アウディ A4 セダン グレード毎に徹底解説、装備や魅力を紹介!

アウディA4セダン

走って良し、乗って良しの洗練されたミッドサイズセダン、それがA4です。アウディと言えばA4というイメージがある方は多いと思います。

ベンツで言うところのCクラスであり、BMWで言うところの3シリーズがA4です。要は日本・世界各国両方で一番売れていると言えるモデルということですね。

A4は快適性が非常に高く、ハイテク機能も豊富で内装のクオリティが非常に高いんです。乗っているだけで気持ちよくなれるため、運転手をはじめ乗員全員が楽しめます。そして走行性能も非常に高く、走らせて楽しいんです。

「移動手段としての快適性」と「走りの面白さ」という車の二大要素を満たすA4の特徴や魅力を、これからじっくり紹介しましょう。

アウディ A4 セダン グレード表

グレード名 価格
Audi A4 1.4TFSI 4,470,000円
Audi A4 1.4 TFSI Sport 4,780,000円
Audi A4 2.0TFSI 5,180,000円
Audi A4 2.0TFSI quattro 5,970,000円
S lineパッケージ +820,000~930,000円

A4に設定されているグレードは、基本的に四つです。その最低価格と最高価格の差は150万円、ドイツのプレミアムブランドにしては小さめとなっています。

1.4TFSIと2.0TFSIとではエンジンが異なるため価格差が大きいですが、「1.4TFSIとSport」「2.0TFSIとquattro」はエンジンが共通なので、価格差が小さいのです。

また、「S lineパッケージ」というオプションが用意されています。

2.0TFSIと2.0TFSI quattroに追加可能で、quattroに装備させるほうが安いです。S lineの装備内容は後ほど詳しく見ていきたいと思いますが、その価格に見合った豪華な内容ですよ。

各グレードの特徴や違いを解説

価格差が比較的小さいため、グレード間でそれほど大きな違いは無いのではないかと不安に感じる方も多いでしょう。

特に気になるのが「装備の違い」だと思いますが、装備はまた後ほど詳しく説明するとして、まずは性能をはじめとする各グレードの概要を説明したいと思います。

最初に言っておきましょう。

「安心してください、違いはちゃんとありますよ」

Audi A4 1.4 TFSI

1.4TFSIに搭載されているエンジンは、その名前の通り1.4Lの直列4気筒ターボエンジンです。A4で1.4を選ぶことに躊躇いがある方も多いと思います。A1やA3じゃないんだから、1.4Lの4気筒なんて……と思うのも無理はありません。

ただ、BMW3シリーズにも1.5Lの3気筒が追加されていますし、近年では低排気量ターボモデルを設定するのはトレンドと言えましょう。

ライバルとなる車種にも同じ傾向があるということだけでなく、事実1.4Lエンジンでも十分な性能を誇っているんです。

その最高出力は110kW/5,000~6,000rpm、最大トルクは250Nm/1,500~3,500rpm。

市街地で実際には知らせてみると、停止状態からの発進で素早く2,000rpm程度まで回転数を高めてくれて、すぐに最大トルクを発揮できる状態にまで立ち上がります。

クラッチの繋ぎも非常にスムーズで、発進加速のもたつきは全く感じられません。

市街地走行では加速力を活かす場面はほとんどありませんが、落ち着いて威風堂々とした走りを楽しむことができます。走りの快適性で言えば、とてもクオリティが高いです。必要にして十分、といったところでしょうか。

高速道路を走らせてみると、思いのほか気持ちよく加速してくれます。

車格的に考えてもスポーツ走行というような鋭い加速感ではありませんが、あっという間に巡航速度に達するスムーズな加速と、追い越しや合流で恐怖を感じない点を考えれば、過不足無く快適と言えるでしょう。

「これが1.4L?」と驚くほどの走りです。

Audi A41.4 TFSI sport

エンジン性能は変わりませんが、17インチアルミホイールやスポーツサスペンションなど、スポーティな走りを助けるための装備が搭載されています。

1.4TFSIの性能的にスポーツサスペンションは不要と感じざるを得ないところもあるのですが、スポーティな気分を味わえる装備がたくさんあると考えれば、あながち不要なグレードとは言えないでしょう。

