【見積書公開】プリウスαの値引きに挑戦!結果は?

今は発売直後に購入した3代目のプリウスに乗っています。

3回目の車検を前にしてプリウスαへの乗り換えも検討してみようと思い、近所のディーラーに行ってきました。

プリウスαについては今まで詳しく見たことのなかったので、プリウスとどう違うのかを自分の目で確認しておきたかったことと、もちろん新車の見積もりをもらうため。

当然ながら今のクルマは下取りに出すことになるので、どの程度の査定になるかを知ることも目的でした。

プリウスα購入前に調べよう

購入にあたって大事になってくるのが、タイトルにもある通りいくら値引きしてもらえるのかということ。やはり、無知でセールスマンと交渉しても、全然値引き交渉なんて出来ません。そこで、最低限商談で使える知識を皆さんに3つ紹介したいと思います。

その紹介する3つとは

  • プリウスαの値引き相場
  • プリウスαの競合車種
  • プリウスαの納期について

以上です。

まず、1つ目の値引き相場から紹介します。プリウスαの値引き額は車両値引きだけで15万~25万あたりが相場のようですね。

25万値引きとなると、数回にわたる交渉のすえやっと実現と言ったところでしょうか。現実的に考えるなら、15万程度を値引き目標額にして臨むのが良いかと思います。

続いて競合車種について。こちらはホンダのシャトルやフリード等が挙げられるようです。新車価格を見てみると、プリウスαが247万。それに対して、フリードが188万で、シャトルは169万。

明らかな差でプリウスαが高いですね。この点をうまく使って「ホンダのシャトルはもっと安く購入できるから、プリウスαがこの金額になってしまうのなら考え物だなあ」なんて言ってみたら面白いかもしれません。

最後は納期について、これは1か月~2か月とミニバンの中だとかなり早い方ではないでしょうか。3か月なんて長くなりそうだったら値引きのチャンスだと思って、突っ込んでみても良いでしょう。

以上の知識をフル活用して、なんとか値引きに繋げられたらなあと思います。

買い替えの経緯

今までのプリウスでは燃費はいつも20km/L以上は行くし、運転感覚についても満足なのですが、唯一と言ってもいい欠点は荷物スペースが少ないということ。

普段は買い物でも特段不自由を感じたことは無かったのですが、先日友人3人と連れ立って千葉にゴルフに行こうとしたときにゴルフバッグ2個を積むのがやっとで、4人分など全く無理と言うのがわかり、これはマズいと思ったのがきっかけでした。

荷物スペースの下にバッテリーが入っているからというのがその理由のようなのですが、やはりこのスペースは広いに越したことは無いと思い、プリウスαに興味を持ち始めたものです。

ちょうど新型プリウスが出たばかりでこれも候補にしようと思っていたのですが、後ろのスペースについては今のプリウスと似たようなものなのと、うちの奥さんが子供たちの友達を乗せて近所の水泳教室に連れていくこともあるとのことなので、この際6~7人乗れるタイプということも考慮に入れて検討し始めました。

ディーラーへ行ってみました

プリウスα外観フロントサイド

訪問したディーラーでは黒いプリウスαが展示されていました。

まず感じたのはフロントグリルが新型プリウスとも我が家のプリウスとも違うということ。いつの間にか変わっていたのですね。街中ではよく見かけていたのに、全然気が付いていませんでした。

何となくアクアや新しいエスティマのように、「口」を開けたようなデザインが似ているようにも思います。

車体高はプリウスと比べると85mmも高くなったとのこと。
それと車体の後部が意外とボリューム感があることも、これまで思っていたのとは違った印象でした。

今までは後ろの方がもっと下がっていると思っていたのですが、近くで見ると中央部からほとんど水平になっているのですね。

ウインドウのデザインが後部に行くにつれて下側にカーブしているので、結局は目の錯覚によってそんな印象を受けていたようです。

でもデザイン一つでこれほど印象を変えてしまうとはちょっとした驚きでした。勿論7人乗り用としてはスペースの点から当然とも思いますが。

プリウスα内装運転席周り

運転席に座ってみて、気付いたことは今までのプリウスとは違う感覚がしたということ。

後で知ったことなのですが、座面が30mm高くなっているとのことでした。

わずか30mmとはいいながら全然違う車のような印象で、車格さえ違うと言ったら言い過ぎかもしれませんが、視点が高くなると「何となく気分良く感じる」ということが、感覚的に実感できるものでした。

