【ムーヴVSワゴンR】性能を完全比較!あなたが手に入れるべき軽自動車はどっち?

ムーヴワゴンR比較

軽自動車は一時期のブームに比べると売れ行きが下がったと言われているものの、まだまだ日本国内の自動車需要は軽自動車が大きなウェイトを占めています。

そんな軽自動車の人気の中心となっている車種と言えば、ワゴンRですよね。街に出てみても、他の軽自動車に比べてワゴンRを見る回数がとにかく多いです。

そんな軽自動車の筆頭的存在とも言えるワゴンRのライバル車として挙げられることの多いのが「ダイハツのムーヴ」。

ほとんど同じサイズ、似通った機能を持った二つの車の違いは、いったいどこにあるのでしょうか。共通点も含め、二台の相違点を見てみましょう。

価格・ローンについて、どっちが安い?

車を購入する際、最初と最後に必ず価格をチェックするという人は多いと思います。

最初に価格を見比べて、次にその他の要素を比較。最後にまた価格を見て「これだ」と、購入を決めるわけです。

なんだかんだ言って、車種選びの大事な要素となっている価格差を、最初に見てみましょう。

ベースグレードの価格・ローン

ムーヴ ワゴンR 価格差
価格 1,112,400円 1,078,920円 33,480円
3年ローン(月々) 30,900円 29,970円 930円
5年ローン(月々) 18,540円 17,982円 558円

任意保険料金

ムーヴ ワゴンR 価格差
21歳以上 221,000円 221,000円 0円
26歳以上 221,000円 221,000円 0円
30歳以上 221,000円 221,000円 0円
※表に記載の年齢・年間走行距離:110000km・運転者限定・限定無し・対人賠償:無制限・車両保険:つける・等級:13等級で統一・免許の種類:ゴールド・運転者の年齢制限:無制限・対人賠償:無制限

ベースグレードの比較では、価格差がほとんどありませんね。5年ローンで月々560円程度であれば、気にしなくても良いでしょう。

任意保険料金の差もありませんし、純粋な価格のみの差というのは取るに足らないものですね。

ただ、グレード設定は大きく異なります。

たとえば、ワゴンRのベースグレードにはCVTと5MTの二種類のミッションが用意されているんです。二つの価格差は2WDだと0円で、4WDの場合はCVTのほうが若干高くなるといった程度。

ほとんど価格を気にせず好きなミッションを選べます。そして、ベースグレード以降はハイブリッド車となっているんです。

一方ムーヴは、ベースグレードに安全装備を追加した「L”SAⅡ”」をプラス6万5千円程度で選ぶことができるのが魅力。ワゴンRと違ってMTやハイブリッド車はありませんが、その分最上位グレードはガソリンターボ車となっています。

上位グレードの価格差もあまりないので、ガソリンターボかハイブリッドかといった好みから上位グレード前提で選ぶのも良いかもしれませんね。

【ムーヴ】VS【ワゴンR】装備を比較してみた

価格には差がほとんどありませんが、グレードの設定には大きな違いがありました。グレード設定が異なるということは、上位グレードの装備差は大きいのではないかと考えられます。

ただ、ベースグレードは装備の違いがあまり無いかもしれません。そこで、「ムーヴ」と「ワゴンR」の装備内容でそれぞれ魅力的な点を、グレード関係なく挙げてみたいと思います。

スマートアシストⅢ【ムーヴ】

標準装備だと、ムーヴとワゴンRとではほとんど違いがありません。そこでオプションを見てみると、二台の間の違いに気づくことができます。

ムーヴでは「スマートアシストⅢ」、ワゴンRでは「セーフティパッケージ」をオプションで選ぶことができ、その中身が異なっているんです。まずはムーヴのほうから、見てみましょう。

ムーヴのSAⅢは、LとXに6万5千円程度で付けることが可能です。最上位であるXターボには、最初から付いていてお得感があります。

このSAⅢには、赤外線レーザーとステレオカメラを利用した警報機能や緊急自動ブレーキ機能が含まれているんです。緊急自動ブレーキは50km/hが作動速度の上限で、車両と歩行者両方に対して行われます。

また、後方に音波センサーが装備されているのがSAⅢの一番の利点。

後方の音波センサーを利用して、後方2~3m先に壁などの障害物を検知している時に、シフトレバーが「R(後退)」になっている状態で、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだ場合に発生する急発進を抑制する機能も備わっているんです。

