【見積書公開】タントの値引き交渉をしてきた! 値引きの限界に挑戦です

そろそろ車の買い替え時になってきました。
現在乗っている車が軽自動車なので、同じような軽自動車で購入することはもう既に決定済みです。

ダイハツのタントとその競合車であるスペーシアやN-BOXなども考えたのですが、最終的にはタントに軍配があがりました。

タントを購入するぞと意気込んだのは良いのですが、予算を考えると結構厳しい・・・。

買うなら最大限値引きして貰わないといけないかもしれないなあというのが、正直なところです。そこで、ダイハツのディーラーに行ってタントの値引き交渉を行うことにしました。

その様子をここでレポートし、最後に見積書を公開します!

さあ、ディーラーに行こう

タントを買うと決めたその日から、私はタントの情報を集めていました。

ベースグレードであるLをオプション無しで購入する予定だったので、Lにはどんな装備があるのか、インテリアやエクステリアはどうなっているのか、公式サイトで見ていたのです。

そうやってモチベーションを高めながら日々を過ごし、ディーラーに行く予定の日になりました。緊張でガチガチになるかと思っていたのですが、特に緊張することはなく、自分でも驚きです。頬を二回叩いて、ディーラーの中に入ります。

始まる商談、値引きのテクニックとは

ディーラーの中はとても静かでした。相手の言葉を一言一句聞き逃さずに交渉することができて良いですね。

中に入ってあたりを見渡し、カタログ置き場を発見。ゆっくりと近づいてカタログを開き、適当にパラパラとページをめくります。タントのページを見つけたので、なんとなく眺めていると、後ろから声がかかりました。

営業担当者
気になる車種等ございますか?
iFTig編集部
そうですね、タントの購入を考えてるんですが、やっぱり一度見てから決めたいなあと

カタログのページを見せながら説明します。セールスマンは「なるほど」と小さく呟いて笑顔になりました。

営業担当者
それでしたら、一緒に現車を確認しましょうか。ご案内します
iFTig編集部
ありがとうございます!
営業担当者
見ながら説明などもさせていただきますね

セールスマンは楽しげにそう言って、私の前をゆっくりと歩きます。

私はカタログを閉じて元の場所に置き、セールスマンについて外へ。外に出た瞬間「まぶしいですね」とセールスマンがおっしゃっていたのが印象的でした。人のよさそうな方です。

現車の確認! エクステリアとインテリアの雰囲気は?

タント エクステリア 正面

フォルムは競合する車とほとんど同じですね。全体的に大人しい印象があります。ヘッドライトは丸すぎず、尖りすぎずで個人的にはちょうどいいです。フロントグリルが大きめなのも可愛らしくていいですね。特徴的ではありませんが、万人受けしそうだと感じました。シンプル・イズ・ベストです。

タント エクステリア サイド

斜めから見ていると、セールスマンが「ピラーレスなんですよ」と軽い説明をしてくれました。調べたから知っていましたが、「へえー! そうなんですね!」と相手の話に真剣に相槌を打ちます。

リアドアをスライドしてオープンさせ、助手席の扉も開けることによって、乗り込み口を広くし、荷物を積んだり小さい子供を乗せたりといったことがしやすいそうです。ミラクルオープンドアという、タントが売りにしているものの一つですね。

フロントドアはUVカットガラスになっているということも説明されました。説明には全て何かしらのリアクションを返すようにします。こうすると相手は自分の話をよく聞いてくれているのだと感じ、印象がよくなるのです。印象の悪いお客さんだと、セールスマンも値引きさせたくなくなりますからね。

タント インテリア 前席

インテリアはとてもすっきりとした印象があります。シートは撥水加工されたファブリックシート。センターアームレストにはボックスが付いていて、小物が入れられるようになっています。ショッピングフックは助手席側のインパネだけでなく、助手席シートバックにも付けられていて便利です。

