【見積書公開】エスクァイアの値引きに挑戦!ディーラー突撃

エスクァイアに興味を示す人は2つのタイプに分けられるのではないでしょうか。

一つはこれまでその存在を全く知らなかった人と、もう一つは色々な車種を選んできた末に辿り着いた人。その理由はトヨタ独特の販売戦略にあるのではと私は思っています。

現在のエスクァイアの取り扱いは「トヨタ店」と「トヨペット店」。これまで姉妹車であるノアが「カローラ店」・ボクシーが「ネッツ店」によって扱われているにもかかわらず、売れ筋のミドルクラスミニバンを持たなかったこれらの系列店が加わることによって販売台数の上積みができるだけでなく、これまでミニバンのターゲットユーザーとはなっていなかった高級セダンからの「買い替え需要」も狙えるという恵まれた立場を生かしてのもの。

「トヨタ店」がクラウンを、そして「トヨペット店」がマークXなどの高級セダンを主要な取り扱い車としていることからもその意図が伺えます。

これまでセダンしか選択肢になかったこれら販売店のユーザーにとって、利便性の高いミニバンに注目してもらう際に格好の対象となるのが「高級感」を兼ね備えたエスクァイア。

これまでの貨物車からの延長という成り立ちから見向きもされなかったこの新しいカテゴリーの車が、日常的な用途のために意外と完成度が高いことを知ってもらう上でも非常に価値のあるクルマに仕上がっています。こうした経緯を経てきたユーザーが一つ目のタイプ。

一方で非常に販売競争の激しいのもこのミドルクラスミニバンのマーケット。このカテゴリーの中で、ファミリー向けに位置づけされるノア、若者向けを志向するヴォクシー、そして子供も歓ぶ遊び心を満載したステップワゴンと、最近のミニバンの装備は至れり尽くせり仕様が満載となっていて、それがどの車種を選べばいいのかを迷わせる大きな理由にもなっています。

いわゆる上級ミニバンとしてのアルファード・ヴェルファイアのようなサイズと豪華さまでは必要ないものの、中心的な立場を占めるノア・ヴォクシーに対する「色付け」に飽き足らない二つ目のタイプの人たちが、数ある車の中から最後に辿り着くのがエスクァイアということにもなるのでしょう。私自身もこのタイプに属します。

つまりはその中間の位置を埋める存在としてのエスクワイアが追加で設定されることにより、「一味違う雰囲気のクルマ」としてエスクァイアに興味を持ち始めることに繋がったとも言えるのでしょう。

このおかげもあってこれまでよりも高い年齢層のユーザーを新たに獲得している事実やヴォクシーには及ばないものの、今やノアと並ぶ販売実績を上げていることからも、トヨタのこの戦略は大きな効果を上げているようです。

そこで肝心な両者の違いは何かというと、誰が見ても直観的に分る外観ということ。もともと箱型であることから逃れられないミニバンの宿命の中にあって、唯一個性を主張できるフロント部を思い切ったデザイン、それもこれまでのミニバンでは考えられなかった大胆で精悍なマスクとすることで車に新たな個性を与えるという最近のトヨタ車によく見られる手法を徹底させた車ということになるでしょう。

そんな前知識を以て、ディーラーに出向いてみました。
既にノアとヴォクシーにしては試乗を含めて下見を済ませていたので、興味の対象はカタログからでは分らないエスクァイアの「高級そうな」内装がどんな感じなのかを自分の目で確かめること、そしてミニバンでのハイブリッドの有効性について、売る側からの意見を聞いてみたかったことの二つ。勿論どのくらいの値引きが期待できるのかを知ることも大きな目的でした。

トヨタに行く前に知っておこう

「エスクァイアのエクステリアとインテリアに惚れたから、今すぐディーラーに行くぞ」と意気込むのは大切ですが、ちょっと待ってください。値引きに繋げるためには最低でも以下の知識を身に着けてから行くようにしましょう。

紹介する知識は3つ

  • エスクァイアの値引き相場
  • エスクァイアの競合車種
  • エスクァイアの納期について

早速値引き相場から見ていきましょう。車両値引きだけで、10万~20万という報告が多いです。オプション値引きを含めると総額で25万の値引きはいけるのかなあといった具合。トヨタであってもエスクァイアに関しては中々値引きに厳しいようです。本当に購入意思があって、満足できる結果を残したいのであれば10万を値引き目標にして商談することが大切になってくるでしょう。

