【見積書公開】三菱デリカD:5値引きレポート

かつてデリカ「スペースギア」という名前で一時代を成したこのクルマが「D:5」と名前を変えて登場してからすでに10年目。

いかにも実用性重視という外観と優れた走行性能により、いまだに変わらない人気を保っているオールラウンドなミニバンです。

頻繁にマイナーチェンジを繰り返してきたことによってクルマとしての機能も常にアップデートされ続けて商品力を保つとともに、競合するクルマも見当たらない状況の中、その希少性によって独特の地位を保っています。

普段街中では見かけてはいても、なかなか実情を知ることの少ないこのクルマを取り上げて見ました。

まずは実車を見ての感想から。初めて三菱ディーラーを訪問してみました。

三菱へ行く前にデリカD:5の調査

商談する相手は会話のプロであるセールスマン。ディーラーへ商談に行く前に、しっかりデリカD:5について調べておくことが大切です。そこで、ここで私がお伝えすることは3つ。

  • デリカD:5の値引き相場
  • デリカD:5の競合車種
  • デリカD:5の納期について

以上になります。早速値引き相場について紹介しましょう。

デリカの値引き相場は大体25万から30万あたりだと言われています。これは、車両値引きだけの金額です。交渉する際は、最低でも25万を目標値引き金額として話をすすめていくことが大切になってくるでしょう。

続いて競合車種についてですが、これはトヨタのノアや、ヴォクシー等が挙げられています。この2車の新車価格はどちらも225万からスタートで、デリカD:5が240万スタート。15万ほどデリカD:5の方が高くなっています。

この点に付け込んで「ノアやヴォクシーもいいなあと考えていて。この金額だとちょっと迷っちゃう」なんて言ってみると値引きに融通が利くかもしれません。

最後に納期についてですが、デリカD:5の納期は1か月から2か月程度で納車されるという報告が多いです。標準的な納車期間ですね。もし、あまりにも長い納車を言われたら、値引きに関連付けて交渉してみるのも面白そうです。

以上の3つは最低限押さえておきましょう。

ディーラー到着

三菱

訪れた三菱のディーラーは、週末だったこともあって、結構な人数のお客さんでにぎわっていました。

店頭には人気SUVのアウトランダーと共に、デリカD:2も試乗車として展示されており、三菱が注力している車種であることが伺えます。

三菱デリカD:5外観フロントリア

特徴のある顔を持つミニバンが多い中で、デリカD:5の「顔」は至ってアッサリした印象です。

縦横の直線を基調としたデザインで、最近多くの車にみられる「釣り目」でないことからも、逆にこのクルマの独特な「味」が感じられます。

背面のフォルムもアッサリしたもの。

角型であることが一目でわかる一切の装飾を排除したデザインになっています。

三菱デリカD:5外観再度

どの方向から見ても箱型であることを知らしめるシンプルなデザイン。車体サイドも最近のミニバンやSUVにありがちな複雑なフォルムではなくきわめてアッサリしたもの。

車体前半がクサビ形に直線的に前傾していることもあって、シンプルさが強調されたものになっています。それが逆に実用性に徹したクルマであることを伺わせ、流行に左右されないその頑ななコンセプトに斬新ささえ感じてしまいます。

柔軟性・復元性に優れた樹脂素材を、傷つきやすいフロントフェンダー部に採用しており、スーパーの駐車場などで起こりがちな、ショッピングカートによる軽い接触などにも高い復元性を発揮するとのこと。

 

ルーフレールをはじめ数々のアウトドア装備を付加して楽しめるのがデリカD:5の大きな魅力。華やかな外観には目もくれず、目的のために徹底するのがデリカ流ということでしょう。