この機能は後方だけでなく、前方の場合でも作動します。

前方の作動条件は、前方約4m以内の障害物があるとステレオカメラが検知している際、シフトレバーが「前進」状態でアクションペダルを必要以上踏み込んだ場合です。

以上の他に、車線逸脱警報や先行車発進お知らせ機能、オートハイビームなどもSAⅡの内容に含まれています。

ムーヴの装備をさらに詳しく見たい人はこちら!下記ページではグレードごとに特徴を紹介しています。
>>5代目ムーヴ グレード毎の違いまとめ。おすすめ、売れているグレードは

セーフティパッケージ【ワゴンR】

ワゴンRのセーフティパッケージは、ハイブリッド車のみに搭載可能です。価格は約6万円で、赤外線レーザーと単眼カメラを利用した緊急自動ブレーキなどが、搭載されます。

緊急自動ブレーキは車両に対してなら100km/hが作動速度上限で、ムーヴより作動速度の範囲が広いのが特徴です。それだけでなく、歩行者に対しても60km/hを上限として自動ブレーキが作動します。

この自動ブレーキの作動範囲の広さが、ワゴンRの魅力であり強みです。

単純に安全性能だけで考えるなら、SAⅢのほうが魅力的かもしれません。自動ブレーキの作動速度域の狭さが気になるくらいで、その他の安全機能はとてもハイクオリティです。

ただ、ワゴンRのセーフティパッケージ装着車の利点は、安全機能だけでは語れません。

セーフティパッケージ装着者には、『ヘッドアップディスプレイ』が搭載されるんですよ!

高級車に搭載されることの多い機能なんですが、軽自動車に装備されるのは本当に珍しいです。これは近年需要を伸ばしている機能で、フロントガラスから視線を移さずに運転に必要な情報を得ることができるというもの。

ワゴンRのヘッドアップディスプレイは、フロントガラスに直接映し出すようなものではなく、半透明なディスプレイが電動で現れ、フロントガラスと重なるように情報を映し出すものとなっています。

半透明なので邪魔にならず、見やすいですよ。

そして、カッコイイんです。電動で現れ、電動で格納する様子が本当にカッコイイ。ヘッドアップディスプレイという装備自体、近未来的でなんだかすごく惹かれますよねえ。

実は、軽自動車でヘッドアップディスプレイを搭載したのは、ワゴンRが初めてなんです。

ワゴンRが初ということであれば、濡れた傘をそのまま収納できるホルダーを軽自動車で搭載したのもそうなんですよね。

軽自動車初というロマンがたっぷり詰まっているのが、ワゴンRの魅力だと個人的には思います。

ちなみに、傘のホルダーは全車標準装備です。

装備に対する口コミ

ムーヴ ワゴンR
全グレード搭載のDアシスト、登りの多いシーンだとよく使うけど、平地が多いところだと不要。オンにすると反応が軽くなる代わりに供給燃料が増えるので、燃費を気にする人はオフ推奨です。 自動ブレーキの作動速度範囲が広く、安心です。軽自動車で100km/hより上の速度を出すことはまずないので、どんなときでも作動すると言っても良いでしょうね。
SAⅢを試す機会はありませんが、無理に割り込んでくる車に対して反応しています。しっかり機能してくれているようですね。 センターメーターが残念ではありますが、ヘッドアップディスプレイを搭載するとセンターメーターの不便さは帳消しになりました。
収納がたくさん付いています。ハザードスイッチの脇に小物入れがあり、スマホを入れておくのにピッタリでした。とても使い勝手がいいです。 助手席ヘッドレストが高すぎに感じた。左側後方確認をする際、少し邪魔になります。
メーターは見やすいが、インフォメーションディスプレイは少し見づらいと感じました。 傘ホルダーは子供がいるなら便利。運転手一人なら、わざわざ後ろのドアにあるホルダーに傘を突っ込む意味が無い。後、ドアの開閉するとき、傘ホルダーのフック部分が「思わずつかんでしまう位置」にあって、ベキッと折りそうになる。
通勤で混雑するため、先行車発進お知らせ機能は本当に助かります。これのおかげで、信号待ちがかなり楽になりました。 装備のグレード間格差が大きい。特にFZ以外シートリフターやチルト機構が付いていない点が不満です。

