【エスクァイア VS ノア・ヴォクシー】トヨタ5ナンバーミニバン比較。オーナー評価が高いのは

エスクァイアノアヴォクシー

クルマがなかなか売れないというこのご時世にあって、今でも好調な販売を続けるこの3台のクルマ。日本人にとってこれらミドルクラスのミニバンは、(特にファミリー層にとっては)今や定番の「生活道具」になってしまったかのようです。

以前と比較してこうしたミニバンの実用性が高く評価されるようになってきたこともあって、これまではセダンであることが「常識」だった乗用車に対するイメージも、時代の流れとともに変化してきているのでしょう。

ここではひとつのベース車から派生したトヨタの3兄弟であるエスクァイアとノア・ヴォクシーという似た者同士を、ユーザー評価から見えてくる違いをもとに比較してみましょう。

車体価格、ローンの支払額で比較

エスクァイアノアヴォクシー価格

横から眺めるとその違いがほとんど分からないにも関わらず、エスクァイアとノア・ヴォクシーの車体価格には大きな違いがあります。特にノアとヴォクシーが全くの同一価格であることからしてみても、エスクァイアのこの異様な存在は不思議ともいえるものです。

  エスクァイア ノア・ヴォクシー 価格差
価格 2,657,782円 2,284,691円 373,091円
3年ローン(月々) 73,827円 63,464円 10,363円
5年ローン(月々) 44,296円 38,078円 6,218円
※価格、ローンはベースグレードの金利なしで試算しております。ここでは両車種の価格差を参考にして下さい。

ベースグレードもかなりの差が。違いの差をはっきりさせることが大切

ベースグレードでも約37万円もの価格差。
3年ローンでも月々1万円にもなってしまう金額差ですから、似たようなクルマ同士でありながら車格が違うとまで言えるものになっています。1万円もあれば毎月の飲み会が2~3回は余計に出来てしまうほどの違いであり、この差は日々の実感としても大きいと言わざるを得ません。

いずれにしても高価な買い物であるだけに、その違いの理由がなんであるのか、またその違いの価値をどう評価し、その魅力がそれに値するものであるかどうかを見極めることが、エスクァイアを検討する場合の最大のポイントとなるでしょう。

実燃費で比較。月々のガソリン代金に換算すると

共通のプラットフォームを用いての3台ですから、当然のことながら走行性能についても同じということになります。最近の省エネ意識の高まりもあって、好燃費であることは人気車となる上での必須条件の一つでもありますが、カタログ燃費でもこのクラス最高を誇るだけあって、ライバル車に対して大きなアドバンテージになっています。

  エスクァイア ノア・ヴォクシー
カタログ燃費 16km/L 16km/L
実燃費 12km/L 12km/L
月々のガソリン代金 10,000円 10,000円
年間のガソリン代金 100,000円 100,000円
※実燃費はオーナー記録から抜粋しております(http://review.kakaku.com/review/
※ガソリン代金は120円で統一。月々1000km、年間1万km走行した場合の試算結果です。

どちらも同じ燃費。この車体重量では上出来

1600kgもの車体重量を2Lガソリンエンジンで走らせるミニバンでありながら、12km/Lにもなる好燃費は高く評価できるものです。

前モデルでの弱点とされていた部分を徹底的に見直し、あるべきミニバンの理想的な姿を想定して開発された現モデルの優れた部分が実現されている部分でもあります。それもエンジン自体の改良による燃費向上だけでなく、アイドリングストップ採用による燃費アップ、CVTとのマッチングの最適化、低床プラットフォームの採用によって車高を低くしたことによる空気抵抗の低減と、様々な技術と工夫の賜物ともいえるもの。

ノーマルエンジン以外にハイブリッド車も設定されていますが、車体価格差の大きさを考えるとノーマルエンジン車でも十分では、と思わせるほどの好結果とも言えるのではないでしょうか。燃費の違いでノア・ヴォクシーではなくエスクァイアを選ぶ人はいないでしょうが、ノア・ヴォクシーと同等の燃費を得られるということは、逆にエスクァイアに対しても十分な満足感が得られると言うことでしょう。

室内・インテリアのオーナー満足度を比較

エスクァイア内装
ノア内装
ヴォクシー内装

エスクァイアはベースとしているクルマがノアということもあり、室内寸法についても全く変わりはありません。一方でエスクァイアとしての違いが一番現れているのがこの部分。

