デイズのターボ付きは正解? 口コミ、コスパから比較

デイズターボ

軽自動車は、エンジンの性能が気になるという人も多いのではないでしょうか。そういう人はターボ車の購入を検討する人が多いかと思います。ターボ車はエンジン性能が上がるものですが、どれほどあがるのかが気になるところです。

デイズの購入を検討している人の中で、ターボのコスパについて気になる人も多いことでしょう。そこで、価格や性能などについて、口コミなども参考にしながら見ていきます。

コスト差を比較。気になる費用は

まず最初に気になる金額について、車体代金とガソリン代金の二つから考えてみましょう。ターボ付きと、ターボ無しとでは一体どれほどの価格差が出るのでしょうか。

車体代金

ターボ無し ターボ付き
1,278,309円 1,687,649円

ターボ無しとターボ付きの車両の間には、だいたい40万円近くの価格差がありますね。ただ、車を一括で購入するという人は稀でしょう。多くの人は5年ローンで購入することを考えていると思います。

5年ローンで購入するとなると、ターボ無しは、月々2万1千円程度支払うことになります。一方ターボ付きは、2万8千円程度支払うことになるのです。つまりは7千円も差が開くということになります。

7千円も差があれば、下手をすればガソリン代をそれだけでまかなえることもあるかもしれません。ターボ無しを買えばターボ付きよりも燃費が良いことを考えると、ターボ付きを買わないことで浮いたと考えられる7千円をガソリン代に充てることができるでしょう。

ただ、ガソリン代を払えば同じことと考える人にとっては、些細な差かもしれませんね。

 

ガソリン代金

ターボ付き ターボ無し
燃費 14.22km/L 15.50km/L
ガソリン代金  8,438円  7,741円
※燃費は実燃費平均値、ガソリン代金はリッター120円で月に1000km走行すると仮定し算出。

燃費にすると、1.28km/Lの違いが出ています。この平均燃費をガソリン代に直すと、ターボ付きは月々8,438円となります。一方ターボ無しでは、月々7,741円のガソリンとなります。700円ほど、ターボ付きの車のほうがガソリン代が高くなりますね。

700円というと、定食屋でご飯を食べるとそれだけでなくなってしまう程度の金額です。ガソリン代に関してはあまり気にしなくても良いのではないでしょうか。燃費もあくまで平均であり、一つ一つを見ていくとターボ無しの平均燃費に匹敵するような燃費を出している人もいますよ。

 

ターボ付き、ターボ無しの走行性能を比較

価格について見てきたところで、次は走行性能について見ていきましょう。価格と釣り合いのとれる程度の性能か、それ以上の性能であれば全く問題がないわけです。一応数字についても見ていきますが、わかりにくいところなので、口コミも参考にしつつ、走行性能を見ていきましょう。

パワー、トルク

ターボ無し ターボ付き
最大出力 36kW(49PS)/6500rpm 47kW(64PS)/6000rpm
最大トルク 59N-m(6.0kgf・m)/5000rpm 98N-m(100kgf・m)/3000rpm

数字だけ見ると、なんだかとてもややこしく感じますね。最大出力ですが、これはターボ無しはエンジンが6500回転しているときに36馬力が出る、ターボ付きでは6000回転で47馬力が出るということです。つまりは、ターボ付きのほうが500程度少ない回転数で9馬力上のパワーが出るということになります。

同じように、ターボ無しでは5000回転のときに59トルクとなりますが、ターボ付きでは3000回転のときに98トルクとなる。2000程度少ない回転数で、39程度も上のトルクになるんだなあといったところですね。

そうは言っても、実際にどれほどのものかがわかりにくいので、口コミについても見てみましょう。

口コミから考察

「高速道路の合流・追い越し・巡航でも普通車に混じって、十分に走ることができる」
「山道もレスポンスが良くて、加速も満足のいくところ」
「ターボエンジン自体は十分パワフルで満足なのですが、CVTとの協調性が悪く、加速が鈍るときがあります」

デイズのターボエンジン自体は、全く問題なく、坂道でも高速道路でも十分に走ることができるほどのパワーがあるようです。レスポンスや加速が鈍るということについてですが、一方でターボ車だと感じられないほどラグを感じさせないで加速するという口コミもあります。

以前に他よりもレスポンスの良いターボ車両に乗っていたのであったり、普通車のターボに乗っていたということであればレスポンスに関して不満が出るかもしれません。ただ、そういうことでもない限りは問題ないようです。

 

結局どっちを買えばいいの?

価格や走行性能などの面から、デイズのターボ車のコスパについて見てきました。価格のことと走行性能について見ていると、コスパが悪いという印象は受けないでしょう。ただ、自分にとって本当にターボが必要なのかどうかによって、結局どちらを買えば良いのかということが変わってきます。

ターボが必要な方

デイズでターボが必要だと考えられるのは、高速道路に乗る機会が多い人です。チョイ乗り程度ではなく、長距離を頻繁に乗ることがある人ですね。たとえば、他県に通勤しなければならない人や、よく車でお出かけをするという人には、ターボ付きを買うメリットが十分にあると言えるでしょう。

また、デイズは燃費についてあまり良い評価を耳にしません。平均燃費から見てもわかるとおり、燃費が弱点となるのですが、高速道路であれば、ターボ付きでも20km/L近い燃費になるという人もいます。

以上のことを踏まえて、高速道路を利用する機会が多いという人には、ターボが必要だと言えるのです。

ターボは必要ない方

ターボが必要ない人は、街乗り程度にしか車を使わない人です。市街地走行でもターボ車に乗っている実感は得られますが、特別必要かと問われると、そうではありません。燃費についても、市街地走行は燃費が悪くなりますが、加えてターボとなれば、さらに燃費が悪くなり、ガソリン代が高くつきます。

普段は街乗りでも、遠方に出かける機会が多いのであればターボは大きな意味を持つでしょう。ただ、普段が街乗り程度で、さらに遠方に出かける機会もそれほど多くないということであれば、ターボ車を買ってもあまり意味は無いかもしれません。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です