【ヴェルファイアVSエルグランド】徹底比較!あなたに適しているのはどっち?

ヴェルファイアエルグランド比較

トヨタの大型ミニバン、ヴェルファイア。若年層に向けたような尖ったデザインと、乗員に優しい使い勝手の良いインテリアが特徴的な、ファミリーに人気の一台。車内の広さと、エクステリアから溢れ出る高級感が魅力的ですよね。

日産の大型ミニバン、エルグランド。日本の大型ミニバン市場を開拓した、エポックメイキングな車。

派手過ぎない範囲で尖った厳ついエクステリアに、豪華装備の数々が人気の一台。日本の大型ミニバンを語るならエルグランドは、外せません。

2017年現在、人気なのはどちらかというとヴェルファイアでしょう。ただ、歴史のあるエルグランドも魅力的です。

そんな両者の間で揺れているあなたに適しているのは、どっちなのでしょうか。新進気鋭、2代目に突入してしばらく経つヴェルファイアと、歴史の重みを感じさせるエルグランドとを徹底的に比較してみたいと思います。

価格・ローンについて、どっちが安い?

まず最初に、ヴェルファイアとエルグランドの価格や維持費などを比較してみましょう。ローンを組むとしたら大体何円の差が出るのか、保険料の差はどれくらいか。

それらを知ってから装備内容などを知ることで、自分の予算と需要に合った車を見つけることができます。一通り見た後、もう一度この項目に戻ってくると、よりわかりやすいですよ。

ベースグレードの価格・ローン

ヴェルファイア エルグランド 価格差
価格 3,197,782円 3,213,000円 15,218円
3年ローン(月々) 88,827円 89,250円 423円
5年ローン(月々) 53,296円 53,550円 254円

任意保険料金

ヴェルファイア エルグランド 価格差
21歳以上 388,600円 388,600円 0円
26歳以上 388,600円 388,600円 0円
30歳以上 388,600円 388,600円 0円
※表に記載の年齢・年間走行距離:110000km・運転者限定・限定無し・対人賠償:無制限・車両保険:つける・等級:13等級で統一・免許の種類:ゴールド・運転者の年齢制限:無制限・対人賠償:無制限

両者の価格差は、ほとんどありませんね。5年ローンだと月々254円程度しか差がないということで、価格差に関しては気にする必要がないでしょう。

任意保険料に関しては、差が全くありませんからね。維持費も毎月払うローンの金額も変わらないとなると、価格で比べるのではなく装備やサイズ・用途などで純粋な比較ができそうです。

【ヴェルファイア】VS【エルグランド】装備を比較してみた

価格差がほとんどありませんが、会社が違えば装備も違うもの。両者ともに個性のある装備や、特徴的な機能などが搭載されていることでしょう。期待半分不安半分な装備内容を、少しだけ切り取って見てみましょう。

リラックスキャプテンシート【ヴェルファイア】

ヴェルファイアの特徴は、何と言ってもグレードによってセカンドシートの仕様が異なることです。リラックスキャプテンシートは、数ある仕様のひとつ。

7人乗り専用のセカンドシートで、ベースグレードであるXの7人乗り仕様車にも搭載されています。

超ロングスライド機構、横スライド機構、リクライニング機構を搭載。マニュアルオットマンと上下調整式ヘッドレスト、そして回転式のアームレストも装備されています。

キャプテンシートということで、左右が個別の席であるということを強調した形になっているんです。

セカンドシートに座る二人ともが、自分専用の席を持ったようなイメージでしょうか。「ここが僕の特等席だ」と考えると、なんだか嬉しく感じますよね。

また、グレードによって7人乗り・8人乗りそれぞれ二種類ずつシートが用意されています。グレード選びのひとつの基準になりますし、どんなシートが自分の用途に合うかを考えるのも楽しいですよ。