気のせいかもしれませんが、ドアを閉めるときの音もプリウスよりも重厚感がある感じがしました。

インパネについてもプリウスでの取り囲まれたような感覚から普通の乗用車的なものへと変わった印象です。

シフトノブがハンドルの脇へ移動してノブも小さくなったことも今のプリウスとの違いです。そんなに増える火度が高くないですし、これでいいのかもしれませんね。

ただナビの下に位置するエアコンの調節をノブで行うことになったのは大きな変更点。

今まではボタンを押すことで温度調整していたものが、今度はノブを左右に動かしたり、回すことで操作するようです。いわゆるゲーム的な動かし方で、トータルな機能としては増えてもいるようですが、慣れるまではちょっと抵抗があるかもしれません。

まあ、あくまで慣れの問題とは思いますが。

プリウスα内装助手席後席

5人乗りと7人乗りとではバッテリーのタイプが違うという説明も受けました。

5人乗りではニッケル水素電池が後部デッキ下に積まれ、7人乗りではリチウムイオン電池が運転席と助手席の間のセンターコンソールボックスの中に積まれているとのこと。

写真に写っているのは5人乗りで、7人乗りになるとこれよりも前後に長くなってしまうとの説明でした。

異なったタイプの電池を使う理由としてはリチウムイオン電池の方がコスト高になってしまうものの、小型で軽量であるために7人乗り用として選ばれたとのこと。確かに3列目下にバッテリーが置かれてしまうとスペース的には苦しくなってしまうのも理解できます。

ただ電池の性能と容量については同じになるように設計されているので、実質的には違いはないとのことでした。

今までプリウスαはノーマルなプリウスの荷物スペースを稼ぐために車体後部をステーションワゴン型に変えただけと思っていたのですが、店の方の説明によると、ホイールベースで80mm伸ばされ、車高も高くなっているとのこと。今回教えてもらって初めて知りました。

次に後部座席。
車体幅で30mm広くなり、室内幅では50mmも広がっています。

ホールベースが伸びたことによるのか、2列目の足元が広くなったようです。ただ頭上の空間はプリウスと比べるもあまり変わらない感じです。

またシートも前後にスライド出来るようになっていて、その座面も2列目、3列目と後ろに行くに従って高くなっているというレイアウト。後席の閉塞感を和らげるためにも効果的とのことです。

3列目への乗降に際しては2列目を前にスライドさせ、背もたれを前傾させて行うという、まあ普通のタイプです。

プリウスα内装ラゲッジスペースリア

5人乗り用では荷物スペースも十分確保されていて、普通のワゴンと同じような広さです。さらに2列目も前傾してしまえば全面がフラットな床面に出来るので、利用価値は相当に高そうです。

