ベンツGLAクラス グレード別に考察、評価、オススメを紹介!

メルセデスベンツGLAクラス

SUVでありながらも上品で実用性と快適性が高められた、ラグジュアリーな車。

それがGLAクラスです。

SUVと言えばイカツイ顔つきでガンガン走らせるようなイメージがあるでしょうが、GLAクラスは違います。イカツさの中に上品さを含ませた味のある見た目で、走行性より室内の快適性のほうが重視され画地な車なのです。

なんとなく、フロントフェイスがダイオウグソクムシに似ているような気がします。

また、ベンツGLAクラスはグレードごとにエンジン性能や装備内容に違いを持たせながら、オプション装備を駆使すれば下位グレードでも上位グレード並みの装備が手に入るという、ややこしい車でもあるのです。

そこで、自分がどのグレードを選べばいいかがわかるよう、グレードごとの違いや特徴をまとめてみました。

メルセデス・ベンツ GLAクラス グレード表

グレード名 価格
GLA180 3,580,000円
GLA180 Sports 4,200,000円
GLA250 4MATIC 4,870,000円
GLA250 4MATIC Sports 5,280,000円
GLA250 4MATIC Off-Road 5,330,000円

GLAに設定されているグレードは、AMGデザインを省くと5つです。

5つあるグレードの最低価格と最高価格の差は、約225万円となっています。ベンツのグレード間の価格差としては普通といったところですが、他車と比べると大きな差ですよね。

この差には、いったいどれほどのグレードの違いが込められているのでしょうか。そこで、これから各グレードの特徴・違いをじっくりと見ていきます。

各グレードの特徴や違いを解説

GLA180は、各グレードの特徴がわかりづらいです。

性能や内外装の違いを細かく見ていかないと、どれも似たようなグレードに見えてしまうでしょう。そこで、装備内容を詳しく見る前に、各グレードの特徴を大まかに説明します。

GLA 180

 

最も標準的なスタイルのベースグレードです。

最低限の装備内容を揃えていますが、パッケージオプションを追加することでプラスアルファの装備・機能も付けることができます。自分なりに装備を組み合わせる楽しさを最もよく味わうことのできるグレードとも言えるでしょう。

また、GLA180・GLA180 Sportsと他三つのグレードとではエンジンの総排気量・パワー・燃費が異なります。燃費はGLA180および180 Sportsが最も低燃費ですが、排気量とパワーは他グレードに劣るのです。

ちなみに、GLA180・GLA180 Sportsに搭載されているエンジンスペックは以下の通りとなります。

  • 最高出力:90kW[122PS]/5,000rpm
  • 最大トルク:200N・m[2.4kg・m]/1,250~4,000rpm EEC
  • 燃費:0km/L

GLA 180 Sports

GLA180に追加可能なオプション装備二つの内容全てを標準搭載し、内外装がスポーティな仕上がりとなったグレードです。

特にAMGデザインが各所に採用されたエクステリアはギラギラとしていてカッコ良く、男心をくすぐります。

GLA180のパッケージオプション二つが標準となっているため、快適性・実用性が大幅に向上しているのです。デザイン性だけでなく、実用的かつ快適な仕様となっている。これだけの特徴を加えながら、GLA180との価格差は約62万円とややお得です。

GLA 250 4MATIC

GLA180よりもパワフルなエンジンを搭載した、4輪駆動車です。エンジンスペックや燃費は以下の通りとなっています。

  • 最高出力:155kW[211PS]/5,500rpm EEC
  • 最大トルク:350N・m[35.7kg・m]/1,200~4,000rpm EEC
  • 燃費:0km/L

