【見積書公開】日産ジューク値引きレポート。限界価格を探れ

様々なデザインのクルマが溢れかえる街中でもひと際目を引くコンパクトなクルマ。

ジュークが登場したことによって、それまで存在していなかったスポーツカーとSUVの間を取り持つクロスオーバーSUVという新たなカテゴリーが作り出されたのも今となっては懐かしい話題になってしまいます。

そのあとに同じコンセプトのクルマが次々と続いたことは、それだけ「エポックメーキング」だったということになるのでしょう。

最低地上高はやや高めになっているものの、本気でオフロードに持ち出すようなクルマではないこのユニークなカテゴリー。登場以来7年目というこのクルマを今一度見直し、その魅力について探ってみました。

ディーラーへ行く前に

納得できる商談にするためには、ジュークについてある程度知っておく必要があります。

ただ知っているだけでは、うまい交渉が出来ることに繋がりませんよ。これから説明する3ポイントを知識として身に着けてからディーラーへ足を運ぶようにしましょう。

今回私が説明するのはこちら

  • ジュークの値引き相場
  • ジュークの競合車種
  • ジュークの納期について

以上の3つになります。

早速ジュークの値引き相場について説明しましょう。こちらは、車両値引きだけで20万~30万の値引きが可能なようです。最低でも20万を値引き目標額として、粘るのであれば25万あたりが現実的といったところでしょうか。

オプション値引きも含めるのであれば、30万以上を狙っていきましょう。

続いて競合車種についてです。

こちらはやはりホンダのヴェゼルではないでしょうか?皆さんの中にも、ジューク購入を決めるまでに一度はヴェゼルと迷ったという方、いるかと思います。

そんなヴェゼルの新車価格は192万。対するジュークは197万と、5万程度の差があります。

この5万の差をうまく使って「本当はヴェゼルも視野に入れていて、あっちは少し安いんだよなあ」なんて言ってみるのも、1つの交渉手段ですよね。

最後に納期について。ジュークは納車までに1か月~2か月程度だという報告が多いです。これについては、SUVの中だと早い方だと思います。あまりにも長い納車期間を告げられたのであれば、少し安くしてほしいですね。

以上の3つは最低でも覚えておきましょう。

ディーラーへ到着

日産ジューク外観フロント

マーチやノートに使われているコンパクトカー用のBプラットホームをベースとし、スポーティさとSUVとしての走行性を両立させるコンセプトでジュークが登場しました。

タイプの異なるヘッドライトが3組もマウントされた独特な表情のフロントマスクはカエルか昆虫のよう。

ラリーカーの大型フォグランプをイメージしたヘッドライトが奥まった低い位置にあり、最近では珍しい丸形であることも、このクルマの印象付けに効果をあげているようです。

ただ好き嫌いが分かれるデザインでもありますね。

最初から万人向けというのではなく、ある程度マーケットを絞ったクルマ造りがされているということなのでしょう。離れて見るとコンパクトに見えるエクステリアも、近づいてみると結構なボユーム感があることが分かります。

車長が4,135mmと短いわりに車幅が1,765mmと意外と広く、決してスマートさに溢れるデザインではありません。

ボディサイズとは不釣り合いな17インチタイヤが使われており、エクステリアにも大きな影響を与えていることが分かります。

日産ジュークリアフロント外観

ボリューム感溢れる下半身はフェンダーが大きく張り出した足回りを強調するデザインが取り入れられ、以降のSUVにもイメージ的に大きな影響を与えたクルマになっています。

車幅のサイズの多くもこの「張り出し」のために使われ、車幅の割には意外と室内のサイズが狭くなっているのが特徴です。

リアのドアノブがボディ部ではなくCピラー上に設置され、しかも塗装で目立たなくしてスッキリした2ドアクーペ風に見せることにより、スポーティさが一段と強調されたデザインになっています。

ブーメラン形をしたユニークな形状のテールランプ。このクルマの個性はこんなところにも表れています。

このリアデザインは空力特性にも優れているのか、最新のプリウスにも同形のデザインが引き継がれているのは意外なところ。上半身と下半身のアンバランスさをこのテールランプで繋いでいるところなど、デザイナーの腕の見せ所なのでしょう。