一方で7人乗りはこの部分が 3列目となるので、2人が座るだけでやっとという感じですね。大人が乗るにはちょっとキツいかも。

ただ3列目も前傾させてしまえば5人乗りとさほど変わらない荷物スペースが確保できるとのことで、なかなか優れた部分だと思います。

この床面下にも結構な収納スペースがあります。

バックドアの開口部も大きくて荷物の出し入れも楽そう。

広い荷物スペースの確保とも併せ、単なるプリウスのワゴンバージョンという以上に、よく考えられていることがわかりました。

これがあのプリウスと基本的には同じ車体というのがちょっと驚きでもあります。

ちなみにセールスさんに5人乗りと7人乗りの違いについて印象を聞いてみました。

iFTig編集部
2列目広いですね。
営業担当者
そうですね、2列目は足元のスペースもちゃんと確保されています。3列目は乗ってみたことがあるんですが、ちょっと狭い感じ。
iFTig編集部
普通に乗れました?
営業担当者
女性じゃないとちょっときつい感じですね。
iFTig編集部
まあ、子供なら問題ないんだろうけど。
営業担当者
若干狭いですからね。
iFTig編集部
プリウスαだと、例えばホンダのシャトルとかと比較される場合とかあると思うんですけど、プリウスαの強みと言うのは何ですか?
営業担当者
そうですね、3列目で比較されちゃうと、正直なところシャトルの方が広かったりします。ただアクアとはよく比べられたりしますけど、この広さがあっていいね、というお話はよく聞きます。ハイブリドとしての性能からいうと、もちろんトヨタの方が勝っているというか、ホンダさんはクルマによってモーターを2個付けているとか3個つけているとか、変えているようですし。
iFTig編集部
トヨタでいえば、例えばウイッシュとかとは比較されますか? こっちはガソリン車になってしまってプリウスαとは直接の比較対象にはならないかもしれないけど。
営業担当者
そうですね、ウイッシュとか、ちょっと大きくなるけどヴォクシーとか。
iFTig編集部
なるほど、ちょっと大きくしてヴォクシーとかとね。金額的にはヴォクシーのガソリンとプリウスαって、どっちが高いんですか?
営業担当者
ヴォクシーの方が若干高くなりますが、あまり大きな金額差があるわけではないので。
iFTig編集部
αは実燃費でどのくらい走るんですか? 私のプリウスだと普通に走っていて20km/Lくらいなんですけど、αになると車体が重いじゃないですか。それでいてエンジンサイズは同じだし。
営業担当者
若干悪くなると思いますね。10後半ぐらいじゃないかと。
iFTig編集部
17~18km/Lとか。
営業担当者
そうですね。

とのことでした。3列目のスペースについては、やっぱりあまりお勧めでなさそうなことを正直に言ってもらって参考になりました。

ヴォクシーも手の届く価格となると、こっちも検討してみたくもなってしまいますが、一度ハイブリッドに慣れてしまうと、なかなかノーマルエンジンに戻る気にもなれないんですよね。ヴォクシーもハイブリッドともなるとまた高くなってしまいますし。

あと3列目にも拘った上で外観もとなるとエスティマになっちゃうし、そうなるとちょっと手が出そうにありません。今回見せてもらったプリウスαは5人乗りのタイプでしたが、7人乗りだと20万円ほど高くなるだけで済みます。

こうしてクルマの説明を一通り聞いた上で見積書をつくってもらいました。

選んだグレードは「S」のクリスタリパールホワイトシャイン色。グレードとしては他に「G」がありますが、次のような違いがあります。

グレード「S」に対して追加されるグレード「G」の装備

  • ヘッドランプがハロゲンからLEDに変更
  • フロントガラス、フロントドアガラスが赤外線カットタイプに
  • クルーズコントロールが追加される
  • ステアリングがウレタンから本革へ
  • スマ-トエントリーシステムで運転席のみ対応から助手席、バックドアも可能に
  • シート表面が合成皮革も使ったより上級なものに変更

シートの色についてはブラックが標準でグレージュ(グレーとベージュの中間色は注文時に指定とのこと)

  • 運転席まわりが樹脂から合成皮革を使ったものに変更
  • インパネの合成皮革化が運転席側だけから助手席側にも追加
  • フロントピラーが樹脂から植毛タイプに
  • イルミネーテッドエントリーシステムが追加

夜間に足元を照らしてくれる照明です。

  • リアホイルハウスライナーが追加

これはリアタイヤが取り付けられているスペースの内側に取り付けられている樹脂カバーで、リアタイヤ周りからのノイズの軽減に効果的とのことです。

一応は「G」も検討したのですが、約35万円という価格差は私にとっては大きく、必要な部分についてはオプションで対応することにして「S」の7人乗りで見積もってもらうことにしました。

見積もり内容について

プリウスα 見積書

【ボディタイプ】  プリウスα S
【排気量】  1800CC(2ZR-FXE)
【駆動・ミッション】 FF・デンキシキCVT
【ボディカラー】 ホワイトパールクリスタルシャイン
【型式】 ZVW40W-AWXEB

車両本体価格 2,828,618円
計     8% 2,828,618円
※1メーカーオプション価格 8% 140,400円
※2付属品価格 8% 437,400円
車両現金販売価格(消費税込)① 3,406,418
下取車価格(-) 0円
下取車残債 0円
差引お支払い額① 3,406,418
※3 現金・保険料 56,400円
   課税販売諸費用等  8% 63,954円
   預り法定費用等 18,250円
   その他 88,200円
   計 ③ 226,844
 