続いて競合車種について、これは日産のセレナやホンダのステップワゴン等が挙げられています。価格で比較してみると、エスクァイアが265万。対するセレナは231万、ステップワゴンが228万となっているため、30万以上の差がありますね。この点に付け込んで「セレナも検討しているけど、あっちはもう少し安いじゃないですか。値引きしてもらえないときついなあ」と言ってみると、値引き額を下げる交渉に持っていきやすいのではないでしょいか。

最後に納期について、こちらは1か月半~3か月ほどと、時期や場所によってまばらです。ミニバンとして考えるなら、このくらいの期間がどうしてもかかってしまいますね。あまりにも長いようだったら、値引きの隙だと思って突っ込んじゃいましょう。

実車の確認

エスクァイア エクステリア 正面

バンパーまで無視した特徴的なデザインのフロントグリルを持つエスクァイア。

いかにも偉そうというか、格式が高そうな印象が、ノアやヴォクシーとの違いを際立たせています。この見栄えが決め手となって購入するユーザーも多いそうです。

エスクァイア エクステリア サイド

サイドからもエスクァイアであることを知らしめるメッキされたベルトモール。

街中でよく見かけるノア・ヴォクシーを良く知る人であれば気付いてしまうこんな装飾の違いが、エスクァイアであることを主張したいユーザーにとっての格好の差別化ポイントにもなっています。

エスクァイア エクステリア バック

リアの装飾もノア・ヴォクシーとは異なったもの。

前後左右、どの方向から見てもエスクァイアであることを積極的にアピールするデザインが取り入られていることは、かなり意図的なことでもあるのでしょう。

エスクァイア インテリア 運転席

ノア・ヴォクシーでは上級グレードに設定されている本革巻きのステアリングやシフトノブが標準で装備されています。

運転席廻りはドア内側の装飾が違う程度。
シートについては落ち着いた色調の合成皮革製となり、質感の高さを感じさせる材質が使われていてなかなかいい感じ。さらに「快適温熱シート」という外気との寒暖差に応じて快適な座り心地を調節できる機能が追加されています。

エスクァイア インテリア ダッシュボード

運転席・助手席まわりにはノア・ヴォクシーとの大きな違いとなるエンジ色で皮革調の装飾がふんだんに施されています。

インパネから助手席側のドアトリムまで続く合成皮革製の装飾を始め、ピアノブラック調のパネルなど、大元のノア・ヴォクシーではプラスチック感を感じさせるこの周辺に対し、いかにも質感が高そうな印象を与えてくれています。

乗っていて一番エスクァイアであることを感じる部分ともいえるのではないでしょうか。

その他の主要なノア・ヴォクシーとの違い(同等グレード同士の比較)

この他にも意外と多くの装備が加えられているようです。例えば次のようなもの。

  • 両側パワースライドドア

ノア・ヴォクシーではオプション扱いとなる運転席側スライドドアの電動化がエスクァイアでは全車種に標準装備。

  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)
  • フロントシンボルマーク(エスクワイアの綴りを表すシンボルマークがフロントマスクの中央に)
  • 専用オプティトロンメーター

視認性に優れたプティトロンメーターがエスクァイア専用のデザインになります。

内外装にこれらが加わって同じグレードのノアより約15万円高いだけですから、お買い得感もありそうです。

実物を見せてもらって質感の違いやカタログでしか分からなかった各種の装備を確かめさせてもらった後、用意してきた質問については、販売店の若いセールスマンさんが応対してくれました。

iFTig編集部
エスクァイアを買うお客さんって私みたいにいろんなメーカーを回ってきている人多いと思うんですけど。最終的にエスクァイアにする人って何が決め手で買っているんですか?
営業担当者
やっぱり、ヴォクシーとは違う外観と内装ということですね。見た目と言われる方が結構多いですね。
iFTig編集部
例えばノア・ヴォクシー・エスクァイア以外の、ステップワゴンとかセレナとかと比べると、どんなところが「売り」なんですか?
営業担当者
やっぱりハイブリッドシステムもそうですし、造り自体が違いますから。自信をもって言えるのは、壊れないということですね。それはもう間違いなく。
iFTig編集部
歴史がありますからね。昔セレナに乗っていたことがあるんですが、やっぱり壊れやすかったですね。特に電装系が弱くて。
営業担当者
ホンダさんは結構ミッション系が弱いと聞きます。
iFTig編集部
駆動系だと金がかかりますもんね。電装系はそんなに金はかからないですけどね。
営業担当者
やっぱりどうしても保証が切れた頃に壊れてくるので。

