N-BOXのグレード違いまとめ。フルモデルチェンジで何が変わったの?

ホンダN-BOX

2011年に登場したN-BOX、登場当時は大きな話題となりましたね。

その後すぐに日本の車社会に溶け込みました。そのN-BOXが2,017年に初のフルモデルチェンジ!

待望の新型N-BOX、デザインはキーコンセプトそのままで大きな変化が無く見た目ではあまり変わっていないように見えますよね。

ただ、その見た目とは違って2代目N-BOX、結構変わっています。

エンジンとミッションが新設計され、ボディも新設計! 車の心臓とも言える部分までが変わり、N-BOXは確かに進化しました。それでは進化したN-BOXのグレードの違いを、紹介しましょう!

N-BOX グレード表

グレード名 価格
G・Honda SENSING 1,385,640円(1516,320円)
G・L Honda SENSING 1,499,040円(1,629,720円)
G・EX Honda SENSING 1,596,240円(1,726,920円)
G・Lターボ Honda SENSING 1,695,600円(1,826,280円)
G・EXターボ Honda SENSING 1,749,600円(1,880,280円)
※()内には4WD価格を表示させています。

グレード間の価格差は大きめで、軽自動車の中でも高めの価格設定になっていますね。N-BOXは初代が登場した際も「強気の値段設定だな」と言われていましたが、その頃よりも更に強気になりました。

先代には設定されていた「C」という廉価モデルが取り払われ、全車にHonda SENSINGが搭載されています。新設計を多分に含んでいることもあってか、その分価格も以前の同グレードより20万円程度高くなっているんです。

Honda SENSINGは、ホンダの予防安全機能の総称でホンダの車の中ではお馴染みの装備ですが、実は軽自動車に搭載されるのはこれが初めてなんですよね。

近年は軽自動車でも先進性の高い予防安全装備を付ける車も出てきていて、それに対抗する形で搭載させたのでしょう。

詳しい機能の説明などは後程語りますが、これだけでも2代目N-BOXに大きなお金がかかっていることが実感できます。

各グレードの特徴や違いを解説

新型N-BOXには、何やら大きなお金がかけられているということを価格表から実感。Honda SENSINGが標準装備されていたり、エンジンとミッションが新設計となっていたり期待が高まりますよね。

その期待を胸に抱いたまま、各グレードがどのようなグレードなのか、その概要を紹介しましょう。

G

装備を抑えめにして価格を抑えたエントリーモデルです。

エンジン性能は「G・Lターボ」「G・EXターボ」以外共通で、43kW/7,300rpmの最高出力と65Nm/4,800rpmの最大トルクを誇っています。

数値を見るだけでも「高回転型エンジンで高性能化がされている」ことが、わかる方にはわかるでしょう。採用されたエンジンは「i-VTEC」。可変バルブタイミング&リフト機構を持っている、ホンダが得意とするエンジンです。

これも、何気に軽自動車では初の採用となっています。端的に述べると「以前より加速がスムーズになり、燃費効率も良くなった」ということですね。

その走行性能は高く、市街地であればまず不足を感じることはありません。890kgのボディをグイグイと引っ張っていってくれます。

走行中の騒音などもほとんどなく、驚くほど静か。軽自動車のレベルを超越した遮音性の高さを誇っていて、エンジン全開加速をするとホンダらしい透過音が車内に入ってくるものの、「うるさい」とは感じません。

アクセルを踏んだ際にグッと回転数が上がり、そこからはトルクをキープするようになっています。

I-VTECがスポーツエンジンとして搭載される場合、最初の立ち上がりから一気に伸びるのが特徴的なんですが、軽自動車のNAエンジンでそれをしても意味がありませんから。

快適性を考えた設定にしたのでしょう。

ただ、坂道などでは少し余裕が無いのはご愛敬。軽自動車に搭載できる範囲の自然吸気エンジンでは、そういった部分は限界がありますから。

それよりも「市街地での走行がより快適になった」ことや「高回転型だから加速もしっかりできる」ことなどを、喜ぶべきですね。

G・L

走行性能はGと同じですが、装備がGに比べてグレードアップしています。詳細は後程語りますが、たとえば運転席ハイトアジャスターやスライドドア・イージークローザー、助手席背面のコンビニフックなど多数の装備を追加。

それだけでなく、塗装や加飾に関しても一部変更されています。

G・EX

G・Lに比べても装備が充実した、一番装備が良いグレードのNAバージョンです。EX専用フロントシートアームレストを搭載しただけでなく、助手席スーパースライドなど便利な装備を多数追加しています。