ムーヴは安全面に対する意見が多いですが、それだけSAⅢに対する注目度が高いということですね。

安全機能は日常でその利点を感じることがほとんどありませんが、割り込みに対する反応を見ているとそれが感じられるようです。

それだけでなく、通勤の際に発進お知らせ機能が存分に役立っているという方も多く見られました。

確かに、通勤時は都市部・地方関係なく主要幹線道路などが込みますからね。渋滞というほどではないにしても、信号待ちが二順するようなこともあります。

その際にイチイチ先行車両の動きをじっと見張るのも疲れるもので、かといって気を抜くと後ろからクラクションを鳴らされかねません。

案外、お知らせ機能が一番需要が大きいのではないでしょうか。

ワゴンRはというと、センターメーターが不便という声が大きいです。特に身長の高い男性による意見が多く感じられました。反対に、女性はセンターメーターが「不便」とは感じていないようです。

「センターメーターは嫌いだけど、不便ではないから良い」という意見もあります。これに関しては個人の感じ方の違いが大きいでしょうね。

デザイン的な好き・嫌いも関係します。

ただ、ヘッドアップディスプレイが搭載されることでセンターメーターの不便さが消し飛んだという意見もあるので、センターメーターが苦手ならセーフティパッケージを付けるのも手でしょう。

また、ワゴンRの口コミを見ていると「オプション装備】に関しては軒並み高評価という印象を受けましたが、標準装備に関しては不満が大きい印象があります。

助手席ヘッドレストが高すぎるだとか、傘ホルダーの利便性がイマイチだとか、フックの位置をもう少し考えて欲しいだとか……。

個人的に一番気になったのが、シートリフターやチルト機能ですね。ドライブポジションを調整する装備が最上位グレードだけというのは、不便です。ムーヴはLとL”SAⅡ”以外にシートリフターとチルトステアリングが搭載されます。

ムーヴと比べてみると、ワゴンRはグレード間の装備格差が大きいですね。

FAとハイブリッドFXは装備の差があまり無く、FZから急に装備差が出ます。こういう極端な装備設定になっているのは、ガソリン車とハイブリッドシステム搭載車の二種類があるからでしょう。

ガソリン車とハイブリッド車を、気兼ねなく選んで欲しいという想いからHYBRID FXの装備をFAとほぼ同じにしているのだと考えられます。

確かに選びやすいですが、装備を重視するなら実質上位グレード一択のようになるという問題がありますよね。

両モデルのエクステリア・インテリアを比較

機能をメインにムーヴとワゴンRの装備を語ってきましたが、装備には大きな違いがありました。

オプション装備の内容の違い、グレード別設定となっている装備の違いなど価格差からは想像ができないほどの違いが大きいです。

ただ、冒頭で語ったように「サイズ」に関しては、違いがほとんどありません。

それならエクステリアとインテリアの違いはどこにあるのか、数字とオーナーの口コミの二つから見てみましょう。

ムーヴ ワゴンR
全長 全幅 全高 全長 全幅 全高
L・L”SAⅡ”/FA 3395 1475 1630 3395 1475 1650
X・X”SAⅡ”/HYBRID FX 3395 1475 1630 3395 1475 1650
Xターボ”SAⅡ”/HYBRID FZ 3395 1475 1630 3395 1475 1650
※単位はmm。