三菱デリカD:5内装運転席周り前席

運転席ドアを開くと、最近のミニバンと比べても圧倒的に高い座面に驚かされます。

乗用車的な雰囲気のミニバンが多い中、この部分だけでもかつてのミニバンを思い出させる部分になっています。ただ慣れるまでは乗り降りには苦労するかもしれません。

左右のフロントピラー部には大きな三角窓が加わり、妨げられがちな前方左右の視界が確保されています。

また可倒式のサイドアンダーミラーのおかげで、視点が高くて死角になる左側下方の視界も確保され、視認性にも配慮された機能が追加されています。

運転席周りのデザインはインテリアの印象を左右する重要な部分ですが、機能を重視してまとめられたこのクルマの無骨さが、こんなところにも表れています。

グレード「M」以外のシートには、運転席・助手席共にシートヒーターが標準で装備されており、冬場には活躍しそうな装備になっています。

三菱デリカD:5内装運転席周りナビ周り

シンボリックなスリーダイヤが、三菱のデリカであることを否が応でも意識させるポイントに。

スピードメーターとタコメーターの間にはマルチインフォメーションディスプレイが設置され、燃費や平均車速、航続可能距離など各種情報がフルカラーで見やすく表示されます。

通常の走行では前方からの視線を大きく動かくことなく状況把握が可能であり、安全性の点からも効果的であるなど、さりげない部分にも配慮されていることがわかります。(グレード「M」のみは赤色単色での表示)

現在は様々な意匠を凝らすデザインが多い中、実に素っ気なく見えるセンターコンソール部が、いかにもアナログ感を感じさせます。

丸いダイヤルスイッチを中心としたエアコン操作系など、その雰囲気を一段と掻き立てます。こんなアナログ調テイストが、実用性に拘るこのクルマの象徴的な部分にもなっています。

三菱デリカD:5内装後席

助手席側スライドドアは全グレードでワンタッチ電動式。

運転席側もグレード「M」を除いては電動が標準で装備されています。2列目シートは座面の前方が高くなったデザインで、やや後傾の大きい着座姿勢になるのが特徴です。

装飾の少ない室内は実用性一点張りであると共に、高い床がオフローダーであることを意識させる部分。

四角い室内形状を生かして、様々な用途に使えるマルチユースフックが屋根部を含めた車体各所に付けられ、前席の後部に汚れが付きにくい素材になっているなど、アウトドア用の配慮がされているのが嬉しくなります。

2列目はキャプテンシートの7人乗りとベンチシートの8人乗りの2種類からの選択。

ベンチシートでも6:4の分割収納が可能なため、片側だけを前傾させての長物積載も可能なところなど、多様性に優れるミニバンのメリットが生かされています。

3列目まで十分な乗員スペースが確保されているため、最近のミニバンにありがちな「使えない3列目」ということがないことは隠れたメリット。シートは撥水・撥油性に優れる素材を使った汚れやシミが付きにくいタイプになっています。

三菱デリカD:5内装ラゲッジスペース

天井部からサイドにかけて、車体の頑丈さを伺わせるアーチが取り囲んだ独特の構造を持ったクルマであることが分かります。

3 列目シートはサイドに収納する方式で、セットするのは重くてちょっと大変。収納すると、奥行きの1200mmはともかく、シート間が770mmとちょっと狭目になってしまいます。

最新のミニバンと比べるとシートの厚みのために確保できる空間スペースが制約されてしまうのはいささか古さを感じさせる部分にもなっています。

そして3列目まで使うと、荷物スペースがほとんどなくなってしまうのは残念なところでしょう。スペアタイヤを積んでいるために床下スペースも確保されていません。

セールスマンとの会話、デリカD:5のウリは?