インパネから助手席側のドアトリムに続く合成皮革巻きオーナメントを始めとして、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、ピアノブラック調のパネル、落ち着いた色調のシートなど、ヴォクシー/ノアでは樹脂やファブリックになっているところに、見た目も美しく質感の高い合成皮革が採用されています。

さらに室内配色はブラックをベースとして、洗練された大人のイメージを表現した今様でクールな空間を感じさせる仕上げになっていて、ノア・ヴォクシーとの雰囲気の違いを醸し出しています。

エスクァイア ノア・ヴォクシー
室内長 2930mm 2930mm
室内幅 1540mm 1540mm
室内高 1400mm 1400mm

エスクァイアの口コミまとめ

一番エスクァイアらしさが現れているインテリアに対するユーザー評価を見てみましょう。

良い 悪い・どちらでもない
室内外がノア・ヴォクシーとはうまく差別化していて、それだけでも、ゆったり運転するかな、という気持ちにさせてくれます。 エスクァイアのエクステリア、インテリアは少し年齢層が高め、と思うので。若い人向けとしてはどうでしょうか。
全体としては高レベルでまとまっているミニバンとしては最高クラス。内装やシートに高級感があって、いいと思います。 オーディオは残念です。すぐにフロントだけ安いセパレートのスピーカーに換えました。またボタンが一目見ただけでは分かりづらいです。あと、プラ素材の質感が残念です。
合成皮革というと、悪いイメージを抱く人がいるかも知れないが、エスクァイアに採用された合成皮革は違います。本革に匹敵する肌触りを持つほか、夏に熱さを感じにくく、また冬場でもシートに座ったときに冷たさを感じにくい仕様とされています。並みの本革シートと比べたら、むしろデキが良いといっても良いくらいと思います。 リアの見た目がノアと区別がつきません。(悪くはないけど、一目でエスクァイア!とわかるデザインが良かった)
ノア・ヴォクシーの後にエスクァイアを見ると、価格上昇分以上に標準装備されている充実度を知ることができます 座席の合皮シートは滑ります。できればファブリックの方が良かったですね。
合成皮革を使ったインテリアとバーガンディー色との組み合わせは大変気に入っています。兄弟車のヴォクシーやノアとの比較だと、価格アップの差を考えてもかなりお買い得感あるのでは。 助手席に物を置くと滑って落ちます。カメラなど高価な精密機器を置く場合は気を遣って下さい。ステアリングも滑り気味です。

まとめ

確かに高級感を感じさせる内装の評価については、おのずとユーザーの評価も高くなっていますが、こうした部分は個人の感覚の違いによってもその価値は変わってくるものです。ただこうした日本人の嗜好をトヨタはよくわかっているようで、実に巧みな差別化が図られています。

これまでセダンで培ってきた様々なノウハウがエスクァイアにも惜しみなく注ぎ込まれていて、これまでファミリー用途とされてきたミニバンから一歩踏み出し、自分はノア・ヴォクシーとは違う「高級車」に乗っているのだという感覚を与えてくれるのも、こうしたノウハウを熟知しているトヨタのなせる業なのでしょう。あとは実車で体験し、自分の目でそれを確かめて見ることをお勧めします。

ノア・ヴォクシーの口コミまとめ

定評あるノア・ヴォクシーの人気の理由は、よく考えられた室内空間の活かし方と利便性の高さ、そして必要十分なインテリアの装備によってもたらされたものと言ってもいいでしょう。ユーザーからの口コミでも、そのことが裏付けされています。

良い 悪い・どちらでもない
世界最高のトヨタ車がこの値段で買えるのはいいと思います。 内装のとくに運転席まわりの収納が少ないですね。
車内空間が広いため、大人数乗車でも窮屈しません。 この頃のトヨタ車はセンターメーター採用しているクルマが多いようです。ヴィッツは車体が小さいので気になりにくいものの、このサイズの横幅になるとセンターメーターまでの目線の横移動が多くなり、スピードメーターの確認が非常にしにくい感じです。
意外と静粛性が高く、高速道路走行中でも会話できるのは素晴らしい。 前車には装備されていたようなものが、少し省かれていますね。運転席から室内を見渡せるミラーが省かれ、LEDのダウンライトが無くなったりして。
座席をたたんで、貨物用としても十分に使用できます。(襖、タタミ、机など十分に飲み込めるほどに) 運転席と助手席の間のドリンクホルダーが貧弱なところです。
内張り樹脂素材の質感ダッシュボードのデザインやドアトリム、機能的で使いやすく親切設計で高級感もあり気に入っています。 ノア・ヴォクシーのブラック&ブルーの内装とシートは、もうひとつ落ち着かないと私には思います。

