フィットHV おすすめグレードはどれ?違いをまとめてみた

ホンダフィットHV

フィットHVは、ハイブリッド車の中でも特に安い車です。

ただし、ガソリン車と比べると価格が高く見え、どのような仕様になっているのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

グレードによっては200万円になってしまうこともあり、グレードごとにどのような違いがあるのかを知ることは、フィットHVのグレード選びにはとても重要なことです。知らずに購入すると、損をするかもしれません。

損をしないために、各グレードの特徴・違いについて見てみましょう。

フィットHVのグレード表

グレード 価格
HYBRID 1,690,000円(1,884,400円)
HYBRID・Fパッケージ 1,796,000円(1,990,400円)
HYBRID 特別仕様車 Fパッケージ コンフォートエディション 1,826,000円(2,020,400円)
HYBRID・Lパッケージ 1,959,000円(2,121,000円)
HYBRID・Sパッケージ 2,059,000円(2,221,000円)
※燃費表示はカタログより抜粋。
※()内は4WD価格

フィットHVは、ガソリン車よりも大幅に価格が上がっています。

最低価格が約169万円、最高価格が約205万円で、その差額は約36万円です。全体的な価格は高いですが、グレードごとの価格差はそれほど大きくありません。

グレードの特徴を見る際には、ガソリン車との違いと、各グレードごとの違いの両方に注目してみましょう。HV車を買う価値があるか、買うならどのグレードがいいか、違いを見ていく中で、おすすめを紹介します。

各グレードの特徴、捉え方

フィットHVには、基本的なグレードが「HYBRID」のひとつしかありません。

Fパッケージ・Lパッケージ・Sパッケージは、そこに装備の追加をしたものです。装備を見れば、各グレードの特徴が全てわかると言っても過言ではありません。

Fパッケージはインテリアの機能追加が多く、LパッケージはLEDヘッドライトを追加しています。Sパッケージは、「スポーティ」な仕様になったグレードです。

特別仕様車コンフォートエディションは、360度をIR・UVカットガラスで囲んでいます。

装備を基準にグレードの特徴を見てみる

各グレードの特徴を簡単に説明しましたが、詳しく特徴を理解するには装備を知ることが一番良い方法です。比較しやすいところでもあるので、HYBRIDとその他のグレードを比べて、自分なりに「価値があるグレードかどうか」を判断しましょう。

なお、これから挙げる装備は代表的なもののみです。より詳しく知りたい場合、下記PDFをご参照ください。
http://www.honda.co.jp/Fit/common/pdf/fit_equipment_list.pdf

全グレード共通の標準装備

  • エコアシスト(ECONモード、コーチング機能、ティーチング機能)
  • 車両接近通報装置
  • Sモードスイッチ
  • Hondaスマートキーシステム(Hondaスマートキー2個付)&プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
  • テレスコピックステアリング
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • ハイブリッド専用セレクトレバー
  • ハイブリッド専用デザインメーター
  • ハイブリッド専用エクステリア

ハイブリッド専用というのがいくつかありますが、デザインがガソリン車から変更されているのです。特にわかりやすいのが、デザインメーターでしょう。

メーターは青と緑で色分けされており、表示内容がしっかりと区分けされていて見やすくなっています。それだけでなく、近未来的なイメージを与えるようなデザインになっているのです。

昔から、タイムマシンは車に搭載されることが多いですが、まるでタイムマシンのコクピットのように見えます。速度が上がっていったら、そのまま未来まで飛んでしまいそうです。

エクステリアはガソリン車から大幅な変更が加えられたということはなく、似たような印象を受けます。

FIT本来のデザインが好きだという方には嬉しいところですが、思い切って違う方向性のデザインにしても良かったのではないでしょうか。

ガソリン車では「マルチインフォメーションディスプレイ」が標準装備されなかったのですが、HV車は全グレードで装備されています。価格が上がっているからこそ、全グレード共通の標準装備が、ガソリン車よりも豪華になっているのです。