経験豊富そうなベテラン営業マンから色々と話を聞かせてもらいました。

iFTig編集部
デリカD:5の一番のセールスポイントを一言で言うと、どうなりますか?
営業担当者
やはり世界で唯一のオフロード走行可能なミニバンというところですね。3列目まで含めて8人乗れますし、オフロードも本格的に走れるとなると、このクルマ以外にはありません。

箱形のスタイリングと車体剛性のある造りになっていますし、アンダーガードが付いていたり18インチのタイヤをはいていたりと、下半身がオフロード向けなので、こんな仕様を求められているお客様にとっては格好だと思います。

iFTig編集部
確かに他のミニバンとは存在感が全然ちがいますしね。デリカって全部四駆になるんですか?デリカってミニバンの中でも、四駆的な、グイグイと山を登っていくようなイメージなんですけど、間違っていないですか?
営業担当者
二駆もあります。ただ販売は四駆の方が多いですね。どうもそんなイメージが強いようで、実際に四駆を使われる機会の少ない方でも選ばれているようです。普通のミニバンだと大人数で移動するという使い方ですが、デリカの場合はアウトドアでも楽々使えるというところが大きいと思います。
iFTig編集部
でも普通のミニバンと比べると車高も高くて乗り降りも大変そうですね。
営業担当者
ステップがちょっと高いというところはありますね。ただワンボックスタイプのクルマの中で、今は唯一クリーンディーゼルが選べるようにもなっているんです。

クリーンディーゼルとガソリンどっちがいい?

iFTig編集部
クリーンディーゼルというのは、何が違うんですか?
営業担当者
まずディーゼルというと、街中を走っているトラックなどで、ボーッと煙が出てくるような昔のイメージがあると思います。かつてはディーゼルエンジンというと、黒鉛が出るとか、うるさいというようなマイナスのイメージしか無かったんですが、今は排気ガスも綺麗で、黒い煙は一切出ないように改良されているんです。昔と比べると音も非常に静かにもなっていますし、後は力強い走りができるという特徴があります。あと燃料も軽油なので安いということもありますし。
iFTig編集部
ガソリン車とクリーンディーゼル車とでは、燃費には違いがあるんですか?価格差はだいたいどのくらいですか?
営業担当者
燃費は変わったとしても実際の走行で1~2km/Lくらいで、ほとんど変わりません。軽油とガソリンの価格差に魅力があったりですとか。

あとは走りの良さですね。やはりミニバンは人数を乗せて走るクルマなので、坂道をグッと登って行った時のパワー感というのも、ディーゼル車だと非常に魅力的な加速をしてくれるので。

価格差に関してはおおよそで40万円ですね。

iFTig編集部
燃料タンクの容量が63リットルだから、ガソリンと軽油の価格差はだいたい20円くらいだとすると、だから一回の給油で1200円くらい安くなって、月に2回給油するとなると月2400円か。年間だと3~4万円くらい。
営業担当者
だいたいそのくらいになりますね。後は購入時にディーゼル車は免税になって、所得税、従量税がかからないので、購入時の価格差が40万円あっても、おそらく実際には25~30万円くらいにはなってくると思います。
iFTig編集部
それでいてパワーがあるならいいですね。この「ローデスト」のクリーンディーゼルの四駆でいくらぐらいですか?
営業担当者
本体価格で370~380万円ですね。例えば新車のアルファードで言うと、おそらく2500CCのエアロ付きの一番下のグレードと金額的には同じくらいになると思います。
iFTig編集部
クリーンディーゼルの車とガソリン車とではどっちが売れていますか?
営業担当者
クリーンディーゼルで7:3くらいですね。デリカは昔からディーゼル車というイメージが強くて、例えば乗り換えで先代のデリカのスペースギアとかに乗っておられた方などは、本当はディーゼルが出てほしかったって言っていたんです。

それで仕方なくガソリン車に乗っていたのが、今になって出てきて買い換えたということもあります。あとはデリカに乗ったことがない方でも、やはりデリカはディーゼルだというイメージが強い方が結構多いですね。

iFTig編集部
四角くてワンボックスというこの感じは、やっぱり親しみが持てますね。タイヤサイズも大きいし、地上高も高く見えますね。
営業担当者
4WD車になると最低地上高210mmになりますし、見ての通り前方のアプローチアングルが24度、後ろのデパーチャーアングルが22.5度もありますから、相当に凹凸のある道路でも、ラフな悪路でも、走破性は非常に高くなっています。

