【見積書公開】アルファードHV値引きレポート。ディーラー突撃取材

予てから欲しかったハイブリッドのアルファードを買いたい気持ちが募りに募り、とうとう近所のディーラーを訪問してきました。

一応は比較のために事前にエルグランドも見てきたのですが、気持ちとしてはアルファード一本のつもりでいます。

ディーラーと交渉する前に

「思い立ったらすぐ行こう!」という意気込みは確かに大事なのですが、何も知らないで言っても上手な値引き交渉はできません。そこで、今回ディーラーへ行く前に私が調査したことを3つ紹介します。

それは、

  • アルファードHVの値引き相場
  • アルファードHVの競合車種
  • アルファードHVの納期について

以上の3ポイント。

まずは値引き相場から紹介します。アルファードHVは車両値引きだけで25万~35万程度の値引きを期待できるようです。オプション値引きも含めるのであれば、35万以上を値引き目標額として交渉してきましょう。

続いて競合車種について、こちらはやはり日産のエルグランドでしょうか。新車のスタート価格で比較してみると、アルファードHVは411万円。対するエルグランドは321万円なので、価格差は90万円程度ありますね。

しかしながた、エルグランドもグレードを上げると相当高くなるので、同じスペック帯まで上げると同等の価格になることでしょう。

この価格差の点を上手く使って、交渉ではエルグランドも候補であるということを言る良いです。日産の方が値引きに融通利かせてくれたからなんて言ったら、少し値引き額が上がる気がしませんか?

最後に納期について、こちらは1か月半ら3か月程度という報告が多く見られました。ただ、グレードによって、時期によっては3か月きっちりかかるようで、少し納車までは長いようですね。

あまりにも長い納期を告げられたら、思い切って値引きに繋げてもらいましょう。

ディーラーへGO

トヨタディーラー

訪問したのは近所のトヨペットxx店。広いスペースに取り扱い車種が一通りそろっていました。

実車確認

そして憧れのアルファードとご対面。
普段は街中で何気なく見かけてはいるものの、やはり自分が買う側となると、眺めているだけで惚れ惚れしちゃいます。

トヨタアルファードHV外観フロントサイド

アルファードであることを意識させるこのフロントマスク。

遠くから見てもいかにも「俺がアルファードだ」という厳つさがありますが、同時にクラウンにも通じる高級感も感じさせるところが不思議な魅力でもあります。

あるいは私の方が、そんなイメージに刷り込まれてしまっているのでしょうか?

現行モデルになってからサイド面の微妙な湾曲が加わって、すごく気に入っています。

横から見た時もノアやヴォクシーとは違った高級感を感じさせてくれるんですよね。デザインひとつでずいぶん印象が変わるものです。

トヨタアルファードHV外観リア

このとき見せてもらったのはグレード「G」でした。

真後ろから見えると車高と車幅の比率がほぼ1:1の正方形になっていて、5ナンバー車とは明らかに違うことが安定感を感じさせてくれます。

以前のモデルには付いていた後ろ側のミラーはもう付いておらず、全てバックビューモニターを使うことになります。

ミラーを取り付けるとすればオプション扱いとのこと。どうりで最近は見かけないはずです。もちろんこちらの方がスッキリして恰好いいのですが。

室内装備について

一番の魅力である室内設備から見せてもらいました。

トヨタアルファードHV内装後席

セカンドシートに設定されているリラックスキャプテンシートです。

3タイプあるキャプテンシートの中でも一番下のグレードになりますが、それでも相当に高級感があります。

サードシートの左側を折り畳んだ状態です。

さすがに3ナンバー車であるだけに、室内幅は十分な余裕があり、アルファードの価値を大いに高めています。特に2列目はユッタリしている分、高級セダンに乗るよりも快適ではないでしょうか。

トヨタアルファードHV内装運転席周り後席

セカンドシートは勿論のこと、サードシートも前後にスライドできるようになっているので、積む荷物量によってスペースの調整ができるようになっています。さすがにサイズの大きさが最大限生かせる仕様ですね。

事前にネットで色々と調べていったのですが、やはり実物を目の前にすると色々と質問もしてみたくなるもの。担当のセールスマン相手にアルファード談義を始めてしまいました。

私:普通のガソリン車とハイブリッド車の違いはどんなところにあるんですか?

