アウディ S4 グレードや装備を紹介、評価してみた!

アウディS4

パッと見てA4と変わらないように見えるけど、中身は全然違います。A4のハイパフォーマンスモデルであるS4は、A4と似たエクステリアに異なるインテリア・エンジン・足回りを搭載した見かけによらない車なんです。

細部をよく見ると、エクステリアも違うんですけどね。フロントバンパーは彫りが深くなって、グリルはマット・アルミ風仕上げがされており、どことなくスポーティな印象を強調するような形になっています。

実際にエンジンやミッションを見れば「スポーツ走行向き」の車であることが一目瞭然。

そんなS4の特徴を、これからじっくりと紹介しましょう。

アウディ S4 グレード表

グレード名 価格
S4 3.0TFSI quattro tiptronic 8,390,000円

S4は単一グレードで、ミッション方式や駆動方式も選ぶことができません。完全にひとつだけで勝負しているところに、アウディの自信を感じます。

アウディはハイパフォーマンスモデルは単一で売り出してきますよね。賛否両論あると思いますが、個人的には良いのではないかと感じています。

その分A4やA3などの通常モデルの選択の幅は多くしているので、釣り合いは取れるでしょう。それに、ハイパフォーマンスモデルは需要も限られているので選択肢を多くしなくても、「わかる人にはわかる」し、「買う人は買う」んです。

その需要というのは「ガンガンスポーティに走る車が欲しい」という需要。

当然、S4はその需要に沿った車となっています。

各グレードの特徴や違いを解説

ガンガン走れるスポーティな車という需要を満たすためのS4、元々のクオリティが高いA4の上位モデルということで期待が高まりますね。

ハイパフォーマンスモデルは装備より性能がまず気になると思うので、まずはエンジンや足回りについて解説します。

3.0 TFSI quattro tiptronic

S4に搭載されているのは、グレード名の通り3.0LのV型6気筒エンジンです。S3、そしてA4とこれまでアウディでは名前の出てこなかったV6エンジンを搭載しているというだけで、テンションが上がりますよね。

排気量もこれまで「2.0L」がマックスだったのに、いきなり3.0Lですから、一体どれだけ気合を入れた走りができるのか、妄想が止まりません。

そんなエンジンの性能は、最高出力260kW/5,400~6,400rpm、最大トルク500Nm/1,370~4,750rpm。

圧倒的性能のV6エンジンと、伝達効率がとても高い8段ティプトロニック・トランスミッション、そしてクワトロ(4WD)の融合によって、S4は圧倒的な俊足を手に入れました。

そんなS4は、走り始めた瞬間に、驚きが待っています。動きが圧倒的なまでに軽やかなんですよ。そのために、これまでのアウディ車全てを上回るほどのしなやかさと上質さを、まず最初に感じることができます。

市街地ではこの軽さとしなやかさが武器となって、色んな場所をスイスイと駆け回ることができるでしょう。道路の流れを牽引できる速度帯にも、一瞬で到達します。

アウディドライブセレクトで「ダイナミックモード」を選び、アクセルを踏む。

その瞬間仰け反るほどの加速Gが体を包み込むと同時に、スポーツシートに体が沈みこんでいく。シートと体が一体となったような感覚に驚いていると、「あっ」と言う間に速度は危険な領域へ……。

目に映るのは路面情報だけ、耳に入るのはやる気満々なエキゾーストノートだけ。運転にのめりこむトランス感が、これまでのアウディとは段違いです。

トランス感を高めているのはエンジン性能だけでなく、意のままに操る感覚を実現したクワトロの恩恵によるところも大きいでしょう。四つの駆動輪が逐一路面を蹴り上げて体の向きを変えるので、どんなコーナーでも柔軟に対応できます。

速度を落とさなくても「安全だ」と感じるコーナリングが出来るので、驚きです。

高速道路・山道・峠道・市街地を連続して走りぬけたとしても、疲労感が無い。S4に乗れば運転直後に「もう一回走ってきて」と言われても、「ハイ喜んで!」と諸手を挙げて自らドライブに駆け出してしまいそうです。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

S4の楽しく疲労感の無い走りは「エンジン」「ミッション」「クワトロ」「ステアリングの操作感覚」それら全てが一体となることで、実現できているんでしょう。

トルク感がすぐ伝わるのはミッション効率が良いから、曲がりやすいのはクワトロの恩恵とステアリングのちょうど良い軽さ・重さによるもの。

正直これだけでも800万円超えの価値はあると感じられ、装備内容に期待が高まります。

今度は、WEBカタログから装備内容を一部抜粋し、気になるものを解説しましょう。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a4/my17/my17_a4_di_1704.pdf

