「軽自動車乗りは貧乏人」なんてのは昔の話。今現在の印象とは

軽自動車に乗っている人のことを、「貧乏人」と呼ぶ風潮が一部の人の間でありました。昔は現在に比べて、軽自動車はとても安いものでした。100万円前後で購入でき、150万円あれば高い軽自動車と言われていたんです。だからこそ、「軽自動車乗りは貧乏人」というイメージが一部の人に定着していたというわけですね。

そういうイメージがあったということで、今でも軽自動車を購入する時に世間のイメージを気にする人は多いことでしょう。イメージというものは時代によって移り変わっていくもので、現在も軽自動車のイメージが昔と同じとは限りません。

では、現在の軽自動車のりの印象というのはどのようになっているのでしょうか。

今では軽自動車が高くなってきてイメージは逆転か?

冒頭に述べたように、昔は軽自動車は100万円前後で購入でき、高くても150万円までというのが一般的でした。今でも100万円程度で購入できる軽自動車もなくはありませんが、全体的に軽自動車の値段は高くなってきています。

N-BOX+カスタムを見てみると、ベースグレードでも見積もり金額が1,704,690円。同車種の中で一番高いグレード(オプションは無し)だと1,961,290円です。安くても170万円、高くて196万円となっております。N-BOX+カスタムは軽自動車の人気車種の中でも特に値段が高めのものなので、他の車種についても見ていきましょう。

N-BOX+カスタムより安くて人気車種であるタントカスタムだと、一番安いグレードのもので見積もり金額が1,572,780円。一番高いグレードだと、1,802,680円の見積もり価格になります。

軽自動車は100万円前後・高くても150万円で購入できるものでしたが、現在の人気車種で見ていると150万円から200万円の間で購入できるものという価格帯になってきています。

これほど価格が上がっていると、「貧乏人の車」というイメージを持つ人の数が減ってきているのではないかと思いますよね。現在の軽自動車のイメージについて意見を集めてみると、「実用的な車でコスパが高いというイメージがあります」「燃費が良くて小回りもきくから、都会で走るにはちょうどいい」というものが多く、実用性やコスパの高さにおいて好印象のようです。

また、「高い車をポンっと買う人よりも軽自動車乗りのほうが堅実的」という声や「乗り出しに150万から200万かかるし、一概に貧乏人とは言えないんじゃないか」という意見もあります。軽自動車の対するイメージは変わりつつあると言えますね。

 

逆にコンパクトカーが見下されている?

一部の人の間で軽自動車が見下されることがありますが、一方最近ではコンパクトカーを見下す人も増えてきています。軽自動車の価格が高くなってきたことは先述したとおりですが、それに比べてコンパクトカーの価格が下がってきているんです。

コンパクトカーの中でも人気の高いホンダのフィットの見積もりをしてみると、一番安いグレードのもので1,578,840円。一番高いグレードのもので、1,999,220円になりました。軽自動車の価格で紹介したN-BOX+カスタムと比べてみると、一番安いグレードのものはフィットのほうが約12万円ほど安いです。

一番高いグレードのものだとフィットのほうが高いですが、それでも3万円程度の違いで、大差はありません。「それだったらコンパクトカーのほうがコスパが良いのではないか」という風潮になってきています。

 

昔は軽自動車は貧乏人、一方で賢者の乗り物とも言われていたが・・・

昔はコスパから考えると軽自動車が最も安い車でした。コスパの良い車というのは、一部の人からは貧乏人と言われていましたが、もう一方では賢者の乗り物とも言われていたんです。

コスパが良いということは、価格と性能が見合っているお得な車ということですよね。コスパが良い軽自動車に乗っている人は、見栄を張らない人だというイメージを持つ人もいたんです。だからこそ「賢者の乗り物」と言われていたというわけですね。

 

最近ではコンパクトカーの方が賢者の乗り物というイメージも

先ほど説明したのですが、高い軽自動車と安いコンパクトカーの値段はほとんど同じになっています。軽自動車が高くなってコンパクトカーが安くなったわけですが、「それならコンパクトカーを買ったほうがいいのではないか」と考える人も多いんですよ。

一般的に、軽自動車と比べるとコンパクトカーのほうが走行性能や安全性が良いと言われています。普通車の一部なので、タイヤの大きさや排気量・パワーなどが軽自動車と違うのは必然ですよね。それなのに値段は低くなっている。つまり、コスパが良いというわけで、コンパクトカーのほうが賢者の乗り物だというイメージも、一部ではあります。

 

結局、コスパが良い車はバカにされるのか

軽自動車やコンパクトカーとその周囲を取り巻くイメージというのを考えると、コスパが良い車がバカにされているように感じますよね。それは、軽自動車やコンパクトカーをバカにする人たちがコスパを重視していないからです。車に求めているものが違うんです。

「スポーツカーのように走りを楽しみたい」

「エンジンが好きでエンジン音やトルク感を楽しみたい」

「オープンの流れるようなエクステリアが好き」

車に性能や見た目を求める人も多くいる。だからコスパが良い車がバカにされがちに見えてしまっているというわけです。

 

一方でコスパが悪い車は「見栄張り車」と笑われているケースも

コスパが良い車をバカにする人がいる一方で、コスパが悪い車を見栄張り車だとバカにする人もいます。車にコスパを求めている人からすれば、コスパが悪い車を買う理由がありませんよね。コスパ悪いのに買う理由がわからないという人もいるでしょう。

そういうわけで、コスパを求めている人がコスパの悪い車を笑うというのは仕方の無いことです。求めているものが違うのですから、当たり前ですよね。

 

好きな車に乗ろう!結局はそれ!

馬鹿にされるのは誰だって嫌ですし、出来れば馬鹿にされたくないものでしょう。でも、結局はどんな車に乗っていても誰かしらには馬鹿にされてしまいます。誰にでも自分独自の判断基準というものがあるので、それは仕方の無いことです。

自分の判断基準に合わないものがあまり良く見えないというのは至極当然のこと。コスパを求める人はコスパの悪い車のことをあまり良く思わないでしょうし、値段よりも性能や見た目を重視する人は軽自動車やコンパクトカーをあまり良く思わないでしょう。

自分が乗っている車を馬鹿にしてくる人というのは、たった一部の人に過ぎないということです。全員が全員軽自動車を悪く思っているわけではありませんからね。軽自動車を悪く思う人もいればよく思う人もいるということ。

そう考えると、大切なのは人にどう見られるかではありません。自分自身がその車についてどう思うかです。周りの目ばかり気にして車を選んでも、結局は何かしらの理由で誰かに馬鹿にされてしまう。そう考えると自分の好きな車に乗るのが一番です。

数年、十数年と乗り続けていく車ですから、自分自身が自信を持って「好きだ」と声たからかに叫ぶことができるような車を選びましょう。

自分が好きなものに、自信を持つことが大切です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です