HYBRIDの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフィットHVHYBRID外観
ホンダフィットHVHYBRID内装
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドライト(マニュアルレベリング)
  • オーディオレス(フロント2スピーカー)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • バニティミラー付サンバイザー(運転席側<チケットホルダー>)
  • 一体可倒式リアシート(FFのみ)
  • チップアップ&ダイブダウン機構付&6:4分割可倒式リヤシート(リクライニング機構)<ULTRA SEAT>
  • UVカット機能付フロントウインドウガラス
  • 高熱線九州/UVカット機能付フロントドアガラス
  • 電動リモコンカラードドアミラー

ガソリン車のベースグレードと比べると、格段に豪華になっています。マニュアルエアコンでなく、振るオートなのがいいですね。これより上位グレードになるとプラズマクラスター技術が搭載されますが、それが不要だという方にはこれだけで十分です。

シート機構も6:4分割で倒すことができるので、シートアレンジが広がります。

便利な装備が全て揃うので、お買い得です。「ガソリン車から価格が上がりすぎて躊躇っている」という方も多いでしょうが、これならベースグレードでも納得できるのではないでしょうか。

HYBRID・Fパッケージの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフィットHVHYBRID・Fパッケージ外観
ホンダフィットHVHYBRID・Fパッケージ内装
  • ナビ装着用スペシャルパッケージ
  • セキュリティアラーム(国土交通省認可品)
  • プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコン
  • リアヒーターダクト
  • 電動格納式リモコンカラードドアミラー(オートリトラミラー)
  • バニティミラー付サンバイザー(運転席<チケットホルダー付>/助手席)
  • 運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
  • シートバックポケット(助手席)
  • IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス
  • IRカット<遮熱>/UVカットフロントウインドウガラス

ベースグレードと10万円近くの価格差があって、この内容です。

価格差と見比べると妥当性は高いと感じますが、お買い得だとは感じられません。ガソリン車のFパッケージと同じ追加内容になっていますが、ベースグレードが豪華なためか、ガソリン車よりも微妙だと感じてしまいます。

とはいえ、ナビ装着用スペシャルパッケージやセキュリティアラームなどといったものもあり、全く価値がないわけではありません。

HYBRID 特別仕様車 Fパッケージ コンフォートエディション

運転席&助手席シートヒーターや、360度スーパーUV・IRカットパッケージが追加されています。どちらも女性に嬉しい装備です。Fパッケージとの価格差も小さいので、夫婦・ファミリーで購入を考えるなら、選択肢に入れても良いでしょう。

HYBRID・Lパッケージの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフィットHVHYBRID・Lパッケージ外観
ホンダフィットHVHYBRID・Lパッケージ内装
  • LEDヘッドライト(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
  • あんしんパッケージ
    シティブレーキアクティブシステム
    前席用i-サイドエアバッグシステム
    サイドカーテンエアバッグシステム<前席/後席対応>
  • クルーズコントロール(照明付ステアリングスイッチ付)
  • コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
  • 本革巻ステアリングホイール
  • リアセンターアームレスト

あんしんパッケージは衝突安全性の高い装備が揃っており、もしものときの保険として装備しておいて損はありません。

日常的に使う機能として、注目したいのがLEDヘッドライトとクルーズコントロールです。このグレードを購入するかどうか考えるなら、「クルコンを使うことがあるか」を基準とすると良いのではないでしょうか。

毎日通勤で高速道路を利用するなら、クルコンの価値はこの価格に見合うものとなります。反対に、そうでないなら価値はないでしょう。

HYBRID・Sパッケージの装備、インテリア、エクステリア

ホンダフィットHVHYBRID・Sパッケージ外観
ホンダフィットHVHYBRID・Sパッケージ内装
  • RSシート&RSインテリア&ステンレス製スポーツペダル
  • 助手席インストルメントパネルガーニッシュ(ドットプリント)
  • ドアライニングガーニッシュ(ドットプリント)
  • クロームメッキ・エアコンアウトレットノブ
  • LEDポジションランプ(フロントバンパー内蔵)
  • フォグライト
  • RS仕様エクステリア
    RSサイドシルガーニッシュ
    RS大型テールゲートスポイラー
    RSリアバンパー
  • パドルシフト

