アウディ A1 Sportback 各グレードを解説、あなたに適したグレードは?

アウディA1スポーツバック

A1は、アウディのエントリーモデルです。Sport backは、その5ドア仕様。ヨーロッパ諸国だとアウディA1は3ドアである通常モデルの方が売れているんですが、日本国内で走っているA1を見ると5ドアが多いんですよね。

その理由は、5ドアの方が使い勝手が良いからでしょう。そして、後部座席の人を優先させる考えもあって5ドアの方が人気なのかもしれません。

何よりも、アウディA1自体が実用性重視のコンパクトなので、使い勝手が良いモデルの方が選びやすいんでしょうね。

実用性バッチリ5ドアモデルが、スポーティなエンジンで軽快に走るところもA1 Sportbackの魅力。

そんなA1 Sportbackの魅力を、グレードごとに紹介しましょう。

アウディ A1 Sportback グレード表

グレード名 価格
1.0TFSI 2,690,000円
1.0TFSI Sport 2,850,000円
1.4 TFSI Cylinder on demand sport 3,490,000円

グレードは全部で三つ、そしてその最低価格と最高価格の差は80万円。他の有名なドイツ車と比べれば全体的な価格差は小さいほうです。

ただ、1.0TFSI Sportと1.4TFSIとの差と、1.0TFSIと1.0TFSI Sportとの差を比べると、明らかに前者が大きいのがわかりますよね。

それでもエントリーモデルということで価格自体が低めに設定されているため、それほど差があるという感じはしないでしょう。

また、1.0TFSI Sportと1.4TFSIの価格差が大きい理由は、これからすぐにわかります。

各グレードの特徴や違いを解説

1.0と1.4とで価格差が大きいのは、装備だけでなくエンジン性能が異なるためです。1.0TFSIと1.0TFSI Sportは、違いが装備だけなので価格差が小さめになっているというわけですね。

それを踏まえた上で、性能を基準として各グレードの概要を見てみましょう。

1.0 TFSI

1.0TFSIには、直列3気筒ターボエンジンが搭載されています。その最高出力は70kW/5,000~5,500rpmで、最大トルクは160Nm/1,500~3,500rpmです。

1リッター3気筒か、たいしたことが無いなと思う方もいるかもしれませんが、これがコンパクトカーを小粋に楽しく乗るためにピッタリのエンジンなんですよ。

乗ってみると、それがわかります。

予想していたよりもずっと軽快なんです。

出足から大きな力が発生するため、低回転でも力不足を感じることはありません。最大トルクが大きく1,500rpmから発生するため、道路の車の流れをリードできる程度には市街地でも加速することができます。

弾丸のようだとか、胸のすく加速とまではいきませんが、それでも十分気持ちが良いです。

恐らく「気持ちいいな」と感じるのは、変速機の恩恵だと思われます。エンジンのパワーが出てくる回転域や、エンジンが一番元気の良い回転域をとても賢く利用しているんです。

試乗する機会があれば、一度回転計を見ながら走ってみてください。きっと、わかるはずです。

快適な回転域で気持ち良い加速ができるという点は、実用向きの車としてとても好印象。

また、取り回しの良さも抜群です。面白いくらいに自分のステアリング操作に忠実に、車が向きを変えてくれます。A1 Sportbackは、実はカーブがとても上手な車なんですね。

コンパクト特有の扱いやすさに加え、カーブが得意、そして快適で楽な走行感覚……小粋に楽しめる実用車ということなら、ベースグレードでも、とてもハイクオリティです。

1.0 TFSI Sport

ベースグレードと装備が異なるのが1.0TFSI SPortの特徴ですが、その中で最も特徴的なのがスポーツシートやスポーツサスペンションの搭載でしょうね。

加速した際の衝撃吸収性などをデフォルトより若干向上させたサスペンションに、ホールド力の高いシート。3気筒の車に必要かと問われると微妙なところですが、スポーティな気分を味わえるだけでも面白いのではないでしょうか。

A1 Sportbackの魅力である「取り回しの良さ、カーブの上手さ」そして「快適な回転域での加速の気持ちよさ」を、スポーツサスペンションがさらに引き出してくれますよ。

1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport

1.4TFSIに搭載されているのは、1.4Lの4気筒ターボエンジンです。3気筒から4気筒になったということで期待が持てますね。実際、最高出力110kW/5,000~6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500~3,500rpmと高い実力を持っています。