日産ジューク内装運転席周り

着座位置が少し高くなるだけで前方の見晴らしがずっと良くなり、車幅の感覚もつかみやすくなるのは大きなメリット。室内はタイト感があり、カラダに密着するシートとも相まって、スポーティ感が感じられるインテリアになっています。

ただフロントガラスはあまり広くなく、またAピラーが大きくて太いことが一層その感を強くしているようです。

バイクのタンクをモチーフにしたというセンターコンソール部は各部に渡って曲面で構成され、他のクルマでは絶対に見られない奇抜なデザインになっています。

それでいて操作性や機能性など、クルマの基幹にかかわる部分はしっかりとまとめられているのは優れた部分。

ただブレーキレバーが助手席側にあるのはちょっと疑問なところで、操作するにも都合が悪く、ここは海外向けをそのまま流用したといわれても仕方のない部分になっています。

丸く奥行きのあるアナログメーターはスポーツカーを思わせるシンプルなデザインでまとめられ、さらにドラーバーの方向に向けられていて、視認性も良好。

後方視界が悪いのはデメリットになるものの、オプションのアラウンドビューモニターの表示がリアミラーに映るのは、なかなか便利な機能だと思います。

バイクのタンクをイメージしたというコンソール部は遊び心も満載。シフトノブ部もそれに併せて楕円形であるのがユニークです。

しかもエクステリアのみならず、コンソール部をはじめとするインテリアの各部、シートまでは自分好みのカラーリングが選べる「パーソナライゼーション」。

見られることを意識した90パターンものカラーリングの選択肢が用意されているなど、心憎い配慮がされています。このクルマが多くの女性に好まれていることも、こんなところに惹かれるのでしょう。

ナビ下部に設置されているIDC(インテリジェント・コントロール・ディスプレイ)もユニークな装備。IDCにはドライブモード(ノーマル、エコ、スポーツ)の3種から、走りの性格を選べるところが特徴です。

「エコ」は燃費重視の省エネドライブ、「ノーマル」は燃費とパワーの最適なバランスをクルマが選択してくれ、「スポーツ」を選べばエンジン回転数が常に2,000rpmに維持されてエンジンの応答性を高めるような設定になっており、なかなか楽しい運転を選べるところがこのクルマのミソ。

またエアコンを操作するスイッチとドライブモードが表示される設定で、スイッチ類はエアコンの時は白く、ドライブモードの時は赤く表示されるのが楽しさを増してくれています。

ただIDCの取り付け位置がいささか低く、見にくい点は残念なところです。

日産ジューク内装ラゲッジバック

残念ながらデザインを優先したために後部座席にはスペース的に悪影響が。

後ろ席ウインドウも後方に絞られた形状となっているために、頭上空間も足元スペースも大人が快適に乗るようにはなっていないのは残念なところ。小さな子供を乗せるのであればともかく、大人用としては2人乗りと割り切った方がよさそうです。

コンパクトボディながら4人乗りともなると、荷物スペースに制約が出来てしまうのは致し方のないところ。しかもバックドアが傾斜していることもあって、活用可能なスペースが一段と狭くなってしまいます。

床面高さは地上から770mmとやや高め。

2列目シートを前傾させれば、奥行き800mm、幅が1180mmと、ゆとりのスペースが確保されます。またラゲージアンダーボックスはなかなかの広さで、いろいろと使えそうです。

ジュークの特徴は?会話紹介!

iFTig編集部
目立たないけど、4ドアなんですね。
営業担当者
このクルマは「楽しむため」のクルマでして、面白みのあるクルマというイメージで出しています。我々も最初に見たときは度肝を抜かれました。この小さなクラスで、こんな顔なのが売れるのかと思ったんですが、それがメチャメチャ売れたんです。そして今になってみると、ヴェゼルとか、他社が追従してきている状態なので。
iFTig編集部
女性のユーザーも多いんですか?
営業担当者
断然多いですね。本当にパイオニア的な感じですね。あんまりアクが強すぎても売れないものなんですが、これは例外でしたね。ただ二人乗りで使うことをベースとして考えられた方がいいと思います。メーカーの意図も、ポルシェのカイエンに勝ちたいというところにあったんです。最近は我々ももう慣れてきましたが、形の差別化が全てと思っていただいていいと思います。
iFTig編集部
ところでこのデザインだと、後方視界があまり良くなさそうですね。
営業担当者
それはありますね。そのためにオプションになりますがアラウンドビューモニターをお勧めしています。車体の各部に付いた4つのカメラを使って、360度死角のない映像がルームミラーに映されますので、後方視界が開けて安心して運転していただけるようになります。自動防眩ミラーもセットでのオプションです。自動ブレーキもそうですけど、最近はこうした優れた機能が色々と用意されていますので、ぜひお使いいただければと思います。
iFTig編集部
もうこれからは、人間が目で見て確認するだけのクルマではなくなっていくんでしょうね。コンソールの下のここは何ですか?
営業担当者
「インテリジェントコントロールディスプレイ」と言いまして、エアコンの温度設定に使われたり、ドライブモードがここで選べるようになっています。「エコ」「ノーマル」「スポ-ツ」と3種類がありまして、ドライバーの好みに合わせた運転が選べるようになっています。ドライブモードに応じて表示も変化するようになっていて、例えばトルクやパワー、前後のGなど普段は見られない情報まで表示されるようになっています。