セ:殆ど一緒なんですが、唯一違うところがこのセンターコンソール部になります。この中にバッテリーが入っているんです。

ハイブリッド車がガソリン車と違う唯一と言っていい違いがセンターコンソール部です。

床面からひじ掛けまでが箱状になっていて、中にハイブリッド用のバッテリーが入っています。

iFTig編集部
この前エルグランドも見てきたんですけど、日産の人は最近はあまりアルファードやヴェルファイアとは比べられないって言っていましたね。どちらかというとオデッセイの方が多いとか。
営業担当者
昔と比べると、存在自体が小さくなったような感じはありますね。
iFTig編集部
アルファードは基本的にヴェルファイアとは内装がちょっと違うくらいで、エンジンとか同じなんですよね?
営業担当者
アフターパーツ的なもの、エアロパーツとかが違うだけですね。あとはフロントマスクが。

 

iFTig編集部
ハイブリッドでもメーターはアナログなんですね。
営業担当者
ハイブリッドシステムインディケーターといいまして、エコに関する情報が左側に表示されます。
iFTig編集部
こっちの方が格好いいですね。プリウスのメーターなんかデジタル式で感覚的に分りにくいと思うな。でもこの「ECO」表示の中で運転するのってちょっと大変ですよね。プリウスだとどうってことないんですけど。やっぱり車重があるので、グーンとメーターが上がっちゃいますね。
営業担当者
最近は、メーカーも車種によって色々とメーターのタイプを変えていますね。
トヨタアルファードHV内装メーター周り

最新装備が満載ながらメーター類は意外とオーソドックスなアナログタイプになっています。

右にスピードメーター、左はハイブリッド車ではモーター駆動の状態がリアルタイムでわかるようになっています。エコな運転を心がける上では感覚的に分り易いディスプレイだと思います。

iFTig編集部
プリウスにあるようなパワーモードというのは付いて無いんですね。
営業担当者
パワーモードは無くてEVモードだけになります。パーキングブレーキが電動式になっていまして、Pポジションに入れた時に自動でかかるようになっています。
iFTig編集部
実際にハイブリッドでどのくらいの燃費なんですか?
営業担当者
大体15~16km/Lですね。うまく走ればもうちょっと行くかと思いますけど、ハイブリッド車はやっぱり運転するコツがありますので、乗り方によってちょっと差が出てくると思いますけど。ガソリン車については前のタイプよりはよくなっているんで、まあ10km/L前後ですかね。
iFTig編集部
ガソリンとハイブリッドではどっちが売れていますか? あと価格差は?
営業担当者
やっぱり6:4くらいでガソリンですね。価格差は70万円位になります。まあハイブリッド車は四駆というのはありますけど、結構な価格差は付いちゃいますね。
iFTig編集部
今色んなメーカーのクルマを見て回っているんですけど、アルファードの「売り」って何になるんですか?
営業担当者
やっぱり国産車での室内の広さは間違いなく一番ですね。
iFTig編集部
走りとかエンジンでは?
営業担当者
前のモデルではエンジンは2400CCだったのですが、それが2500になって少し良くなったというのはあります。走りに関してはロールが少なくなったとか、乗り心地が向上したということですね。
iFTig編集部
たしかに走り出しはいいように感じますね。ただ音は本当に静かですよね。
営業担当者
遮音性はかなり改善されているので、かなり静かですね。ガソリン車でも、あれこれガソリン車で走っているのかって思うくらいに、アクセルを踏み込まないと、そんなに音はしない感じですね。

グレードの違い

iFTig編集部
アルファードの特別仕様車というのはあるんですか?
営業担当者
この7月に新しいのが出たばかりで、アルカンターラシートのような特別な装備が付いたのがあります。
iFTig編集部
ヴェルファイアのゴールデンアイズのような。
営業担当者
一部違うところはありますが、大体は似た感じですね。車の造り自体は全く変わりませんので、あとは好みの差ですね。
iFTig編集部
このドアのところについているスイッチは何ですか?
営業担当者
シートのポジションを記憶しておくメモリーになります。これは電動シートである必要がありますので上級のタイプにしか付いていないんですけど、複数設定することができるんで、家族の方とか別の方が乗る機会が多ければ便利な機能ですね。これでシートとドアミラーが連動して変わります。
iFTig編集部
どのグレードが売れていますか?
営業担当者
Sタイプが多いですね。特別仕様車もSタイプがベースですし。
iFTig編集部
ハイブリッドを選ぶ人は何でハイブリッドを選ぶんですか?
営業担当者
ハイブリッドというブランドみたいなもんですかね?あとは燃費が少しでも良ければという人もいれば、
iFTig編集部
燃費でいえばモトを取るのは無理ですよね。
営業担当者
難しいですね。よっぽど距離を乗る人でないと、無理だと思います。
iFTig編集部
じゃあやっぱりパワーがあるとか、ステータスとか。バックモニターとか、あんまり使ったことがないんです。昔はバックモニターが付いていたものですけど、今は無理なんですね。
営業担当者
オプション扱いになります。
iFTig編集部
ここまで仕上げられていたら、ミター付けるのもみっともないですもんね。凄くいいデザインですよね。