消費税・地方消費税合計

(%は消費税・地方消費税率)

257,065
 
現金販売時お支払総額(②+③) 3,633,262

※3明細

自動車税  10月登録 16,400円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 37ヶ月 40,040円
税金・保険料 小計 56,440
検査登録手続代行費用 22,011円
車庫証明手続代行費用 14,400円
納車費用 (店頭) 0円
下取車諸手続代行費用 7,560円
下取車査定料 7,020円
資金管理料金 ⑥ 380円
字光式ナンバー 0円
希望ナンバー代行費用 12,563円
補助金申請費用・他 0円
課税販売諸費用等 小計(消費税込)④ 8% 63,954
預り法定費用(新規検査登録手数料) 3,320円
      (車庫証明手数料) 2,500円
      (下取車登録手続費用) 400円
預りリサイクル預託金 ⑤ 12,030円
預り法定費用等 小計 18,250
 
自動車保険料 0円
マイレージパスポート AK 77,000円
保証がつくしプラン 2 11,000円
印紙代・下取自税 200円
その他 小計 88,200

※1  ※2メーカーオプション・付属品明細(消費税込)

[内装]
シートヒョウヒ(ファブリック)/ナイソウショク(ブラック)(標準)
[タイヤ]
205/60R16 92V+16*6.5Jアルミホイール(ホイールキャップツキ)(標準)
[メーカーオプション明細]
ホワイトパールクリスタルシャイン 32,400円
スペアタイヤ(オウキュウシュウリヨウタイヤ T135/70D17) 10,800円
LEDヘッドランプ+スマートエントリー 97,200円
メーカーオプション計 140,400円
[付属品(その他)明細]
QMIグラスシーラント(ミディアムクラス) 71,000円
フロアマット、デラックスタイプ 3レツヨウ 33,480円
サイドバイザー、RVワイドタイプ1 23,760円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 2,160円
ベーシックアイテム、ナンバーフレーム FR1 2,160円
ETCシャサイキ(ビルトイン)ボイス・ナビレンドウ 23,760円
TCナビ「NSZT-W66T」DCMツキ 237,600円
バックガイドモニター 22,680円
モデリスタ トップノットアンテナ 20,520円
付属品(その他)計 437,400

リサイクル法関連費用明細

預りリサイクル預託金 ④ 12,030円
内訳 (シュレッダーダスト料金) 8,830円
(エアバッグ類料金) 1,930円
(フロン類料金) 1,650円
(情報管理料金) 130円
資金管理料金(消費税込)⑤ 380円
12,410

メーカーオプションの中で、塗装色をホワイトクリスタルパールシャインとしてもらいましたが、この色だけは追加料金となってしまうようです。

またスペアタイヤは、以前これが付いていなくて酷い目にあったことがあったので、その時のトラウマから、必ず追加するようにしています。

LEDヘッドランプとスマートエントリーキーについては、どちらも必要と思っていたので追加してもらいました。

ナビはメーカー純正の設定はなく全てディーラーオプションとのこと。その中で9インチ液晶タイプのDCM付きを選びました。

他にも自動ブレーキとかも追加できるようですが、今のクルマと同じスペックで見積もってもらうために、今回は省いてもらいました。

結局のところ合計金額が3,633,262円から端数となる133,262円を値引いてもらい、別欄に3,500,000円と手書きで加えてもらいました。やっぱりあと少しでヴォクシーのガソリン車に手の届く価格になってしまいましたね。

ディーラーに行ってみた感想

今回は最初の訪問でもあり、とりあえずの手ごたえをつかむためでもあったので「これで良し」としましたが、この後は今まで頭の中になかったヴォクシーも検討してみた上で、更なる値引き交渉を重ねてみようと思っています。

査定については年式と走行距離を参考に概算的なものは教えてもらいましたが、クルマの程度とか細かなものを見てもらう必要もあるので、今度訪問したときに改めて詳しくやってもらうつもりでいます。

以上プリウスαの訪問記録でした。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です