一方、エルグランドのベースグレードである250XGは、6:4分割可倒式ベンチシート。ロングスライドや大型のセンターアームレストが搭載されています。

こちらのアームレストにも、カップホルダーが二個付いていて、センターヘッドレストが装備されているんです。

エルグランドのシートは7人乗りと8人乗りとで仕様が分かれており、それぞれ一種類ずつ用意されています。

シートを選ぶ楽しさがあるヴェルファイアと、シートの種類が統一されていてグレード選びがしやすいエルグランド。

それぞれにメリットと、デメリットがありますよね。ヴェルファイアはシート以外の要素でグレードを選ぶ場合、シートの種類が好みでなくて悩ましいという問題がありますから。

クルーズコントロール 【エルグランド】

ヴェルファイアは、全車にクルーズコントロールが搭載されません。通常のクルコンが搭載されるのはVグレード以降で、最上位グレードにのみ追従機能を加えたレーダークルーズコントロールが搭載されます。

ただ、レーダークルーズコントロールは、全車オプション搭載可能です。

一方エルグランドは、ベースグレードから通常のクルコンを標準装備しています。

追従機能を持ったインテリジェントクルーズコントロールは、350Highway Starの特別仕様車である「White Leather Urban CHROME」「Premium]「Premium Urban CHROME」の三グレードに標準装備。

上位グレード三つに装備されるということで、この点もヴェルファイアより良く見えますよね。ただ、ヴェルファイアのように全グレードにオプション搭載可能ということではありません。

オプション搭載可能なのは、「350 Highway STAR」「350Highway STAR Urban CHROME」のみです。

ただ、全体的にエルグランドの方が標準装備は充実しています。

上位グレードに搭載される機能よりグレードを落としたものが、ベースグレードでも搭載されているためです。一方ヴェルファイアはベースグレードには搭載させない機能や装備というのが多い傾向があります。

上位グレードの装備と同じ、もしくはグレードを落としたものを中間グレードから搭載させることが多いです。

その分、ヴェルファイアはそういった装備をベースグレードにオプションで追加できるようになっています。オプション装備はレーダークルーズコントロールのように、上位グレードと同じものであることが多いです。

ベースグレードは必要最低限にとどめ、後はユーザー好みに自分でカスタムしてもらうというスタンスをとっているわけですね。

装備に対する口コミ

ヴェルファイア(X) エルグランド(250XG)
1列目の収納が少ないこと以外、大満足。 独立温度調整機能が標準搭載なのが、ありがたい。空調関係がとても快適です。
オプションで内装にお金をかけると、一気に幸せになれます。使い勝手がよく快適で最高です。 運転周りの機能面は断然エルグランドがいいと思う。
ブレーキホールド機能がとても便利で、重宝しています。 UVカットガラスに加えて、ロールサンシェードがあるのがとても嬉しい。
運転席周りの装飾と素材がクオリティ高い。2列目以降も快適そうだが、運転手が一番得をするのではなかろうか。 全体的に装備が充実していて、オプションはナビくらいしか付けてない。
シートアレンジの面でヴェルファイアを超えるこの手の車は、無いと思う。ただ、シートはベンチかキャプテンか、好みが分かれる。 シートアレンジはヴェルファイアに負けてると思うけど、それ以外はエルグランドのほうが好きなのでエルグランドを選びました。

ヴェルファイアは、やはりシートアレンジが高く評価されていますね。シートアレンジの豊富さやしやすさは、そのまま使い勝手の良さに繋がります。

特にこういった大型ミニバンでは、大きな荷物や長い荷物を積むことも多いですから、楽に多彩なシートアレンジができることはとても魅力的なわけです。

1列目に関しては収納が少ないという不満もありますが、運転席周りの装飾の豪華さは評価されていますね。

革巻のステアリングホイール、ダッシュボードにはソフトパッドが使われ、木目パネルが使われている部分も多い。高級な素材をあまり使わず、高級感と質感の高さを演出しています。