助手席はロングスライドとリクライニングができるようになっています。

シートバックテーブルもついていて、子供と二人で乗るときには助手席を倒してテーブルにすることも可能。限界まで前にスライドしてテーブルモードにすると、リアにいる赤ちゃんのケアも余裕を持ってできるのだそうです。

質感はチープな部分も目立ちますが、機能的なところが好印象です。パネル周りもすっきりとまとめられていて、余計なものが一切ありません。収納がたくさん付けられていますが、どの収納も見た目的にも機能的にも決して邪魔にならないようになっています。

タント インテリア 後席

助手席をスライドしなくても、前後席の間にはしっかりと余裕がありますね。大人でも窮屈さを感じることなく乗れそうです。しかも床面はフラットになっているので、掃除がしやすくなっています。フラットだと手荷物やリュックを床に置きやすくなるのもいいですね。

リアシートは左右分割でロングスライドとリクライニングおよび格納ができるということを説明されました。助手席を倒す機能と一緒に使えば、シートアレンジの幅がとても広くなります。細長い荷物も積むことができるでしょうね。

タント エクステリア バック

前から見るとあまり個性の無いデザインだと感じましたが、リアの造形は個性的だと感じました。

テールゲートを開けてみたところ、テールゲートはとても軽くできていて、片手に荷物を持ちながらでも楽に開けられそうです。全体的にとてもよく出来たデザインだと思いますが、リアの見た目には賛否両論あるようですね。

エクステリアにインテリアを前後ともに確認して、タントは全体的にすっきりとした車なんだなという印象を受けました。説明を受けたピラーレスの部分、助手席とリアシートのアレンジが豊富なところなどがお気に入りです。

ただ助手席のドアが少し閉まりづらいように感じました。セールスマンによると、ピラーを建てるのに力が必要だからドアが最後の一歩でいまいち閉まりづらいのだそうです。ピラーレスのデメリットと言えるでしょうか。

それでもミラクルオープンドアのメリットのほうが、勝るように個人的には思います。

お楽しみはこれから! 値引きの結果はどうなった?

一通り現車を確認し終えたところで、交渉のテーブルに着きます。

セールスマンは説明中始終笑顔で、イキイキとしていたので、こちらも楽しくなってきました。お互いに好感度が上がっている状態で交渉に入ったと言えるでしょう。

テーブルについて最初のうちは、セールスマンがお勧めポイントのおさらいなどをしてくれたので助かりました。その話を聞いてタントのどこが気に入っているのか再確認し、やはりタントは魅力的だなと感じたので、購入することに決定。

セールスマンの話を一通り聞き終えたら、セールスマンが感想を求めてきました。

営業担当者
いかがですか? お気持ちのほうは
iFTig編集部
ミラクルオープンドアや、シートアレンジが多彩なところがいいですね。お出かけが多いので、荷物の積み込みがしやすいのはポイント高いです。うん・・・タントを購入したいという気持ちが高まりました。もうタントで決めます
営業担当者
ありがとうございます! オプションもご用意できますが、どうしましょう

セールスマンがカタログを開いて、見せてきました。「うーん」と唸りながら、オプションを検討するフリをします。カタログを見せられてすぐ断るのは印象が悪いかなという判断です。カタログを眺めていると、セールスマンがおすすめのオプションの説明をしてきたので、それも全部興味深そうに聞きます。

iFTig編集部
うーん、とりあえず標準装備だけでいいかなあって感じです。オプション無しで見積もりもらって、家で家族と考えてきてもいいですか? オプションの有無に関わらず、次来たときに買います!

購入することを相手に示しておくと、セールスマンのテンションが上がります。買うかどうかわからない状態では、なかなか最大限の値引きをしてもらえないものです。買うとわかっていれば、相手も値引きに対して乗り気になりやすいでしょう。

営業担当者
もちろんです! 本日お車でご来店のようですが、現在乗っているお車はいかがなされますか?

