ベンツEクラス カブリオレ 各グレードで比較、とっておきのグレードを探せ!

ベンツEクラス カブリオレは、4シーターのオープンカーです。

ルーフにはソフトトップが採用されていて、40km/h以下であれば走行中であってもルーフの操作ができるようになっています。運転しながらルーフが自動で動く様子は、とてもワクワクしますよね。

そんなEクラス カブリオレには、二つのグレードが設定されています。グレードごとにエンジンスペックや装備内容が異なるため、慎重に選ばなければなりません。

そこで、各グレードの特徴を比較してみました。

メルセデス・ベンツ Eクラス カブリオレ グレード表

グレード名 価格
E250 Cabriolet 7,480,000円
E400 Cabriolet 1,090,000円

グレードはたった二つだけですが、価格差は約260万円と大きいです。約750万円から約1000万円と、実質的に、そして感覚的にも差が大きく感じられますよね。

この260万円という価格差には、いったいどのような違いが含まれているのでしょうか。これから詳しく説明していきます。

各グレードの特徴や違いを解説

E250とE400は通常仕様のままだと、エクステリアとインテリアにはほとんど違いがありません。一見しただけでは区別ができないため、わかりづらいように見えます。ただ、調べてみると案外簡単に区別が付くのです。

そこで、二つのグレードを判別するために必要な情報を簡単にお伝えします。

E 250 Cabriolet

排気量1,991ccのターボエンジンを搭載したグレードです。

これによって、低速域からのスムーズな加速と中速域での高い走行性能が得られます。街中・田舎道・高速道路・山道……どこでも苦労することなく走ることができるでしょう。

また、ベースグレードでありながら実用性の高い装備を多数揃え、なおかつAMGデザインも各所に採用されています。E400と共通ですが、これによりエクステリアがスポーティなものとなっているのです。

E 400 Cabriolet

排気量3,497ccのターボエンジンを搭載したグレードです。

E250よりも高い走行性能と、エンジン高回転域での鋭い加速を味わうことができます。これなら峠をガンガン攻めることもできるのではないでしょうか。

標準装備はほとんどE250と変わりませんが、パッケージオプションを付けることで内装の質感を高めることができます。それだけでなく、立体音響を取り付けることも可能です。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

装備にはほとんど違いが出ないと述べましたが、実際にはどのような装備設定になっているのかが気になるところですよね。

そこで、二つのグレードで共通している装備をまとめてから、二つのグレードで違いが出ない装備についてまとめます。

全ての装備を閲覧したい方は、下記PDFをご参照ください。
http://www.mercedes-benz.jp/catalog/e-class/coupe_cabriolet/ebook/spec/#page=5

全グレード共通標準装備

  • アダプティブブレーキ
  • アダプティブブレーキライト
  • LEDインテリジェントライトシステム
  • パーキングアシストリアビューカメラ
  • パークトロニック
  • SRSエアバッグ(運転席・助手席)
  • SRSヘッドバッグ(前席)
  • 18インチAMG5ツインスポークアルミホイール
  • AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー・サイド&リアスカート)
  • 本革シート(前席シートヒーター付)
  • メモリー付パワーシート
  • マルチファンクションステアリング
  • クルーズコントロール&可変スピードリミッター
  • 電動調整・可倒式ヒーテッド・ドアミラー(ウインカー内臓)
  • クライメートコントロール(前席左右独立調整)

セーフティやシャーシ、機能装備については全てが二つのグレードで共通の仕様となっています。

特に、安全装備はとても豪華です。SRSエアバッグが、足元・頭上・サイドなど各方向から前席に座っている人の身を守ってくれます。

さらに、パーキングアシストリアビューカメラをはじめとした駐車を支援する機能が充実していて、駐車時の安全が確保されているのです。駐車が苦手という人でも、安心して車をとめることができます。

また、機能装備も今となっては欲しいものが全て搭載されており、充実度が高いです。実用性の高い装備のみを追い求めるのであれば、E400を選ぶ理由が無いというほどに標準装備が豊富に取り揃えられています。