ただ、全体的な高級感はエルグランドのほうが高いようです。

ヴェルファイアの利点は「高級感や質感」ではなくて、インテリアの使い勝手の良さのようですね。それを支える標準装備があり、オプションを付ければさらに使い勝手を良くすることが可能。実用性の高さが魅力だと語る人が多いです。

一方エルグランドは装備や機能が充実している点が評価されているようですね。

独立温度調整機能を搭載したフルオートエアコンが全車標準装備で、どのシートに座っても快適な温度を感じることができます。

ただ、この点はヴェルファイアも同じです。三列シートですから、当然こういった機能は搭載されます。大型ミニバン全体の利点と言えるでしょう。

それではエルグランド独自の利点とは何か?

口コミから考えると、それは全体的な完成度の高さでしょう。

多数の装備を標準搭載し、メーカーオプションを極力減らしている点。多くの装備を全車標準装備とし、コストカットする部分は装備自体を無くすのではなくダウングレードしたものを搭載させるに留めた。

「全体的に装備が充実していて、オプションはナビ以外つけてない」という口コミにあるように、装備に関して「完成されたものである」という印象を、多くの人が持っているように思います。

両モデルのエクステリア・インテリアを比較

装備内容を見ると、ヴェルファイアとエルグランドは同じような価格でありながらも案外大きな違いがあることがわかりますよね。

オプションを付けるのが前提のヴェルファイアと、オプション無しで完成されたエルグランド。好みが分かれるところでしょう。

さて、装備を見ていく中で「インテリアの使い勝手や高級感」にも触れました。エルグランドのほうが高級感があると述べたように、エクステリアやインテリアにも両者で違いがあります。

今度はインテリアの居住性や雰囲気、車の外見的イメージなどを比較してみましょう。

ヴェルファイア エルグランド
全長 全幅 全高 全長 全幅 全高
X/250XG 4930 1850 1880 4915 1850 1805
V/250Highway STAR 4930 1850 1880 4945 1850 1815
VL/250 Highway STAR S Urban CHROME 4930 1850 1880 4975 1850 1815
Z/350 Highway STAR 4935 1850 1880 4945 1850 1815
ZA/350 Highway STAR Urban CHROME 4935 1850 1880 4975 1850 1815
※単位は(mm)。両者ともに7人・8人乗りのサイズは同じ。

ヴェルファイアはハイブリッドを除外、エルグランドはライダーを除外しています。基本モデルのみの比較です。エルグランドのハイウェイスターに関しては、公式カタログにて基本モデルと同列扱いになっているため含めています。

また、各グレードの特別仕様車はベース車のサイズと同じです。

上記表を見てみると、全幅に関しては両者ともに変わりませんね。高さはヴェルファイアのほうが65~75mm高く、長さはエルグランドのほうが15~40mmほど高いです。

ただ、ベースグレードは全体的にエルグランドのほうが小さいですよね。

居住性はどちらも高く、どちらが優れていると断定することはできません。足元の空間はエルグランドのほうが広いかもしれませんが、乗ったときの天井の高さはヴェルファイアのほうが高い……。それぞれ方向性が違いますよね。

