男が選ぶ軽自動車ランキングTOP5!!

男 軽自動車ランキング

軽自動車に乗る男はダサい?そんな時代は終わった!

いまだにそんなことをいうやつには今、自動車売り上げ1位を突っ走っているのが軽自動車だということを教えてやれ。

とまぁ熱く語ったところで、ちょっとトーンダウン。今ノリに乗っている軽自動車は男性にも人気があります。

軽自動車はダサいという時代は終わったといいましたが、ほんの少し前まで実際にダサいイメージだったのは事実です。今でもダサいイメージの人もいるでしょう。

けど本当に男性にも軽自動車が人気だという証明も含め「男に人気!軽自動車ランキング」を発表しちゃいます。

1位ホンダ S660

ホンダ S660 エクステリア

パパっと1位から紹介!堂々の1位に輝いたのはホンダのS660です。

全然、軽自動車に見えないですね。だって数少ない軽自動車のスポーツカーなんですもん。さらに軽のスポーツカーの中でも一番人気がこのS660。そりゃこの見た目なら男なら惚れ込んじゃいます。

価格は一番安いベーシックモデル(β)で1,980,000円(6MT/CVT)。まぁ高いって感じますよね?

でもスポーツカーの価格って思えば安いと思えるのではないでしょうか。

特にここが凄い

スポーツカーということで見た目(エクステリア・インテリア)と走りの性能に注目したいと思います。

見た目

ホンダ S660 エクステリア
ホンダ S660 インテリア
ホンダ S660 インテリア

低い車体が地を這うように突き抜けて進んでいく感覚を生みます。フロントから風が流れるような直線美がいくつも引かれているのもカッコよさを引き立てます。

さらにホンダ独自の技術とアイデアで、快適なオープンエアを感じられるような形状に作られているんです。

続いてインテリアをみてみましょう。コックピットはドライビングをするのにピッタシのタイト感になっており、スポーツカーならではといえる瞬時に速度をデジタル表示する瞬間認知メーター搭載。

さらに、横Gを受けるワインディング走行時にも対応した専用のスポーツシートになっています。

S660のエクステリアやインテリアをさらに詳しく見たい人はこちら
>S660グレード毎の特徴、違いは分かりやすくまとめました

走行性能

燃費は21.2km/l(6MT)、24.2km/l(CVT)と優れた燃費性能を持っています。

肝心の走行性能ですが、この車の一番の売りって言ってもいいくらい素晴らしいですね。特にエンジンが後ろにあるスポーツカー特有のMRレイアウトなのでコーナーリングの操作性が抜群です。

エンジン音も背中から鳴り響くので独特の振動を楽しめます。乗っていてドンドン気持ちがたぎってきます。

ただ一つ難点を挙げるとパワーが物足りないところですかね。他のスポーツカーを乗りこなしている人にとっては、どうしても軽のスポーツカーでは物足りなさを感じるかもしれません。

男に支持される理由

スポーツカーっていうのは男のあこがれです。そんなスポーツカーを値段の安い軽で買えるのは支持される十分な理由になるでしょう。

S660がデビューしたての頃は試乗車ですら不足するくらいの人気だったんですよ。もちろん今でもその人気は衰えていせん。

走るのが大好きって男の人はこの車買っちゃいましょう(わたしもお金さえあれば買いたいんですが)。

2位ダイハツ コペン

ダイハツ コペン エクステリア

またもや軽のスポーツカーのコペンがランクイン。S660と同じスポーツカーながらも惜しくも、2位という結果になりました。

好みが分かれそうなデザインなのが面白いですね。

価格は一番安いグレードで1,852,200円(7速スーパーアクティブシフト付CVT車)になります。S660より約13万安いのは魅力的です。

特にここが凄い

同じスポーツカーでもS660とは見た目が全然違いますね。S660が直線的なのに対して、コペンは曲線的です。

せっかくですので2位の理由を含めてS660と比べながら見た目と走行性能をみていきましょう。

見た目

ダイハツ コペン エクステリア
ダイハツ コペン インテリア

S660の強みが走行性ならコペンは見た目(エクステリア)が強みといえます。コペンではD-Frameといわれる独自の車の骨格を形成しているため、なんと外板の着せ替えが出来ちゃうんです。

つまりは見た目の異なる2つのグレード間で、ボンネットフード、トランクフード、フロント/リヤバンパー、フロント/リヤフェンダー、ロッカー、フューエルリッドをプラモデルみたいに好きに装着できます。

それも購入前に選べるだけでなく、車本体を購入した後でも料金を払えば好きなバリエーションで着せ替え出来ます。他には絶対にない機能でしょう。

次にインテリアをみてみると、うーんって感じです。あれだけエクステリアが素晴らしい出来だったのにインテリアは無難な感じが否めません。インテリアはS660の勝ちですね。