高回転域・高速域での鋭い加速感と、ダイレクト感のある走りが特徴的です。市街地だけでなく、高速道路での走行や郊外など信号の少ない道での走行にも向いています。

市街地走行では出力を上げることは難しいですが、日常稼動範囲なら全く問題ないほどの出力は出るので問題ないでしょう。

また、トルクに関しては、低回転域からでも最大トルクに近い数値が出ます。

 GLA 250 4MATIC Sports

GLA250 4MATICのエンジン性能を備えながら、GLA180 Sportsと同じくAMGデザインを各所に採用したスポーティ仕様のグレードです。

GLA180は見た目だけスポーティといったところでしたが、GLA250はエンジンがGLA180より高性能のものとなり、走りもスポーティと言えるでしょう。

とはいえ、ガンガン飛ばす車ではないので、その点に注意が必要です。

GLA 250 4MATIC Off-Road

オフロード仕様のグレードです。エンジン性能はGLA250と変わりませんが、サスペンションがオフロード走行に耐えうるものとなっています。

4輪駆動であることも相まって、走破性がとても高いです。エンジン性能的に問題ないところであれば、どんな道でも走り抜けることができます。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を語る際、パッケージオプションなど装備の話を少しだけしました。

今回は装備を基準にして各グレードの特徴を見ていきます。自分にとって必要な装備が揃うグレードはどれか、パッケージオプションも考慮して考えてみましょう。

なお、全装備を閲覧したい方は下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/gla-class/ebook/spec/index.html

全グレード共通標準装備

  • アダプティブブレーキ(ホールド機能、ヒルスタートアシスト)
  • アダプティブブレーキライト
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSサイドバッグ(ペルビス・ソラックス)(前席)
  • SRSニーバッグ(運転席)
  • SRSウインドウバッグ
  • LEDハイマウントストップランプ
  • ルーフレール
  • 分割可倒式シート(分割比率2:1)(後席)
  • 座面長延長機能(前席)
  • マルチファンクションステアリング
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • パドルシフト

CクラスやEクラスと比べると、圧倒的に標準装備が少ないです。

特に先進安全装備が少し手薄になっているのが気になります。とは言え、この価格帯であれば十分すぎるほどの装備・機能が揃っていると言えるのではないでしょうか。

特にSRSエアバッグがとても充実している点が、魅力的です。先進の予防安全装備もアダプティブブレーキやBASなど基本的なものが用意されています。決して不十分ということはありません。

全車共通標準装備が少ないですが、少なくすることによってむしろグレードごとに違いを多く持たせることができ、選ぶ楽しみを演出しているのではないでしょうか。

GLA 180装備、特徴、異なる点

ベンツGLA180エクステリア
ベンツGLA180インテリア

リアフォグランプ

GLA180のみに装備されているのは、リアフォグランプのみです。

他グレードではLEDリアコンビネーションランプとなっています。このように他グレードよりも劣る仕様の装備が付いていることが多いのですが、ベーシックパッケージをオプション設定することによって、他グレードの装備内容に近づけることが可能です。

ベーシックパッケージの他に、ベーシックパッケージプラス、レザーエクスクルーシブパッケージが用意されています。

また、「GLA180のみ」と限定してしまえば挙げられる装備がほとんどなく「装備が少ない」と感じますが、一部の他グレードと共通する装備が多いのがGLA全体の装備の特徴です。

選ぶ楽しさは「このグレードにだけこれが付いている」ということだけでなく、「これとこれの組み合わせが……」と装備の組み合わせにもあります。

そういったものはここで挙げるよりも先述したPDFを見たほうが理解が早いので、そちらをご確認ください。ちなみに、先述したベーシックパッケージの内容は以下の通りです。

ベーシックパッケージと、ベーシックパッケージプラスの比較

ベーシックパッケージ ベーシックパッケージプラス
  • パークトロニック
  • アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)
  • バイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャー
  • メモリー付フルパワーシート(運転席)
  • シートヒーター(前席)
  • アームレスト(後席)
  • トランクスルー機能
  • クライメートコントロール(左右独立調整)
  • シートバックポケット

