【見積書公開】アルファード値引きレポート。限界値引き額を探ってきました

今現在、街中で一番存在感がある感じのアルファード。特に現在のモデルになってから、そのステータスを増しているように思います。

やはり自分のクルマを選ぶとなればこれしかないということで、自分と同じ町のトヨペット店を訪問してみました。

ディーラーへ向かう前に調査

値引き交渉をするということは、セールスマンという会話のプロと交渉することになります。当然、こちらも何かしら値引きのネタを持っていないと、無防備で敵陣に乗り込む侍と一緒です。そこで、今回私が商談で使えそうなことを3つ調べてみたので、ご紹介します。

その内容は、

  • アルファードの値引き相場
  • アルファードに競合車種
  • アルファードの納期について

以上の3つになります。

早速値引き相場ですが、これは車両値引きだけで25万~35万円あたりが相場のようですね。

流石トヨタといったところでしょうか。元々高い車だということもあって、値引き額を高く設定しているというのも分かりますが、これだけしてくれるのは、トヨタというブランドならではですね。値引き目標額は25万以上を狙っていきましょう。

続いて競合車種について、これはやはり日産のエルグランドです。新車のスタート価格で比較してみると、アルファードが319万円。対するエルグランドは321万と、その差は2万円。このわずかな違いを交渉の場では「エルグランドも候補に入れていて、あちらは

2万円安いんですよね。アルファードもあと2万円値引き頑張ってもらえないものですかね」なんて言ってみるのも1つの手段です。

最後に納期について、これは1か月~3か月という報告が多く、ミニバンでは一般的な納車期間となっていますね。あまりに長い期間を告げられたら、エルグランドはもっと早い期間だから値引きしてくれと言ってみるのも面白そうです。

ディーラーへ訪問

トヨタアルファード外観フロントサイド

駐車場に停まっていても、その存在感は抜群と言えるもの。

その威圧感あるフロントグリルがアルファードであることを一目で伺わせてくれます。

今ほど「アルファード」というブランドが高い価値をも持つようになったのも、これまでにないことでしょう。箱型であることの宿命として、こうしてフロントデザインで自己主張するという傾向は今後も継続していくのでしょうね。

フロントからリアに向かって、車体側面の放射状に流れる立体的な造形が特徴的です。

平面的になりがちなサイドの質感に変化を与え、それがアルファードであることの存在感を意識させてくれて非常に効果的です。

これまでの商用車っぽいイメージだった大型ミニバンの世界に、大きな変化をもたらしたと言っても過言ではないのではないのでしょうか。

トヨタアルファード外観フロントリア

実に堂々としたデザインですが、あのクラウンを思わせるような華やかさと独特な存在感を感じさせてくれるものです。

「大空間高級サルーン」として、新たなカテゴリーを確立するためのイメージ戦略として、トヨタが選択した手段なのでしょう。

非常に個性的ながらも、慣れてくると親しみを感じてしまうという意見も多いようです。

リアバンパーとコンビネーションランプが多のグレードとは違ったグレード「S」の特徴になっています。

インテリアに関して

トヨタアルファード外観運転席周り

内装のせいなのか、運転席に座っただけで高級感というか、重厚さを感じさせるデザインになっています。ドアを閉める音さえも違っています。

ボディが大きい分左右の見切りは重要な部分ですが、大きな三角窓とも併せ、大型のサイドミラーによって斜め後方も意外とよく把握できます。

こうしたことが大型車を運転する上での抵抗感を少なくしているんですね。

アナログのスピードメーターとタコメーターだけでまとめられたメーター類。最新機能を満載していながら、非常にシンプルなデザインであることが逆に好印象になっています。

その代りに数多くのスイッチ類がステアリングホイール周りに満載。視線の移動なく様々な機能が手元だけで行えてしまうのさ、さすがというところ。

トヨタアルファード内装ナビ周り

センターコンソール部は木目調の装飾で高級感を盛り上げています。

削り出した金属のような装飾によって堂々とした車格を感じさせますし、ホログラム層の採用や3Dプリント技術の導入によって光の表現が取り入れられています。

こうしたちょっとした装飾の違いで日本的な高級感を醸し出しているのが心憎いですね。

手動操作ではあるものの、オットマンが標準装備なのがこのシートの特徴になっています。リクライニング機能があっても、これがあると無いでは快適感が全然違います。

ノアボクシーと比べると床面が一段高くなってしまうので、お年寄りにとっては乗り降りがちょっと不便なのは残念なところ。その代りに一段視点が上がる分、車窓の眺めがよくなるというメリットもあります。