走行性能

燃費は25.2 km/L(CVT車)、22.2 km/L(5MT車)と問題ないです。

走り心地はというと、もう抜群ですね。軽とはとても考えられません。コーナーリングもS660とそん色ない軽やかな曲がりを実現できます。

ただここから欠点。乗り心地が固く、サスペンションが特に固く感じますね。せっかく走行性能抜群なのに惜しい感じです。

また屋根が閉まっている状態で走ると、屋根がきしんでガタガタ音がする問題があります。オープン時は問題ないのですが、改善できるなら改善してほしい点ですね。

以上総合的にみるとコペンの評価はS660の次点ってところです。ただ細かい装備の差というより外見の好みで分かれる人のほうが多いと思います。

男に支持される理由

スポーツカーなのが人気の理由というのはもちろんですが、着せ替え出来る点も男性に人気な理由だと思いますね。

ロボットが変形するかのような機能に、男は引かれちゃうものなんです。

それと最近の車は直線的なものより、丸みを帯びたものが好まれる傾向にあります。スポーツカーにも丸みを求める人も多いんじゃないですかね。

わたしもどちらかというと丸みを帯びた車が好きです。

3位ホンダ N-BOXカスタム

ホンダ N-BOXカスタム エクステリア

ついに来ました堂々の自動車売り上げ1位のN-BOX。スポーツカーには負けますが、売り上げ1位だけあって男性にも人気の軽自動車となっています。

特にここが凄い

家族持ちの男性でも不自由ない十分な広さなのがいいですね。中でも特に人気なのがN-BOXカスタムです。

普通のN-BOXより見た目がカッコよく、選べる色のバリエーションも増えています。

N-BOXの特に優れた利点である走行機能とインテリアをみていきましょう。

 

どれだけN-BOXカスタムはパワーを秘めているんだよって話ですね。

室内空間

ホンダ N-BOXカスタム インテリア
ホンダ N-BOXカスタム インテリア

N-BOXといえば広いっていうのはもはや誰にでも定着したイメージなのかもしれません。

じゃあ具体的にどれだけ広くて、どのように快適な室内空間を楽しめるのかみていきましょう。

まずどれだけ広いのっていうと上の写真を見てもらったほうがわかりやすいでしょうね。これで軽ですよ?信じられないです。

さらに助手席は最大57cm前後にスライドされることが出来ます。後部座席は完全に前に倒すことが出来るので、旅行などで大荷物になった時も楽々収納出来ちゃいますよ。

走行機能

何がいいってずばりパワーです。軽の域をはるかに超えています。N-BOXに初めて乗った人が口々にするのが走りの力強さなんです。

広い荷台に重い荷物を詰め込んで坂を上ってもなんなくスイスイ登ってくれますよ。

特に走り出しの快適感は軽トールワゴンの中じゃ追随を許さないでしょうね。アクセルを軽く踏んだだけでスッーと進んでくれます。

とまぁここまで走りの良さを語ってきましたが、最後にもう一声。今までの評価すべてターボ付きでなくノンターボです。

男に支持される理由

走行性能と室内空間を紹介してきましたが、N-BOXカスタムの外見に惹かれる男性も少なくないんです。

見るからにイカツイ顔に男らしさを感じませんか。さらに旧型より2017年9月にフルモデルチェンジして見た目が良くなったから買ったという人も増えています。

前のモデルは顔がゴテゴテしすぎていた印象ですが、新モデルはイカツサを残しながらもすっきりした顔つきに変わりました。

もしモデルチェンジしていなかったら順位がもう少し下だったかもしれません。

4位ダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト エクステリア

N-BOXに次いでランクインしたのがダイハツ キャスト。今流行りの丸みを帯びた軽自動車です。

それにしても軽に限らず丸みを帯びた車って増えているんですよね。2位のコペンだってそうです。

他にも丸系の軽自動車だったらホンダN-ONEやスズキ ハスラー、ダイハツ ミラココアとかありますね。

この中の1位に輝いたのがダイハツ キャストというわけです。

特にここが凄い

キャストの凄いところはバリエーションの多さですね。まずキャストならではなのが「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3タイプに分かれている点です。

どれも見た目も性能も違うんですよ。さらにここからそれぞれがグレード分けするので本当に選べるバリエーションが多くて自分好みの1台を見つけられるのがキャストです。

「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」のどのタイプも魅力的なんですが、男に特に人気ってことでスポーツタイプについて特徴を語っていきましょう。