エクステリアのデザインは方向性が似ていますが、ヴェルファイアの方が派手で思い切りの良いデザインになっているように感じられます。

両者ともにイメージは「厳つい車」ですが、エルグランドのほうが丸みがあってやさしいように見えますね。

元々エルグランドは少し丸々とした印象があり、近年になって現代的な厳ついデザインになりました。以前の名残が、丸みのあるやさしい印象を作っているのでしょう。

エクステリア・インテリアに対する口コミ、オーナー意見

ヴェルファイア エルグランド
シャープでカッコイイデザインが気に入ってます。洗車後の艶々とした姿には、惚れ惚れしますね。 エルグランドらしい洗練された厳つすぎないデザインが好きです。
内装はシンプルな色味や装飾で上手に高級感を演出しているように思います。質感も良く、落ち着いてる。 デザインが若干トヨタ寄りな気はしますが、私には直球ど真ん中。フロントが長く箱っぽくないところが好きです。
厳つく押しが強い! 威圧感がすごいですが、そこがいい! シートの厚みや質感、インテリアの高級感が他とは段違いに感じられます。乗り込むたび嬉しくなりますね。
好みが分かれるのではないかとは思うものの、私は好きです。特に横から見た姿がクール! ミニバンではこれ以上を求めることはできないと思えるほど、インテリアの質感・高級感が高いです。
最初は違和感があったんですが、今では頼りがいがあってカッコいいと思っています。 インテリアはシートの出来が特に良く、気に入ってます。エクステリアはフロントは好きですが、リアはあまり……。

エクステリアに関しては、お互いにユーザー層がハッキリ分かれているように見えますね。落ち着いた雰囲気が好きな方はエルグランド、厳つい派手な物がすきな方はヴェルファイアといったところでしょうか。

確かにエルグランドが若干トヨタ寄りのデザインになってきてはいますが、元来のエルグランドらしさも感じられるという声も多数あります。

トヨタ寄りのデザインになってきたというのは、恐らく近年のミニバン需要に合わせた変化でしょう。ミニバンを買う層が、トヨタのような厳つめのデザインを好むようになったのかもしれませんね。

また、国内の自動車シェア率トップはトヨタですから、市場の需要に合わせるとどうしてもトヨタ寄りになるということでしょう。

その中でどうやって日産らしさを出すかが課題となるわけですが、エルグランドはそれに関しては問題なさそうです。ヴェルファイアよりフロントが長く、箱型っぽく見えない点だけでも差別化ができていると言えます。

個人的には、見た目に関してはエルグランドのほうが好きです。ボディサイズの長さのため箱らしくない点が、他のミニバンとは違っていいですよね。

インテリアに関してはヴェルファイアが全体的な雰囲気を褒めているのに対し、エルグランドはシートを褒める声が多いです。エルグランドのインテリア画像などを見てみると、それに納得できます。確かに、シートに厚みがあるんです。

【ヴェルファイア】と【エルグランド】燃費がいいのはどっち?

続いて、今度はヴェルファイアとエルグランドの燃費を比較してみましょう。ヴェルファイアにはハイブリッド車もありますが、エルグランドにはありません。そのため、お互いガソリン車のみで比較したいと思います。

ヴェルファイア エルグランド
X/250XG 11.6km/L 10.4km/L
V/250 Highway STAR S 11.6km/L 10.2km/L
VL/250 Highway STAR S Urban CHROME 9.5km/L 10.2km/L
Z/350 Highway STAR 11.6km/L 9.2km/L
ZA/350 Highway STAR Urban CHROME 9.5km/L 9.2km/L
※表には、J08モード燃費を記載しています。

JC08燃費を見る分には、ヴェルファイアの方が全体的に燃費が良いですね。ただ、これはあくまでもJC08燃費。実燃費とは大きく異なる場合があります。JC08燃費でこの程度の差だと、実燃費の場合では差が出ないかもしれません。

その点も踏まえて、今度は実際に乗っているオーナーの口コミをいくつか紹介し、燃費に対してどのような意見が多いのかを見てみましょう。

燃費に対する口コミ

ヴェルファイア エルグランド
11~13km/Lあたりで、カタログ燃費を超えています。 市街地と高速を半々の割合で、平均8.4km/Lです。
街乗りで8km/L、高速で10km/L。重い車体を引っ張るのにこの燃費、たいしたものです。 一般道で8km/L前後、良く走るほうでは?
市街地7割、高速3割で走って12km/L、大満足です。 市街地は良くて10km/L、高速道路だと14km/L程度はある。
東京街乗りで5~6km/L、高速だと12km/L程度。まあ、こんなものでしょう。 市街地で6km/L、高速で8.5km/L。この手の車に燃費は期待しないほうがいいでしょう。
エコモードで12km/L、郊外だと14km/Lになることもあった。 一年を通じて一般道では8.5km/L、高速道路では11km/L程度で落ち着いています。