トヨタアルファード後席内装

サードシートへの乗降もセカンドシートの間からで十分可能。さすが3ナンバー車であることを感じさせてくれます。

サードシートもアルファードクラスならではの十分な広さが確保されています。

ノアやヴォクシーと比べると、サードシートの使用頻度が高いユーザーにとっては非常に重要なポイントとなります。

逆に言うと使わないのが勿体ないくらい。

トヨタアルファード内装エアコン

広い頭上空間と余裕ある室内幅。

どの席に座っても、非常に豪勢な気持ちにさせてくれるのがアルファードの最大の特徴でしょう。

後席天井に取り付けられたオートエアコン操作部です。前席とは独立しての温度コントロールが可能です。

また車外の空気の質を検知し、その排気ガスの濃度に応じてエアコン内の吸い込み口モードを外気・内気に自動的に切り替えて、車内をクリーンに保つ排気ガス検知式内外気自動切替システムも採用されているとのこと。

加えて天井に16色のLEDによるイルミネーションをコントロールできるスイッチまで付いています。

やっぱり気に入った車については色々とプロの意見も聞いてみたいもの。せっかくの機会なので、様々と質問をさせてもらいました。

アルファードのユーザー層

iFTig編集部
アルファードを買うお客さんって、どんな方が多いんですか?
営業担当者
ご家族の場合ですと、まずは家族構成によりますね。どうしても大人数で乗られる場合が多い家庭で、ユッタリしたスペースを求められる方になります。あとは経済的に余裕のある方が多いようです。
iFTig編集部
まあ値段が高いですからね。
営業担当者
あと最近では企業の方も多いです。
iFTig編集部
社用車ということ?
営業担当者
VIP用というか、今までクラウンやレクサスを買われていたお客様でも最近はこうしたアルファードのようなミニバンを選ばれる傾向がありますね。
iFTig編集部
要するにミニバンとしてのステータスが上がったと?
営業担当者
最近は政治家とか芸能人とかが乗られているのがTVなどでもよく映るので、今まではクラウンやレクサスだったのに、「あれっ?」と気づかれる方が多いようです。そうした高級車と見なされる傾向というか、マスコミによるイメージも非常に大きいですね。
iFTig編集部
そうした人たちに敢えて選ばれるということは、やっぱりそれだけ評価されているということでしょう?
営業担当者
特に高級グレードが選ばれていますね。セカンドシートもこのキャプテンシートではなくて、より高級なエグゼクティブパワーシートになりまして、電動のリクライニングとかオットマンとか、造りが一段も二段も高級な仕様になっているんです。本革シートも設定されていますし、社用車として使われるお客さんはこうした高級仕様を選ばれる場合が殆どですね。
iFTig編集部
クラウンからの乗り換えユーザーも多いんですか?
営業担当者
フロントグリルもどことなくクラウンを思わせるイメージもありますし、何よりも内装もそれなりのものがラインアップされていて、クラウンとかマークXから乗り換えるのに値するミニバンということになるかと思います。
iFTig編集部
でも外観はどのグレードでも一緒でしょう?
営業担当者
エアロタイプ以外は基本的に皆一緒ですね。基本的に足回りも共通ですし、グレードの違いのほとんどはこうした内装の仕様差による部分が多くなります。
iFTig編集部
ウチのような普通の家族持ちにはそんな高級なシートは不要だから、下のグレードで十分ですね。でもせっかくアルファードを選ぶとなれば、それなりの満足感というか、充実した装備も欲しくなるのも正直なところだし。
アルファード内装ナビ周り

