アウディ A5 Sportback 各グレードの特徴をまとめてみた

アウディA5Sportback

熟練された大人の実用車、A5 Sportback。飛びぬけてスッキリとしたフラット名乗り心地に、圧倒的な上質感。どんな路面でも衝撃や振動を感じることのない、快適で疲労知らずの頼もしい相棒となりえる車です。

ベースとなるA4と比べるとより洗練された、熟成されたような印象があります。実用、趣味性両方ともに非常に良く仕上がっているなあと感じられるんです。

そんな大人の魅力を詰め込んだA5 Sportbackの特徴や魅力を、グレードごとに紹介しましょう。

アウディ A5 Sportback グレード表

グレード名 価格
A5 Sportback2.0TFSI 5,460,000円
A5 Sportback2.0TFSI sport 6,030,000円
A5 Sportback2.0TFSI quattro sport 6,860,000円

元々、A5 Sportbackと言えば「クワトロ」だったのですが、そこにFFモデルが追加されてグレードも賑わっているように見えますよね。

実際にこの三つのグレードの違いはそれほど大きくはないんですが、それでも最低価格と最高価格の差は140万円もあるわけです。

いったいどこがどれほど違うというのでしょうか。

それをこれからじっくりと、説明したいと思います。

各グレードの特徴や違いを解説

性能と装備を見れば、A5 Sportback各グレードの違いがわかります。性能は違いが出るものもあれば、出ないものもある。

気になるのは「2.0TFSI』はクワトロを搭載しただけのグレードなのか、それともエンジン性能も異なるのかというところでしょうか。

装備は一旦置いておきます。まずは、そんな性能に関する疑問を解決すべく、性能をメインに各グレードの概要を説明しましょう。

2.0 TFSI S tronic

このグレードに搭載されているエンジンは、2.0L直列4気筒ターボエンジンです。その最高出力は4,300~6,000rpmで140kW、最大トルクは1,450~4,300rpmで320Nmにまで至ります。

駆動方式はFFで、日本国内で最もよく見かける一般的なものですね。

FFの恩恵か、高速道路を走る際の直進安定性はとても高いように感じられます。アクセルを少し踏めば80km/h前後になるため、高速道路巡航をするのに体力は全く必要とされません。

グラつくようなことは全くなく、とても安定しているために、アクビが出るほど運転が楽です。

また、市街地を走る際の快適性の高さも注目したいところですね。

凸凹した荒れ気味な路面を走ったとしても、室内に振動が伝わることはほとんどありません。段差の衝撃も適度に緩和されているように感じられるため、滑るような走行ができます。

面白みが無いと言えばそれまでかもしれませんが、走りに快適性を求める方にとってはとても良い調整がされていると言えましょう。

ただ、少々サスペンションがやわらかいため、スポーティに走らせるのには向いていないように感じます。完全に実用に特化したグレードと言えるのかもしれませんね。

2.0 TFSI sport S tronic

エンジン性能自体はベースグレードと全く変わりませんが、スポーツサスペンションが搭載されています。そのため、ベースグレードよりはスポーツ走行がしやすいです。

少々硬めに感じる部分もありますが、ソリッドな乗り味はアウディの伝統芸とも言えるもので、今更そこを責め立てるのもおかしな話でしょう。

少々荒削りながらも、ベースグレードより楽しめるという意味では存在意義が大きいと思います。

2.0 TFSI quattro sport S tronic

2.0L直列4気筒ターボを搭載している点ではベースグレードと同じですが、その性能が異なります。2.0TFSI quattroは5,000~6,000rpmで最高出力185kWに、1,600~4,500rpmで最大トルク370Nmに至るんです。

走り出した瞬間に、サスペンションが熟成されていると感じられます。この車に搭載されているのは、2.0TFSI sportと同じスポーツサスペンションです。ただ、2.0TFSI sportよりも洗練されたのり味を感じます。

スポーツサスペンションのソリッドな感覚を、クワトロで適度にいなしているのではないでしょうか。

2.0TFSI sportと比べて段差や凹凸の衝撃や振動がよりカットされているように感じられますし、走っていて上品さとしなやかさを実感します。

乗り心地が圧倒的によく快適。

ドライブモードを「ダイナミック」にすると、上質なエンジン音が聞こえてくるようになります。非常に気持ちよく加速していき、加速とともに音が吹け上がる。

ハンドルを切るのがとても楽しくワクワクするようなスポーティな足回りになり、とても楽しめます。

オートモードで走りながら、たまにダイナミックで遊ぶということもできるので多目的に使えるでしょうね。

また、他にもクワトロの恩恵が大きく感じられるところがあります。普段は路面にぴったり吸い付くような感覚を得られ、思い切り加速する際には地面を蹴り上げてダイナミックに走る感覚を得ることができる。

