アウディ A5 グレードを徹底解説、装備や魅力を紹介!

アウディA5

以前のA5クーペは、けれんみが全くと言って良いほど無く、オーガニック素材にこだわったパスタのような健康的で美味しいが薄味に感じる車でした。

ただ、2017年現在は、違います。脂の乗った魚か味重視でカロリーの高い料理かのような、面白みを感じるんです。

スポーツクーペでありながら丸みを帯びたボディを持っている。

そして、驚くほど快適な走行と軽快で素早い走行ができるなど、A5クーペも前より進化したなと感じられます。進化というより、脱皮でしょうね。

「これまでのアウディとは少し違うような、でもアウディらしさは感じられる」

そんなA5クーペの特徴や魅力を、これから紹介しましょう。

アウディ A5 グレード表

グレード名 価格
A5 Coupe 2.0TFSI quattro sport 6,860,000円

A5にはクーペとカブリオレ、そしてスポーツバックの三つのタイプが用意されています。スポーツバックは5ドアクーペです。スポーツバックだけグレードが複数ありますが、通常のクーペとカブリオレは単一グレードで勝負しています。

A5クーペの価格は686万円、古いスーパーカーを買えてしまうほどの価格ですよね。先代のA5は「年収1500万円以上の方に向けた車」として売り出されていましたが、この車を躊躇いなく買えるのは、そのくらいの年収層でしょうね。

こう表現すると少し語弊があるかもしれませんが、A5クーペはエリートのためのクーペということです。

各グレードの特徴や違いを解説

A5クーペはエリートのための車と表現しましたが、実際この車の性能自体もエリートなんです。

エリートのためのエリートなクーペということですが、どれほどの性能を持っているのか気になりますよね。そこで、まずは性能からA5クーペの特徴を見ていきましょう。

A5 Coupe 2.0 TFSI quattro sport

2.0L直列4気筒を搭載し、最高出力185kW/5,000~6,000rpm、最大トルク370Nm/1,600~4,500rpmの性能を実現しています。その乗り心地・走り心地は、拍子抜けするほどに快適で高級感が感じられるんです。

エンジンを回さず低回転で走ると全くの無味無臭で、エンジン音もエンジンの振動も特に感じられません。自分の好きな曲を流して、それを口ずさみながらゆったりと走るのに向いています。

市街地では回す必要もないくらい、低回転で十分すぎる速度が出ますからね。2,000rpm未満でも道路の流れを作り出すことが可能です。

アクセルを思い切り踏み込んでエンジンを回しても、音や振動は目立つことがありません。

快適で平和な感覚で落ち着いて運転できるのですが、速度だけはしっかりと伸びていきます。車を運転している感覚というよりも、車が走っていくのを見守っていくような感覚です。

あまり実感のこもった走行感覚ではないので、スポーツ性能を期待する人にはガッカリかもしれません。

ただ、この車をエリートのための素敵な足と捉えるなら、この圧倒的なコンフォート性能の高さは本当に素敵だと思いませんか? 高級な移動手段として見た場合、欲しいのは落ち着きと安心、そして疲れないことです。

車を運転しているという感覚が無いということは、楽で疲れが無く落ち着いているということ。移動手段としての性能はエリート級なんです。

スポーツ性能が欲しければSモデルを選べばいいだけのこと。通常モデルはあくまでも快適性重視という点は、アウディらしいですよね。

また、クワトロを搭載していますが、これも運転の楽さに貢献しているように感じられます。

ヤモリが壁に吸い付くようにして走っているように、A5クーペの四輪全てが路面に吸い付くようにしてしなやかに走ってくれるんです。何をどう走っても、タイヤが路面から離れることは無いという絶対的な安心感と安定感があります。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

速度を出して面白く走ることはできるが、それでもなお快適。車を運転している感覚が無いほどに楽というところから、A5クーペを語る上で重要なのは「快適かどうか」であると言えそうですね。

快適性というと装備も気になるところでしょうか。

そこで、今度は下記カタログから一部抜粋して、装備内容を説明したいと思います。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a5/my17/MY17_A5cc_DI_1702.pdf