G・L ターボ

G・Lのターボ版ですが、装備も一部追加されました。たとえば「左右独立式リアセンターアームレスト」や本革巻ステアリングホイールなどです。

これらの装備はターボ車のみに搭載されるものとなっています。ターボを選ぶ利点はエンジン性能だけではない、ということですね。

期待が高まるエンジン性能ですが、47kW/6,000rpmの最高出力と104Nm/2,600rpmの最大トルクを誇るパワフルなターボエンジンとなっています。

最高出力を見て「そんなものだよな」と思っていると、最大トルクに驚かされますね。104Nm/2,600rpm……驚異的だ、これは。

低回転から大きなトルクを持って走ることができるため市街地ではあまりアクセルを踏み込むことがなくなり、少し踏み込んで中間回転域にまで到達すれば簡単に高速泥の流れに乗ることができるようになります。

「ターボだなあ」と実感できるのは2,000rpm程度からで、どの速度でも力強い加速を楽しむことができますよ。以前のターボ車と比べても、圧倒的に良いです。それ以外の言葉が見つかりません。

G・EX ターボ

G・EXのターボ仕様です。G・EXの装備に、Lでも紹介したような装備が追加されています。詳しくはこれから見ていきましょう。

Honda SENSINGって何?

軽自動車では見慣れないHonda SENSING、軽自動車に初の搭載となったホンダの先進安全機能です。

N-BOXに搭載されるHonda SENSINGの機能は、全部で10個。ホンダの上級モデルなどに搭載される機能より数が減ると思いきや、逆に初採用の機能まで搭載しています。

ミリ波レーダーと単眼カメラの両方を使い、次のような機能を発揮するんです。

衝突軽減ブレーキ<CMBS>

  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS<車線維持支援システム)
  • オートハイビーム
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能

個人的に「おおっ!」と思ったのが、ACCとオートハイビーム、そして後方誤発進抑制機能です。ACCが全社標準搭載というのは、軽自動車で初の試みですからね。

ただ、30km/h未満の速度では動作不可能なので渋滞時には使えないというのが残念ですが、高速道路では先行車に自動追従して楽にドライブすることができますから、十分嬉しいでしょう。

また、オートハイビームはレジェンドとグレースにしか搭載されていなかったのですが、N-BOXにも搭載されたということで多くの人の関心を集めています。

そして何より「後方誤発進抑制機能」ですよ。これはホンダとしては初採用。前方だけでなく後方発進の安全性も高めたということで、安全性に関してはもうバッチリです。

N-BOX購入を検討している方は必見です!下記ページでは、N-BOXがどれだけ値引きしてくれるのか、取材に行ったときの様子を紹介しています。ぜひご覧ください。
>【見積書公開】N-BOXの値引き交渉に行ってきた

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を語る中で、装備を一部だけ紹介しました。性能が先代よりも向上して走りが上質になったこともそうですが、装備が先代より充実しているのも2017年型N-BOXの大きな魅力です。

一体どれだけ装備が充実しているのか、グレードごとの装備格差はどれくらいなのかを下記カタログから一部抜粋して紹介しましょう。
http://www.honda.co.jp/Nbox/common/pdf/nbox_equipment_list.pdf

全グレード共通標準装備

  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト(プロジェクタータイプ<オートレベリング/オートライトコントロール機構付>)
  • 運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグシステム
  • VSA
  • EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS
  • ヒルスタートアシスト
  • 頚部衝撃緩和フロントシート
  • LEDリヤコンビネーションランプ(ストップランプ&テールランプ)
  • 360°スーパーUV・IRカットパッケージ
  • 助手席シートバックポケット+シートバックアッパーポケット
  • チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式/3段リクライニング、コンビニフック付)
  • アウトホイールメーター
  • Hondaスマートキーシステム
  • マルチインフォメーション・ディスプレイ
  • 電動パワーステアリング

安全装備はHonda SENSINGに集約されていると言えども、エアバッグ関係もしっかり装備してVSAやEBD付ABSなどの基本はしっかりと抑えています。

軽自動車トップクラスの安全性を誇る、と言っても過言ではないのではないでしょうか。

個人的にとても心が惹かれたのが、360°スーパーUV・IRカットパッケージです。先代ではG・L以上のグレードで搭載されるものだったのですが、新型N-BOXではエントリーモデルの「G」から搭載されています。