まとめ

ライバルであるセレナやステップワゴンを研究し尽くして送り出されたノア・ヴォクシーだけあって、ミニバンの最大の特徴である室内装備の充実ぶりは見事なものです。

中でも2列目シートについては一番注目される部分でもあって、前後への移動が大きく出来る機能や、横にも移動できて乗り降りを楽にする機能など、様々なレイアウトを可能にする検討がなされていることが十分に伺えます。

また低床プラットフォームの採用によって乗降時の段差が360mmしかない利便性やフラットな床面など、これまでミニバンの欠点とされていた部分がいろいろと改良され、完成度を高めることにもつながっています。特に子供やお年寄りのいる家庭にとって、こうした「心憎い配慮」が価格差以上に評価されるポイントにもなっているのでしょう。

運転の快適性、走行性能で比較。ストレスがすくないのは

初めてのクルマを運転するときに、真っ先に感じるのはそのクルマの剛性ではないでしょうか。その感覚の良し悪しで「走り」にたいする質感もずいぶん変わってくるだけでなく、そのクルマ全体に対するイメージにも大きく影響してしまいます。

その点、大人気のエスクァイア・ノア・ヴォクシーだけあって、非常に高いレベルでユーザーの満足を得ていることが、口コミからも伺えます。

エスクァイアの口コミまとめ

良い 悪い・どちらでもない
ディーラー曰くノアやヴォクシーよりも溶接部分を80ポイント増やしているので車体剛性がノアやヴォクシーよりも高いとの事でした。 後輪ブレーキです。8人フルに乗ると結構重たい車だと思うのですが…。
走る、曲がる、止まる。使用範囲では問題ないです。妻は視界が広いので運転しやすいと言っています。 高速道路の80キロから100キロへの伸びは上のクラスのアルファードやベルファイア、エスティマ、オデッセイ、エルグランドにはかなわないのは実感します。エンジン音に対してスピードが若干伴ってないような気がします。トルクをもう少し欲しいというのが、本音です。
ノア・ヴォクシーより重厚感覚、特にボディの下に少しどっしりした感じがあり、少しドイツ車っぽいです。路面との一体感ありますが、ノア・ヴォクシーより人により硬く感じると思います。 凹凸を拾って突き上げる感じがあります。そのぶんロールが少なくなっているのかと思います。
感覚的にノア・ヴォクシーのほうが軽やかな乗り心地で、俊敏に加速する感じなのに対し、エスクァイアの方は乗り心地が少し重厚な感じと、エンジンの唸る音がノア・ヴォクシーより侵入が少なく感じたせいか、少し重たい感じがしました。
背高ミニバンなのでしょうがないのですが、カーブ走行時のロール量には閉口しました。

まとめ

意外にもノア・ヴォクシーよりも重厚感ある乗り心地という意見がいくつか見受けられます。カタログには書かれていないこんな違いが、コメント中の「ディーラー曰くノアやヴォクシーよりも溶接部分を80ポイント増やしているので車体剛性がノアやヴォクシーよりも高い」ということからも裏付けされているのかもしれません。