サイズの違いはワゴンRの方が20mm高いというだけです。全グレード通してサイズが変わらないのも同じですし、全高以外の数字も全く同じ。

室内の広さや荷室の広さも同等で、一見違いが無いように思えます。

ただ、エクステリアはデザインが異なりますし、インテリアも使い勝手が異なるんです。

そういった部分を、オーナー意見から見てみましょう。

エクステリア・インテリアに対する口コミ、オーナー意見

ムーヴ ワゴンR
フロントグリルがシャープで好き。鬼瓦テールと言われているリヤビューも個性的で、案外嫌いではありません。ただ、もう少しシンプルでもいいかな。 正面のデザインよりも後ろのデザインが進化しているように感じた。初代ほどの感激も衝撃もないけれど、無難でいい見た目だと思います。
フロントフェイスがシンプルなのに、リヤが個性的すぎる。もう少しバランスがよければ最高だったかもしれない。 写真写りが悪い! 実車はカッコいいけど、写真やCMを見るとダサイと感じる不思議。
後席スライド機構が左右独立で、シートアレンジができて便利です。荷室を拡大して、出かけたり買い物したりできます。 左右独立式リヤシートの背もたれを倒すと同時に座面も下がって、荷室との段差が無くなってフラットになるのが便利。
リヤシートが思ったより広いところが好き。だけど、腰の収まりがイマイチ良くないかも? 運転席に座ることが多いですが、たまにリヤシートに座ってみると、座り心地が良いと実感します。
エンジンをかけたとき、メーターが振り切れる演出がカッコイイですね。 インテリアのデザインが一新されて、少し斬新になったような? 雰囲気は他の軽自動車と変わらないけど、少し面白いと感じます。

両車ともに、フロントデザインよりもリヤのデザインに特徴があると語る人が多いです。特にムーヴは「鬼瓦」と通称されるほどに特徴があります。

凹凸と陰影がハッキリしたデザインで、テールランプがL字が左右反転したような形になっているんです。

鬼瓦そのものに近いというよりは、オードリー春日が「鬼瓦!」というネタをする際に顔に添える指の形に近いのかもしれません。

一方ワゴンRのリヤデザインは、極限までシンプルにしたような印象を受けます。凹凸はほとんどなく、テールランプの位置は低めです。

位置的にテールゲートとテールランプが完全に分離したような形になっていて、各部品がわかりやすい作りになっています。シンプルなんですが、個性がしっかり感じられるんです。

個人的には、テールランプの形と色が若干ウルトラマンを思わせます。銀色のランプを赤いランプで囲っているのが、とてもカッコイイです。

また、利便性に関しても両車の違いが口コミに表れてますよね。

ムーヴよりワゴンRの方が、室内の利便性と快適性が高そうです。ワゴンRはシートを倒した際座面が下がるので、荷室と完全にフラットになります。

一方ムーヴは同じ左右独立シートではあるもののの、座面が下がらないため荷室と段差ができるんです。

リヤシートの座り心地にしてみても、ワゴンRは「快適」という意見が多く、ムーヴは「腰の収まりが悪い」「薄い」などの意見が見られました。

【ムーヴ】と【ワゴンR】燃費がいいのはどっち?

ワゴンRは、ベースグレード以外にハイブリッドシステムを搭載しています。ムーヴには、ハイブリッドの設定がありません。

ということは、燃費に大きな差が出るのではないかと考えるのが必然ですよね。そこで、両者の燃費をJC08燃費とオーナーの口コミの両方から比較してみましょう。

ムーヴ ワゴンR
L/FA 31.0km/L 26.8km/L
X/HYBRID FX 31.0km/L 33.4km/L
Xターボ”SA”/HYBRID FZ 27.4km/L 33.4km/L
※表には2WD(CVT)のJC08燃費を記載しています。

ガソリン車同士で比較したら、ムーヴの方が圧倒的に低燃費です。ハイブリッドとガソリン(NA)を比較すると、ガソリン車同士の比較より差が小さくなっています。

その分ターボ車とハイブリッド車の違いが大きいですね。比較するグレードによっては燃費の差が大きく開きますが、差が狭まることもあります。

それでは、オーナーの口コミを見てみましょう。

燃費に対する口コミ

ムーヴ ワゴンR
高低差のある郊外沿岸部を50km程度走り、燃費が29.5km/Lでした。驚異的です! 外気温2度でコールドスタート、坂道が多い道で少し燃費の悪い運転をしましたが、23km/L。満足できます。
夏場オートエアコンをオンにして街乗りをしても、22~21km/Lあたりで走ってくれます。とてもいいのではないでしょうか。 試乗時のメーター平均燃費は16km/Lでした。荒い運転も含むと思いますし、自分が気をつけて使っていればもう少し良い数値になるのでは?(HV)
市街地メインで19~21km/L、郊外だと27~29km/L程度です。 7回目の燃費測定で25km/Lを記録。案外いいと思うけど、もっと良くなるはず!(HV)
購入して1年経ち、平均燃費は17km/L。街乗りメインで燃費を意識していないので、こんなもんでしょう。(ターボ) 長距離運転をした際、28.8km/Lを記録しました。これより低燃費にするのは、無理かもしれません。(HV)
高速道路だと20~22km/Lになるので満足できる。(ターボ) 燃費は常に20km/Lをキープしています。とても良いのでは?

