N-BOXはターボを付けて正解か。ターボ無しと比較してみた

ホンダのボックスタイプの軽自動車であるN-BOXですが、ターボを付けようと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、値段が高くなることを考えたり、ターボ性能もわからないまま購入するのをためらったりして、悩んでいるという人も多いはずです。

そこで、N-BOXのターボ付き車両と、そうでない車両について、「お金」と「性能」といった観点から比べてみました。ターボ車の購入を考えるための材料に、どうぞ。

コストを比較。月々の負担の差はどのくらいか?

まず、気になるのはお金ですよね。ターボ無しの車とターボ付きの車とで、金銭面にどれほどの違いが出るのかを「車体代金」「ガソリン代金」の二つから見ていきましょう。

車体代金

ターボ無し ターボ付き
1,382,490円 1,583,890円

ターボ無しとターボ付きでは、20万円程度の違いが出ていますね。20万円と言えばロードバイクを購入することができる程度の値段で、一括で考えると、そこそこ高いように感じます。実際は5年ローンで車を購入する人が多いでしょうから、5年という長い目で考えてみましょう。

5年ローンで購入するとなれば、ターボ無し車は単純計算で月々2万3千円程度を支払うことになります。これがターボ付きだと、2万6千400円程度です。月々だいたい3千円近くの差が出ますね。

 

ガソリン代金

ターボ付き ターボ無し
燃費 15.83km/L 17.02km/L
ガソリン代金 7,580円 7,050円
※燃費は実燃費平均値、ガソリン代金はリッター120円で月に1000km走行すると仮定し算出。

ターボ付きとターボ無しでは、月々500円程度の違いが出ます。月々500円というと、それほど高い金額だとは感じない人も多いのではないでしょうか。牛丼屋さんでご飯を食べておつりが来るか、良く食べる人だと使い果たすかといったところですね。

ガソリン代金については、ターボが必要だと感じている人にとっては、些細な差と言えるでしょう。

 

走行にはどのくらい差があるのか?

ターボがあるのと、無いのとでどれほどの性能差があるのかということも、購入決定を左右します。価格の差に見合う程度の性能があるのか、ターボをつけてもそこまで性能が上がらないというのであれば、あまり意味がありませんからね。

わかりづらいところかもしれませんが、口コミも参考にしつつ、見ていきましょう。

パワー、トルク

ターボ無し ターボ付き
最大出力 43[58]/7,300 47[64]/6,000
最大トルク 65[6.6]/4,700 104[10.6]/2,600

最大出力ですが、ターボ無しだと7,300回転時に43kw出るということです。[58]とありますが、これは馬力の形式の違いによるものなので、あまり気にしなくても問題ありません。ターボ付きだと、6,000回転時に47kwが出ます。

最大トルクに関しても同じで、ターボ無しは4,700回転時に65のトルク、ターボ付きは2,600回転時に104のトルクということ。わかりづらいと思うので、「ターボ付きのほうが少ない回転数で高い馬力・トルクが出るんだ」という認識で問題ありません。

もう少しわかりやすく、口コミから見ていきましょう。

口コミから考察

「ターボ車はパワーが結構あり、キビキビ走りたいのであればおすすめ」
「イメージしていたよりは、ずっとよく走る」
「ターボがあれば、高速での坂道・追い越しも余裕で可能」

N-BOXのターボ車は、「軽自動車であることを忘れるほど、よく走ってくれる」と走行性能に関しては申し分ないようです。高速での追い越しも余裕ということで、その性能の高さはイメージできるのではないでしょうか。そういった「とにかくパワーがある」というのは良いところですね。

ただ、高速道路であっても、燃費はとても落ちるとのこと。無給油での遠出は望めそうにありません。遠出をするのであれば、サービスエリアでの給油が必須です。燃料管理をきっちりとしておく必要があります。

また、車重のこともあり、ターボといっても、ドッカンターボのような即時性のあるターボではありません。ある程度エンジンが回ってきての加速となるので、少し乗る程度の用途には向かないでしょう。

 

自分にはどちらが適しているか、買うべきか

価格や性能について、いろいろと述べてきましたが、結局のところ、どちらを選べば良いのでしょうか。ターボがどんな人に必要なのかということから、考えていきます。

ターボが必要な方

高速道路や坂道では、ターボがあれば快適に走ることができます。燃費が悪いので、遠出をするとガソリン代が高くつくことにはなりますが、坂道や高速道路はノンターボだと苦労するようです。そのため、ターボ車は「高速道路や坂道を走る機会が多い人」となります。

他県にマイカー通勤している人や、坂道の多い地域の人などはターボ車を購入するほうが良いでしょう。維持費についてはそこまで大きな差が出るわけではありませんし、ノンターボを購入して不便な思いをするほうが損というものです。

ターボは必要ない方

ターボが必要無いのは、近場の通勤で苦労するような坂道などが少ない地域の方。また、買い物程度に乗ることが多いという人ですね。チョイ乗り程度であればターボ車のパワーを思う存分発揮できませんし、平坦な道が多く、長い距離を乗らないのであれば、ターボを購入してもあまり意味は無いでしょう。

N-BOXの値引きにも挑戦してみましたので、車体代金を少しでも安くしたい方は下記ページもご覧ください。
>【見積書公開】N-BOXの値引き交渉に行ってきた

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

2 件のコメント

    • ご指摘いただきありがとうございます!
      記事の方、修正させていただきました。
      今後ともケーラヴをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です