トレッドもワイドですから、旋回性能も優れていますし。運転席に座っても上から見下ろす感じになりますし、御覧の通りフロントガラスも大きいですから非常に気持ちがいいです。

iFTig編集部
前席についてはシンプルな造りだけど全然狭いと思うことはないですね。この天井の骨組みのようなのは何ですか?
営業担当者
「リブボーンフレーム」と言いまして、ちょうど肋骨のように車体を取り囲む骨格になっていまして、ボディフレーム結合部の断面が確保されて剛性感を高める構造になっています。

それと車体下部には大型のクロスメンバーが採用されているので、ボディ全体の剛性が非常に高くなっています。これによって衝突安全性でも高い評価を受けていますし、高速走行時や枠路での操縦の安定性や静粛性が高められるのに加えて、耐久性も高いというメリットがあります。

室内は、車のサイズ的に言うと、例えば5ナンバーのセレナとかステップワゴンよりも大きくて、アルファードとかヴェルファイアとかと比べると、一回り小さいサイズになります。

iFTig編集部
エンジンの排気量は?それで実燃費はどのくらい?
営業担当者
2駆では2000CC、四駆では2,400CCのガソリンエンジン車と、ディーゼル車は全て四駆になりますが、2,200CCになります。

実燃費は最近のだと、ガソリン車で大体8km/L、クリーンディーゼルが11km/Lくらいですね。

iFTig編集部
クリーンディーゼルは148馬力だけど、トルクはガソリンとは全然違うんですね。それでいてアイドリングのときは普通のガソリン車と変わらない感じだし。四駆もマニュアルで切り替える方式ですか?
営業担当者
三菱独自のAWC(All Wheel Control)と言いまして、パリダカラリーやWRCラリーなどの経験を通して培われてきた4WD技術なんですが、4輪のタイヤの能力をバランス良く、最大限効果的にさせることによって、意のままに操縦できることと優れた安定性を両立させるシステムになっているんです。

燃費のいい「FF」、路面の状況や走行状態に応じて前後に適切に駆動力を分配してくれる「オート」、それと強力なトラクションが得られる「4WDロック」の3種類がありまして、例えばこの4WDの状態で、それこそキャンプとかの砂利道のすごいところに行くとか、すごくぬかるんだところに行くとか、そんなときにこの「ロック」を使ってもらうことになります。先ほどご案内した強靭なボディと優れた走行性能が組み合わさって、D:5のオールラウンドな性能になっているというわけです。

この後しばらく街中を試乗させてもらいました。乗った感触はなかなか上々。ディーゼルのイメージがずいぶんと変わりました。

試乗後の会話

営業担当者
普通に走っていてもディーゼルとは感じないですね。最初の加速するところでディーゼルだなって音が聞こえるんですけど、それ以外はガソリン車と何の変りもないですね。運転していても安定感がありますし。
営業担当者
カーブでのロールもかなり少なく抑えられていますし、段差とかもミニバン特有のフワフワするような感じがないクルマなので、3列目に乗っていても車酔いしないとよく言われます。
iFTig編集部
走りは全然ガソリン車と変わらないですね。ディーゼルならではのトルクを感じられる時って、どんな場面になるんですか?
営業担当者
やっぱり平坦な道だとガソリン車と歴然と違うわけではないですが、坂道でグーっと登っていくような力強さっていうとやっぱりディーゼルの方がありますね。そういったところでトルク感の強さを感じますので。
iFTig編集部
スタッドレスをはいていたら、雪道もどんどん登っていきますか?日産でもエクストレイルなんかは、自信をもって「行けます」っていうんですけど、そのくらいの力は持っているんですか?
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
じゃあミニバンだし、すごいことですよね。普通はミニバンの四駆というと、とりあえず付いているというクルマが多いけど、本格的なミニバンというと、やっぱりデリカしかないですからね。昔からアウトドアが好きな人はデリカに乗っているし。