依頼した見積もりの内容

iFTig編集部
じゃあ見積もりを作ってください。ハイブリッドでお願いします。さっきのグレードは何ですか?
営業担当者
ハイブリッドの「G」になります。シートが豪華なタイプですね。
iFTig編集部
主に私が乗るのでシートはいいタイプでなくていいです。
営業担当者
そうしますと、「X」と「S」をベースにしたグレードで「SR」、あと「G」になります。SRが一番高いですね。「S」が真ん中で「X」が一番安いグレードになります。
iFTig編集部
「X」と「G」の違いはシート以外に何かあるんですか?
営業担当者
まずパワーシートだとか、サイズがちょっと違うというのと、デイライト付きというのがありまして、日中ちょっと光っているのがあります。コーナーリングランプもLEDタイプ、内装のデザインの違いもありますね。それと本革巻きとシフトノブがありますね。あとUVカット機能付きガラスとか、細かいところに色々と差が出ていますね。

それと後席用のサンシェード、窓の横に出てくる直射日光を避けるためのものですね。一応格納式で出てくる形になっています。あとオートワイパーも違うところですね。

iFTig編集部
スマートエントリーは?
営業担当者
全てのグレードで標準装備になっています。これはですね、パワーバックドア+ウエルカムパワースライドドアと言いまして、予約機能になります。誰か後ろの席に乗るときに合わせて、ピーッって自動で開くみたいな装置ですね。あとパワーバックドアを付ければそれが働くという形です。
iFTig編集部
わかりました。「X」にします。
営業担当者
アルファードやヴェルファイアは一番下のグレードでも十分な装備になっていまして、
iFTig編集部
もとが高いんで、あまり贅沢し過ぎちゃうとね。
営業担当者
もともとが贅沢なクルマになってますので。「X」では7人と8人が選べるんですが。8人の方がちょっとだけ安くなります。
iFTig編集部
じゃあ7人にしておきます。あとはバックモニターとサイドバイザーを付けてほしいんですけど、あとフロアマットとETC。ナビは10インチにしておいてください。それとコーティングだけはつけておいてもらえますか?
営業担当者
ところで「X」だとパワースライドドアが片側だけになってしますが、結構これは人気のオプションというか、付ける方が多くて。
iFTig編集部
それも入れておきましょうか。バックドアのイージークローザーってあった方がいいかな?
営業担当者
やっぱりドアが重たいので、女性の型は特にガーンってできないですからね。これがあれば半ドアみたいな形にしておけばいいので便利ですね。このレーダークルーズコントロールというのが、プリクラッシュセーフティシステムとセットで付けられるんですが、これは自動で前のクルマを追従して。
iFTig編集部
ロックオンみたいなものですね。じゃあ付けておいてください。これってクルーズコントロールにプラスした機能ですね。
営業担当者
クルーズコントロールはハイブリッドだと全部付いているんですけど、それにプラスして付けられるという形です。スピードが一定というのだけでなく前のクルマに併せて減速したり加速したり、停止すれば勝手に停止するという形になります。
iFTig編集部
停止から発進も勝手にするんですか?
営業担当者
勝手というか、メーター内で促しますんで、アクセルを踏んでいただくか、クルーズコントロールのレバーで操作して頂ければ、また前のクルマを追って走ってくれるという感じになります。
iFTig編集部
車線は変更してくれないんですか?
営業担当者
車線の変更はないですね。

見積書公開!

アルファードHV 見積書

【おすすめ車両】 アルファードHV  X
【ボディタイプ】 7ニンノリ
【排気量】 2500CC(2AR-FXE)
【駆動】 4WD
【ミッション】 CVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 AYH30W-PFXGB

車両本体価格 4,155,000円
値引き(-) 387,821円
計     8% 3,767,234円
※1 メーカーオプション価格 8% 185,760円
※2 付属品価格  8% 596,160円
車両現金販売価格(消費税込)① 4,549,154
 
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 4,549,154
 
※3 税金・保険料 51,240円
課税販売諸費用等 8% 46,496円
預り法廷費用等 20,070円
その他 0円
計 ③ 117,806
 
消費税・地方消費税合計 340,419円
(%は消費税・地方消費税率)
現金販売時お支払総額(②+③) 4,666,960

 ※3  明細

自動車税  12月登録 11,200円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 51,240
検査登録手続代行費用 37,260円
車庫証明手続代行費用 0円
納車費用(ご自宅) 8,856円
下取車手続代行費用 0円
下取車査定料 0円
資金管理料金⑥ 380円
持込登録費用 0円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 46,496
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 0円
      (下取車登録手続費用) 0円
預りリサイクル預託金 ⑤ 16,550円
印紙代 200円
預り法定費用等 小計 20,070
自動車保険料 0円
下取税金 0円
スマイルパスポート 0円
その他預り金合計 0円
その他 小計 0

