ベンツGLEクラス SUV グレード毎に評価、オススメのグレード紹介!

メルセデスベンツGLEクラスSUV

GLEクラスSUVは、プレミアムSUVを謡っている、ベンツのSUVの中でも上級の車です。

全グレードにV型ディーゼルターボエンジンを搭載。どのグレードを選んでも3.0Lのパワフルかつ低燃費な走りを楽しむことができます。まさに、プレミアムです。

ただし、グレードは良く考えて選ばなければなりません。エンジンに違いが無いからこそ、装備の違いや価格差などを考慮して自分にピッタリのグレードを選ばないと、後悔しかねないのです。

そこで、GLEクラスSUVの各グレードの特徴をまとめた上で、オススメのグレードを紹介します。

メルセデス・ベンツ GLEクラス SUV グレード表

グレード名 価格
GLE350 d 4MATIC 8,680,000円
GLE350 d 4MATIC(本革仕様) 9,290,000円
GLE350 d 4MATIC Sports 9,640,000円

グレードはAMGデザインを除いて三つで、最低価格と最高価格の差は約100万円です。

メルセデス・ベンツの中ではグレードごとの価格差が小さいと言えます。全車ディーゼルエンジン搭載ということが価格差を小さくしている理由なのでしょう。

じゃあ、どこが違うのか気になりますよね。100万円はベンツ的には小さい差だとしても、大金であることに変わりはありません。100万円あったら引越しや、高級旅館に宿泊する高級旅行など色んなことができますよね。基本が同じならどこが違うのか、それをこれから見ていきましょう。

 各グレードの特徴や違いを解説

GLEクラスSUVは、全グレードとも同じ型のディーゼルエンジンを搭載していて性能にはほとんど差が出ていません。

そのため、装備について見てみないことにはグレードごとの違いがわからないのです。

後ほど装備内容を細かく見ていきますが、その前に、それぞれのグレードに大体どのような特徴があるのかについて説明します。

GLE 350 d 4MATIC

ベースグレードです。搭載される装備は、ほとんど全車標準装備となっています。

標準装備が少ないのが特徴ですが、全車標準装備の内容がとても充実しているので特にそれが不満点となることはないでしょう。

GLE 350 d 4MATIC(本革仕様)

ベースグレードよりも実用的な装備を多数揃えたグレードです。本革仕様ということで、シートが本革シートになっています。

インテリアがより上質なものとなっているだけでなく、ベースグレードに搭載されている装備をさらにグレードアップしているのが特徴。

たとえば、チルト&テレスコピックステアリングが電動になっていたり、通常仕様の装備や機能をより使いやすくしているのです。

GLE 350 d 4MATIC Sports

AMGライン仕様のグレードで、エクステリア各部にAMGデザインが採用されています。

インテリアもスポーツ仕様になっていて、上質さとカッコ良さをより前面に押し出しているのが特徴です。

また、このグレードだけ全長が4,815mmと他より10mm短くなっています。

長さがあると高級感があって、短いと少しだけスポーティになった感じがしますよね。室内長は変わらないので、大した違いではありませんが見た目がやや変わっているのです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

GLEクラスAUVの各グレードの特徴は、一見わかりづらいのですが、装備を見ればすぐにわかります。少し引っ張ってしまいましたが、ここで装備を基準として各グレードの特徴や違いを見てみましょう。

なお、全ての装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gle/suv/ebook/spec/#page=5

全グレード共通標準装備

  • レーデーサーフティパッケージ
  • アダプティブブレーキ
  • ESP
  • 360度カメラシステム
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • LEDインテリジェントライトシステム
  • アダプティブハイビームアシスト・プラス
  • LEDハイパフォーマンスヘッドライト
  • LEDリアコンビネーションランプ
  • フルパワーシート
  • リクライニングバックレスト
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • リーディングライト(前席・後席)
  • ブランドロゴプロジェクターライト

プレミアムSUVと言うだけあって、全車標準装備もプレミアムです。衝突を予防する先進安全装備が揃っていることや、駐車の支援機能などが揃っていることはもちろんのこと。

LEDライト関係やフルパワーシートなど、他クラスのSUVではグレード別設定となっているようなところまで全車標準装備となっています。

それよりも目立っているのが、リーディングライトとブランドロゴプロジェクターライトです。

リーディングライトは読書灯という意味で、手元を明るく照らしてくれる実用的な装備と言えます。ブランドロゴプロジェクターライトは、完全に趣味の世界。

イグニッションをオフにして車から降りようとドアを開けると、運転席・助手席の足元にベンツのブランドロゴが映し出されるというものです。「自分は高級車に乗っていたんだ」というのを実感させてくれる、面白い機能ですよね。