コーナリング性能が非常に高く、コーナリングが楽しみになります。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

A5 Sportbadckは、各グレードともに走りに個性がありますよね。エンジンを変えずサスペンションを変えて違いを持たせたり、エンジンをパワーアップした上で駆動方式も変えて大胆に個性を演出したり……。

どのグレードも「乗ってみたい」と感じさせる工夫が、なんともニクイですよねえ。

性能は思う存分語ったので、今度は下記カタログから装備を抜粋し、各グレードの違いや特徴を見てみましょう。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a5/my17/my17_a5sb_di_1702.pdf

全グレード共通標準装備

  • バイキセノンヘッドライト
  • LEDリヤライト
  • 電動調整機能(フロント)
  • リヤヘッドレスト
  • ストレージパッケージ
  • MMIナビゲーション
  • Audi Connect(セーフティ&サービス付)
  • スマートフォンインターフェイス
  • アンビエントライティング
  • アウディドライブセレクト
  • ディスクブレーキ(フロント・リヤ両方)
  • アウディプレセンス ベーシック&シティ
  • アウディサイドアシスト
  • アウディパーキングシステム
  • アウディホールドアシスト
  • オートマチックテールゲード

全グレード標準装備を見ていると、安全面に関する装備は一通り揃っているように感じられます。

ベースグレードは他二つのグレードと比べるとコストカットされている部分が多いですが、安全性に関してはコストをしっかりかけるところが個人的にはポイント高いですね。

ディスクブレーキもしっかり両方に搭載されていて、プレセンスもベーシック・シティ両方搭載。

ベーシックは衝突の際、事前にフロントシートベルトの緩みを解消してくれる機能があって衝突した際の生存率を上げてくれます。

シティは市街地で走行している際、車や歩行者を検地して衝突危険性があると判断した場合、警告と自動ブレーキをかけてくれるので安心です。

特に、自動ブレーキは状況によってはフルブレーキをかけてくれるため、市街地では「もしも」の自体が発生しづらいと言えるでしょう。

また、ドライブセレクトが全車標準装備なのも好印象です。

「2.0TFSI sport」と「2.0TFSI quattro sport」の二つだけに搭載する設定でも、あまり反感は買わなかったかもしれません。

実際ベースグレードの足回りではダイナミックモードを選ぶことがないでしょうし、足周りの特性をそこまで変える必要も無いですからね。

ただ、必要か不要かでは語れない「何か」が、ドライブセレクトにはあります。

その何かとは、「ロマン」です。実際の性能云々より、走行特性を変えられるということ自体に意味があります。一定よりは可変のほうが面白いですし、ワクワクしますよね。

2.0 TFSIとsportの装備、特徴、異なる点

A5 2.0TFSI A5 2.0TFSI sport
  • アルミホイール15スポークデザイン7.5J×17
  • 225/50R17タイヤ
  • 標準シート:ミカドクロス
  • ダイヤモンドペイントフィニッシュデコラティブパネル
  • オートマチックエアコンディショナー
  • ダイナミックサスペンション
  • クルーズコントロール

 

  • ハイビームアシスト
  • sportバンパー
  • アルミホイール5アームスターデザイン8.5J×18
  • 245/40T18タイヤ
  • スポーツシート(フロント):アトリウムクロス
  • シートヒーター
  • アルミニウムエリプスデコラティブパネル
  • 3ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • スポーツサスペンション
  • アダプティブクルーズコントロール
  • アウディアクティブレーンアシスト
※二つのグレードで異なる装備を集めました。

スポーティな装備以外のあらゆる部分に、違いが見られますね。2.0TFSI sportを基準にして考えると、ベースグレードは様々な部分でコストカットされています。

エアコンが三つのゾーンでそれぞれ独自に管理できるものではなくなり、クルーズコントロールも前車の速度に追従するものではなくなりました。

微妙な変化かもしれませんが、これら二つの違いは案外大きいですよね。

それだけでなく、車線逸脱機能もsportには搭載されるということで、sportを選ぶ意味はとても大きくなっています。これほど露骨なコストカットは、アウディでは珍しいのではないでしょうか。