走りを楽しんでいただくクルマですので。輸出モデルとはエンジン仕様が違いますが、日本市場向け仕様としてはアイドリングストップ機能を追加した1500CCのHR15DEエンジン、それと最近のマイナーチェンジによって1600CCのMR16DDTエンジンが追加されています。1500CCのエンジンは、量産車としては世界初となるデュアルインジェクターを採用した燃費とパワーのバランスに優れたエンジンです。

iFTig編集部
車体サイズの割にはエンジンが小さいようにも思うけど。
営業担当者
ジュークではマーチやノートと同じプラットホームが使われていて、大きさの割には車体が軽量という特徴があります。このためにカタログ燃費としては19km/Lと、SUVとしては優れた数値を出しています。運転していただくとわかると思いますが、走りに軽快感があって1500CCとは思えない走りをするのが特徴になっています。副変速機付きのCVTになっていて、加速も非常に滑らかとお客様からも評価されています。[

ターボモデルだと、1600CCのターボになるんですが、加速性能が非常に高いものになります。中低速域でのトルクが高められた設定になっているので、スタート時の加速が非常にパワフルになります。1600CCでも2500CCに相当するようなパワーが得られると言われています。

トランスミッションもエクストロニックCVT-M7と呼ばれるものでして、パドルシフトになりますがマニュアル的な操作も可能になっています。ドライバーの操作に迅速に反応して、マニュアルの操作感覚とCVTの手軽さを同時に味わうことが出来るようになったものです。

iFTig編集部
馬力はどのくらいあるんですか?燃費の違いはどのくらいですか?
営業担当者
190馬力になります。ノーマルだとカタログ燃費で18km/L,ターボだと14.2km/Lですね。ターボモデルには2WDと4WDがありまして、四駆には「ALL MODE4×4-i」と呼ばれるシステムですが、路面状況や走行状態に合わせて、前後のトルク配分比をコントロールするという機能が加わっています。

平面での直進やコーナリング、峠のような坂道でコーナリングのある道などによって前後での必要なパワー配分は変わってきますが、それをコントロールすることによって、あらゆる路面状況・走行状態に対応できるようにするシステムなので、コーナリング性能も高められるんです。

つまりはドライバーのハンドル操作と車の動きを瞬時に捉えて、前後のトルク配分を自動制御して、雪道のような滑りやすい道でも安定した走行ができる優れたシステムということですね。

この他にも、NISMO RSというスポーツモデルがあります。車体の剛性が大幅に強化されて、エンジン出力とトルクもパワーアップしたエンジンが使われています。操作はパドルシフトで6速のマニュアル的な操作ができるCVTとか、ブレーキも大幅に強化されていて、サスペンションのチューニングも含めて走るための足回りが大幅に強化されたモデルですね。タイヤも18インチになります。