 

エスクァイアの売れ行き

iFTig編集部
エスクァイアは売れていますか?
営業担当者
ぼちぼちといった状態ですね。
iFTig編集部
ノアとヴォクシーを見てきたんですけど、外見がちょっと安っぽいという感じなので、同じサイズを買うならエスクァイアの方がいいかなと思って。
営業担当者
ヴォクシーは走っているのを見るのが多いですもんね。
iFTig編集部
まあミニバンでは売れ行きナンバーワンだし、相当の台数は出ているんでしょうね。それを言い始めたら、ヴォクシー、ノア、エスクァイアは同じベースのクルマになるから台数で比べたら日本でシェアの半分ぐらい出ているんじゃないですか。
営業担当者
その中で一番高級仕様なのがエスクァイアなので。
iFTig編集部
そうですよね。そういう面では安心ですよね。シェアが高いことは何かあった時に対応はしやすいでしょうしね。だからセレナとかステップワゴンを買うよりは安心かなっていう気もするし。で、今回はハイブリッドもいいかなと思っているんですけど、距離がそんなに走らないので、そう考えるとガソリンでもいいかなとも思っているんです。値段が高くなった分、燃費だけではエスクワイアはたぶんペイできないと思うので。

燃費について

iFTig編集部
エスクァイアはハイブリッドとガソリンとでは、ハイブリッドの方が売れているんですか? ガソリン車のエスクァイアの試乗車を、あまり見かけないんですけど。
営業担当者
あることはあるんですが、大体がハイブッドになってしまいます。どうしても時代がハイブリッドってなっているもので。
iFTig編集部
そうですよね。それで燃費はどのくらい?
営業担当者
ハイブリッドだとカタログ燃費で23.8km/Lでガソリンだと16km/Lになります。
iFTig編集部
8km/Lぐらい違うんですね。実燃費だとどのくらいなんですか?
営業担当者
ガソリンで12~13km/Lですね。ハイブリッドだと本当にもう、ハイブリッドが効いているかどうかとか、エアコンを使っているかどうかでも違ってきますし。
iFTig編集部
これのエンジンってプリウスと同じ1800CCでしたっけ?
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
友達のプリウスが19~20km/Lぐらい走るっていうので、エスクァイアだと車体が重くなる分、18km/Lぐらいかな? そうすると6km/Lの違いで価格が290万円と325万円で約35万円の価格差か。この金額差で6~7km/L余分に走ってくれるなら検討できるかもしれませんね。
営業担当者
そうですね。あんまりそこまで値段の差が大きいわけではありませんし。
iFTig編集部
前のグリルの感じとかも、ハイブリッド車とエンジン車では同じですか?
営業担当者
同じです。
iFTig編集部
「ハイブリッド」のエンブレムが付いているかいないかと、あとは運転席まわりの装飾の違いか。ハイブリッドのバッテリーはどこに積んであるんですか?
営業担当者
後ろになります。本当に車体の下っていう感じです。
iFTig編集部
ハイブリッドを買う人はやっぱり燃費ですか。
営業担当者
燃費ですね。あとは音が静かとか、ガソリン車を選ぶお客様はあまり距離を乗らない方が多いようで。
iFTig編集部
売れ行きは半々くらい?
営業担当者
そうですね。でも最近はガソリン車を選ばれる方も結構多いようです。
iFTig編集部
悩んじゃいますよね。これがエスティマみたいに50~60万円違っていたら、「もうガソリンでいいです」ってなっちゃうけど、確かに35万円ぐらいで済むんだったら、後々の下取りのことを考えても、損はないのかなって思っちゃいますね。
営業担当者
そうですね。下取りで結構変わってきますし、エスティマだとほとんどがガソリンになってしまいます。
エスクァイア インテリア 後席

2列目シートについても1列目と同様の材質のシートとなって、内装色のブラックとバーガンディ色がシックな雰囲気を醸し出しています。

なお内装色についてはこの組み合わせかブラック&ブラックとの選択になるとのこと。

前後にスライドできるのはノア・ヴォクシーと同じ。3列目を折り畳んで一番後ろまでスライドさせれば広大な足元空間が確保でき、まるでリムジンのような贅沢さを感じさせてくれます。