それに、サスペンション以外にも追加点がありますからね。

Audi A4 2.0 TFSI

2.0TFSIに搭載されているのは、最高出力140kW/4,200~6,000rpm、最大トルク320Nm/1,450~4,200rpmの2.0L直列4気筒ターボエンジンです。

このエンジンの特徴は、2,000rpmに達したあたりから力強さが一気に増して、気持ちよく加速してくれる点。

発進すぐに最大トルクが発揮できる状態になり、軽快な走りをしてくれる点は1.4Lもそうでしたが、2,000rpm以上の加速が素晴らしい。

1.4TFSIが「快適に落ち着いた走行をする車」であれば、2.0TFSIはそこに「楽しい」をプラスした形になっています。

スポーティな走りを楽しむことができて、運転手は「真剣に運転を楽しむ」ことができるんです。

その分「なんとなく快適に移動したい」程度に考えている人でなく、「運転を真剣に楽しみたい」という方にこそステアリングホイールを手にとって欲しい。

ステアリング調整が良いからか、スピードを出して走っていても取り回しがとてもよく感じます。

ミッドサイズセダンとは思えないほど速度が出る点もそうですが、車格を忘れさせるほどグイグイ前のめりに曲がってくれる点がそう感じさせるんです。

乗ればミッドサイズ、走り出せばコンパクト。

そう錯覚してもおかしくはないほど、取り回しが楽。

「加速したい」と思ってアクセルを踏み込んだ瞬間、景色なんて一瞬にしてどうでも良くなるほどの気持ちよさを伴って加速したいだけ加速してくれる。

今は何よりも運転にだけ集中していたいと感じさせられるほどの加速の良さ、そしてステアリング性能の高さに車と一体になったかのような感覚を味わうことができます。

2.0Lとはいえ、4気筒でここまでの走りが楽しめるというのは、凄いことですよねえ。

Audi A4 2.0 TFSI quattro

2.0TFSIに「quattro(4輪駆動システム)」を搭載させたのが、このグレードです。

4WDだから荒れた地面や雪道向きだと思う方も多いかもしれませんが、アウディのquattroはオフよりオンロードを楽しくガツガツと走るための4輪駆動なんですよ。

四つの駆動輪が地面を的確に捉え、水面をこぐようにして蹴り上げてくれる。

正確無比なトルク配分を行い、コーナリング時の安定性を高めてスポーツ走行の手助けをしてくれるんです。元々コーナリング性能が高い車でしたが、それがさらに高められます。

よりダイナミックに、より楽しく安心して走ることができるんです。

S line パッケージ

S lineパッケージは、内装がスポーティに仕上げられたパッケージオプションです。

スポーツシートやスポーツサスペンションを搭載するだけでなく、様々な装備の追加・変更が行われています。装備内容については、これから詳しく見ていくとしましょう。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

A4セダンの各グレードの性能と概要を見てきましたが、各グレードでしっかりと違いが出てますよね。特に性能の違いは大きく、1.4TFSIと2.0TFSIの担う役割も違うように感じられます。

ただ、装備にどれほどの違いが出るのかが気になりますよね。価格差を見るとあまり期待できないのではないかと考える方も多いでしょうが、今度は装備を基準として各グレードの特徴を見てみましょう。

なお、装備内容はWEBカタログから一部抜粋しています。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a4/my17/my17_a4_di_1704.pdf

全グレード共通標準装備

  • バイキセノンヘッドライト
  • 自動ヘッドライトレンジコントロール
  • リヤライト(ハロゲン)
  • エクステリアミラー 電動格納機能ヒーター
  • 可倒式リヤシート
  • リヤヘッドレスト
  • MMIナビゲーション
  • ハンズフリー(Bluetooth)
  • Audi connect
  • Audi connectセーフティ&サービス
  • DIS(ドライバーインフォメーションシステム)カラー
  • スマートフォンインターフェイス
  • パワーステアリング
  • サイドエアバッグ(フロント)サイドガード(フロント/リヤ ヘッドエアバッグ)
  • アウディホールドアシスト