E 250 CabrioletとE 400 Cabrioletの装備比較

E250 Cabriolet E400 Cabriolet
  • レザーARTICOシート(前席シートヒーター付)
  • ダークアルミニウムインテリアトリム
  • エアキャップ
  • ウォールナットウッドインテリアトリム
  • シートベンチレーター

上の表は、二つのグレードで共通していない装備のみを挙げています。

シートが両方とも本革シートなのですが、E250はARTICOシートとなっているのが特徴的です。

E400は、ナッパレザーエクスクルーシブPというパッケージオプションを付けることによって、より質感の高いレザーシートを付けることができます。

また、このパッケージオプション以外にも、「harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム」という、E400にしか付けられないオプションがあります。これは前後左右から視聴者の体を包み込むようにサウンド展開していく、立体音響です。音楽を鳴らしながらのドライブが、より一層楽しくなります。

ナッパレザーエクスクルーシブP

ステアリングやシート、そしてダッシュボードが通常のレザー仕様からナッパレザー仕様に変わるパッケージオプションです。

ナッパレザーは、通常の革素材よりもソフトでやわらかい質感になっています。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

装備の違いなど、二つのグレードの特徴を見てきましたが、まだどちらのグレードがいいか迷っている方が多いのではないでしょうか。

そこで、それぞれのグレードの評価をしながら、どんな人にオススメなのかについて説明します。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
E250 Cabriolet ☆☆☆☆☆ 実用性と楽しさのバランスを求めたい方へ。
E400 Cabriolet ☆☆☆☆ 高い加速性能を求めたい方へ。
※評価は5段階で、オススメ度を表しています。

E 250 Cabrioletの評価

機能装備やセーフティなど、実用性の部分に関してはE250とE400とで違いがありません。

インテリアの質感を高めたい、オプションで立体音響を付けたいということでなく、実用性重視という方はE250で十分です。1000万円出してE400を買う意味は、あまり無いでしょう。

また、エンジンスペックと燃費のバランスがとても良く、この点についても実用性重視の方にはちょうど良いです。E250の燃費は15.5km/L、E400は11.8km/L……むしろE400のエンジンだと燃費が悪くなるので、通勤利用などの日常稼動をする方にとってはマイナス点となるでしょう。

そして、このグレードは実用性の高さだけが売りではありません。

走っていて、とても高い開放感と爽快感を感じるのです。2.0Lターボは実用稼動域ならばまず問題なく快適な走行ができるほどの性能がありますし、高速道路や郊外で思い切り加速して大きなパワーを感じながら走りを楽しむこともできますよ。

低速域からでも最大トルクに近い数値が出るため、走り出したその瞬間から大きなトルクが発生します。本気でアクセルを踏むと小気味良いサウンドが出て、しっかりとした重力を感じながら加速することが可能です。

こういった走りを楽しむ遊びの性能も素晴らしく、実用性も高いのがE250の魅力と言えます。

E 400 Cabrioletの評価

E400は、3.5Lもの総排気量を誇るパワフルなエンジンを搭載したグレードです。

思い切りアクセルを踏むと大きな重力を感じることができ、E250よりも走りの楽しさがパワーアップしています。峠をガンガン加速しながら走ることも可能ですし、どんな道・用途でもパワー不足を感じることはないでしょう。

ただし、価格とのバランスが少々悪く、E250との装備の違いがほとんど無いことからオススメ度が下がっています。

Eクラス カブリオレの総合評価

二つあるグレードのうち、どちらを選んだとしてもオープンカーならではの爽快感と開放感をたっぷりと味わうことができるでしょう。

3.5Lターボはもちろん、2.0Lターボのパワーも十分すぎるほど大きく、実用から趣味まで幅広い用途に利用することができます。

グレードを選ぶ際には、まずエンジン性能から比較して自分に3.5Lターボは必要かどうかを考えてみると良いのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です