室内配色はブラックをベースとして、洗練された大人のイメージを表現した今様でクールな空間を感じさせる仕上げになっていて、ノア・ヴォクシーとの雰囲気の違いを醸し出しています。

iFTig編集部
3列目のシートは後ろに下がるんですか? あ、逆に2列目が前に動くのか。3列目は固定なんですね。う~ん、3列目に3人座るのは私にはちょっときついかな。8人乗りもあるんですか?
営業担当者
あります。8人乗りだと、2列目がベンチシートになります。
iFTig編集部
このグレードのGIだったらキャプテンシートが標準になるんですか?
営業担当者
そうですね。
iFTig編集部
室内色も黒になりますか?
営業担当者
そうなります。下のグレードの「Xi」になりますと、シートの生地もファブリック製になってレンタカーみたいな感じになっちゃうんで。
エスクァイア インテリア 後席2

グレード「GI」では車内の下半分がブラック系で、上半分がグレー系の配色という設定が標準です。

ノア・ボクシーでは明るめの室内色でまとめられているのに対して、エスクァイアではシックで落ち着いた色合いが特徴になっています。

今回見せてもらったのは8人乗りのタイプ。ベンチシートは6:4に分割して前倒しできるのと、中央部を下げれば左右の席の間にひじ掛けが出来、左右シートを分けて使うこともできます。

エスクァイア 室内空間

3列目は固定式で前後へのスライドは不可。その代りに2列目シートが前後にスライドし、頭上を含めて5ナンバー車とは思えない空間的な余裕を感じさせてくれます。

3列目の収納は左右のサイドへ折り畳む方式。広い荷物スペースが確保できるのはノア・ヴォクシーと一緒です。

多様なシートアレンジに出きるのが凄く使い勝手が良くて、好評なんですよね。乗り心地を含め、室内の快適性も確保できるとなるとセダンである必要性は無いのですから、売れるのが当然であるのも頷けます。

iFTig編集部
ホンダのステップワゴンも見たことがあるんですけど、やっぱりエスクァイアの方が好きだな。サイズは大して変わらないけど、あちらは何だか子供っぽい感じがして。後ろの「わくわくドア」なんて実際に使うのかな? そこから乗せたいと思っても、そんな場面は一度もないと思うんだけど。
営業担当者
初めだけは目新しさもあって?
iFTig編集部
でもあれがあるか無いかで20万円ぐらい違いますよ。
営業担当者
そんなに違うんですか。
iFTig編集部
そう、20万円くらい違う。そしたらエスクァイアのガソリンとハイブリッドで見積もりを出してもらっていいですか?
営業担当者
エスクァイアの「GI」ですね。
iFTig編集部
「GI」の方がいいですね。
営業担当者
7人乗りで、それとも8人乗り?
iFTig編集部
7人乗りでお願いします。ハイブリッドには8人乗りは無いですけど、何か理由はあるんですか?
営業担当者
ハンブリッドはバッテリ-の関係で…
iFTig編集部
造れない?
営業担当者
そうなんです。
iFTig編集部
トヨタセーフティセンスCというのは標準で付いているんですか?
営業担当者
全車標準で付いています。
iFTig編集部
だから高いんですね。昔の奴はこんなのは付いていなかったですからね。ミニバンも全部値段が上がりましたからね。5ナンバーのクルマでも300万円を超えてくるようになってきていますし。
営業担当者
これを付けると、どうしてもカメラとか付きますものですから。
iFTig編集部
コストがかかっていますものね。今まで乗っていたクルマには付いていなかったから、別になくても困らないんですけどね。

あと見積もりには付属品としてETC、サイドバイザー、7インチのナビを含めてもらいました。後席にフリップダウンモニターを付けるのが主たる目的で、ナビ自体については私は音声を聞く程度にしか使わないため、大画面は必要ありません。