FFモデルが後付けのグレードであるため、このような設定になっているのかもしれませんね。

2.0 TFSI quattro sport S tronic装備、特徴、異なる点

  • パーシャルレザーシート
  • 標準リヤディファレンシャル

2.0TFSI sportとの違いは、上記二つです。

パーシャルレザーシートというのは、シートの座面や背面に天然皮革を使い、サイドサポートにはレザレットという人口皮革を使ったシート素材のこと。

ベースグレードとそのsportは両方とも布地でしたが、最上位グレードということで、2.0TFSIクワトロではレザーシート。より上質な座り心地が機体できますね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

A5 Sportbackの特徴を価格・性能・装備の三つから見てきましたが、FFモデルもクワトロも両方ともに個性があって、それぞれの魅力があるということが見えてきましたよね。

そこで、各グレードの魅力をまとめながら、個人的二度のグレードが一番良いと思うのか、評価してみたいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
A5 Sportback2.0TFSI ☆☆☆ 快適で疲れ知らずな4ドアクーペが欲しい方へ。
A5 Sportback2.0TFSI sport ☆☆☆☆☆ 快適で疲れ知らずだが、アウディ特有のソリッドな走りを味わいたい方へ。
A5 Sportback2.0TFSI quattro sport ☆☆☆☆ 快適で疲れ知らず、そして楽しく遊べる4ドアクーペが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

2.0 TFSI S tronicの評価

快適で疲れ知らず、熟成された大人の上質な乗り心地を実感できるという点では、程度の差はあれど全車共通しています。

それがA5 Sportbackの特徴であり、個性であり、魅力なんです。クーペでありながら実用性を兼ね備えたボディで、どことなくフォーマルな印象を受けるエクステリア。

爆発するような若さより熟練の色気を感じさせる見た目と、インテリアの質感、そして走り心地。2.0TFSIには爆発力は無いし、ソリッドな乗り味もスポーティな性能も乏しいかもしれません。それでも、選ぶ意味があります。

安いからというのもあるでしょうが、直進安定性に優れたFFである点と2.0TFSIの性能・装備を考えて「日常の足」としてのクオリティが高いと言えるんです。

遊びよりも実用性に振り切ったクーペを欲している方にとって、良い選択肢となりましょう。

2.0 TFSI sport S tronicの評価

2.0TFSIは、性能的にスポーティな走りもできるはずなんですよね。だからこそダイナミックモードを搭載したアウディドライブセレクトを備えているのでしょう。

ただ、サスペンションが少し柔らかかったんです。「うーん、もう少し走りが楽しめればなあ…」と悩む方も多いはず。

そこで、sportが自己主張を始めます。

「スポーツサスペンション、スポーツシート搭載!」

「他にも色々そろえたよ」

スポーツ走行に耐えうるサスペンションを搭載し、スポーツ走行の際の快適性をアップさせるシートも搭載。

その上、ベースグレードではコストカットされていた部分が上位グレードや他のA5モデルと同じ設定になって、お得感がありますよね。

2.0 TFSI quattro sport S tronicの評価

エンジン性能が向上しただけでなく、クワトロを搭載。

スポーツサスペンションを搭載しながらも、クワトロの恩恵によって低速でも衝撃や振動があまり感じられないコンフォートな乗り味も体感できるハイブリッドな特徴を持つ車です。

2.0TFSIと2.0TFSI sport両方の良いとこ取りをしたような走行感覚が魅力で、より熟成された大人の雰囲気が感じられます。

快適に走行できて疲れ知らずだけれど、たまにダイナミックモードで思う存分遊ぶことができる。

思う存分楽しんだらまた快適で楽な運転に戻り、最終的には「楽しかったけど、ぜんぜん疲れなかったな」「まだ乗ってられる」と感じられます。

異なる走行特性をシームレスに、そして最大限に楽しむことができ、何度運転してもワクワクさせてくれる、飽きない車です。

アウディ A5 Sportbackの総合評価

A5 Sportbackは紳士な雰囲気をまとった、ジャケットスタイルのようなエクステリアをしていながら、グレードによってその中身は無邪気な子供にも、落ち着いた大人にもなり得る面白い個性を持った車ですよねえ。

大人の落ち着きと安心と、子供のころ感じたようなワクワクする気持ちの両方が、A5 Sportbackにはあります。

「疲れ知らずの運転感覚」で、運転手は思い切りリラックスできる。心身ともにリラックスすると、社会人生活を送る上で時折忘れそうになるワクワクする気持ちを、思い出させてくれるんです。

そういうときにはダイナミックモードで気持ち良い吹けあがりを感じながら、思い切り駆け抜けてみる。

「なんだ、俺の人生はまだまだ楽しいじゃないか」

車を降りるときには、明日への活力もチャージできるでしょう。

A5 Sportbackは、運転手を癒し、元気付けてくれる良き相棒です。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です