ムーヴの記録で一番良かったのが29.5km/L、ワゴンRは28.8km/Lでした。ガソリン車とハイブリッドの比較にしては、あまり差がありませんね。

ただ、全体的に見てみるとワゴンRの方が若干良い記録を出している人が多いです。20km/L以上で常に安定しています。ムーヴは悪い場合には20km/Lを下回ることもあるので、常に安定して良い燃費というわけではないようです。

その点で、ハイブリッドとガソリンの違いが出ています。

ただ、トヨタ車のハイブリッドと違ってそこまで本格的なものではないようです。軽自動車に搭載するものということもあってか、ほんの少し燃費に貢献するといった程度の役割となっています。

モーターアシストによって走りが良くなるということもあまりなく、あくまもでオマケだと考えておくべきでしょう。

【ムーヴ】・【ワゴンR】にはどんな人が乗っているの?

価格・装備・エクステリアとインテリア・燃費と、各要素を比較してきて、自分にはどっちが合っているかの検討が大方付いたという方は多いのではないでしょうか。

ただ、まだ決めかねているという方や後一押しが欲しいという方も多いと思います。そこで、ムーヴとワゴンRそれぞれにどんな人が乗っているのかを、オーナー10名に調査してみました。

【ムーヴ】に乗っている人はこんな人!

ムーヴ年代別オーナー表

30代が突出していますが、全体的にとても平坦なグラフですよね。20代・40代・50代が2人ずつ、30代が4人。

メインユーザー層は30代ですが、他の年齢層のユーザーも多数存在するということで幅広い年代の人に愛されていることがわかります。

メイン層の30代は主に1人での通勤用・営業などの仕事用でムーヴを使っていて、家族で使うという人は少ないです。

40代と50代は夫婦二人で使うという人が多く、20代は1人で通勤や通学に使うという人が多数派でした。

4人以上のファミリーで所有しているという人は少なく、ファミリーカーとしてはあまり求められていないことがわかります。

【ワゴンR】に乗っている人はこんな人!

ワゴンR年代別オーナー表

ムーヴと同じく平坦なグラフとなっています。違う点は、10代が2人いることと40代が一番多い年齢層ということ、そして逆に50代が少ないことです。

40代がメイン層と言えそうですが、他の年代との差がそれほど大きくはなく、どの年齢層も平等に多数存在しているのではないでしょうか。この年代がメインと言い切るのは、少し難しいグラフになりましたね。

10代は家族4人で所有し、通学に使うという人が多いです。免許を取り立てという人もいました。10代の場合、所有しているのは親だけど自分がメインで使っているようです。

4人で使うときはレジャーや買い物くらいとのこと。ただ、購入の際重視したのは「ファミリーカーとしての使い勝手」という傾向があります。

ただ、30代以降はファミリーカーとして乗りようが少ないですね。快適性や利便性重視という声が大きいものの、家族4人で使うと言う人はほとんどいません。10人中7人が夫婦2人で通勤や買い物に使うと答えました。

比較結果

ムーヴとワゴンRの特徴を徹底的に比較してきましたが、価格とサイズはほぼ同じであるものの装備やエクステリア・インテリアには細かい違いが多数見られました。

グレード間の装備格差が少なく安全装備が充実したムーヴと、室内快適性・利便性が高く先進機能も揃っているもののグレード間の格差が大きいワゴンR。

室内だけを見るとワゴンRが圧倒的に優れているように見えますが、発進お知らせ機能など便利なものが多いのはムーヴ。

ただ、ワゴンRにはヘッドアップディスプレイのような面白い装備もあるし……。

どちらか一方を選ぶのは、とても難しいですね。

個人的には、「荷物をたくさん積むならワゴンR、一人で通勤に使うならムーヴ」という選び方が一番良いと思います。ワゴンRは荷室とシートをフラットにでき、ムーヴは先行車両発進お知らせ機能など通勤に便利な機能もありますからね。

それに、通勤利用なら「リヤシートがフラットにならない」「リヤシートの快適性が低い」という、ムーヴの残念な点も帳消しになりますよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です