5代目ムーヴ 本当の実燃費は? 現オーナーに聞いてみた

2010年12月にフルモデルチェンジされ誕生した5代目ムーヴ。その2年後には、マイナーチェンジされ、後期型の5代目ムーヴが誕生しました。そんなムーヴの燃費について、気になりますよね。

前期 後期
カタログ燃費値 27.0km/L 29.0km/L
オーナー実燃費平均 18.04km/L 19.37km/L

それぞれ、一部改良される前の燃費について記載しました。カタログ燃費との落差については、前期も後期も似たようなものですね。9km/L程度の落差があります。両方とも、燃費が悪い車とは言えなさそうですが、実際のところはどうなっているのか、見ていきましょう。

各オーナー実燃費紹介

カタログ燃費・オーナー実燃費の平均というのは、あくまでも目安的な数字です。ひとつひとつの燃費記録について見ていくと、実燃費平均よりも低い・高いものを多く見かけます。そこで、オーナー実燃費記録を10個紹介します。

なお、ここからは前期型・後期型の区別がありませんので、ご了承ください。

「高速道路を長距離運転してみて、22.43km/Lの燃費記録になりました」
「普通に通勤で使っているだけなのですが、燃費記録は15.97km/Lです」
「郊外の道を500kmほど走ってみて、19.60km/Lの燃費になりました」
「普通に信号多めな街中を走っていたら燃費が14.49km/Lになりました」
「走りやすい郊外の道を550kmほど走ったら、燃費記録は22.10km/Lでした」
「高速道路を長距離運転してみたところ、25.87km/Lの燃費になりました」
「通勤の際に燃費を計ってみたのですが、15.07km/Lでした」
「都市部で、買い物と少し寄り道した程度だったのですが、燃費は13.52km/Lになりました」
「地方都市のようなところを走って、燃費は18.35km/Lでした」
「300km程度の走行で、燃費が16.68km/lでした」

ムーヴとライバル車種の比較記事もございますので、軽自動車選びで悩んでいる方は見ておいた方がよいかもしれません。
【ムーヴ VS N-WGN】 感想から比較。実オーナー、非オーナーからの評判

 

実際に運転したらいくら出た?

自分でも、実際に5代目ムーヴに乗って燃費を計測してみました。どんな道を走ったのか、おおよその走行距離なども記載しているので、燃費について考える際の参考にしていただければ幸いです。

低燃費運転を心がけて運転

郊外の道から走り、高速道路メインで500kmほど走ってみました。信号に関しては、郊外なので少ないです。ただ、引っかかった際、信号の待ち時間が長いです。2回ほど引っかかりましたが、アイドリングストップを使って影響を最小限に抑えました。

5代目ムーヴのアイドリングストップですが、比較的良くエンジンが停止してくれるように思います。と言っても、2回だけなので、もっと信号に引っかかっていたら、違う印象だったかもしれません。2回中2回は、ちゃんと止まってくれましたよ。

話はさかのぼり、発進時です。
エンジンをかけてからすぐに発進しました。発進するときは、アクセルをゆっくりと踏むことに心がけましたよ。そうして徐々に速度を上げて巡航速度にまで上げて、そこからはできるだけ一定で走るように心がけました。

そうして高速道路に突入したのですが、ここで気をつけたのは車間距離ですね。高速道路って、車間を詰めて急いで走る人がいるんですが、危ないし燃費にも良くないんです。車間距離を十分に開けて、保っていたほうが、細かくアクセルワークをしなくてもよくなります。

高速道路での速度ですが、時速80km程度で速度を安定させて走っていました。あまり速い速度を出しても、無駄にパワーを消費してよくありません。

そんな感じで郊外から高速道路を走行しっところ、燃費記録は23.60km/Lとなりました。エコドライブに気をつけて、郊外・高速道路を走れば、20km/L以上を出すことが可能ということですね。平均燃費記録よりもかなり良いです。

なるべく悪い燃費になるように運転

燃費に気をつける走行をして、そのまま市街地に下りてみました。ここでも、500km程度走ったのですが、今度はなるべく燃費が悪くなるように運転してみましたよ。走ったところは信号が多めの市街地、ストップ&ゴーが多い道になります。

交通量も、そこそこ多いです。東京ほどではないのですが、郊外に比べたらかなりの交通量でしたね。

「よし、ここから燃費を悪くしてやろう」と市街地で発進したのですが、今度は急発進しました。最初からアクセルを強く踏んでの走行です。寒いので、エアコンもガンガンにかけてやりました。

交通量が多いので、意識していなくても、アクセルワークが細かくなりますね。車間距離をあけず、普通に危なくない程度に詰めて走りましたが、悪い燃費にしようとしていなくても、自然とそうなっていました。

途中ちょっと市街地から離れて、アップダウンの激しいところに突入。坂道は突入する前に加速していれば楽に登れるのですが、燃費を悪くするために、突入してからアクセルをベタ踏みしました。坂道もエンジンストップすることなく気持ちよく下っていましたね。

その結果、燃費記録は13.57km/Lでした。平均燃費を大きく下回る燃費記録になりましたね。燃費に悪い走行を心がけて走れば13km/L程度と、エコドライブを意識したときとの落差は激しいです。

オーナー燃費記録を見ていれば、13km/L程度または、それより低い記録も目にします。おそらく、東京や大阪のような都市部で同じような運転をすると、もっと燃費が悪くなるということなのではないでしょうか。

 

まとめ

ムーヴは「燃費が良い車」として語られることが多いですね。実際、20km/L以上の燃費記録を多く見かけます。ストップ&ゴーが少なく、長距離で安定した運転をしていれば、23km/L程度の燃費記録を出すことも十分に可能です。高い燃費記録を出している人の燃費を見ると、26km/L、27km/Lという記録もありました。

 

燃費を悪くしてやろうとして走っても、13km/L程度に留まります。それを考えると、10km/Lを下回るということは無いでしょう。燃費記録でも、低くて12km/L、11km/Lといったところです。おそらく、何も気にせずに普通に走っていれば16km/L、17km/L程度は可能でしょう。

 

5代目ムーヴは、「燃費をよくしよう」として走れば、かなりの低燃費を実現することができるポテンシャルの高い車と言えるのではないでしょうか。基本的な燃費も悪くはないのですが、乗り手に大きく左右されてしまいそうですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です