iFTig編集部
この車体サイズで18インチとは随分とゴツいですね。
営業担当者
その代わり、ステアリングのレスポンスが非常に精緻でクイックな感触になりますし、乗り心地の質感も非常に高くなります。
iFTig編集部
ターボじゃない1500CCのジュークだとアイドリングストップが付いて200万円。40万円の違いで馬力が50馬力も上がるんだったら、お買い得のような気もしますけどね。ところでジュークとエクストレイルとでは値段差は100万円くらいですか?
営業担当者
50万円くらいです。ジュークでも、いろいろとオプションを加えていくと230万円を超えてきます。一番安いのだと200万円くらいからになりますが。運転していて、すごく楽しいクルマです。もし5年後には手放すとなっても、ターボの方が価格が高いままなんですよ。ノーマルモデルはもう結構市場に出ているので、ヴェゼルにしろ、うちのにしろ、CX-3にしろ、結構中古の値段が下がってきているので。
iFTig編集部
形は当初から大きく変わっていないんですよね?もうそろそろフルモデルチェンジとかはあるんでしょうか? せっかく買ってもすぐモデルチェンジしちゃったら嫌だし、それがちょっと怖いんですけど。
営業担当者
ずっと変わっていません。テールランプがクリアになったりとか、リアのバンパーが変わったりとかはありますが。

もう7年にもなるので、そろそろという噂はあります。 でもプリウスなどでも結構な期間併売し得いましたし。まあクルマ自体が進化していくものなので、それも仕方がないんですが。

iFTig編集部
ジュークはグレードによって値引きの差はあるんですか?
営業担当者
もともとジュークは値引きがあまりしないので、20万円行くか行かないかですね。

もとからコストがかかっている車なんです。デザイナーがずいぶん手を入れているというか、インパネなどもなんであんなに金のかかるデザインをしているのかなと思っちゃいます。

iFTig編集部
でも20万円でも値引き率からしたら大きいですね。

見積書公開

見積もってもらったのは1600CCの2WDモデル。

本当はNISMO RSが欲しかったのですが、100万円も価格が高くなるとあってはちょっと無理なので、こちらを選びました。

モデル末期ということもあって、本体価格からの値引き額はやや多めの20万円。本体価格にはナビも含まれていることもあって、さらなる大幅値引きはちょっと難しいかも。

【おすすめ車】

ジューク 5ドアハッチバック MR16DDT  16GT 2WD エクストロニックCVT-M7 標準地仕様

【車種記号:FDPARUWF15UDAA-C-B】

ブリリアントホワイトパール(3P)  ブラック(QABG)(\37,800)
アラウンドビューモニター&ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー(\64,800)

【車両代】

メーカーオプション付車両本体価格 2,529,360円
車両本体値引き価格 -196,316円
付属品価格 285,246円
車両代合計 2,618,290円

【販売諸費用(課税)】

検査登録(届出)手続代行費 30,780円
車庫証明手続代行費用 16,200円
納車費用 0円
下取車手続代行費用 7,560円
希望ナンバー申込手続代行料 0円
環境整備費用(自社処理) 0円
査定料 7,020円
販売諸費用(課税)計 61,560円

【販売諸費用(非課税)】

検査登録(届出)手続預り法定費用 6,100円
車庫証明手続預り法定費用 2,500円
下取車諸手続預り法定費用 500円
公正証書作成費用 0円
環境整備費用(委託処理) 0円
廃棄車両処理費用 0円
下取自税 0円
PMP 19,700円
ロードサービス関連費用 6,000円
販売車両リサイクル料金 9,610円
販売諸費用(非課税)計 44,410円

【税金保険料等】

自動車税 19,700円
自動車重量税 36,900円
自動車取得税 69,100円
自動車賠償責任保険 40,040円
自動車任意保険 0円
税金保険料等計 165,740円
内)消費税・地方消費税等合計 198,507円

 

車両代合計 2,618,290円
販売諸費用等合計 271,710円
下取車充当額 0円
リサイクル預託金相当額通知書計 0円
使用済自動車引取依頼書計 0円
お支払合計金額 2,890,000円

【付属品明細】

ETCユニット(HM12-SB) 19,083円
MM316D-W(メモリータイプ) 173,000円
プラスチックバイザー 20,263円
フロアカーペット 19,440円
5 years coat 53,460円
合計 285,246円

まとめ

その時はそう思っていなくても、後で振り返ってみると「時代を変えたクルマ」だったことというのはままあることです。

このジュークも長い自動車の歴史の中にあっては、その一台ということになるでしょう。コンパクトSUVという新しいカテゴリーを提案したクルマとして、その背景が国内だけではなく海外市場もターゲットとするこのクルマであったことは、ある意味で必然的なことだったのかもしれません。

登場から7年が経ち、モデルチェンジの噂も出てき始めている現在においても、決して新鮮さを失わないままでいるこのデザイン。いかに先進性に富んだ卓越したものであったかが、今になって裏付けられているようです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です