条件にもよりますが、両者ともにそれほど燃費は変わらないようですね。お互い同じ条件の口コミ同士で見れば、あまり差がありません。

ただ、口コミを見ているとオーナーの気持ちに違いがあるように感じました。

ヴェルファイアは「満足している」と語る人が多いです。燃費をそれなりに重視している人も多く、「満足している」と語っている分燃費を気にした運転をしている傾向があります。

一方エルグランドは「燃費? 気にしちゃだめでしょ」というスタンスの人が多いです。大型ミニバンなんだから10km/Lを下回るのは当たり前。

走りが良いし高級感もあるし他の要素で満足できるから、燃費は気にしないという傾向があります。

エルグランドで「高速の燃費が8km/L前後」と語る方が多いですが、そういう方は燃費を気にしていないことが多いです。

燃費を意識した運転をした場合、ヴェルファイアと同じか場合によってはそれ以上の燃費も期待できるかもしれませんね。

【ヴェルファイア】・【エルグランド】にはどんな人が乗っているの?

価格・装備・エクステリアやインテリア・燃費など、ヴェルファイアとエルグランドの違いを具体的に見てきました。それぞれの特徴を比較すると、顧客層がそれぞれ違っているように思える部分が多いですよね。

そこで、それぞれどんな人が乗っているのかを見てみたいと思います。

【ヴェルファイア】に乗っている人はこんな人!

ヴェルファイアに乗っているオーナーを10名調査、どんな年代に支持されているのかを調べてみました。

ヴェルファイアオーナー別表

圧倒的に40代に支持されているものの、20代にも多数支持されています。個人的にはもう少し若年層に偏っている印象があったので、少し意外でしたね。40代はファミリーで多目的利用、快適性を重視して購入したという人が多いです。

20代では通勤・送迎がメイン、たまにレジャーでも利用する単身者が多数でした。40代が快適性重視でヴェルファイアを購入するのに対し、20代は高級感重視で購入するという点も特徴的。

また、10代にも受けているということで幅広い年代に支持されているようです。

【エルグランド】に乗っている人はこんな人!

エルグランドも、同じように調査しました。

エルグランドオーナー別表

圧倒的30代率!

10人中6人が30代で、そのほとんどが「ファミリーでの多目的利用のため」購入したとのことです。重視した項目は高級感重視。高級感重視で購入したという点においては、20代・30代ともに共通していました。

ただ、40代だけは快適性重視で選んでいるようです。

ハッキリと年代で差が出ましたね。ヴェルファイアは40代を中心に支持され、エルグランドは30代を中心に支持されている。

年齢層の幅はヴェルファイアのほうが広く、中には10代の購入者も見られます。流石人気車種、といったところでしょうか。

エルグランドのほうが、需要が落ち着いている感じがしますね。

比較結果

ヴェルファイアとエルグランドは価格は似たり寄ったりですが、比較してみればお互いの違いはハッキリとしていました。

エルグランドは全体的なまとまりの良さと高級感を重視した車であり、ヴェルファイアは使い勝手とオプションの充実を重視した車であると言えそうです。

快適性を重視するとヴェルファイア、高級感を重視するとエルグランド。

乗っている人の年代がキッパリ分かれましたが、恐らく「快適性重視」と「高級感重視」という特徴が年代を分けたのでしょう。

エルグランドでも40代は快適性重視でした。40代は全体的に「快適性を重視してミニバンを選ぶ」のに対し、20代から30代は全体的に「高級感を重視して選ぶ」のかもしれません。

また、エクステリアのイメージよりインテリアの高級感を重視しているようにも見えます。

ヴェルファイアとエルグランド、どちらが適しているかを判断するには、インテリアに目を向けてみると良いのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です