見た目

ダイハツ キャスト エクステリア
ダイハツ キャスト インテリア

まずはエクステリア(外見)ですが、スポーツ仕様となっていますがスポーツカーではないので極端に車体が低いわけでもなく、万人受けするデザインになっています。

インテリアは落ち着いた雰囲気で、高級感が漂う出来になっています。特にMOMO製革巻ステアリングホイールがいい味を出していますね。

走行性能

スポーツ仕様とあってさすがに走り心地抜群です。実燃費も20km/lと悪くはないですね。

コーナーリングも多少速度を出してもスムーズに曲がれます。

走行性能でわたしが特に押したいのは静寂性ですね。軽なので多少はうねりをあげた音が出るかと思ったのですが、いたって静かな乗り心地でした。

欠点は乗り心地の固さでしょうか。スポーツカーなら我慢できる範囲かもしれませんが、見た目だけで買ったら固さにちょっと違和感を感じる人もいると思います。

男に支持される理由

何といっても見た目の良さじゃないでしょうかね。ここまで見た目にこだわった軽はなかなかないと思います。

さらに3タイプに分かれたバリエーションの多さですよ。曲線的なデザインの車が好きな男性にとってはベストな車といえるのではないでしょうか。

ただなぜ4位なのかというと、価格の高さです。メーカーがおすすめのグレード「スポーツ”SA Ⅲ”」で1,647,000円となっています。

他の売り上げ上位の軽自動車に比べると少し高いです。もし、もうすこし安かったら人気順位が上がっていたかもしれません。

5位ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴ エクステリア

最後にランクインしたのがダイハツ ムーヴカスタムです。2017年8月にマイナーチェンジされ新型となった車です。売り上げも今年9月3位と好調です。

前から売り上げ上位の車ですが、マイナーチェンジにより最近さらに伸びた印象です。今後のさらなる伸びを期待して5位という位置づけにしました。

特にここが凄い

ムーヴの中でも推したいのがムーヴカスタムです。旧ムーヴカスタムと比べるとヘッドランプ、リヤコンビネーションランプが変わり、力強い顔になりました。

内装も旧型より、高級感が出ている仕様に変わっています。

インテリア

ダイハツ ムーヴ インテリア
ダイハツ ムーヴ インテリア

かなり大人っぽい印象があります。シートは革の部分も多く上質な仕上がりになっています。

インテリア部分は旧型からかなり変わっている部分が多く、高評価につながりましたね。

マイナーチェンジしていなかったら正直評価されていなかったでしょう。

走行性能

特徴的なのはパワーはですね。軽では十分なパワーを持っています。パワーが足りず不自由な走りになることはないでしょう。

ただN-BOXにはパワーで負けるというのが事実です。この2つを乗り比べるとパワーの違いはすぐ分かると思います。

パワーのほかにムーヴならではのいいところは、長距離ドライブでも疲れない工夫が施されているところですね。

ハンドルの高さが調整でき、ハンドルを切っても肩がシートから離れずに楽な姿勢を維持できます。

シート形状もドライバーにすっぽり収まる設計になっており、快適な乗り心地です。

男に支持される理由

やはり上質な男らしい見た目が人気ですね。旧型とは全然違う見た目の変化に、今本当に男性の中で人気が出ています。

ただどうしてもN-BOXと比べてしまいますね。そうなるとムーヴカスタムだけの武器っていうのが弱いです。

そういう意味で5位というランク付けになりました。

軽自動車選びの重要ポイント

男性に人気な軽自動車ランキングいかがでしたか?あたなが気に入った車はありましたか?

気に入った車が見つかったところで、じゃあさっそく買おう!・・・ってなりませんよね。

それはなぜかってあくまで今まで紹介したのは人気ランキングです。悲しいことに買えるかどうかは別なんですよね。

わたしだってS660欲しいですもん。でもあんなお高い車買えないので、せいぜい試乗止まり・・・

そこで軽に限らず実際に車を購入するとき何を基準にしているのかアンケートをとりました。

ではさっそく結果発表!

車選び重要度ランキング
重要項目 人数
価格 71
エクステリア(外装) 59
車種 57
燃費 54
走行性能 53
メーカー 48
安全性能 46
乗り心地 40
インテリア(内装) 40
維持費 36

意外だったのが走行性能、インテリア(内装)が低い点ですね。走行性能は車マニアでなければそれほどき気にしないということでしょうか。

まぁ日々ドライブ三昧の人なんて滅多にいないですしね。

インテリアが低いのは、見た目(外装)よければ、中はどうでもいいっていう人間の本質を表しているんですかね。

それで肝心の上位項目は価格、エクステリア(外装)、車種、燃費です。これをみてなるほどってわたしは思いましたね。

だって軽自動車は3、4位の項目をクリアしているじゃないですか。ここには載せていませんが車種別人気ランキングで軽は1位です。そして軽は燃費もいい。

軽自動車が男性に人気なわけです。

ということはですよ、男性が自分の懐が許す範囲の価格でカッコいい軽自動車を買うってことです。

このことを踏まえてランキングをみると実際に買われるのはホンダ N-BOXってことに。そりゃ売り上げ1位なるわけです。実に面白いアンケート結果でした。

まとめ

これまでの記事を読んでいただけたら、男で軽はダサいというのは間違いだというのがわかってもらえたと思います。

車を買いたくても、ダサいというイメージのせいで軽を買うことに抵抗があった人もいるのではないでしょうか。

でももうこれで安心して男性でも軽を買えますね。今や続々カッコいい軽自動車は増え続けていますよ。

あなたにあった一生を共にできるような素敵な軽自動車に出会えることを願っています。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です