上記の装備は全車共通の標準装備なので、パッケージオプションであるS lineに関しては考慮していません。

S lineを付けることでヘッドライトなどが標準装備とは異なりますが、それはS lineパッケージの装備を語るまで取っておきましょう。

まずは、上記標準装備について語ります。

MMIナビゲーションやスマートフォンインターフェイスが標準装備されているのが、良いですよね。

スマートフォンインターフェイスは「AppleのCarPlay、Android Auto」のアプリを通じて、スマホコンテンツをMMiナビゲーションのディスプレイに表示する機能です。

USB接続で、電話機能・音楽・アプリ操作などをMMIコントローラーやボイスコントロールですることができるようになります。A3ではオプションだったのですが、A4で標準搭載されました。

MMIコントローラー自体の操作性もとても良く、ボタン配置等もわかりやすいです。以前のMMIコントローラーはボタンがあまりに多く「到底使いこなせない」ものだったようですが、近年は改善されています。

また、パワーステアリングなど「これは欲しいだろ」という装備が一通り揃っていると言えるのではないでしょうか。

A3との共通点も多いですが、以前はオプションだったものを標準装備するなど、全車標準装備としてのクオリティは高いです。

Audi A4 1.4 TFSI / 1.4 TFSI sport装備比較

1.4 TFSI 1.4 TFSI Sport
  • 通常バンパー
  • アルミホイール5アームデザイン7J×16
  • 205/60R16タイヤ
  • 標準シート
  • 高さ調整機能(フロント左右)
  • ダイヤモンドペイントフィニッシュ デコラティブパネル
  • ダイナミックサスペンション
  • EPB(エレクトロ・メカニカル・パーキングブレーキ)
  • キーレスゴー
  • スポーツバンパー
  • アルミホイール5スポークYデザイン7.5J×17
  • 225/50R17タイヤ
  • スポーツシート(フロント)
  • 電動調整機能(フロント右)手動高さ調整機構(フロント左)
  • ランバーサポート4ウェイ(フロント)
  • アルミニウムエリプス デコラティブパネル
  • シートヒーター(フロント)
  • スポーツサスペンション
  • リヤビューカメラ
  • アウディパーキングシステム
  • アウディホールドアシスト(パーキングブレーキ)
  • アドバンストキーシステム
※二つのグレードで異なる装備を挙げました。

スポーツバンパーやスポーツシートなど、スポーティ仕様になっているのがわかりますよね。特に個人的に良いなと感じるのは運転席に電動調整機能が付いて、ランバーサポートも搭載されている点です。

スポーティな走行を楽しむための工夫は、最適なシートポジションから始まると言っても過言ではないほどシートポジション調整は大事ですからね。

また、スポーティな走行を見越してなのか、パーキングシステムやホールドアシストなど各種アシストが充実して安全性も増しているという点がなんともニクイです。

車は走れればいいというものではなく、人を乗せて運ぶ移動手段ですから、楽しいだけでなく、安全で楽なのがいいですよねえ。

Audi A4 2.0 TFSI / 2.0 TFSI quattro装備比較

2.0TFSI 2,0TFSI quattro
  • アルミホイール5アームデザイン7J×16
  • 205/60R16タイヤ

 

  • アルミホイール10スポークデザイン7.5J×17
  • 225/50R17タイヤ

 

※二つのグレードで異なる装備を挙げています。

2.0TFSIと2.0TFSI quattroとでは、ホイールとタイヤが異なる以外に違いはありません。

1.4TFSI Sportの装備内容が共通で装備されているというわけではなく、スポーツシートやスポーツサスペンションなど1.4TFSIの装備は、非搭載です。

1.4TFSI/Sportと、2.0TFSI/quattroの装備の違い

  • 3ゾーンオートマチックエアコンディショナー
  • アウディドライブセレクト
  • アダプティブクルーズコントロール
  • アウディアクティブレーンアシスト