フロントガラスが大きいので前席での視界も良好です。

さらに後ろに大きくスライドする上にオットマン付きの助手席シートを選択することも可能です。

営業担当者
例えば奥様が助手席に乗られる場合が多いようでしたら、このロングスライドできるシートなどいかがでしょうか? これだとずっと後ろまでスライドさせることが出来ますので、リクライニングを倒してオットマンまで使えば、足を伸ばして寛げる姿勢が取れますので。
iFTig編集部
凄いですね。今までこんなことが出来るクルマ、ありました?
営業担当者
大きなボディだからこそということもありますし、普通のミニバンではセカンドシートを前後にスライドさせる仕様が多いんですが、アルファードの場合はスライドレールを助手席とセカンドシートと共通化させて、助手席まで大きくスライドさせることが出来る仕様になっています。
iFTig編集部
今までとは違った使い方ができるかもしれないし、うちの奥さんにとっては極楽ですね。いつも助手席で寝てばかりいるし。
営業担当者
助手席に乗られる方のメリットが多くなりますね。乗り心地に関しては、このモデルからはダブルウイッシュボーン・サスペンションを使っていますので、ずいぶんよくなったと言われる方が多いようです。
iFTig編集部
高級車となれば必須の部分ですもんね。そのあたりが大分イメージアップにもなっているのかな。
営業担当者
確かにそれも大きいと思いますね。
iFTig編集部
結局走りの上質感と室内の高級感、そして見栄えでステータス性を高めているんですね。
営業担当者
そういうことになりますね。
iFTig編集部
これはどのグレードになるんですか?
営業担当者
「S」の“Aパッケージ”というグレードで、一番人気があります。
iFTig編集部
やはりこのシートが気に入る人が多いということ?
営業担当者
例えば2列目にお子さんを乗せて、お母さんが助手席に座りながらシートを後ろに下げればお子さんの面倒を見ることも可能になりますし。
iFTig編集部
そんな使い方も出来るんですね。うちの奥さんが喜びそうだな。
営業担当者
ご希望すればオプションで本革仕様にすることも出来ます。333,720円になります。
iFTig編集部
やはり結構な値段になっちゃうな。
営業担当者
前列席であれば上のグレードとも共通な部分も多いですし、後はセカンドシートをどのタイプにするかによってグレードが決まってきますね。アルファードの場合、設定されているグレードの種類が非常に多いんですけど、私の場合、3つのポイントから選んでいただいているんです。先ずはハイブリッドにするかノーマルエンジンにするか。これだけで相当の金格差になってしまいますし。ガソリン車を選ぶとなれば次にエンジンサイズですね。2500CCか3500CCのどちらかになります。
iFTig編集部
価格的にはどのくらいの違いに?
営業担当者
仕様の差があるので一概には言えませんが、ざっと言って50万円の違いになります。次がエアロタイプかどうでないか。そしてどのシートを選ばれるかですね。それぞれの組み合わせによってグレードが決まってきます。

値引きについて

iFTig編集部
じゃあ見積もりをお願いします。実際買うとなると値引きの話になっちゃうんですけど、どれくらい行けるものなんですか? 今ちょうど色んなディーラーを回っていて、最終的にどれにするために奥さんと相談するのに見積書を並べて、トヨペットだけ値引きが入ってないんだったら、値引きしてくれるところでいいじゃないの、とかっいう話になってしまうと思うんですね。女性相手に説得するというのは、そんな感じなので。
営業担当者
今多分…5~10万円くらいは出来るかな、とは思うんですけど、まだ断言できるっていう訳ではないので、なんとも言えないんですけど。あとは例えば下取りされる車の状態を見させて頂いたり、ちょうどお客様感謝祭っていうのをやっているんですけど、そちらで下取り車のお値段が付いて、プラスαで5万円付けることも出来るんです。 ですから1回そのお車の状態を見させて頂いて、そこからお値段の話をさせて頂ければなと。あと、奥様とも一度お話しさせて頂いて、そちらで詳しい金額等を一緒に決めさせて頂ければ、とはおもっているんですけども。
iFTig編集部
下取りがない場合だったら、やっぱり5~10万円くらいが限界で、それ以上は難しいところなんですね?
営業担当者
あとはもう、もし本当にお買いいただけるとなればオプションとかで、出来る限り頑張らせて頂きたいなと思います。
iFTig編集部
まあ、その時は私ももっと真剣に交渉はしますけど。今はまだ検討段階なんでね。だから、奥さんにパーッと横一枚で見られちゃうと、もう値引きの無いとこは弾かれちゃうんでね。僕がいくら口でセールスマンの方が5~10万円は引いてくれるよ、って言っていても、結局値引きを書いてくれている所の方が、やっぱり見てくれがいいというか、僕の口から言うよりも信憑性が高いじゃないですか。もちろん私はアルファードが欲しいですけど、嫁としてはやっぱりヴォクシーとか、ノアとか、ちょっとグレードが一個低いやつをどうしても推してくるんです。で、結局本人がいいよ、って言わない限りはお店にも来てくれない。だからその段階でもうはじかれちゃうから、出来ればちょっとでも入れて欲しいっていうことなんですよ。だから手書きとかでもいいので。
営業担当者
かしこまりました、もう一回だけ、確認して参りますね。

(しばし休憩)

