ベンツ AMG SUV グレードごとに比較し、魅力をご紹介!

AMGベンツSUV

SUVというと、「Sports Utility Vehicle」……スポーツ走行目的に利用する多目的な車ですよね。AMGと言えば、ハイパフォーマンスを実現するブランドとしてスポーティな車を作ることを目的としているブランドです。

SUVとAMG……考えてみれば、これほど相性の良い組み合わせもなかなかありませんよね。事実、ベンツのSUVには数多くのAMGモデルが存在します。

ただ、購入するとなると多すぎてどれを選べばいいのかわかりませんよね。そこで、SUV各AMGモデルをグレードごとに比較して、その魅力をたっぷりと紹介しましょう。

メルセデス・ベンツ AMG SUV グレード表

グレード名 価格
GLA45 4MATIC 7,790,000円
GLC43 4MATIC 8,730,000円
GLC43 4MATIC Coupe 9,100,000円
GLE43 4MATIC 11,500,000円
GLE63 Coupe 12,000,000円
GLE63 S 4MATIC 17,400,000円
GLE63 S Coupe 17,800,000円
GLS 43 4MATIC 19,000,000円
G63 19,710,000円
G65 3,5640,000円

並べてみると、十個もグレードがあるんですよね。十個全部を見てみると、ところどころ「Coupe」と名のつくものがありますが、メルセデスではこれらも「SUV」の類に含めているので、他と同列にSUVとして考えるものとします。

そもそもCoupeを含めなくとも七個のグレードがあるというのですから、驚きです。

もっと驚くのは、最低価格と最高価格の差。なんと2785万円も価格差があるんですよ。GLA45 4MATICを購入したら、G65以外ならSUVのAMGモデルをもう一車なんでも買えてしまいそうです。

これだけの価格差があるのだから、当然その違いも大きいのではないかという期待が風船のように膨らみます。その期待の風船を胸に抱いたまま、これから各グレードの特徴や魅力について見ていきましょう

各グレードの特徴や違いを解説

AMG SUVはグレードごとに見た目が異なることが多ければ、性能も大きく異なる場合があります。じゃあ全てが全て違うのかというと、そうでもなく、似たようなグレードもあるというところがAMG SUVの面白いところです。

それでは、気になる見た目や性能などといった特徴を説明します。

Mercedes-AMG G63

G63やG65などGクラスだけ、他のタイプと見た目が大きく異なります。他のタイプは最近よくあるSUVといった感じで、オフロードよりも市街地や高速道路のほうが似合うようなスラっとした見た目です。

それこそ、「スポーツ使用多目的車」という名前のとおりのエクステリアとなっています。

ところが、Gクラスだけは完全に「オフロードを走れ」と言わんばかりのゴテゴテとしたエクステリアなんです。

もともとGクラスは軍用車の「ゲレンデヴァーゲン」がベースとなっている車ですから、他と異なるボディをしているのは当然でしょう。

国内の車で似たような見た目の車というと、ランドクルーザーが当てはまるでしょうか。

また、軍用ベースでオフロードをガンガン走れそうに思わせるのは見た目だけではありません。性能も高いです。最高出力は5,500rpmで420キロワット、最大トルクは1,750~5,250rpmで760N・mというハイパワーのエンジンを搭載しています。

アクセルを踏み込んだ途端、フロントが持ち上がるような感覚とともに鋭い加速を始める。排気音はとにかく大迫力で、独特。ブルルンというような感じではなく、ドロッドロッロロロというような音がします。

見た目同様、どこへでも走っていけるほどの性能がありますよ。日本国内ならどんな坂道でも、峠道でもガンガン攻めることができるのではないでしょうか。

Mercedes-AMG G65

価格が法外ですが、性能も法外です。それほど大きくはないエンジンルームに12気筒エンジンを積み込むという「そんな無茶な」と思うようなことをやってのけ、それでなお何も破綻していないというのがG65の凄さでしょう。

そんなエンジンを積んでいるからこそ、最高出力463kW/5,000~5,500rpm、最大トルク1000N・m/2,300~4,300というハイパフォーマンスが実現されているんです。