1.4TFSI/Sportは通常のオートエアコンが搭載されていますが、2.0TFSI/quattroでは3つのゾーンに分かれて独自調整できるオートエアコンになっています。

人それぞれ快適に感じる温度は違うものですよね。

通常のエアコンだと「寒い」という人と「暑い」という人と両方いて、どちらかが犠牲になってしまったところ、このエアコンなら両方の願いを聞き入れることができるという利点があります。

また、アウディドライブセレクトで「コンフォート」「ダイナミック」「効率優先」など、自分の好みに合わせてエンジン・ステアリング特性・サスペンションやダンパーなどを調整できるのも良いですよね。

より一層ドライブを楽しむことができます。

クルーズコントロールの搭載やレーンアシストの搭載など、ドライブをより楽しみやすくする機能が満載で、2.0TFSIは1.4TFSIより走りに重点を置いたグレードであることがわかりますよね。

S line パッケージ装備、特徴、異なる点

  • S lineバンパー
  • ドアシルトリムS lineロゴ
  • アルミホイール5ツインスポークスターデザイン8J×18
  • スポーツサスペンション
  • スポーツシート
  • スプリントクロス/レザー Slineロゴ
  • シートヒーター
  • デコラティブパネル マットブラッシュトアルミニウム
  • ヘッドライニング ブラック
  • LEDヘッドライト
  • LEDリヤコンビネーションライト
  • LEDインテリアライティング

2.0TFSI/quattroでは1.4TFSI Sportのようにスポーツサスペンションやスポーツシートが標準装備されていませんでしたが、S lineを追加することで搭載させることができます。

これによってS lineを選ぶメリットは高くなりましたが、出来れば「2.0TFSI quattro」に標準搭載して欲しかったという方が多いのではないでしょうか。

個人的にもその意見には賛成です。

標準装備にすると「quattro」を選べば、強制的にサスペンションがスポーティ仕様になるというデメリットがありますが、スポーツ走行をせずコンフォート走行だけするという方は1.4TFSIを選ぶでしょう。

それを「デメリット」と感じるユーザーは2.0TFSIを最初から選ばないため、標準でよかったのではないかと考えざるを得ません。

ただ、S lineのパッケージオプションとしての完成度は高いです。

専用のバンパーやロゴで特別感を演出、所有欲を満たし、LEDヘッドライトやリヤコンビネーションライトなど多数のオプションを搭載することによって「スポーツサスペンションが標準ではない」不満を中和させようとしています。

少しニクイ感じがしますが、絶妙なパッケージですよね。

スポーツ走行をするなら、選ばざるを得ないじゃないですか。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

A4セダンの特徴を価格・性能・装備から見てきて、それぞれのグレードの持つ役割のようなものが見えてきたのではないでしょうか。

その役割は何かというところを改めて語りながら、各グレードがどんな人にオススメなのかを紹介したいと思います。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
Audi A4 1.4TFSI ☆☆☆ あまりガンガン加速して走らせない方へ。
Audi A4 1.4TFSI Sport ☆☆ スポーティな気分を味わいたい方へ。
Audi A4 2.0TFSI ☆☆☆☆ 加速を楽しみたいが、前輪駆動でも良いという方へ。
Audi A4 2.0TFSI quattro ☆☆☆☆☆ 思い切りスポーツ走行を楽しみ、quattroの安定性の高さを体感したい方へ。
S lineパッケージ ☆☆☆☆ 2.0TFSI/quattroを選び、足回りやインテリアをスポーティにしたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

Audi A4 1.4 TFSI の評価

アウディA4セダンは、全体的に快適性重視の車です。その色が特に濃く出ているのが、1.4TFSIでしょう。ベースとなるコンセプト以外に付け足している部分が無いとも言えますね。

1.4TFSI Sportはスポーティな内装など「スポーツ要素」を足しているし、2.0TFSI以降は走りの楽しさにも重点を置いています。

言わば、1.4TFSIは純粋なA4ということです。

ガンガン加速してスポーティに走るには性能が少し足りませんが、市街地や高速道路を快適に落ち着いて走るのにはとても向いています。スポーツ走行をほとんどしないという方にこそ、オススメのグレードです。