ベーシックパッケージでは、基本的な便利機能を多数取り揃えています。

特にキーレスゴーや前席シートヒーターは今となっては標準で欲しい装備と言えるようなもの。これが装備されていないのがGLA180の欠点とも言えるのですが、ベーシックパッケージを付けると、これを補うことができます。

ベーシックパッケージプラスは、便利機能の追加よりも、収納や室内装備・機能の追加によって、快適性が向上している点が特徴です。特にクライメートコントロールが搭載される点が嬉しいですよね。

GLA 180 Sports装備、特徴、異なる点

GLA180のみに装備されているものはありませんが、Sportsとつくグレード全てにスポーツサスペンションが付けられているという特徴があります。

このサスペンションは、10mmローダウンすることで敏捷な走り・ハンドリングを実現するというものです。軽快に車を走らせることに一役買っています。

Sports仕様の名に恥じないサスペンションと言えるでしょう。

また、ベーシックパッケージおよびベーシックパッケージプラスの内容が全て標準搭載されています。

GLA 250 4MATIC装備、特徴、異なる点

GLA2504MATICエクステリア
GLA2504MATICインテリア

GLA250 4MATICのみに装備されているものはありません。

GLA180よりも外装やセーフティ・シャーシの部分が豪華になってはいますが、エアコンなど機能に関しては180とほぼ同等の装備が付けられています。

ベーシックパッケージの内容が全て標準搭載されているのですが、ベーシックPプラスの内容はオプション装備となっているので、180と共通する部分が多いのです。

GLA 250 4MATIC Sports装備、特徴、異なる点

GLA250 4MATIC Sportsのみに搭載されている装備は、ありません。

これはGLA180 Sportsと同じですが、AMGスタイリングパッケージやAMGスポーツステアリングなど、各所にAMGデザインを搭載している点が特徴的です。

GLA250の装備内容に、Sports仕様特有の装備内容をプラスした内容となっています。

また、GLA180 SportsとGLA250 4MATIC Sportsのみ、AMGレザーエクスクルーシブパッケージをオプション追加することが可能です。

AMGレザーエクスクルーシブパッケージと、レザーエクスクルーシブパッケージの比較

AMGレザーエクウクルーシブパッケージ レザーエクスクルーシブパッケージ
  • 本革シート
  • レザーARTICOダッシュボード
  • レザーARTICOドアパネル
  • アンビエントライト
  • harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム
  • 本革シート
  • メモリー付フルパワーシート(助手席)
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアトリム
  • レザーARTICOダッシュボード
  • アンビエントライト
  • harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム

本革シートやレザーARTICOダッシュボードなど、共通する部分が多いですが、メモリー付フルパワーシートが助手席にも搭載されているため、レザーエクスクルーシブパッケージの方が若干豪華と言えるのではないでしょうか。これで前席両側がメモリー付フルパワーシートになります。

また、harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステムは、どちらのパッケージでも共通してGLA250 4MATIC、GLA250 4MATIC Off Roadのみの設定です。

GLA 250 4MATIC Off-Road装備、特徴、異なる点

  • サイドビューカメラ
  • オフロードコンフォートサスペンション

オフロードコンフォートサスペンションが、このグレードの最も大きな特徴です。

約30mm車高を高くしたことによって、ロードクリアランスを拡大しています。「これは無理だろう」と思うような急斜面や凹凸の激しい道であったとしても、ボディを擦ることなく走り抜けることができるのです。

装備内容がもう少し豪華になっててもいいのではないかなといったところですが、Sports仕様以外全車に装備することができるレザーエクスクルーシブパッケージを付けることで、装備を豪華にすることができます。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

