JADEハイブリッド 各グレードの違い、特徴を解説

ホンダJADEHV

JADEハイブリッドは、とても解りにくい車です。

ガソリン車は「乗ればわかる」魅力があります。走行性能・燃費性能ともに高く、運転する楽しみがあることです。ハイブリッドはどこに魅力があるのか、カタログを見てセールスマンの説明を聞いているだけでは、理解するのが難しいでしょう。

「JADEハイブリッドは結局どういう車なの?」それを説明すると共に、グレードによる違いについても解説します。これを見れば、JADEハイブリッドについて解る――。

JADE HVのグレード表

グレード 7人乗り価格
HYBRID 2,720,000円
HYBRID X 2,920,000円
※燃費表示はカタログより抜粋。

ベースグレードの価格から、高めの設定です。

ホンダ特有の強気の価格設定となっていて、簡単には手が出せそうにはありません。HYBRIDとHYBRID Xとの価格差は20万円と決して低くはなく、明確な違いがない限りはXを買う価値がなさそうに思えます。

20万円の価格差に見合う違いがあるのか、270万円を超える価格に見合う魅力があるのか、これからじっくりと見てみましょう。

各グレードの特徴、捉え方

グレードは二つだけなので、覚えやすいです。

HYBRIDは必要十分な装備をすべて揃えていますが、Honda SENSINGという先進安全装備がオプション装備となっているグレードです。

HYBRID XはHonda SENSINGが標準装備となっています。エクステリアやインテリアの加工も少しだけ豪華になっているのですが、加工にこだわらない方にとってはあまり違いが感じられないかもしれません。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

Honda SENSINGが標準装備されているかどうか以外に、装備に違いはあるのでしょうか。

代表的な装備のみを挙げ、検証してみます。自分の必要とする装備がベースグレードで揃うかどうかを重点において見てみると、選ぶべきグレードがわかるでしょう。

全グレード共通の標準装備

  • Sモードスイッチ
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • フルオート・エアコン
  • Hondaスマートキー
  • ハイブリッド専用シフトレバー
  • 電動サーボブレーキシステム
  • クルーズコントロール
  • LEDヘッドライト(ロービーム/オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
  • HYBRID専用エクステリア<ブルー加飾>
  • (フロントグリルガーニッシュ、ヘッドライトガーニッシュ、リアコンビネーションランプ中央部)
  • HBRIDエンブレム(テールゲート、フロントフェンダー)
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 全面高熱線吸収/UVカット機能付ガラス
  • コンソールトレイ+ドリンクホルダー

ガソリン車・ハイブリッド車共通の全タイプ標準装備がとても多く、それだけで走り出しに十分な装備が揃っています。ハイブリッド車両タイプ共通の標準装備もまた多いです。

グレードごとの違いは、細かな違いと言えます。特にこだわらない・走り出し十分であれば良いという方であれば、ベースグレードの装備だけで十分なのではないかと、この時点で考えられるのです。

ハイブリッドになることで、JADEの大きな魅力であった走行性能が失われるのではないかと危惧する方も多いでしょう。Sモードはそれを補ってはくれますが、ガソリン車ほどの走行性能を得ることはできません。

ハイブリッドの走行性能は、ガソリン車のそれより明らかに劣ります。

電動サーボブレーキシステムというのは、減速時のエネルギーを効率よく回収してバッテリーに充電するシステムのことです。ハイブリッド車について調べると、必ず「回生エネルギー(回生ブレーキ)」という言葉が出てきますが、電動サーボブレーキはこれにあたります。

Hondaスマートキーは、キーを携帯している状態でドアノブに触れただけでロックが解除されるシステムです。キーレスエントリー(リモコンで解錠・施錠ができるもの)よりも上位の装備と言えます。

HYBRIDの装備、インテリア、エクステリア

ホンダJADEHVHYBRID外観
ホンダJADEHVHYBRID内装
  • (カラード)アウタードアハンドル
  • (ブラック)テールゲートスポイラー
  • (クロームメッキ)テールゲートモールディング
  • 16インチスチールホイール

HYBRID Xと仕様の異なる部分を挙げました。エクステリアの加工の違いと、ホイールの大きさ・河口の違いです。実用性という面においてHYBRID Xより劣る部分は、特にありません。

「それならHYBRID Xとの違いはほとんど無いのか?」と考える人も多いでしょう。HYBRID Xとの大きな違いは、「Honda SENSINGが標準装備されているかどうか」です。