子育てママさんにとって、UVとIRを全面的にカットしてくれるのはありがたいですよね。

その他の装備も非常に充実していて、明らかに先代よりも豪華になっているのがわかります。

GとG・Lの装備、特徴、異なる点

G G.L
  • ドアインナーハンドル(フロント)
  • モカグレー 助手席インパネガーニッシュ
  • ベージュ ドアオーナメントパネル
  • モカグレー塗装ステアリングロアガーニッシュ
  • 運転席ハイトアジャスター
  • スライドドア・イージークローザー(リア両側)
  • リア左側パワースライドドア
  • 充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個付)
  • ロールサンシェイド(リアドア)
  • シルバー インナードアハンドル(フロント)
  • マックスアイボリー助手席インパネガーニッシュ
  • マックスアイボリー ドアオーナメントパネル
  • シルバー塗装ステアリングロアガーニッシュ
  • フロントシートアームレスト(運転席)
  • 助手席背面コンビニフック
  • ハーフシェイド・フロントウインドウ
  • 車速連動間欠/バリアブル間欠
※二つのグレードで異なる装備のみを挙げました。

G・Lのほうが装備がとても豪華になっているのが、表を見るだけですぐにわかりますよね。特にビビッとくるのが、「フロントシートアームレスト」と「リア左側パワースライドドア」でしょうか。

運転席用のアームレストがあるだけで、運転はとても楽になります。ACCも搭載されていますし、運転者を楽にすることをとことんまで追求していて好印象です。

パワースライドドアは子育て世代には必須の機能なので、それが追加されるのも嬉しいところ。

「全車標準にして欲しかった」と欲を出したくなるところですが、単身のユーザーなどに配慮して非搭載のグレードを残すことも必要だったのかもしれません。

G・EX装備、特徴、異なる点

  • 助手席フロントシートラッププリテンショナー
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー
  • 助手席スーパースライドシート
  • EX専用フロントシートアームレスト(運転席/助手席<コンビニフック付)>
  • 運転席背面コンビニフック

多くの方が気になっているであろう「助手席スーパースライドシート」ですが、そのスライド量は最大57cm!

前後に大きく動かすことのできるシートで、全車標準装備されているスライドリアシートと組み合わせると車内空間のアレンジの自由度がとても高くなります。

たとえば、助手席を後方にスライドさせることで、助手席に座ったまま後ろに座っている小さな子供の面倒を見ることができるんです。

逆に助手席を大きく前にスライドさせて前に倒せば、リア左側パワースライドドアから運転席に簡単に乗り込むこともできます。

小さな子供を助手席の後ろに座らせて、そのまま運転席に移ることができるわけです。そして、そのまま助手席を前に詰めた状態だと小さな子供が親である運転者を直接見ることもでき、子供も安心できますよ。

また、助手席にもアームレストが付いただけでなく、コンビニフックまで搭載させて利便性は更に向上。十人十色の室内空間の使い方ができそうですね。自分ならどう使うのかを考えているだけでも、わくわくできます。

……それにしても、コンビニフック多いですねえ。

ターボ車のみに標準搭載される装備

  • リア右側パワースライドドア
  • 左右独立式リアセンターアームレスト
  • クロームメッキセレクトレバーボタン&シャフト
  • 本革巻ステアリングホイール
  • パドルシフト

ターボ車のみ、標準装備で両側パワースライドドアになります。G・LとG・EXにはオプション追加することによって、右側パワースライドドアを搭載させることが可能です。

そのため、パワースライドドアのためにターボ車を選ぶ必要はありません。ターボを選べばオプションだった装備が付いてくると考えれば良いでしょう。

ただ、左右独立式リアセンターアームレストや本革巻ステアリングホイール・パドルシフトは、ターボ以外にはメーカーオプションでも搭載できません。

パドルシフトはターボ車にありがちな装備で、運転の操作感覚をより直観的に楽しくするというもの。必要ではないですが、あったらあったで使いやすくてありがたいです。

リアセンターアームレストが搭載されるのは良いんですが、実は先代G・Lには既に左右独立式リアセンターアームレスト」が搭載されています。

そう考えれば、手放しに喜ぶこともできませんね。他の装備や機能を重視した反動のようなものが、ここにきているのでしょう。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格から性能・装備と、N-BOXの特徴をグレードごとに見てきました。装備のグレード格差はありますが、それほど大きくはないというのが個人的な感想です。

