フリード グレード毎の違いまとめ。どのグレードが最適?

ホンダフリード

見れば見るほど味が増すミニバン、フリード。ホンダの車はスルメのように、噛めば噛むほど味が出る車が多いですね。フリードもそのうちのひとつです。

近年のミニバンと言えば箱型が主流ですが、フリードは卵型。時代にやや逆行したスタイルと言えます。丸々としていて、どこか可愛らしい。けれどもしっかりとパワーがある。それがフリードの味というものです。

カタログを見てエクステリアに驚き、心惹かれて購入検討に至るという人も多いでしょう。見た目が気になって検討しているけれども、どのグレードを買えばいいのかわからないというのが多くの人の悩みだと思います。

フリードのグレードごとの違いについて、簡単にまとめてみました。自分にとってどのグレードが最適なのか、ここで見極めましょう。

フリードのグレード表

グレード 価格
G 1,980,000円(2,212,200円)
G・Honda SENSING 2,100,000円(2,332,200円)
B 1,880,000円(2,096,000円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

G、G・Honda SENSINGには、7人乗りの設定があります。基本は6人乗りです。7人乗りの価格は、Gが2,001,600円、G・ホンダセンシングが2,121,600円となっています。いずれも駆動方式はFFのみです。

また細かく見ていくと、最安価のBから小さく刻まれていることがわかります。最安価と最高値を比べても、22万円ほどの違いしかありません。

これで各グレードの仕様がハッキリと異なっていれば、どのグレードも買うだけの価値があると言えます。それでは、価格に見合う仕様となっているのか、これからじっくりと見ていきましょう。

各グレードの特徴、捉え方

基本となるグレードは、BとGのみです。Bは最も価格が低いですが、内装に関してコストカットされている部分が多くなっています。必要最低限の機能のみを備えたグレードです。

GはBから内装の加工・装飾をプラスし、リアの左側のみパワースライドドアとなったグレードとなっています。機能の追加はそれほど多くありません。内装に不満を感じる人・片側だけでもパワースライドドアが欲しい人向けです。

G・ホンダセンシングというのは、Gの装備にホンダセンシングという先進安全装備をプラスしたグレードとなっています。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

細かい仕様の違いは、装備に現れます。それは外装であったり、内装であったり、機能であったりとさまざまです。装備の違いを知ることで、そのグレードをよりよく理解することができる。

そして、メーカーの意図なども理解することができます。各グレードの代表的な装備を取り上げ、その違いについて見てみましょう。

全グレード共通の標準装備

:ハロゲンヘッドライト(マニュアルレベリング機構付)

近年では上位グレードにLEDヘッドライト(オートレベリング機構付)を設定する車も多いですが、フリードは全グレード共通でハロゲンヘッドライトです。レベリング機構もマニュアルとなっています。

確かにLEDやプロジェクター式など他のヘッドライトと比べると光量も少なく輝度も低いですが、「ハロゲンライトは味があってかっこいい」と言う方もいるようです。フリードにはやや黄色がかったハロゲンライトが合うのではないでしょうか。

:3列目シート3点ELRシートベルト

ELRとは、緊急ロック機構のことです。衝突時など、強い衝撃を受けた場合にベルトが自動的にロックして身体を固定してくれます。

:運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用i-SRSエアバッグ

ホンダのエアバッグシステムの強化版のようなものと考えれば問題ありません。SRSエアバッグよりもグレードの高い装備です。

:アイドリングストップシステム

信号待ちなどで停車している際、自動的にエンジンを止めてガソリンの無駄をなくすシステムです。オンにしておけば、停車時にエンジンストップ・スタートをしてくれます。必要に応じてオン・オフしましょう。

:タコメーター

直訳すると、回転速度計です。車のエンジンを見る装置となっています。1分間に何千回転しているのかを示しており、これを見ながら運転することでさまざまな調整がしやすくなります。

たとえば、エンジンが吹き上がらないようにしたり、燃費を考えてあまり回さないで走ろうとしたりできるということです。ただし、AT車には必要ないという意見もあります。

:スライドドア・イージークローザー(リア両側)

手動のスライドドアがリア両側につけられています。イージークローザーは手動でドアを閉める際に、半ドア状態から自動的にドアを引き込んで、ドアが完全に閉じるのをサポートしてくれる機能です。