気になる値引き交渉

iFTig編集部
エスクワイアって、ハイブリッドとガソリンで実際に商談するときの値引きって変わってきたりするんですか?
営業担当者
いや、同じ車種なので同じです。
iFTig編集部
ホンダさんではハイブリッドの方が値段が引きにくいって言われたんですけど。
営業担当者
うちはそんなことはありません。
iFTig編集部
ちなみにエスクァイアだといくらくらい引いてもらえるんですか?
営業担当者
引ける範囲はなかなか言えないんです。価格は定価というのが原則です。
iFTig編集部
やっぱり販売店によっても大分違うんですね。

最初はお決まりのようにそう言っていたセ^-ルスマンも、他車との値引き比較を持ち出すと、何とか7万円という価格提示を受けました。まだまだ満足する額ではないものの、まずはトヨタ店での一応の目安ということで了解しました。

見積書には値引き額を印刷してもらうのは無理とのことだったので、手書きで値引き額を書き加えてもらいました。

見積書公開

エスクァイア 見積書

【ボディタイプ】 キャブワゴン7ニンノリ
【排気量】 2000CC(3ZR-FAE)
【駆動・ミッション】 FF・CVT
【ボディカラー】スパークリングブラックパール
【型式】 ZRR80G-CPXGP(T)

車両本体価格 2,874,763円
計     8% 2,874,763円
※1メーカーオプション価格 8% 32,400円
※2付属品価格 8% 551,803円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,458,966
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額① 3,458,966
※3 現金・保険料 126,540円
課税販売諸費用等  8% 46,388円
預り法定費用等 21,000円
その他 53,100円
計 ③ 247,028
 
消費税・地方消費税合計
(%は消費税・地方消費税率)
259,656
 
現金販売時お支払総額(②+③) 3,075,994

※3明細

自動車税  11月登録 13,100円
自動車取得税 50,900円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 126,540
OSS申請代行費用 35,424円
納車費用 (店頭) 0円
下取車諸手続代行費用 0円
下取車査定料 0円
資金管理料金 ⑥ 380円
ETCセットアップ料 2,700円
保証委託手数料 7,884円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 46,388
預り法定費用(新規検査登録手数料) 5,900円
(車庫証明手数料) 2,600円
(下取車登録手続費用) 0円
預りリサイクル預託金 ⑤ 12,500円
預り法定費用等 小計 22,770
5,500円
自動車保険料 0円
公正証書作成費用    0円
下取自動車税未納分 0円
メンテパック S8 47,600円
その他 小計 53,100

※1  ※2メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装]
ゴウヒ/ブラック&ブラック(標準)
[タイヤ]
195/65R15アルミホイール(グレートソウ)(標準)
[メーカーオプション明細]
スパークリングブラックパール 32,400円
メーカーオプション計 32,400円
[付属品(おすすめ)明細]
ETC(サービスセンター)
付属品(おすすめ)計
[付属品(その他)明細]
オリジナルフロアマット(デラックス) 50,220円
サイドバイザー 27,000円
ポリマーコーティング 55,543円
・16ETC2.0(ビルトイン・ナビレンドウ) 42,120円
・16 12.1コウセキディスプレイ「V12T-R66C」 104,760円
・16 TCナビ9インチ「ZSZT-Y66T」 272,160円
付属品(その他)計 551,803円

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ④ 12,500円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 8,790円
(エアバッグ類料金) 1,930円
(フロン類料金) 1,650円
(情報管理料金) 130円
資金管理料金(消費税込)⑤ 380円
12,880

お支払いプラン

頭金 1,038,966円
割賦元金 2,420,000円
支払開始月 29年1月より
支払回数 60回
初回 36,628円
毎月 34,900円x 49回
ボーナス 7月 120,000円x5回
ボーナス 12月 120,000円x5回

手書きで追加 (70,000円値引き)

ディーラー訪問を終えて

今回はどれだけ多くの金額を値切れたという結果報告にはならないままに終わりましたが、売る側の考え方とかスタンスが良く分かったことは収穫でした。

今回はトヨタ店への訪問でしたが、次はトヨペット店でも見積もってもらおうと思っています。店によって販売方針にも違いがありそうですし、どうせ同じ車種が違った系列の販売店で扱われているので、相見積もりでお互いを煽ってみるのも効果的なのではないでしょうか。

クルマ選びはこうして悩んでいる時が一番たのしいもの。また人間の心理として高級車となれば大切に扱おうと思いますし、加えて下取り価格でも見込めますし、「高級」であることが様々な付加価値を生み出してくれるのも事実です。しばらくの間じっくりと楽しませてもらおうと思っています。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です