全車標準搭載となっている装備が多く、どのグレードでも満足度は高いのではないでしょうか。

ただ、グレードごとに厳密な評価は異なります。最後に、各グレードの評価を個人的な独断と偏見とを交えながら紹介しましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
G ☆☆☆☆☆ 低価格で安全装備の揃った軽自動車が欲しい方へ。
G・L ☆☆☆ パワースライドドアが欲しい方へ。
G・EX ☆☆☆☆ 子育てに便利な一台が欲しい方へ。
G・Lターボ ☆☆☆ 高速道路の利用が多い方へ。
G・EXターボ ☆☆☆ 「これ以上ない」と思える

軽自動車が欲しい方へ。

Gの評価

Gの一番の魅力は、新型N-BOXが一番安い価格で手に入るということです。

Honda SENSINGの機能を10個も搭載していて、i-VTECエンジンと新しい設計の効率良いミッションと軽量化されたボディなどが、この価格で手に入ると考えれば、とてつもなくお得。

西に「軽自動車だし」と小ばかにする人がいれば見せてやり、東に「でもお高いんでしょ?」と言う人がいれば見積もりを出してやりたいくらいに、度肝を抜かれました。

軽自動車とは思えないほどの機能・装備を詰め込んだ、エントリーモデルとしてはできすぎているグレードです。

G・Lの評価

パワースライドドアは欲しいけど、スーパースライドシートは不要だという方にオススメのグレードです。スーパースライドシートは便利な装備で、あれば多彩なシートアレンジができます。

チャイルドシートが必要なくらい小さいお子さんがいるなら、迷うことなくEXを買うべきです。

ただ、お子さんが自分で乗り降りできる年齢ならスーパースライドシートを付ける必要性は無いでしょう。

G・EXの評価

G・EXは、軽自動車に必要な装備とプラスアルファが予め全部揃っています。特にスーパースライドシートは室内装備における目玉となる機能ですから、強く推奨したいところです。

小さなお子さんのいるファミリーにとって便利なだけでなく、室内を広く見せる演出や荷室を拡大する目的などにも使えます。

チャイルドシートが必要なお子さんのいない家庭にとって「必須」ではないですが、あったほうが良いことは確かです。だからこそ、個人的にはEXを一番推したいところ。ただ、その分価格も高くなるので☆を四つにしておきました。

G・L ターボの評価

自然吸気エンジンのクオリティが高いので、坂道が少ない地形に住んでいる人や高速道路の利用が少ない人はターボ車を買う必要がありません。価格も高くなりますし、万人にオススメできるグレードではないでしょう。

ただし、ターボ車の走り心地の素晴らしさは特筆すべきです。低回転域からのトルク感や加速フィーリングの気持ちよさなどは、他の軽自動車ではなかなか味わうことができません。

それだけでなく、ハンドリング性能が実に高いためグイグイと曲がることができます。まさに「オン・ザ・レール」。レールの上を走るかのように、スーッと走る感覚は一度試乗するなどして確かめてみてください。

N-BOXは先代でも「前期から後期」になった際、直進安定性が増したという声が大きかったですが、型が変わるたびに走りをグレードアップさせてくれるのはとても「ホンダ」らしいところですよね。

G・EX ターボの評価

G・EXターボに一度乗れば、現行の他の軽自動車では物足りなくなりそうです。

ターボ車の魅力はG・Lターボで語りましたが、それに「EX」の魅力を加えるという最上の一台。軽自動車もここまでやれるんだなと、「軽自動車」の常識を覆すグレードとさえ思わせてくれます。

ただ、如何せん価格が高いので、予算に余裕がある方にしかオススメできません。

N-BOXの総合評価

2017年新型N-BOXは、見ただけでは先代との違いを感じづらいですが、一度中身を見てみれば先代との違いの多さに眩暈を起こしそうになります。

N-BOXは2011年モデルが終了する間際まで好調に売れ続けていた車で、ホンダは「大きく変える」ことに大きな勇気を出したことでしょう。

大幅に変えずとも売れた車であることは確かですが、大幅に変えて「ダメだな」となることが無く、むしろ「してやられた」という気持ちにさせてくれる一台を造り上げたホンダの器量には驚かされるばかりです。

軽自動車初、が多い新型N-BOX。

2011年に軽自動車の常識を変えてくれた一台が、再び新しい常識を作り上げてくれることに期待します。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です