ただ、単純なエンジン性能だけならこれほど高い価格にはならなかったでしょう。G63と比べて圧倒的な価格差を見せ付けているのは、車として根幹のチューニングなどがしっかりされているからかと考えられます。

ストイックな中にもしっとりとした乗り味があって、とにかく乗り心地がいいんです。コーナリングの際にも素直でコントロールがしやすく、とても扱いやすい。

これだけのハイパワーエンジンを積んでいるから扱いにくいのではないかと心配になってしまいますが、その心配はご無用です。

おとなしく走れば圧倒的な快適感を味わえるだけでなく、運転のしやすさも感じられます。

加速してガンガン走れば硬い乗り心地と重力を感じながら楽しく「加速している感覚」を味わうことができる……軍用ベースですが、これこそ「スポーツ使用多目的車」の究極系と言えるのではないでしょうか。

Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC

Gクラスとは違って、現代のSUVらしいスラっとした体系の車です。とてもコンパクトな見た目をしていますが、そこにAMGデザインを施して「別格」の雰囲気を漂わせています。小さいからと言って舐めていては火傷をしますよ。

コンパクトでありながら鼻先が長く高級感のあるボディに、ベンツのSUVのステレオタイプとも言えるようなシンプルかつ高級感溢れるデザインが良くマッチしています。悪く言えば地味ですが、よく言えば万人受けする良いデザインです。

デザインを見て「好きだ」という方はいれど、「嫌いだ」という方はなかなかいないのではないでしょうか。インテリアの赤い線が入ったスポーツシートが男心を惹きつけています。

そんな素直ながらにイカした見た目をしているGLA45 4MATICですが、性能もかなり素直です。

そもそもエンジン性能がボディに対して高すぎるということがないため、誰から見ても扱いやすくなっています。エンジンの排気量は1991ccで、最高出力は280kW/6,000rpm、最大トルクは475N・m/2,250~5,000rpmです。

高回転型のエンジンですが、パワー自体は中回転域からしっかりと出てくれます。これくらいのトルクなら、坂道でも山道でも何不自由はないでしょう。ガンガン飛ばして遊ぶような車ではありませんが、実用車としてのバランスがとても良いです。

ちょっとスポーティに走れる実用車としては、とてもレベルが高いのではないでしょうか。

Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC

見た目ではGLA45となかなか区別がつきませんが、性能はハッキリと異なります。GLC43 4MATICは2,996ccのエンジンを搭載していて、最高出力は270kW/5,500~6,000rpm、最大トルクは520N ・m/2,000~4,200rpmです。

最大トルクは文句なしで大きくなっていますよね。これなら、とてもパワフルな走りを期待することができます。

ただ、最高出力は少しややこしいです。最高出力自体はGLA45 4MATICのほうが高いのですが、GLC43のほうが若干少ないエンジン回転数で最高出力を出せる設計になっています。

ただ、5,500~6,000rpmということはGLA45 4MATICと変わらない回転数で最高出力が出ることもあるということです。

そう考えると、出力はGLC43 4MATICのほうが低いと言えるでしょう。

山道や坂道を普段からよく走るという方にはトルクの大きいGLC43 4MATICのほうがいいですが、平地を走る方にはGLA43 4MATICの性能のほうが合うということになります。

それ以外にも装備の違いなどもあるので、どちらの性能が優れているかという問題でもないのでしょうね。

Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC Coupe

SUVとCoupeを融合させたような大迫力ながらも高級感があり、どことなく海辺を思わせるようなデザインの車です。

クーペらしいような、SVらしいような良くわからない見た目とも言えますが、それが多くのユーザーの心を惹きつけているのでしょう。

フロントデザインはSUVらしく、後ろのほうにいくにつれてクーペらしさを感じます。

そんなGLC43 4MATIC Coupeは、走りを楽しめる車として開発されたものです。実際サスペンションが結構硬く、「スポーツ用に作られているんだな」ということを実感させられます。