すでに定評のあるノア・ヴォクシーの上位グレードともされるエスクァイアですから、あながち噂だけではないのかも知れませんね。

ノア・ヴォクシーの口コミまとめ

すでにそのミニバンであることのハンデを「走り」で解消したノア・ヴォクシーでもあり、高い評価を受けるのも当然といえば当然です。

良い 悪い・どちらでもない
時速100km巡航でも3列目の人と大声でなくても話せるような静寂性で、とても満足です。 たまに6、7人ほど乗せる時がありますが、パワー、ブレーキともに弱く感じます。
見切り・・・・・・Aピラーの配置と大きさがとても良い。死角も少なく、とても運転しやすいです。 トンネル出口など、横風にあうと、ハンドルがぶれやすいです。後ろの車両感覚が分かりづらいので、バックカメラは必須です。
燃費もまずまず良く、走りも低床の為かミニバンにしては不足もなく、個人的には良く出来ていると思います。 フロントの左がかなり見難いと感じています。
走行性能は通常のドライビングでは全くストレスを感じさせません。常識的な速度域ならロールも抑えられており、乗り心地もフラットで静粛性も高くとても快適です。トヨタが力を入れれば、ちゃんとこういう車が作れるんだといった感じです。 人数が増えれば増えるほど、荷物が増えれば増えるほど、エアコンON・OFFで変わると思っていましたが、想像以上に加速、ブレーキが悪く感じます。
ミニバンの常識が覆されるほどちゃんと走れます。車高はありますが、低重心の為かそれほどロールもしません。全体の乗り心地もフワフワせずしっかりしていると思います。 ハンドルを切ってからフロントが遅れて曲がってくるような感覚で、まだ慣れません。

まとめ

トヨタによるとこの手のクルマには「常用域でナチュラルに安心して走れること」を目標としたとのこと。その割り切った仕様の決め方が、見事に実現されているようです。車体重量や箱型であることによる高い重心や空気抵抗の大きさなど、様々な制約がある中での優れた走行性の実現が難しいであろうことは容易に想像できますし、だからこそ今までは「仕方がないこと」として見逃されてきていた点でもあるでしょう。

だからこそ期待以上の結果が得られた時の感激も大きくなり、それをトヨタはノアとヴォクシー、それとエスクァイアで実現させたということなのでしょう。

【エスクァイア VS ノア・ヴォクシー】比較結果まとめ。こんな人はこっち

限られたサイズの制約の中で、トールワゴンとして上方向への空間の広がりを提案し。新たなマーケットを創り出した日本の軽自動車。縦と横へのサイズの厳しい制約があるなかで、新たな進化の方向を見出した日本人の特性の表れの一つでしょう。そのおかげでいまや軽自動車といえばトールタイプが主流にすらなっています。

そして次にそれは普通車でも。
当初はクルマがステータス性を持ち、所有すること、そして見栄え優先の高級品扱いだったものが、いつしか生活に欠かせない「道具」となりました。そして軽自動車で実証された車高の高さによる実用性の向上に気づくと、もはやセダンであらねばならない理由は希薄になってしまいます。

その一つの極致がアルファード・ヴェルファイアということになるのでしょうが、さすがに3ナンバーサイズであることによる取り回しの面倒さと高価格に対しては誰でも手の届くものとはならず、5ナンバーサイズで手頃な価格で、という流れも当然のことでしょう。ノア・ヴォクシーはミニバンとしての出来の良さが最大の売りであり、実用性の点でも他メーカーのミニバンよりも優っていることが数多くあって、人気があるのも頷けます。ファミリーのためのクルマであることが先決で、内外装に余計なコストをかけるよりも追加装備を優先するユーザーにとってはノア・ヴォクシーということになるでしょう。

一方で、エクスエリアでノア・ヴォクシーと違うことをアピールし、インテリアでは高級な雰囲気に満足する。そんな「違い」を意識したい人にとってエスクァイアは良い選択となるでしょう。普段身に着ける服装や装飾品でも、周囲の人が感じる以上に自身の「高級感意識」は大きいもの。人とは違う存在でありたいと思う人にとっては、そんな選択肢があることが必要です。

ノアがカローラ店、ヴォクシーがネッツ店であることからしても、ノア・ヴォクシーが若い世代を対象としていることは、販売店の性格からしても当然でしょう。

一方のエスクァイアの販売店がトヨタ店、トヨペット店であることにも注目です。トヨタ店ではクラウンに代表される上級セダンからの乗り換えを意識してエスクァイアが扱われていることが伺えますし、同じくトヨペット店では、今や「憧れのミニバン」として定評のあるアルファードと共に、これまたそっくりなフロントマスクのエスクァイアが同じ店舗内で比較できるという選択肢が得られることからしても、トヨタの巧みな販売戦略がうかがえます。

これまでアルファード・ヴェルファイアとノア・ヴォクシーの「隙間」を埋めるミニバンとして新たなマーケットを作り出すための戦略的なクルマ。まさに贅沢で盤石な販売網と商品ラインアップをフルに活用して、巧妙に新たなマーケットを作り出そうとしているトヨタの凄さが見えるというものです。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です