営業担当者
お待たせしましてすみません。でもやっぱり口頭で奥様にお伝えした方が。書いた方がよろしければ書けるんですけど、
iFTig編集部
書いてもらった方がいいです。私の字だとバレちゃうので。
営業担当者
奥様を説得しなきゃいけないとのことなんですが、いつもならオプションの内容だとか、下取りだとかを考慮しながら、という形にはなるんですが、総値引額で多めに20万前後がいいところじゃないかな、っていう感じなんですね。あとは下取り車がどのくらいの値段になるのか、ってところで。
iFTig編集部
多少だけでもいいのでやっぱ書いて頂かないと。もう0だったらもういいでしょう?になっちゃうんで。色んな見積もりには書いてあるのに、これだけ書いてないんだったらいいんじゃないの?ってなっちゃいそうなので。
営業担当者
わかりました。
iFTig編集部
ありがとうございます。じゃちょっとこれを持ち帰って検討してみます。

結局このような内容の見積書をもらってきました。

見積書公開!

アルファード 見積書

オプションは最低限のつもりでも結構な金額の上乗せになってしまいます。

【おすすめ車両】 アルファード S Aパッケージ “TYPE BLACK”
【ボディタイプ】 7ニンノリ
【排気量】 2500CC (2AR-FE)
【駆動】 FF
【ミッション】SUPERCVT-I
【ボディカラー】 スパークリングブラックパール
【型式】 AGH30W-PFXSK(E)

車両本体価格 3,926,291円
値引き
計     8% 3,926,291円
※1 メーカーオプション価格 8% 43,200円
※2 付属品価格  8% 465,912円
車両現金販売価格(消費税込)① 4,435,403
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額 ② 4,435,403
※3 税金・保険料 140,740円
課税販売諸費用等 8% 78,140円
預り法廷費用等 22,870円
その他 100,140円
計 ③ 341,890
消費税・地方消費税合計 334,337円
(%は消費税・地方消費税率)
現金販売時お支払総額(②+③) 4,777,293

欄外値引き額 -327,293円
欄外差引値引き後 -4,450,000円

 ※3  明細

自動車税  11月登録 15,000円
自動車取得税 63,200円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 140,740
検査登録手続代行費用 37,260円
車庫証明手続代行費用 14,580円
納車費用(ご自宅) 8,856円
下取車手続代行費用 9,504円
下取車査定料 7,560円
資金管理料金⑥ 380円
補助金申請代行手数料 0円
字光式装置代 0円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 78,140
 
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 300円
預りリサイクル預託金 ⑤ 16,550円
公正証書作成費用 200円
預り法定費用等 小計 22,870
9,500円
自動車保険料 0円
下取自税 0円
ウエルカムサポート 0B 76,600円
保証がつくしプラン 3 14,040円
その他 小計 100,140

 ※1 ※2 メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装] ゴウヒウルトラスエード/ブラック(標準)
[タイヤ] タイヤ235/50R18 97Vスチールラジアルタイヤ&7Jアルミ(アエラス)ハイグロストソウ(標準)
[メーカーオプション明細]
スパークリングブラックパール 32,400円
スペアタイヤ(オウキュウヨウ) 10,800円
メーカーオプション計 43,200円
[付属品(その他)明細]
フロアマット(トクベツシヨウシャセンヨウ) 114,480円
トウナンボウシナンバーフレーム(プレステージ) 9,072円
グラスシーラント TYPE-2 86,400円
サイドバイザー、RVワイドタイプ 1 33,480円
‘16ETC(ビルトイン)ボイスタイプ・ナビレンドウ 23,760円
‘16バックガイドモニター 21,600円
‘16TCナビ「NSZT-W66T」 177,120円
付属品(その他)計 465,912円

 リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ⑤ 16,550円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 12,840円
(エアバッグ類料金) 1,930円
(フロン類料金) 1,650円
(情報管理料金(消費税込) 130円
資金管理料金(消費税込)⑥ 380円
16,930

 お支払いプラン

頭金 1,555,403円
割賦元金 2,880,000円
支払い開始月 28年12月より
支払い回数 60回
初回 48,178円
毎月 45,800円 x 50回
ボーナス 7月 120,000円 x 5回
ボーナス 12月 120,000円 x4回

実質年率6.9%

訪問を終えて

やっぱり決定権がうちの奥さんにあることが見抜かれてしまったようですね。

どうしても一緒に連れてきてほしいと言っていました。話に聞くと、ディーラーが「何とかセール」をやるのも家族ごとディーラーに来てもらえば、決定権を握っている奥さんを導き出せるからという「魂胆」もあるようです。まあどの家庭でもその辺の財政を握っているのは奥さんということなんでしょうね。

ここだけの話ですが、何とかあの豪華な助手席で釣ってみようと思っています。うまく乗ってくれるといいのですが、どうなりますか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です