ワゴンRスティングレー ターボ「有・無」どっちが良い?

ワゴンRスティングレーの購入を考えているという人にとって、悩みといえばターボ有りと無しのどちらを購入するかということでしょう。スティングレーといえばターボというイメージを持った人も多く、ターボ車の購入を考えているが、価格差や性能差などがよくわからないなどの理由で思いとどまっている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ワゴンRスティングレーのターボの有無について、コストの差を明らかにした上でどちらが良いのかを考えてみました。

コストで比較。維持費の差はどのくらい?

ワゴンRスティングレーのターボの有無で、どれほどの価格差が生じるのでしょうか。車体代金はローンとして5年間かかってくるものですし、ガソリン代は乗っている限りは永遠にかかるものです。コストの差が小さければ小さいほど、ターボを購入しやすくなるでしょう。

では、実際のコストはどれほどなのか、見てみましょう。

車体代金で比較した結果

ターボ無し(X) ターボ付き(T)
1,465,560円 1,614,600円
※価格は2WDモデルで比較

このまま車体代金を比較すると、ターボ付きのほうが14万9千円ほど高いということになります。これを5年ローンで支払うとすると、ターボ無しは月々約2万4千円、ターボ付きは月々約2万7千円程度支払うことになるということです。

つまり、月々の価格差は3千円程度ということになります。これは他の軽自動車と比べても大きな差ではありません。むしろ差が小さいのではないかと言えます。3千円といえば、よくある飲み会の予算程度ですね。

そうやって身近なお金と置き換えた際、それを安いと感じるか、高いと感じるかで評価は変わるでしょう。

ガソリン代金で比較した結果

ターボ付き ターボ無し
燃費 17.40km/L 22.64km/L
ガソリン代金 6,896円 5,300円
※燃費は実燃費平均値、ガソリン代金はリッター120円で月に1000km走行すると仮定し算出。

ガソリンの差は1,600円程度となっています。他の軽自動車に比べてガソリン代金の差は大きいです。それでも金額的には低いのですが、5年以上も乗る場合は車体代金よりも長く支払うことになるということを考えて判断しなければなりません。

1,600円はカフェでパスタでも食べればそのほとんどが消えてしまうほどの金額です。これを安いと感じるのか高いと感じるのかといったところですが、車体代金とは違い、ガソリン代金はある程度節約することができます。

ワゴンRスティングレーのターボ車の燃費は平均にすると上記の数値になるのですが、燃費に良い運転をしている人は20km/Lを超えている人も多いです。それこそターボ無しのXとほとんど変わりが無い数字を出しています。個人の努力によっては、ガソリン代のコスト差は限りなくゼロに近づけることが可能です。

 

走行性能で比較。満足度の差は

ターボの有無によって生じるコストの差というものを見てきました。
コスト差で「ターボにしようかな」「ターボはやめとこうかな」と考えた人も、最後に少しだけ性能について見てみましょう。ターボを付けることによる走行性能の差が、コストの差に見合うもしくはそれ以上であれば、結果的にコストパフォーマンスが高いことになります。

では、ワゴンRスティングレーのターボの有無による走行性能の差を、データと口コミ二つの観点から見てみましょう。

パワー、トルク

ターボ無し ターボ付き
最大出力 38(52PS)/6,500 47(64PS)6,000
最大トルク 63(6.4kg・m)/4,000 95(9.7kg・m)/3,000

この最大出力というのは、ターボ無しならエンジンが6500回転した際に最高で38馬力の出力が出るということです。ターボ付きなら、エンジンが6000回転した際に最高で47馬力の出力が出るということになります。

つまり、ターボ付きのほうがターボ無しよりも500回転少ないエンジン回転数で9馬力大きな力が出るということです。

この調子でトルクについても見てみましょう。ターボ無しならエンジンが4000回転した際に63のトルク、ターボ付きならエンジンが3000回転した際に95のトルクになるということです。つまり、ターボ付きのほうがターボ無しよりも1000回転少ないエンジン回転数で32もトルクが大きいということになります。

ただ、このデータだけでは実際どれほどの性能なのかがわかりづらいでしょう。そこで、今度はターボ車の口コミを元にしてターボ車の走行性能について考えてみます。

口コミから考察

良い 悪い・どちらでもない
CVTの空回りもなく、マイルドな加速が良い ドッカンターボが好きという人には物足りない
高速も楽々走るターボに文句無し どちらも試乗しましたが、ターボ有りでも無しでも問題ない出来だと感じました
上り坂でもグイグイ登ります。心強いです! 平坦な道の走行だと、差を感じない
高速道路の合流には必要不可欠だと感じました。余裕を持って合流することができます。 タイヤノイズが気になる・・・でも、エンジン性能としては問題ない
ターボ車にしては燃費がいいい 少し値段が高く感じる

ターボ車とターボ無しの車とでは、「高速道路」「坂道走行」において走行性能の差を実感する人が多いです。実際にどちらも試乗した人によれば、平坦な道では差が感じられないとのことです。ターボ車とターボ無しとの性能差が大きいとは言えませんが、その差が小さいのはある意味では良いことと言えます。

自分が想定している車の用途などで、ターボの有無を判断してみましょう。

 

ズバリ、おすすめ、満足度が高いのは

結局おすすめなのはどちらかということですが、これは一概には言えません。ワゴンRスティングレーをどのような用途で使うのか、どのような道をメインで走るのかによって、どちらをおすすめするのかは変わります。

ターボが必要な方

ターボが必要・ターボをおすすめするのは、頻繁に高速道路を利用する人または坂道の多い地形に住んでいる人です。高速道路を利用する際にはターボ車だと余裕を持てるという声が大きいですし、ターボの有無による性能差を如実に感じるところになります。坂道もまた同じで、ターボ有りだとグイグイ登ってくれるけれども、ターボ無しだと心もとないのです。

高速道路を頻繁に利用するというのはたとえば・・・通勤で高速道路を利用する人や週末に必ずどこかに出かけるという人ですね。そういった人は先述の理由からターボ車をおすすめしますし、ターボがなければ厳しい面もあるでしょう。

ターボは必要ない方

ターボを特別おすすめしない・ターボが特別必要ないのは、平坦な下道をメインで走る人です。理由は先ほども述べたように「平坦な道だとターボの有無による差があまり感じられない」ということになります。

特別アップダウンが激しいわけではなく、買い物や下道での通勤程度であれば、ターボ無しでも十分満足できるのではないでしょうか。実際、ターボが必要ないと感じ、ターボ有りから無しに切り替えたという人もいます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です