 ※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] ファブリック/フラクセン(標準)
[タイヤ] 215/65R16 98Hスチールラジアルタイヤ(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
スペアタイヤ(オウキュウヨウタイヤ) 10,800円
プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール(ゼンシャソクツイジュウキノウツキ) 75,600円
パワースアイドドア(リョウガワ)+バックドアクローザー 66,960円
メーカーオプション計 185,760円
[付属品(その他)明細]
グラスシーラント TYPE-2 86,400円
サイドバイザー、RVワイドタイプ 1 33,480円
ナンバーフレーム(プレステージ)フロント 3,240円
ナンバーフレーム(プレステージ)リヤ 3,240円
付属品(おすすめ)計 126,360円
付属品(その他)明細
フロアマット、ロイヤルタイプ ホンタイ 95,040円
16ETC2.0(ビルトインタイプ・ナビレンドウ) 41,040円
16マルチビューバックガイドモニター 28,080円
16TCナビ 10インチモデル「NSZN-Z66T」 305,640円
付属品(その他)計 469,800円

 リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 16,550円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 12,840円
   (エアバッグ類料金) 1,930円
   (フロン類料金) 1,650円
   (情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
16,930
営業担当者
一応これが見積もりになっていまして、ハイブリッドの「X」の7人乗りになります。あと今は納期に3か月ほどかかっています。
iFTig編集部
3か月もかかるんですか。
営業担当者
全国的には結構注文があるっていう感じですね。ハイブリッドの場合、取得税と重量税は免税になりますので、0円ですね。自賠責保険は3年分、あとは定める車庫証明の費用   225,000円。その通りに行った場合ですね。あとは約5095,000円ですね。結構、いいお値段になってしまいます。
iFTig編集部
まあ仕方がないですよね。アルファードだからそのぐらいは覚悟しないとね。
iFTig編集部
車庫証明と登録手続き費用を引くと500万円を切りますよね。
営業担当者
ピタリぐらいですかね。でも高いでよすね。
iFTig編集部
でも日産はミニバンでナンバーワンを奪回するとか言っていますんで。新型でも20万円は引きますって、初めて行ったところで断言してました。普通は新型でそんなことは絶対に言わないと思うんですけど、ヴォクシーに取られるのがよほど嫌なのかな?
iFTig編集部
実際にアルファードって、ハイブリッドとガソリンでは買う時の値引きって、違うんですか?
営業担当者
当社ではハイブリッドだとかガソリンで変わりません。オプションと基本の値引きという形になります。
iFTig編集部
グレードの違いでは?
営業担当者
グレード間での差というのは無いですね。一番高いからいっぱい値引きしますというのではないんですよね。メーカーから入ってくる金額というのは変わらないので、
iFTig編集部
ちなみに今ここで値引きしてくださいといったらいくらになるんですか?いや本当に買うのならもっと来ますよ。ちょっと困らせるぐらいのことはしますけど、まあ初めてということを考えて値引きというのは?
営業担当者
まあこれだったらちょっと無理して460万円というところですね。
iFTig編集部
460万円になるんですか?結構それ凄いですね。
営業担当者
かなり無理はすると思うんですけど、
iFTig編集部
本当ですか。ヴェルファイアなんて渋かったですけどね。20万円とか言ってたし。
営業担当者
まあ当社は基本25万円が車両値引き。後はオプションの値引きということになりますんで、それを考えてもちょっとオーバーしているんで。まあそのぐらい頑張らせて頂くということだったら何とか出来るんではないかと。
iFTig編集部
いや460万円だったら、ちょっと靡きますね。
営業担当者
グレード自体はどれを選んでいただいても同じ形になってきます。多少端数の関係で前後することはありますが。ちょっとアレということでしたら、また相談させてもらいますけど、今の時点ではこれが限界になります。何とかこれで検討してみてください。どうしても納期がかかってくるものになりますので、車検のタイミングもあると思いますし。
iFTig編集部
わかりました。

ディーラー訪問を終えて

見積もってもらったのは一番下のグレードになる「X」ですが、クルマの基本的な部分はどのグレードでも皆同じです。価格の多くの部分はシートの違いから来ているようなので、これでも十分。納期も結構かかるとのことなので、次回はもう少し値引きを引き出したうえで決めるつもりでいます。

もう心の中はアルファードで一杯。今が一番楽しい時なのかもしれませんね。一日でも早いマイアルファードでドライブできる日々を待っているところです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です