これまで、各グレードの特徴を詳しく見てきましたが、結局どれがオススメなのか、どういった選び方をすればいいのかには触れてきませんでした。

そこで、各グレードの評価をしながら、どんな人にオススメかについて語りたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ。
GLA180 ☆☆☆ 自分で装備を追加していきたい方へ。
GLA180 Sports ☆☆☆ 最初からある程度の完成度の高さがあり、スポーティなエクステリアに魅力を感じる方へ。
GLA250 4MATIC ☆☆☆☆☆ 性能・実用性・快適性を重視する方へ。
GLA250 4MATIC Sports ☆☆☆☆ スポーティな仕様を重視し、次点で性能・実用性・快適性を重視する方へ。
GLA250 4MATIC Off-Road ☆☆☆ オフロード走行をする方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

GLA 180の評価

GLA180は標準装備が少ないですが、その分四種類のパッケージオプションを選択することができます。

これまで紹介してきたベーシックP、ベーシックPプラス、レザーエクスクルーシブパッケージ、そしてAMGデザイン以外全てにオプション追加可能のレーダーセーフティPの四つです。

これらの中から、好きなようにカスタマイズできます。

例えば、ベーシックパッケージプラスだけ付けてみたり、ベーシックパッケージプラスとレーダーセーフティパッケージを付けてみたりできるのです。これによって、「ベーシックパッケージは要らないけど、プラスは欲しいなあ」などの需要にも応えることができます。

GLA 180 Sportsの評価

GLA180 Sportsは、ベーシックパッケージ、及びベーシックパッケージプラスの内容を全て標準搭載していて、最初から完成度が高いです。

さらに、AMGデザインを各所に散りばめたスポーティなエクステリアとなっており、装備の充実度の高さとスポーティなデザインの両方を重視する方にとってぴったりなグレードと言えます。

GLA 250 4MATICの評価

GLA180のエンジンで不足ということではありませんが、高速道路を加速して走るということにはやや不向きでした。

それがGLA250になると、高速道路でエンジンを回して加速して走ることも出来るようなパワフルさが得られるようになります。

こういった「性能」と、装備の充実度による快適性・実用性の高さ、そして価格のバランスがとても優れているのです。そのため、万人におススメできると言っても過言ではないでしょう。

GLA 250 4MATIC Sportsの評価

実用性や快適性、価格とのバランスよりもまずスポーティなデザインや性能を重視するという方は、このグレードが向いています。

GLA250 4MATIC Sportsはベーシックパッケージプラスの内容も標準搭載とし、実用性や快適性も高いです。

ただ、スポーツ仕様が不要なら先述のようにGLA250にベーシックパッケージプラスを追加すれば、それらに関してはGLA250 4MATIC Sportsと同等の仕様を得ることができます。何よりもスポーティな仕様を重視したいという方でなければ、ピッタリだとは言えないのです。

GLA 250 4MATIC Off-Roadの評価

オフロード用のサスペンションによって、走破性がとても高いのでオフロードを走ることのある方には向いています。

ただ、それ以外の方にはオススメ出来ないという需要の限られるグレードなので、オススメ度は低いです。

GLAクラスの総合評価

近年、日本国内で人気の高いコンパクトSUVということもあってか、どのグレードも人気が高いです。

特に人気なのは、GLA180 SportsとGLA250 4MATIC。人気な理由は、どちらも装備内容や性能と価格とのバランスが良いという点しょうか。ベンツGLAクラスはお手ごろ価格ということもあってか、他のクラスよりも価格を気にする方が多い傾向があります。

SUVという観点からするとGLA250 4MATIC Off-Roadが売れそうなものですが、「ガッツリとしたSUV」というよりも「ちょっとしたお出かけのお供に」と考えている方が多く、あまり売れていません。「そこまでの性能は必要ない」ということです。

Off-Roadの性能が必要ない方がこれを買えば損をするので慎重になった方がいいですが、他のグレードに関しては装備内容と性能・価格のバランスで決めると良いでしょう。

まず、どこまでの性能が必要かを考えて、次にどの装備が必要かを考えると自分に適したグレードが浮かび上がってきます。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です