散りばめられていてデザインも好印象(GTE)

メルセデスベンツもフォルクスワーゲンもそれぞれの特性をふんだん表現した完成度の高いデザインになっています。購入されたオーナーもデザインの完成度の高さに十分満足している様です。

個人的にはメルセデスベンツのEクラスのインテリアの完成度が高いと感じています。

質感も本革や木目調と値の張る素材を使っており、電子パネルなどを採用しているので購入するのに700万円前後かかると言われても十分納得ができる仕上がりになっています。

特に気になっているのはアンビエントライト、64色の光で車内を間接的に美しく演出してくれるのだ。

センターパネルはピアノブラックを採用し、ダッシュボードには木目を取り入れ、違う質感の素材ですが上手く融合してエレガントさを増しています。

エクステリアデザインは全体的にスポーティーに仕上げっており、メルセデスベンツの特徴でもある、大きなグリルはヘッドライトとの一体感もあって良くなっています。

エクステリアでもメルセデスベンツであるという圧倒的な存在感を放っています。

一方フォルクスワーゲンパサートは、緻密的な美と完成度の高さを感じる洗練された作りです。一見単調ですがボディーには曲面を上手く活用して美しさを演出しています。

インテリアも330万円で買えるベース車で、レザーステアリングやデコラティブパネルで加飾しており装備も充実している点では、メルセデスベンツと同様にコストパフォーマンスの高い1台です。

どちらも良さを感じますが、どちらを選ぶかは好みの問題になってしまいます。

【ベンツEクラス】と【フォルクスワーゲンパサート】燃費がいいのはどっち?

次にメルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートの燃費を比較してみましょう!高級車は燃費が悪いというイメージが強いですが、この2つの燃費はいったいどうでしょうね。

メルセデスベンツEクラス フォルクスワーゲンパサード
セダン/TSIトレンドライン 14.7km/L 20.4km/L
ステーションワゴン/
2.0TSI Rライン
14.7km/L 20.4km/L
クーペ/ GTE 15.5km/L 21.4km/L
カブリオレ 15.5km/L

ここにはカタログに記載されているJC08モード燃費を載せています。JC08モード燃費で比較するとフォルクスワーゲンパサートの方がボディーが軽いことと、エンジンの排気量が小さいことが影響しており、かなり燃費が良い結果となりました。

ベースとなるセダンとTSIトレンドラインの燃費を数値で比較すると、メルセデスベンツEクラスは14.7km/L、フォルクスワーゲンパサードは20.4km/Lと5.7km/Lの差があります。

しかしここで比較しているのはJC08モードです。実際に購入する時はJC08モードではなく実燃費で比較するものです。運転方法や走行条件によって燃費も大きく左右される物なのでデータだけでは中々決めつけることができません。

実際に乗っているオーナーの口コミを元に、燃費に対してどのような評価をしてるかをみてみましょう。

Eクラス フォルクスワーゲンパサート
Eクラスの燃費は平均して10㎞/Lあたりです。比較的渋滞にもはまり難いのでリッター10km/Lを切る事はありません。(セダン) 夜間のスムーズな走行ならば一般道でリッター14キロくらいです。(TSIトレンドライン)
高速で12km/L~16km/L、一般で10km/L位は走れます。カタログ燃費は14.7km/Lなので、燃費を悪化させずに近づけようとするとあまり踏めません。(セダン) 高速道路では18㎞/Lも走ってくれます。(TSI)
平均燃費9.8km/L。大満足です。都内で8km/L前後、郊外11km/L、高速ならJC08モード燃費くらい走ります。(セダン) プラグインは1回充電すると50km/L位走行できます。
満充電にしても電気代は100円足らずです。(GTE)
街乗りが主ですがリッター10キロぐらいです。(セダン) 1400ccのダウンサイジングターボなので走りも去る事なら燃費も上々です。(TSIトレンドライン)
なかなか燃費10km/Lの大台に乗れないです。実燃費は9.6km/L位ですね。車体が思いから仕方ないですげ。(ステーションワゴン) 燃費は素晴らしいです。フルエアコンで市街地を走行しても14Km/L、高速道路の走行ならば20km/L超えます。