エンジン性能はまるっきりGLC43 4MATICと変わりませんが、ボディや調整などが異なるのでしょう。

GLC43 4MATICと比較すると、完全に目には見えない違いとデザインの違いしかないように思えますが、それでもCoupeを選ぶ価値はあるのではないでしょうか。

Mercedes-AMG GLE 43 4MATIC

GLE43 4MATIC含め、GLEシリーズは他と比べてシックなエクステリアをした車です。派手すぎず控えめなエクステリアは、まるでフォーマルスーツのように所有する人を引き立ててくれます。

GLE43 4MATICはタキシードのように、着ている男を試すような車なんです。

もともとGLEクラスはどこかのんびりとした「普段使い」に向いているSUVなのですが、AMG GLE43 4MATICになると、そこにスポーティさが付与されます。その結果、とても扱いやすく絶妙な加減のSUVとなっているのです。

また、GLE43はGLCと走り心地がとても似ています。エンジンの性能がどちらも同じなため、実際に走った感覚はどことなく似ているんですよ。

ただ、装備は異なりますし、そのために乗り味が若干異なります。

Mercedes-AMG GLE63 S 4MATIC

GLE63 S 4MATICは、どこか大人しい印象を受けるGLEクラスの中でAMGらしくスピードとパワーを追求した車です。GLEクラスはベンツのSUVの中でもミドルクラスで、それなりに大きなボディを持っています。

GLA45はコンパクトSUVながらに大きなエンジンを積んでいましたが、GLE63 S 4MATICは大きな体に釣り合う大きなエンジンを積んでいるというわけです。

その最高出力は430kW/5,500rpmで、最大トルクは760N・m/1,750~5,250rpmとなっています。

この体の大きさにこのパワーですから、飛ばさなくてもしっかりとした加速を楽しむことが可能です。住宅街を走らせるのは、低回転域からでも憚られます。見た目もパワーも迫力満点で、まるでプロレスラーのようですね。

また、装備もとても豪華です。GLE43と比べると、圧倒的に豪華になっています。AMG仕様のものが増えていて、フォーマルさよりもスポーティさのほうに磨きをかけているんです。

Mercedes-AMG GLE 43 Coupe

GLE43 Coupeは同じGLEの仲間ということで、GLE43と同じくボディが大きいです。

コンパクトなSUVが主流となりつつある現在の日本において、この車を走らせていると目立つでしょうね。唯一無二という気になれます。素直にGLE43を選ぶのでなく、Coupeというところも特別感がありますよね。

ただし、例のごとく、性能はGLE43と変わりません。装備内容はほとんど同じですが、若干の差が見られます。

Mercedes-AMG GLE 63 S Coupe

GLE43 Coupeと同じく、GLE63 Sのクーペバージョンです。性能は変わりませんが、装備内容はところどころに違いが見られます。さらに、ボディタイプが異なることによって微妙な違いが感じられるようにもなっていますよ。

SUVらしさにクーペらしさを加えることによって、元よりも非日常感が演出されているんです。

ここまでくるとフォーマルな印象は、もう感じられませんね。スポーティに振り切っています。

Mercedes-AMG GLS 63 4MATIC

軍用ベースのGタイプを除いたら、最高峰のSUVと言えるのではないでしょうか。Gタイプを除いたら一番高いグレードということもあってか、性能・装備どれをとっても一級品です。

性能はGLE63 Sと変わりませんが、やはり装備内容が少し豪華になっています。

GLS63 S専用のスポーツシートやメーターパネルなどが用意されていて、インテリアが豪華でスポーティになっているんです。オプションで追加できるインテリアもありますし、自分なりにこだわる余白もあります。

ハイパフォーマンスかつラグジュアリーというのが、GLS63 S 4MATICの特徴で魅力です。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能とエクステリアをメインにして、各グレードの特徴を見てきました。その中で少しだけ装備についても触れましたが、各グレードで異なるのは見た目や性能だけではありません。

装備もまた、異なっていることもあれば変わらないこともあるのです。

そこで、今度は装備を基準にして書くグレードの特徴を見ていきましょう。

なお、全ての装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。

Gクラス「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/g-class/ebook/spec/index.html
GLAクラス「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gla-class/ebook/spec/
GLCクラス「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/glc/ebook/spec/index.html
GLC Coupe「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/glc/ebook/spec/index.html
GLEクラス「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gle/suv/ebook/spec/#page=5
GLE Coupe「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gle/coupe/ebook/spec/
GLSクラス「http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gls/ebook/spec/