ここで一方的に下取の話を進めてこないあたり、このセールスマンは優しいなと感じました。

iFTig編集部
友人に譲る予定です

ディーラーで下取をしてもらうと、下取額の調整で値引きを誤魔化されることがあるかなと考え、下取を避けるために友人に譲ると言ってみました。

オプションを付けないのは元からオプションを考えてなかったからですが、オプションを付けて見積もりをとると、オプションの値引き額で本体値引き額が誤魔化されることもあると考えられます。

営業担当者
かしこまりました
iFTig編集部
それでですね、この車は是非あなたにお願いしたいと考えているのですが、予算のほうがカツカツで・・・限界まで値引きしていただけないでしょうか? 値引きしていただければ、次来たとき買いますんで!
営業担当者
本体価格の値引きだけなので、それほど多くはできないと思いますが、頑張って上司に掛け合ってみますね!

セールスマンが上司に掛け合いに行きました。セールスマンが戻ってきて告げられた金額は、2万円です。

本体価格の値引き額が2万円でも悪くはないのでしょうが、最初に提案してくる金額が値引きの限界とは考えにくいので、もう少し粘ってみます。

iFTig編集部
2万円ですか・・・もうひとこえというのは、厳しいですか?
営業担当者
そうですねー。もう一度交渉してまいりますので、少々お待ちください

二度目の交渉。戻ってきたセールスマンの顔からは、ちょっとした達成感が見えました。

最初は2万円の値引きということでしたが、今回告げられた金額は3万円。こちらから何か聞く前に、これ以上は本当に厳しいと上司から釘を刺されたと言われたので、これが限界だと納得し、見積もりをお願いしました。

その見積もりがこちらです!

見積書公開!

タント 見積書

写真だけではわかりづらいので、数字を表にしてみました。

総合明細

車両本体価格 1,220,400円
車両本体値引 30,000円
車両店頭引渡価格 1,190,400円
付属品A価格 0円
付属品B価格 133,722円
合計 1,324,122円

諸費用明細⑤

税金・保険料 自動車税 0円
取得税 4,000円
重量税 1,800円
自賠責保険料(37ヶ月) 37,780円
43,580円
販売経費用(消費税等込) 車庫証明手続代行費用 22,273円
検査登録手続代行費用 26,095円
下取手続代行費用 0円
納車費用 10,070円
下取車査定料 0円
リサイクル資金管理料金 380円
36,545円
非課税 車庫証明 0円
検査登録 5,300円
下取車 0円
リサイクル預託金 9,200円
14,500円
自動車任意保険料 0円
諸費用合計 94,625円
消費税合計 100,791円

付属品明細

品名 金額
カラーOPTシルキーブルーP(FB40) 27,000円
テレビ・ナビKit(TTR72A) 25,920円
カーペットマット(グレー)(2WD用) 16,913円
ワイドバイザー 18,706円
ワイドシンプルメモリーナビN204 90,374円
値引き 45,191円
付属品価格計 133,722円

リサイクル関連費用明細

リサイクル預託金額 シュレッダーダスト料金 5,420円
エアバッグ類料金 1,900円
フロン額料金 1,750円
情報管理料金 130円
合計 9,200円
資金管理料金(消費税込) 380円
合計 9,580円

お支払い総額:1,418,747円

まとめ

2万円の値引きが3万円になりました。付属品Bに色々と勝手に付けられていますが、購入するときにこれらを無くしてしまって、該当する品をカーショップで自分で必要なものだけ購入する・もしくはナビが要らない場合はナビだけ無くすということをすると、お支払い総額はもう少し安くなります。

交渉にはあまり自信がありませんでしたが、やはり相手に気に入られるというのは大切ですね。相手も自分も値引きに積極的な状態でなければ、満足のいく値引き額を引き出すことはできません。こうやって相手の心理を利用して交渉するということが必要でしょう。

交渉のコツを利用して交渉した結果、タントの値引き額は3万円が目安ということになりました。実際に値引きをしてもらう際、3万円を一つの基準としてみてはいかがでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です