S4の標準装備

  • LEDヘッドライト
  • LEDリヤコンビネーションライト
  • エクステリアミラー 電動調整&各脳機能 自動防眩機能 メモリー機能 ヒーター
  • アルミホイール5ツインスポークスターデザイン8J×18
  • 245/40R18タイヤ
  • スポーツシート(フロント):アルカンターラ/レザー素材
  • シート電動調整機能(フロント)メモリー機能(ドライバーサイド)
  • MMIナビゲーション
  • スマートフォンインターフェイス
  • Audi connect(通常機能とセーフティ&サービス)
  • 3ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • ダンピングコントロール付きSスポーツサスペンション
  • アウディプレセンス リヤ
  • アウディアクティブレーンアシスト
  • アウディプレセンス シティ
  • アウディパーキングシステム
  • アウディホールドアシスト

スポーツ走行を前提としているためか、先進安全装備がとても充実しています。

駐車を簡単にするパーキングシステム、車線逸脱を防止すアクティブレーンアシストなど基本的なものに加えて、「プレセンス リヤ」や「プレセンス シティ」なども搭載している点が良いですね。

特に「プレセンス リヤ」はA4には標準搭載されていない機能です。

S4には二種類の「アウディ プレセンス」が搭載されていますが、まずはこれらについて解説しましょう。

アウディ プレセンス「シティ」に搭載されているのは、衝突防止機能。前方に車や歩行者を検知して衝突の危険性があるとコンピュータが判断した場合、警告の後軽い断続的な自動ブレーキがかかるようになります。

それだけでなく、必要な場合にはフルブレーキも作動するので警告に気づかないときにも安心です。

この機能は10~85km/hあたりで走行している際に作動します。市街地走行中は常に作動可能な状態と言っても良いほど、速度の幅が広いですよね。

プレセンス「リヤ」は、リヤバンパーのレーダーセンサーを使って後方から接近する車や自転車などを監視する機能です。

衝突の危険性がある場合、フロントシートベルトを自動で巻き上げて注意喚起をしてくれます。ディスプレイで視界に向けてではなく、体に向けて警告してくれるので、気づきやすくて良いですね。

同時にウインドウが閉まってハザードランプが点滅し、自分だけでなく周囲の車にも注意喚起をしてくれます。

また、停車時に後方から車や自転車が近づくのを感知してドアを開けるときにストリップライトとドアミラーの警告灯が点灯する「エグジットワーニング機能」も搭載。

この機能は駐車時だけでなく、駐車スペースからバックで出ようとする際にも後方の車を検知してMMIディスプレイにその位置などを知らせてくれます。

プレセンス「シティ」と「リヤ」両方を搭載することで、安全性はより確実なものとなるわけですね。

スポーツ走行時の安全性は「レーンアシスト」や「ホールドアシスト」などの基本的な機能で確保し、市街地や駐車場での安全性はプレセンスという先進機能で確保。後は運転手自身が注意をするようにすれば、死角無しと言えます。

安全装備以外の機能や装備も充実していて、装備のクオリティはとても高いと感じられますね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・装備とS4の特徴を見ていく中で、この車の魅力は伝わったのではないかと思います。性能を見た時点で購入欲が高まりますが、装備を見ると更に欲しくなりますよね。

限定された需要に向けたモデルではありますが、少しでも車が好きなら思わず惹かれてしまいます。

最後に、そんなS4を独断と偏見で評価してみましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
S4 3.0TFSI quattro tiptronic ☆☆☆☆☆ 安心安全かつ、圧倒的な性能を誇るスポーツモデルを探している方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

3.0 TFSI quattro tiptronicの評価

S4はアウディ本来の「安心と安全性能の高さを誇る上質なファミリーカー」という特徴を持ちながら、スポーツモデルらしい爆発力と圧倒的なまでの駆け抜ける喜びを持った「選びたくなるスポーツモデル」と言えるのではないでしょうか。

ファミリー向けの高級セダンを元としたスポーツモデルとして、本来の特徴と魅力を大事にしながら驚くほどに高いスポーツ性能を加えてきたというところに、スタンドオベーションしたくなるほどの魅力を感じるんです。

500Nmという最大トルクを全身に感じながら、圧倒的な出力を駆使して四つの足で地面を蹴り上げながら超スピードで駆け抜けていく。

家族や友人を乗せて一緒に楽しみながらスポーティなドライブを楽しむも良いし、一人で相棒と一体になったかのような感覚を得てどっぷりとS4の楽しさに浸るも良い……。

加えてファミリーカーとしても十分使えるほど快適性も高いため、スポーツモデルとしては多目的に利用できて好印象です。

アウディ S4の総合評価

正直、この車が本体価格839万円というのは安いです。価格を840万円ではなく、1万円下げた839万円に設定することによる錯覚でそう語るのでは断じてない。

100円より99円の方が売れるとか、そういう問題ではなくて、S4があまりに安すぎるのではないかという問題なんです。

「定価から値下げされてるの?」と言いたくなります。

S4の性能、装備内容なら1000万円でも選びたくなるんです。実際1000万円で売り出されていたとしても違和感がありませんし、S4の価値を理解してこの車を購入しようという方なら1000万円でも買うだろうと強く思います。

アウディは常に価格と中身の釣り合いが取れていると感じるのですが、今回はそれを良い意味で打ち破ってくれました。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です