G63・G65装備比較

G63 G65
  • ラグジュアリーヘッドレスト(前席)
  • designoレザーシート(前席・後席シートヒーター付)
  • レザーダッシュボード
  • designoエクスクルーシブレザーシート(前席・後席シートヒーター付)
  • designoレザーダッシュボード(ナッパレザー)
  • AMGスポーツシート
  • トップスティッチングインテリア
  • ツートーンダッシュボード(ナッパレザー)
  • ツートーンシート
※二つのグレードで共通しない装備を挙げています。

G63よりも、G65のほうがインテリアがスポーツ仕様になっています。G63はラグジュアリーヘッドレストを搭載するなど、どちらかというと若干普段使い向きです。

G65になるとラグジュアリーヘッドレストがなくなり、その代わりスポーツシートやツートーンのdesignoダッシュボードが採用されるなどスポーティな印象が強くなっています。

GLA 45 4MATIC装備、特徴、異なる点

  • AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション
  • AMGレッドブレーキ・キャリパー[フロント・リア]
  • AMG強化ブレーキシステム
  • AMGスタイリングパッケージ[フロントスポイラー、サイド&リアスカート](AMG専用)
  • AMG E-SELECTレバー
  • AMGスピードシフトDCT
  • AMGドライブユニットシステム
  • AMGメーターパネル
  • アンビエントライト(マルチカラー、ウェルカムファンクション機能付)
  • AMGデザイン(フロントバンパー、サイド&リアスカート)
  • AMGデュアルツインクロームエグゾーストエンド(スクエアデザイン)

GLAクラスの中で、GLA45のみに装備されているものを挙げました。

基本的なものが多く特別感は薄いですが、GLAクラスの他グレードと比べてAMG仕様が多数追加されています。特にスピードシフトDCTなどスポーツ走行に関わる部分がしっかりと搭載されているところが、良いところです。

スピードシフトDCTというのは、マニュアルのようなダイレクト感のあるミッション操作ができる技術を指します。直感的に操作ができるだけでなく、シフトチェンジがスピーディなのでスポーツ走行がしやすいです。

また、スポーツサスペンションでしっかりと高速コーナリング時のロールを減らしています。さらに強化ブレーキによる制動力のアップなどもあり、高速走行をすることへの安心感も高まっているのです。まさにAMG SUVのスタンダードと言えるでしょう。

GLC 43 4MATIC・43 4MATIC Coupe装備比較

GLC43 4MATIC GLC43 4MATIC Coupe
  • スポーツステアリング
  • タイヤフィット
※二つのグレードで共通しない装備のみを挙げています。

GLC43とGLC43 Coupeとの装備の違いは、たった二つだけです。タイヤフィットはパンク時に備えるものとしてメルセデスが推奨しているものですが、これが最初から搭載されているのは若干珍しいと言えます。

後から自分でタイヤフィット溶剤やコンプレッサーを買って搭載させる人が多いのですが、最初からついているとなるとありがたいですよね。

また、GLC43やGLC43 Coupeは、ヘッドアップディスプレイやナイトパッケージ、メモリー付フルパワーシートなどを搭載していてGLA45よりさらに豪華になっています。

ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスの向こう側にオブジェクトが浮いているように見えるディスプレイのことです。

運転に必要な情報を伝えてくれるので、路面から目を離さずに情報をキャッチすることができて安全性が高まります。それだけでなく、単純にカッコいいというところも魅力です。