メルセデスベンツEクラスはJC08燃費が、パサーとに大きく引き離れていましたが、実燃費でもその差はあまりかわらない様です。

実燃費はメルセデスベンツEクラスが街乗りで10km/Lくらいで、フォルクスワーゲンパサードは14km/Lくらいになっています。

実燃費で比較しても、やはり燃費は4km/Lくらい差が開いています。やはりフォルクスワーゲンパサードはエンジンをダウンサイジングしてターボにしているので、燃費にも大きく効果を表しているようです。

【ベンツEクラス】・【フォルクスワーゲンパサート】にはどんな人が乗っているの?

今回は、装備の特徴やエクステリア、インテリア、燃費でメルセデスベンツEクラスとフォルクスワーゲンパサートを比較してきました。

メルセデスベンツEクラスやフォルクスワーゲンパサートに乗っている人が、どのくらいの年代で、どのようなニーズやライフスタイルで購入しているのか気になりませんか?

それぞれの車を購入している人はどんな人なのかを具体的に挙げて、比較してみます。

【ベンツEクラス】に乗っている人はこんな人!

ベンツEクラスのオーナーを10名リサーチしてどんな年代に支持されているのか見てみました。結果は以下の通りです。

ベンツEクラス年代別オーナー

ベンツのEクラスは30歳代~60歳代の方が乗っており、特に40~50歳代で購入されている方が多いです。フォルクスワーゲンパサートと比べても300万円以上価格が高く、700万円前後することから、購入する年齢層もあがっているのです。

このクラスの車になると、ある程度収入も安定していないと購入はおろか、ローンの審査も中々通過しないです。

メルセデスベンツEクラスに乗るオーナーの使用用途は、休日にゴルフに行く時に乗ることや、車が好きだからという理由で内装の質感やエクステリアの美的価値の高い車に乗っていたいというステータスで乗っている方が多いのです。

【フォルクスワーゲンパサート】に乗っている人はこんな人!

フォルクスワーゲンパサートに乗っている10名の年代層はこんな方々です。

フォルクスワーゲンパサート年代別オーナー

フォルクスワーゲンパサートはメルセデスベンツのEクラスのオーナーと比べて中高年層の支持が高いのがわかります。40歳代と60歳代が2名、次いで50歳代が4名となっており大人の男性が乗る車といった印象です。

フォルクスワーゲンパサードはメルセデスベンツEクラスと比較しても価格が安いことから20歳代~30歳代のオーナーが多いのかと想像をしていましたが、実際にリサーチしてみると、中高年に支持されていました。

これはフォルクスワーゲンの持つ、美しいフォルムが若年層よりも中高年に受け入れられているのだと思います。

キャラクターラインはサイドにスラット伸びており、ドアパネル下端に曲面を上手く取り込んでいたりする点で、美的センスの高い方に好まれています。

フォルクスワーゲンパサートもEクラス同様にゴルフなどを楽しむ時に使う方も多い様ですが、夫婦二人でゆったりとした休日を楽しむ為に購入したという方もいらっしゃいました。

比較結果

ここまでメルセデスベンツのEクラスとフォルクスワーゲンパサートを比較してきました。ベンツのEクラスは何と言っても安全性能が優れている点で評価が高いです。

またフォルクスワーゲンパサートも同じく安全性能への信頼が高い車で、エクステリアの美的センスの高いデザインに定評があります。

どちらも良い車であることは間違いありません、あとは貴方が好きな方を選ぶだけです。

予算や燃費、見た目や居住性など現車を見て、自分の趣味やニーズにあった1台を選んで欲しいと思います。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です