:Hondaスマートキーシステム&パワースイッチ

キーに付属したリモコンでドアロックの施錠・解錠ができるシステムです。手があいているときには、車に近づきながらリモコンでドアを開けることができます。

買い物袋などで手がふさがっているときには、キーを携帯して近づき、ドアノブに触るだけでドアロックを解錠することが可能です。エンジンも鍵を挿さずにかけることができます。

:テレスコピック&チルトステアリング

ステアリングホイール(ハンドル)を上下・前後に位置・角度調整できる機能です。

以上の他、以下のようなものも全グレード共通の標準装備となっています。全体的に、必要なものはすべて全グレード共通の標準装備となっていると言えるのではないでしょうか。後は実用的な機能よりも、装飾や加工の違いといったものがグレードごとの違いとして大きいようです。

  • 15インチフチールホイール
  • フルオート・エアコン

Gの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードG外観
ホンダフリードG内装
  • リア左側パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機構付)
  • 4WD車のみプラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコン装備
  • インフォメーションディスプレイ
  • 運転席/助手席コンビニフック付1列目シートアームレスト
  • 木目調インパネミドルエリア
  • シルバー塗装インナードアハンドル(フロント)
  • シートバックポケット(助手席)
  • バニティミラー付運転席用&助手席用サンバイザー
  • メタリック塗装パワーウインドウスイッチパネル(フロント)
  • センターテーブル(インストルメントパネル内臓型)
  • シルバー塗装エアコンアウトレットノブ
  • 車速連動間欠/バリアブル間欠フロントワイパー(ミスト機構付)

リア左側はパワースライドドアとなっており、右側は全グレード共通の手動スライドドアとなっています。

価格を考えると仕方がないように思えますが、マルチインフォメーションディスプレイではなく、インフォメーションディスプレイとなっているところが気になる点でしょうか。

そういったもの以外は、装飾や加工といった面の違いがやはり大きいようです。内装は高級感あふれるものではありませんが、チープ感を減らしたいのであればGまたはG・ホンダセンシングを購入するのが良いでしょう。

G・Honda SENSINGの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードG・Honda SENSING外観
ホンダフリードG・Honda SENSING内装
  • Honda SENSING
  • リア両側パワースライドドア(イージーオープンドアハンドル/タッチセンサー/挟み込み防止機構付)
  • マルチインフォメーションディスプレイ

Honda SENSINGが搭載されている車で、それに応じてマルチインフォメーションディスプレイが装備されています。リアは両側パワースライドドアとなって利便性が増しました。Honda SENSINGの内容については以下のとおりです。

:Honda SENSING

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)

前走車や歩行者との衝突の危険性があるとコンピュータが判断した場合、まずディスプレイ内の表示・音でドライバーに注意を促します。

そこからさらに接近した場合には、軽くブレーキをかけて体感的にドライバーに警告。緊急時にはさらに強くブレーキをかけて、衝突回避・被害軽減をする機能です。

・歩行者事故低減ステアリング

ミリ波レーダーと単眼カメラで、路側帯の歩行者や車線を検知します。歩行者側の車線を逸脱して、歩行者と接触しそうだとコンピュータが判断した場合、ディスプレイの表示と音で警告。同時にステアリングを回避方向へと自動制御し、ドライバーの回避操作を促す機能です。

・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車との車間距離と速度差を検知し、あらかじめ設定された速度の範囲内で加速・減速を行います。一言でまとめれば、前走車に追従するクルーズコントロールシステムです。

・LKAS(車線維持支援システム)

単眼カメラで車線を検知して、車両が車線の中央を維持できるよう、ステアリング操作を支援する機能。車線を外れそうになったら、ディスプレイで警告し、ステアリングを震えさせ警告してくれます。

・路外逸脱抑制機能

単眼カメラで車線を検知し、車両が車線を逸脱しそうな場合に、ディスプレイ内の表示・ステアリングの振動で警告をしてくれます。同時にステアリング制御も行い、車線内へ戻すように支援してくれるのです。