ナイトパッケージはミラーやフロント&サイドスカート、ドアリム、リアバンパーなど様々な部分に適用されています。

GLE 43 4MATIC・GLE63 S 4MATIC装備比較

GLE43 4MATIC GLE63 4MATIC
  • スポーツエンジンサウンド
  • Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ベンチレーテッドディスク(フロント・リア)
  • ナイトパッケージ
  • レザーARTICOインテリア(ダッシュボード、ドア内張り、ステッチ付)
  • Sport+トランスミッションモード(ダイナミックセレクトに設定)
  • AMGメーターパネル(通常仕様)
  • 本革ナッパレザーシート
  • AMGスポーツステアリング(ナッパレザー)
  • ACTIVE CURVEシステム
  • AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション
  • AMGドライバーズパッケージ
  • AMG GLE63 S専用AMGスタイリング(フロントスポイラー、リアスポイラー)
  • AMGカーボンエンジンカバー
  • AMG GLE63 S専用クレスト付ヘッドレスト[AMGスポーツシート]
  • AMGパラメーターステアリング
  • AMGスピードシフトプラス
  • AMG GLE63 S専用AMGメーターパネル
  • 3ゾーンクライメートコントロール(前席左右、後席独立調整)
  • AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA)
※二つのグレードで共通しない装備のみを挙げています。

GLE43とGLE63 Sとでここまで装備が違うとは……驚きですよね。GLE63 S専用のインテリアも気になるところですが、一番注目したいのは車としてもっと根本の部分です。

特にこれまで他のタイプでは見かけなかった「ACTIVE CURVEシステム」が気になるところではないでしょうか。

ACTIVE CURVEシステムは、名前から想像がつくとおりコーナリング時に関係するアクティブサスペンションシステムです。これが搭載されていることにより、コーナリング時のロールが抑えられます。

それでは、どういう仕組みかを簡単に説明しましょう。

コーナリングする方向の回転力の大きさを一定に維持し、ローリングする方向にかかる回転力を可変的に配分してやることによって、さまざまな状況でローリングを抑えることができるというものです。要は曲がるのに最適な力加減にしてくれるということですね。

また、切り替え速度がとても速いAMGスピードシフトプラスも魅力的です。

これまでGLE63 Sの装備ばかり語りましたが、GLE43に魅力が無いわけではありません。

GLE43で魅力的なのは、スポーツエンジンサウンドでしょう。エンジンサウンドが調整されていて、スポーツ車特有の大迫力のサウンドを堪能できるようになっています。

発進時の小気味いいエンジン音と、体にかかるGの感覚は、スポーツ仕様の車を運転するときの醍醐味ですよね。

GLE 43 Coupe・GLE 63 S Coupe装備比較

GLE43 Coupe GLE63 S Coupe
  • Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ベンチレーテッドディスク(フロント・リア)
  • AMGエグゾーストシステム
  • ナイトパッケージ
  • レザーARTICOインテリア(ダッシュボード、ドア内張り、ステッチ付)
  • 2ゾーンクライメートコントロール(前席左右独立調整)
  • 本革ナッパレザーシート
  • AMGスポーツステアリング(ナッパレザー)
  • AMGレッドブレーキ・キャリパー
  • AMG強化ブレーキシステム
  • AMGドライバーズパッケージ
  • AMGカーボンエンジンカバー
  • シートベンチレーター(前席)
  • シートベンチレーター(ドライバー)
  • リラクゼーション機能付パワーシート
  • AMGパラメーターステアリング
  • 3ゾーンクライメートコントロール(前席左右、後席独立調整)
  • AMG本革ナッパレザーシート
  • AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA)
※二つのグレードで異なる装備のみを挙げています。

装備の表を見てみると、クライメートコントロールが、二つのグレードのわかりやすい違いとなっていますね。

GLE43 Coupeは前席しかクライメートコントロールがありませんが、GLE63 Coupeは後席までクライメートコントロールが搭載されています。

前と後ろ、そして左右で独立して空調の調整ができるので乗っている人全員が快適だと感じる空間作りができるでしょう。快適な温度って、同じ季節でも人によって違いますよね。

寒がりもいれば、暑がりもいる中で全員が不満を持たないというのは案外難しいですが、これでそれを実現することができるというわけです。

それ以外の装備を見るなら、リラクゼーション機能付パワーシートやAMGカーボンエンジンカバーに注目したいところ。

リラクゼーション機能があればドライブで疲れた体を癒すことができますし、AMGカーボンエンジンカバーはこれまで見てきたどのグレードにも装備されていないので特別感があります。