グレード別設定なら不要かなと思えますが、全車標準となると嬉しいです。

三つのグレードの装備、特徴、異なる点

GLE350 d 4MATIC GLE350 d 4MATIC(本革仕様) GLE350 d 4MATIC Sports
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • レザーツインシート
  • アルミニウムインテリアトリム
  • 本革シート
  • ウォールナットウッドインテリアトリム
  • Mercedes-Benzロゴ付ブレーキキャリパー&ベンチレーテッドディスク(フロント・リア)
  • •AMGスタイリング(フロントスポイラー、リアスポイラー)
  • ステンレス製ランニングボード
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル
  • AMGスポーツシート
  • AMGメーターパネル
  • harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム
  • スピーカー数:14
  • AG5スポーク20インチアルミホイール
  • 本革ナッパレザーシート
  • AMGスポーツ(ナッパレザー)ステアリング
  • ダークアンスラサイトポプラウッドインテリアトリム
※上の表は、三つのグレードで共通しない装備を挙げています。

ただ、これだけだとGLE350とGLE350(本革仕様)の違いが分かりません。

本革仕様の装備は、そのほとんどがGLE350 Sportsと被っています。そこで、GLE350(本革仕様)・GLE350 Sportsとで共通している装備を一部抜粋してみました。

  • レザーARTICOインテリア(ダッシュボード、ドア内張り、ステッチ付)
  • メモリー付パワーシート
  • 後席シートヒーター
  • 電動チルト&テレスコピックステアリング
  • アンビエントライト

GLE350では通常仕様のパワーシートだったのが、本革仕様からはメモリー付となっています。

メモリー付きというのは、シートの高さや位置・角度などを普段どのような設定にしているかを記憶してくれるということです。誰かと運転を交代したときなど、普段と違う設定になっているときにすぐ普段の設定に戻すことができます。

また、前席のみだったシートヒーターが後席にも搭載されているところが嬉しいですよね。本革シートになっただけでなく、利便性までしっかりと向上しています。

本革仕様で利便性が上がり、Sportsでは快適性やデザイン性が上がっていますね。AMGデザインが各部に採用されるだけでなく、Sports仕様に相応しいステンレス製のアクセル・ブレーキになっているところがなんとも憎いです。

さらに、サラウンドサウンドシステムで立体音響を楽しみながら、所有する喜びの大きな車でドライブを楽しむことができる。これぞ高級車を持つ喜びという感じがしますよね。段階的にグレードアップしていくのがハッキリと見て取れるのが、GLE350の良いところです。

こういう意味ではグレードごとの特徴や違いがわかりやすいと言えるでしょう。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

各グレードの特徴については、これでご理解いただけたかと思います。

ただ、結局どのグレードがオススメなのかということについては全く触れていませんでした。そこで、各グレードの評価をしながら、どんな人にオススメなのかについて語っていきます。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
GLE350 d 4MATIC ☆☆☆ 全車標準装備だけでも満足できる方へ。
GLE350 d 4MATICD(本革仕様) ☆☆☆☆ 実用性を重視したい方へ。
GLE350 d 4MATIC Sports ☆☆☆☆☆ AMGラインのデザイン性に心惹かれる方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GLE 350 d 4MATICの評価

GLE350 d 4MATICは、全車標準装備以外の装備がほとんどありません。

そのため、全車標準装備だけで満足できるという方でないとオススメできないグレードです。ただ、全車標準装備の数が多いですし、必要なものは全て揃っています。

ロゴを映し出す機能など、趣味性も確保されているので、これだけで満足できるという方も多いのではないでしょうか。

GLE 350 d 4MATIC(本革仕様)

本革仕様ということですが、注目したいのは本革シートよりも実用性の高い装備・機能です。

ベースグレードの装備や機能をグレードアップし、使いやすくしているだけでなくベースグレードには無かったものもプラスされています。とても選ぶ価値の大きいグレードだと言えるのではないでしょうか。

GLE 350 d 4MATIC Sports

AMGラインというスポーティなデザインが採用されているだけでなく、アクセルペダルなど運転していて触れるところもスポーツ仕様となっています。

実用性・デザイン性・スポーティさと、SUVに求められるものが全て揃っているのではないかというほどに、満足度が高いグレードです。

GLEクラス SUVの総合評価

GLEクラスSUVは、どのグレードでもエンジン仕様が変わらないからこそ、純粋に装備内容と価格だけでグレードを選ぶことができるところが良いですよね。

それら二つのバランスを探ったり、自分の欲しい装備が揃うグレードはどれかを見るだけで、何を選ぶべきかが明らかになります。

SUVということでスポーティさを追い求めてGLE350 Sportsを選ぶのも良いですし、実用性と価格のバランスを求めて本革仕様を選ぶのも良いでしょう。どのグレードもとても秀逸な設定になっているので、選ぶのが楽しい車です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です