A5クーペの装備内容

  • バイキセノンヘッドライト
  • 自動ヘッドライテオレンジコントロール
  • sportバンパー
  • ヒートインシュレーティングウインドシールドガラス
  • アルミホイール5アームスターデザイン8.5J×18
  • 245/40R18タイヤ
  • スポーツシート(フロント):パーシャルレザー
  • 電動調整機能(フロントシート)
  • ランバーサポート4ウェイ(フロントシート)
  • シートヒーター(フロント)
  • ストレージパッケージ
  • MMIナビゲーション
  • スマートフォンインターフェイス
  • Audi connect(通常の機能、セーフティ&サービス)
  • アンビエントライティング
  • 3ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • スポーツサスペンション
  • パワーステアリング
  • アウディドライブセレクト
  • ディスクブレーキ(フロント・リヤ両方)
  • アウディプレセンス ベーシック
  • アダプティブクルーズコントロール
  • アウディアクティブレーンアシスト
  • アウディプレセンス シティ

抜粋した装備内容を見るだけでも、快適性と安全性が高いことがわかりますよね。

特にフロントシート周りの快適性は抜群です。

電動調整機能とシートヒーターが付けられ、ランバーサポートも搭載とシートに搭載すべき機能のほとんどが搭載されています。

欲を出せば「シートポジションのメモリー機能」が欲しいところですが、それはSモデルとの差別化のために搭載させなかったのでしょうね。

ただ、シート面は天然皮革でサイドサポートはレザレット(人工皮革)な点が少し気になります。

アウディはアルカンターラという人工皮革を使うことが多く、全面レザーというのは若干珍しいです。それを踏まえたとしても、サイドサポート部分が人工皮革というのは少し不満。

耐久性に少し難がありますし、サポート部分は快適性に与える影響が大きいため、レザーであって欲しかったですよね。快適性が高い装備が多いだけに、残念に感じてしまいます。

また、安全性もクオリティが高いです。

衝突の際に事前にフロントシートベルトの緩みを無くし、安全性を確保する「アウディプレセンスベーシック」。

市街地での走行中に車や歩行者を感知して、衝突の危険性を知らせた上で軽いブレーキからフルブレーキまで、状況に応じて自動的に作動させる「アウディプレセンス シティ」。

その両方を搭載し、車線逸脱防止のアクティブレーンアシストまで搭載させるという、予防安全システムの充実度の高さに思わずホッと胸をなでおろしてしまいます。

Audi Connectはオペレーターに施設検索や予約の手配ができる機能、情報検索・閲覧機能などの他にSOSコールなどを含む「セーフティ&サービス」も利用可能です。

それだけでなく、フロント・リヤ両方にディスクブレーキを搭載することで基本的な安全性能も高くなっています。

A5クーペは安全と快適に対する意識がとても高く、エリートの素敵な移動手段として適しているなと実感させられますよねえ。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・装備を見てきましたが、A5クーペはとことんまで快適性と安全性、そして高級感重視ですよね。

スポーツバンパーを搭載したりと「スポーティな車」アピールをしている部分もありますが、それよりもコンフォートな移動手段としての側面がより作りこまれているように感じます。

そんなA5クーペの魅力や特徴を踏まえながら、独断と偏見交じりにA5クーペを評価してみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
A5 Coupe 2.0TFSI quattro sport ☆☆☆☆ 快適で高級感溢れる足を探している方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Audi A5 Coupe 2.0TFSI quattro sportの評価

A5クーペは、快適性がとことん高く高級感溢れる移動手段を欲している方に適した車です。性能は高いですが、その性能の高さを誇示するような調整はされていません。

スポーツサスペンションが搭載されているものの、ソリッドな感じは全く無く、至って快適。

クワトロの吸い付くような走行感覚により磨きをかけるためだけに、スポーツサスペンションを搭載させているのではないかと思えてしまいます。

ただ、そのおかげで市街地・高速道路・山道と、どんな道でも快適に走り抜けることができるんでしょうね。

「ドライブに出かけたい!」という意欲を駆り立てる車とは言えないかもしれませんが、運転後に「まだまだ乗っていられる」と感じさせる楽な車であることは確かです。

そういう意味で「良い足」となるでしょう。

アウディ A5の総合評価

A5クーペを見ていると、これほどまでクーペらしさを感じられないクーペがあるのかと考えさせられます。ボディタイプは確かにクーペだし、公式でクーペと謳っている限りは疑いようもなく、この車はクーペなんです。

ただ、丸みを帯びたボディに圧倒的にコンフォートな足回り、運転している感覚の無いほどの楽な運転感覚などを考えると、やはりクーペとは思えない。

それどころか、この車はクーペである必要があるのだろうかとさえ考えさせられてしまいます。

スポーティクーペとしては、いまひとつかもしれません。

A5クーペは「クーペ」として見るのではなく、「A5クーペ」という車として色眼鏡無しで見たほうが、正確にその性格を捉えることができるのではないでしょうか。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です