GLS 63 4MATIC装備、特徴、異なる点

  • ACTIVE CURVEシステム
  • AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション(Sport+トランスミッションモード)
  • AMGドライバーズパッケージ
  • 多重構造ガラス(前席)
  • GLS63専用ARTICOインテリア(ダッシュボード、ドア内張り、ステッチ付)
  • AMGカーボンエンジンカバー
  • GLS63専用AMGスポーツシート
  • GLS63専用 AMGメーターパネル
  • AMGブラックツインクロームエグゾーストエンド(パイプ4本式)
  • AMG本革ナッパレザーシート(ブラック)
  • AMGパフォーマンスステアリング(ナッパレザー+DINAMICA)

上記の装備は、GLSクラスのどのグレードとも共通しない装備です。

流石、GLSクラスともなるとこれまで装備されていたAMG仕様の装備が多数装備されていますね。

カーボンエンジンカバーもしっかり装備していますし、サスペンションやACTIVE CURVEシステムといった車の根幹にかかわる部分もしっかりとAMG仕様です。

これまで語ってきた装備がまとまっているといった感じで、特筆すべきものはありませんが、これまでの集大成というような雰囲気がありますよね。これだけ装備が整っているのなら、とても満足できるのではないでしょうか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまで、各グレードの特徴について色々語ってきました。異なるグレードでも案外共通する部分も多かったり、見ていると面白いですよね。そんな各グレードの特徴を踏襲しつつ、今度はそれぞれの魅力について改めて整理してみます。

それぞれのグレードを評価しながら、どんな人にオススメなのかについても語るので、ぜひ購入を検討する際の参考になさってください。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
G63 ☆☆☆☆ 他とは違う特別感を求めたい方へ。
G65 ☆☆☆ ストイックな走りを追求し、そのために予算は惜しまないという方へ。
GLA45 4MATIC ☆☆☆☆☆ 純粋にAMG特有のスピード感に憧れている方へ。
GLC43 4MATIC ☆☆☆☆☆ 豪華な装備とAMGらしさの両方を求めたい方へ。
GLC43 4MATIC Coupe ☆☆ GLC43の豪華装備とCoupeというボディタイプの両方二魅力を感じる方へ。
GLE43 4MATIC ☆☆☆☆☆ 大迫力のスポーツサウンドを楽しみたい方へ。
GLE63 S 4MATIC ☆☆☆☆ 峠道をガンガン攻めたいと考えている方へ。
GLE43 Coupe ☆☆ GLCよりも豪華な装備が欲しく、Coupeに魅力を感じる方へ。
GLE63 S Coupe ☆☆ 快適な装備を揃えたSUV Coupeが欲しい方へ。
GLS63 4MATIC ☆☆☆ 高性能と快適性、そして豪華な装備内容すべてを手に入れたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

G63の評価

軍用ベースのボディであることの「特別感」と、他にはないパワフルな走りの「特別感」。そして何よりも圧倒的な迫力と泥臭さを誇るエンジンサウンドの「特別感」。すべて、他では味わうことのできないGクラスという車の味わい深さです。

Gクラスを味わうのに十分なエンジン性能と走行性能があり、なおかつ普段使いもしやすいような装備設定となっているところにG63の魅力はあります。G65も良いのですが、G63の方が圧倒的に安いためオススメ度はG63のほうが上です。

G65の評価

走りのストイックさという点においては、他の追随を許さないほど高いクオリティを持っている車です。

見た目やエンジンサウンドの特別感と味はさることながら、100N・mの最大トルクと463kWの最高出力というハイパワーなエンジンがG65のクオリティを数段上へと引き上げています。

日本国内あらゆる道を走るのに十分すぎる性能を誇り、どこを走っていても違和感のないデザインをしていて誰を乗せても恥ずかしくないほどの豪華さと高級感を持っている。

色々な要素をとことんまで追求するなら、G65はとてもオススメです。

ただし、価格も他グレードより数段上なのでオススメ度は下がります。

GLA 45 4MATICの評価

AMG SUVの入門モデルともいえるような車です。実用域でありながら、加速感をしっかりと味わうことのできる性能を持っているところがとても魅力的。装備もAMGの基本的なものがしっかりと揃っていて満足できます。