Audi A41.4 TFSI sportの評価

1.4TFSI Sportは個人的なオススメ度が最も低いですが、その理由は「需要がぼやけているため」です。

1.4TFSIの需要はスポーツ走行ではなくコンフォート走行をメインで楽しみたい方に向いていますし、実際エンジン性能と車格を照らし合わせるとスポーツ走行には若干不安があることがわかります。

そこにスポーツサスペンションを付けるメリットはあるのかと問われれば、疑問を抱かざるを得ません。

スポーツシートやシートヒーターは気分も出て良いのですが、サスペンションが変わるとなると「スポーツ気分を味わう」にしても選ぶのをためらってしまいますよね。

コンフォート走行メインなら、スポーツサスペンションのような硬めのサスは合わない。ドライブセレクトも無く自ら調整ができないために、スポーツサスペンションの性能に走りが引っ張られてしまわないかと不安になります。

そのため、個人的にはあまりオススメできません。

Audi A4 2.0 TFSIの評価

2.0TFSIはエアコンのグレードアップなどによって快適性がアップしただけでなく、エンジン性能向上によってスポーツ走行を楽しむのに十分な性能を得ています。

そのため、気持ちいい加速を得てスポーツ走行を楽しみたいという方にオススメです。

中でも「quattroは要らない」という方向けですね。

個人的には是非quattroを選んで貰いたいところなんです。quattroでなくてもクオリティの高さは変わらないので安心してください。

運転手と車との関係がとても密接で、一体感を味わうことができるように調整されています。アウディは足回りやエンジンの調整がとてもうまいんですよ。

BMWやベンツと比べたときのアウディのアドバンテージというのは、そういった技術面にあります。

アウディは、技術の鬼です。

その技術力の高さを一番実感できるのはquattro。

予算が許すのなら、是非quattroを選んで欲しいところです。

Audi A4 2.0 TFSI quattroの評価

これはA4の中で一番高いグレードですが、A4を選ぶのであれば2.0TFSI quattroを選んで欲しいと感じざるを得ないほどにクオリティが高いグレードなんです。

向上したエンジン性能と、A4が本来持つ取り回しの良さを、quattroがさらに強化しているんですよ。

4輪で地面をしっかり蹴り上げて自由自在に曲がっていく人馬一体の感覚は、一度味わえば癖になってしまいます。車の鼓動や息遣いを五感全部で味わって運転する感覚は、他ではなかなか味わうことができません。

ただの4輪ではなく、楽しく走るための4輪であるため、雪道や荒れた道を走らない方にも、quattroをオススメします。

S line パッケージの評価

S lineパッケージはオプションパッケージとしての完成度がとても高いんですが、価格がとても高くなってしまいます。100万円近く変わるため、安易にオススメできるものではありませんね。

スポーツサスペンションの搭載など、スポーツ走行メインで考えている方にとって魅力的な装備も多いため、2.0TFSI quattroを選んでも予算が余るのであれば、S lineパッケージを付けても良いと思います。

ただ、ドライブセレクトである程度足回りの調整ができるので、無理をしてまで付ける必要はないと思います。

アウディ A4 セダンの総合評価

ドイツプレミアムブランドの中で、ベンツとBMWはストイックな車作りをしているように見えます。一方でアウディは「おしゃれな車」を作っているように見えるかもしれませんが、A4は洒落ているだけではありません。

単なるお洒落さんブランドではなくて、グレードが上がるごとに自らの技術力を見せ付ける技術の鬼なんです。

ベースグレードである1.4TFSIは、確かにおしゃれブランド感が強いですが、2.0TFSIや2.0TFSI quattroは足回りやエンジンの調整技術など、技術力の高さが激しく主張しています。

低排気量でハイパワー、足回りの調整で人馬一体を表現。果てはquattro……。

A4はアウディの車作りの特徴が、ギッシリ詰め込まれたモデルだなあと実感します。アウディの中でトップクラスで売れているモデルであるということも、納得できますよね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です