 

営業担当者
確かに握るハンドルは低い位置にあるんですが、やっぱりちょっと高いということはありますね。子供さんが乗るにはすぐに慣れて大丈夫だと思いますが、お年寄りの足では乗り降りはちょっと大変かもしれません。

話を聞いているうちに、すっかりクリーンディーゼルが気に入ってしまいました。結局は試乗させてもらった結果、四駆にはディーゼルということで、「D-PREMIUM」の見積もりを出してもらうことになりました。

見積書公開

上位グレードの「D-PREMIUM」を選んだこともあって、ナビまで含まれた豪華仕様になっています。

オプション品はコーティングやフロアマットなど最低限だったものの、合計金額では450万円を超えてしまいました。

ただ値引き額はグレードにかかわらず20~30万円とのこと。アルファード並みの価格になってしまいました。

【ご希望車種】

デリカ D:5
D-PREMIUM   8ニンノリ 4WD
2200CC  6速AT

【型式番号】

エコカー減税 100%
LDA-CV1WLLXFZ
コード 10 外色 OPT 000

お支払い現金合計 車両販売価格① 付帯費用⑥
4,535,047円 4,370,769円 164,278円

 【現金販売価格(消費税込)】

車両本体価格 4,055,400円
車両店頭引渡価格 4,055,400円
付属品価格 315,369円
計① 4,370,769円
付帯費用 164,278円
合計 4,535,047円

 【付帯費用明細】

税金
自動車税(09月登録) 22,500円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
22,500円
保険料
自賠責保険料(37ヶ月) 40,040円
自動車保険料
40,040円
課税(消費税込)
(手続き代行費用)車庫証明手続 15,120円
検査登録手続 20,520円
下取車諸手続 10,800円
納車費用 9,720円
下取車査定料 5,400円
リサイクル資金管理料金③ 380円
つくつく保証 13,068円
課税分小計④ 75,008円
非課税
(預り法定費用)車庫証明 2,500円
        検査・登録 3,320円
        下取車諸手続 500円
リサイクル預託金額合計⑤ 14,710円
公正証書作成費用 5,500円
印紙 200円
非課税部小計 26,730円
諸費用計 101,738円
付帯費用合計⑥ 164,278円

 【消費税率8%】

消費税等合計(①+④)x 税率/(100+税率)

329,316円

 【付属品明細】

付属品明細 金額(消費税込)
ハーティシッカリシャケンツキ 1 99,900円
ドライブレコーダー 1 30,855円
ドライブレコーダートリツケコウチン 1 6,480円
*フロアマット 1 66,938円
*エクシードバイ 1 25,876円
グラスコーティング 1 85,320円
付属品合計 1 315,369円

 【リサイクル法関連費用明細】

シュレッダーダスト料金 9,780円
エアバッグ類料金 2,700円
フロン類料金 2,100円
情報管理料金 130円
リサイクル預託料金合計⑤ 14,710円
資金管理料金(消費税込)③ 380円
合計 15,090円

 【お支払方法】

お支払いプラン プラン1
頭金
割賦元金 4,535,047円
割賦手数料 614,796円
支払回数 60回
初回(12月) 56,243円
第2回目以降 58,700円
ボーナス月 月   日
ボーナス額
最終回支払額 1,689,000円
実質年率 3.90% マイカープランご利用:プラン1

まとめ

ミニバンでありながらオフローダー。しかもエンジンはディーゼルで力強いというのですから、存分に楽しむためには、敢えて雪山や山奥の温泉に行きたい気持ちにさせてくれる不思議なクルマでした。

外見的な面ではともかく、こうした質実剛健さは最近のクルマではめったに見られなくなってきたことからしても、このクルマの根強い人気のほどが分かります。

オトコの道具であることを意識させるそんな無骨さが何よりも魅力であり、デリカが長い間好まれ続けている理由もそんなところにあるのでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です