・誤発進抑制機能

停車時、または約10km/h以下で走行中、前走車が近くにあることをミリ派レーダーが検知。そこからアクセルペダルを急に踏み込んでしまった場合の急加速を制御して、さらにディスプレイ表示と音で警告してくれます。

・先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどにおいて、先行車が発進したことに気づかず停止し続けた際、音と表示でお知らせしてくれる機能です。

・標識認識機能

単眼カメラで道路標識を認識し、ディスプレイに表示することで、標識への注意を促し、安全運転を支援する機能です。

Bの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフリードB外観
ホンダフリードB内装
  • インフォメーションディスプレイ
  • 運転席のみ コンビニフック付1列目シートアームレスト
  • ウォームガンメタ インパネミドルエリア
  • 間欠フロントワイパー

以上の装備以外は、全グレード共通の標準装備のみとなっています。Gよりも価格を抑えたのですが、その分装飾・加工が抑えられ、シートバックポケットなどの便利機能も減ってしまいました。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

各グレードの仕様の違いを見てきました。フリードは、グレードごとに「価格を抑えた」「質感をあげた」「安全性を高めた」などといった明確な違いが感じられる車です。

オーナーはそういった特徴に魅力を感じ、そのグレードを選んでいます。今一度、各グレードの特徴・魅力を整理し、どのような人がそのグレードを選んでいるのかについて触れてみましょう。

Gの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードG内装

Gの魅力はBよりも質感が向上していることでしょう。

価格は「ホンダらしく割高」といった印象を受ける人が多いようです。フリードはトヨタのシエンタと比べられることが多く、シエンタのほうが安い。質感はフリードのほうが良いと感じている人が多いですが、お買い得感は薄いでしょう。

インテリアの質感に関しては、「かなり頑張っている」というのがオーナーの共通認識となっています。ささやかながらシルバー塗装やメタリック加工があるというのが、そういった評価に繋がっているのでしょう。

ただ手放しに良いとされているわけではありません。フリードの購入者は内装をあまり重視していない傾向があるため、インテリアに多少不満が生じても目をつぶっているという印象を受けます。

それでも機能は充実していますし、リア左側だけとはいえパワースライドドアがあるというのが魅力です。オーナーもそういった機能面を重視して購入している傾向があります。

G・Honda SENSINGの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードG・Honda SENSING内装

先進安全装備は普段から効果を発揮してくれるものではありませんが、ACCは高速道路や渋滞時などに使う人が多く、日常的に使われています。

通勤で高速道路を利用する、週末には遠方に出かけることが多いという人にとっては、とても魅力的なグレードです。両側パワースライドドアも非常に魅力があります。

安全装備があること、質感・使い勝手などから価格は「妥当」だと感じる人が多いです。

フリードの購入者はファミリーユースの人が多いため、リア両側パワースライドドアや念のための安全装備の追加などに惹かれるのも納得できます。売れているグレードです。

Bの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフリードB内装

Bの魅力はやはり価格の低さでしょう。フリードの中では最も安く購入することができ、なおかつ必要最低限な機能は全てそろっています。

全グレード共通の標準装備だけでも機能がたくさんあって便利なので、運転していて不満を感じることはないでしょう。

口コミなどを投稿するオーナーは少ないですが、車にそれほど興味がなく価格を抑えたいと考えている人にとっては受けが良いグレードだと考えられます。

総合的に売れているグレードを考察

恐らく、セールスマンはホンダセンシングをおすすめするのではないでしょうか。安全装備が充実しており、リア両側パワースライドドアによって利便性が向上しているというのはファミリー層にとって大きな魅力です。

しかし、こちらとしてはベースグレードであるBをおすすめします。

やはり価格が抑えられていながらも、必要な機能は全て揃っていて運転していて不満がないというのは魅力的です。内装の質感に不満を感じる人や、パワースライドドアが欲しい人は他グレードを検討すると良いでしょう。

まずはBを基準として考え、足りない装備がある場合はその装備が揃うグレードを選ぶというのがおすすめの選び方です。G以降には「Cパッケージ」といったパッケージ化されたオプションを追加することもできます。

これによって4WDにしか設定のなかった装備がFFでも装備可能となります。

収納や内装の質感を強化するSパッケージもある。パッケージオプションの完成度が高いので、そういったところで不満点を解消してみるのも良いでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です