ドットプリントの加工が施されていますが、他グレードでは高輝度シルバー加工が施されています。

特徴的で人を選ぶかと思いきや、案外フィットHVのインテリアにマッチしており、違和感がありません。個人的にはシルバーよりも、こちらのほうがフィットHVに合っているように感じます。

全体的に、ガソリン車の「RS」にデザインを近づけたグレードです。

各グレードの魅力や選んでいる人の傾向

装備内容を知り、各グレードの特徴が理解できたところで、各グレードの「魅力」にスポットライトを当てましょう。なんとなく胸の内に抱いている魅力を言葉にすることによって、自分にとってどのグレードが良いのかがわかります。

客観的に判断する際の判断材料として、参考になさってください。

HYBRIDの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフィットHVHYBRID内装

HYBRIDの魅力は、やはりハイブリッド車が安く手に入ることでしょう。

ガソリン車から価格が上がっているとはいえ、ハイブリッド車の中では安い車です。装備内容も価格に見合うものとなっていて、お買い得感がありますね。

走行性能やエンジン性能も申し分なく、ハイブリッド車に期待する燃費もガソリン車より向上していて、価値が高いです。フィットは1人で乗るという方が多かったのですが、HVは2人~3人で乗るという方も大勢見られます。

HYBRID・Fパッケージの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフィットHVHYBRID・Fパッケージ内装

「Lパッケージは不要だが、ベースグレードだと不満がある」という方が多いです。積極的に購入しているというよりも、消去法で消極的に購入している方が多い傾向があります。

装備内容で消極的な意見が見られますが、「運転する楽しさ」という意味では積極的な意見も多いです。取り回しが楽で、走りを楽しむ仕掛けも用意されている。HV車でありながら走行性能は損なわれておらず、楽しいのです。

そういったフィットHV本来の魅力があり、消極的な理由だとしてもFパッケージを購入する価値があると判断されています。

HYBRID 特別仕様車 Fパッケージ コンフォートエディション

女性やファミリーに嬉しい仕様となっているからか、他グレードよりもファミリー層の購入者が多いです。コンフォートエディションの魅力は追加される装備内容の需要の高さと、Fパッケージとの価格差の小ささでしょう。

HYBRID・Lパッケージの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフィットHVHYBRID・Lパッケージ内装

Lパッケージの魅力のすべては、クルーズコントロールにあります。これが必要か不要かによって、このグレードの評価は180度変わるでしょう。

実際、Lパッケージの購入者は「通勤で高速道路を利用する」「レジャーにフィットHVを使う」という方が多く、クルコンに価値を見出しています。追加装備が少ないので、この点だけでも購入の判断が出来る、わかりやすいグレードです。

HYBRID・Sパッケージの魅力、選んでいる人はこんな人

ホンダフィットHVHYBRID・Sパッケージ内装

Sパッケージはコンセプトがはっきりしているところが、魅力だと考えられます。フィットHVは、元々のエクステリアデザインがスポーティな印象を与えるものになっているので、「それならインテリアも……」と考える方も多いのでしょう。

そういった方には、Sパッケージのインテリアが受けています。

総合的に売れているグレードを考察

フィットHVのおすすめグレードは、ベースグレードです。

フィットのユーザー層を考えると、本体価格だけで180万円近くなってしまうというのは、考え物でしょう。幸いベースグレードの装備内容が良いので、おすすめしやすい仕様となっています。

ベースグレードを基準として考えて、他に何が必要かを考えるのが、最も損をしない選び方ではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です