デザインも他よりAMGらしさが感じられるため、AMG特有のスピード感やスポーティさを味わいたいという方にはとてもオススメです。

GLC 43 4MATICの評価

AMG SUVの中では特にコストパフォーマンスに優れているグレードです。装備内容の豪華さとエンジン性能の高さ、そしてAMGらしさ全てにおいて優れています。

本体価格が1000万円を下回っていてこれだけの魅力が詰め込まれているのですから、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

万人にオススメしやすい良い車です。

GLC 43 4MATIC Coupeの評価

GLC43 4MATIC同様の性能と豪華な装備を誇っているのですが、SUVでCoupeであるという部分の特別感がやや薄いように感じてしまいます。クーペらしさも若干感じられますが、よく見ないと「これはクーペだ」と断言できません。

フロントからリアにかけてのボディラインを見ていると「クーペチックだな」と思える程度で、もう少し「クーペを選ぶ特別感」を演出して欲しいなと考えていしまいます。

とても良い車なのですが、その点がマイナスポイントとなってオススメ度は低いです。

GLE 43 4MATICの評価

大迫力なスポーツエンジンサウンドと、それにマッチした高性能のエンジンがとても魅力的です。さらに装備もGLCより豪華になっているというのですから、驚きですよね。

本体価格は一千万円を超えてきますが、それだけの価値があると納得させられますし、AMG SUVを購入しようとしていた方ならこれくらいはまだ予算の範囲内でしょう。

AMGらしくスポーティなサウンドと走りを楽しみつつ、豪華装備で所有感を満たしたいという方にはとてもオススメです。GLC43同様、コストパフォーマンスが高いですよね。

GLE63 S 4MATICの評価

快適な装備も魅力的ですが、GLE63 Sを買うからには峠道をガンガン攻めなければ始まりません。エンジン性能的にも峠道を攻めるのにぴったりですし、ACTIVE CURVEシステムの恩恵もあってワインディングを走るのがとても楽しいです。

不安定な車だと車体を安定させることばかりに気をとられて純粋に走りを楽しめませんが、システムで安定が図られている車だと純粋にスピードや走る感覚を楽しむことができます。

そういった楽しみを追求したい方にこそ、GLE63 Sはオススメです。

GLE 43 Coupeの評価

GLE43の豪華な装備はそのままですが、スポーツエンジンサウンドなど大切な部分が欠けています。

クーペに価値を見出せる方には良いのかもしれませんが、それ以外の方でわざわざGLE43 Coupeを選ぶ意味が特に感じられません。特別感も薄く、純粋にSUVを欲している方の需要とも少し離れるのでオススメはしづらいです。

GLE 63 S Coupeの評価

AMG SUVのCoupeの中では装備の豪華さがトップクラスです。快適な装備がとても多く、運転手以外も乗っていて楽しいと感じることができるでしょう。

その点が魅力的でオススメですが、他のCoupeと同様の理由からAMG SUVでこのグレードを選ぶ意味はそれほど無いと思わざるを得ません。

GLS 63 4MATICの評価

快適性・エンジン性能・走行性能・装備内容の豪華さ……どれをとっても高い次元でまとまっています。その分価格も高いですが、それらを全て高次元で手に入れたいという方にはぴったりです。

特に、快適性とAMGらしい走行性能の高さはとても魅力的。お金をかけてでも良いものを手に入れたいという方にこそ、このグレードは相応しいです。

AMG SUVの総合評価

AMG SUVには色々なタイプの車があって、面白いですよね。コンパクトSUVにミドルサイズSUV、そしてCoupe SUVに軍用ベース……。ボディタイプひとつとって見てみても、それぞれ個性的です。

どんなボディタイプの車が欲しいのか、そしてエンジン性能はどれくらいがいいのか……。

それだけ考えていれば、もう自分が迎えるべき車は決まったも同然です。AMG SUVはグレード数が多いために複雑に見えますが、一度特徴を知ってしまえば選ぶのは早いのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です