HYBRID Xの装備、インテリア、エクステリア

ホンダJADEHVX外観
ホンダJADEHVX内装
  • Honda SENSING
  • コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
  • 木目調加飾インテリアパネル(インストルメントパネル、ドアライニングガーニッシュ)
  • フォグライト
  • ピアノブラック調塗装(フロントグリル、ドアサッシュなど)
  • (クロームメッキ)フォグライトがーニッ主
  • (クロームメッキ)アウタードアハンドル
  • (カラード)(大型)テールゲートスポイラー
  • (切削×シルバー)17インチノイズリデューシングアルミホイール

Honda SENSINGが標準装備されているということが、ベースグレードとの最も大きな違いです。

ただ、それしか違いが無いということではありません。ベースグレードで挙げた部分の加工の違いもそうですが、コンビシートの追加やフォグライトの追加などもあります。

17インチアルミホイールも特徴的です。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

装備の相違点が少ないため、各グレードの魅力を考えるためには、JADEハイブリッドという車そのものの魅力を知らなければなりません。それを明らかにした上で、Xグレードはどうして選ばれているのかについて考えてみましょう。

Xグレードの購入者層と自分が一致すると感じたら、購入を検討するというのも良い選び方だと言えます。

HYBRIDの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダJADEHVHYBRID内装

HYBRIDの魅力は、JADEハイブリッドという車自体の魅力そのものです。ではJADEハイブリッドの魅力とは何なのか、JADEハイブリッドは結局どういう車なのかについて見てみましょう。

ハイブリッドシステムは「i-DCD」というものが使われています。普通に走る限りでは乗り心地がよく、騒音や振動もほとんどありません。他と比べれば走り出しも滑らかな方です。ハイブリッド車として無理なく運用するには、とても快適。

その分追い越し加速が悪いという欠点がありますが、燃費を重視するなら巡航状態であることが多いでしょうから、意識することはあまり無いかもしれません。

また、シートは2列目まではとても快適です。2シートなのでシート間の隙間が自然と空いており、キャプテンシート風になっています。広さも十分で、「自分の席」といった感じを演出しているのです。

3列目は実用性が低く、物置専用のようなものとなっています。大人が普通に座るには、体育座りになってしまうでしょう。シートは一長一短。6人乗りですが、「実質4人乗り」です。

走り心地や乗り心地も一長一短なため、JADEハイブリッドは実態が見えにくい車となっているのでしょう。この車最大の魅力はどこにあるのかと考えたとき、最初に浮かんだのは「2列目までの乗り心地の良さと、良質な走り心地・運転性能」です。

乗り心地は先に述べたとおり、静かで一人ひとり独立したシートを持っている感覚で快適です。

JADEハイブリッドは、走行安定性に優れています。直進ではぐらつかず、コーナーも安定して曲がるのです。ステアリングをきると、自分が思ったとおりの方向に思った分だけ向きが変わるので、運転がしやすくなっています。

これがJADEハイブリッドの最大の魅力であり、ベースグレードの魅力です。

選んでいるのは、子供を含めた3人家族・4人家族であることが多く、金銭にもやや余裕がある人が多い傾向があります。

HYBRID Xの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダJADEHVX内装

Xの魅力は、Honda SENSINGが標準装備となっていることです。

それだけなら、ベースグレードにオプション装備すれば良いでしょう。10万円と少しで付けられるので、Honda SENSINGのみが欲しい場合はXを選ぶ理由がありません。

それではどうして選ばれているのか……。インテリアの木目調の部分に魅力を感じる人が、多く見られるのです。

口コミなどで述べる人は少ないですが、17インチアルミホイールも購入理由となっているのでしょう。

JADEハイブリッド自体の購入者層の予算が高めに設定されている傾向があるので、インテリアの木目調が好みだからこっちを選ぶという、ある種「余裕のある選び方」をしている人が多いです。

総合的に売れているグレードを考察

JADEハイブリッドの各グレードの違いは、インテリア・エクステリアの加工に現れている部分が多いです。

どちらのインテリア・エクステリアが好みなのかによって、選ぶグレードは変わります。加工を重視しないのであれば、ベースグレードにHonda SENSINGだけプラスして購入すると良いでしょう。

おすすめなのは、ベースグレードを基準とした無理ないグレード選びです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です