エンジン始動してすぐに気持ち良いスムーズな加速感を味あわせてくれ、少し踏み込むと「おぉっ」と声を上げてしまうほどのパワーを発揮してくれるんです。

エンジンサウンドも静かでありながら情熱を感じさせるような、気持ちよいもので、その音を聞きながらスムーズに加速するのは本当に面白い。

『面白い』の一言に尽きる。

そこが1.0TFSIとの違いです。

低回転だと楽で快適な移動空間を提供してくれて、エンジンを回していくと胸のすくような気持ち良い加速感を楽しむことができるようになります。

1.0と同じく変速機との連動がとても良くできていて、回転数と速度域のバランスがとても良いです。

低回転でATで走ると眠いくらいに快適で、静か。Sトロニックという擬似MTモードにすると、トルク感とギアが切り替わる感覚などが運転手にしっかりと伝わってきます。

車を操っているという感覚がとても強くなり、これまた面白いんです。

4気筒のパワーによる面白さ、ATで感じる静けさの中にある情熱を感じる面白さ、Sトロニックでハイパワーを感じるハイテンションな面白さ…。様々な面白さを体感できますよ。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能を基準にA1 Sportbackの特徴を語ってきましたが、細かいグレードの違いは装備を見ないとわかりません。どんな装備があるのか、インテリアの装飾は?

装備にも気になる部分が多いですよね。そこで、今度は装備を基準に各グレードの特徴を見てみましょう。

なお、装備内容はWEBカタログから一部抜粋しています。
http://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a1/my17/MY17_A1_DI_1703.pdf

全グレード共通標準装備

  • ハロゲンヘッドライト
  • ヘッドライトレンジコントロール
  • 3シーター60:40分割可倒式リヤシート
  • リヤヘッドレスト
  • チルト/テレスコピックステアリングコラム
  • ハンズフリー(Bluetooth)
  • アウディミュージックインターフェイス(AMI)
  • 8スピーカー
  • DIS(ドライバーインフォメーションシステム)
  • 音声認識システム
  • サーボトロニック
  • ディスクブレーキ(フロント・リヤ)
  • スタート・ストップシステム
  • ヒルホールドアシスト
  • サイドエアバッグ(フロント)サイドガード(フロント/リヤヘッドエアバッグ)

シンプルな装備内容ですよねえ。

インテリアを見ると、特にそう思わされます。加飾はほとんどなく、質素でありながらも上質感の漂う室内空間。

運転席周りに機能を凝縮したシンプルさと、フロントシートの機能性の高さは本当にアウディらしい作りです。加飾などは、エントリーモデルということでご愛嬌。

装飾で着飾ってお金をかけるより、ハンズフリーシステムやチルト/テレスコピックなど機能を多数搭載させたほうが良いということなのでしょう。特に音声認識システムまで搭載しているところが、いいですよね。

それだけでなく、フロント・リヤ両方にディスクブレーキを搭載して制動力を上げている点やサーボトロニックの搭載なども好印象です。

エントリーモデルで価格を抑えながらもどうにかしてプレミアム感を出そうというプレミアムブランドの意地が、装備から垣間見えます。

1.0 TFSとSportの装備、特徴、異なる点

1.0TFSI 1.0TFSI Sport
  • リヤフォグライト
  • ノーマルエグゾーストテールパイプ
  • アルミホイール5アームデザインコントラスト グレー6J×15
  • 185/60R15タイヤ
  • 標準シート
  • ファブリック(Zeltgeistクロス)
  • 高さ調整機能(運転席のみ)
  • エアコン吹き出し口カラードスリープマットブラック
  • ダイナミックサスペンション
  • フロント・リヤフォグライト
  • ハイグロスエグゾーストテールパイプ
  • アルミホイール5アーム・ダイナミックデザインコントラストグレー・パートリーポリッシュト8J×16
  • 215/45R16タイヤ
  • スポーツシート(フロント)
  • ファブリック(Herzklopfenクロス)
  • 高さ調整機能(運転席/助手席)
  • ランバーサポート
  • アルミニウムルックインテリア
  • エアコン吹き出し口カラードスリープブラック ハイグロス
  • ドアシルトリム アルミニウム
  • スポーツサスペンション
※二つのグレードで異なる装備を集めました。

スポーツシートやスポーツサスペンション以外にも、案外色々な部分で違いが出ていますね。

インテリアがシンプルなのは同じですが、同じ「シンプル」という印象の中でもSportからは少し豪華さを感じられます。素材や装飾が若干強化されているからでしょう。

個人的にとても良いなあと思うのは、高さ調整機能とランバーサポートです。

シートの調整が手動な点は残念に思う方も多いかもしれませんが、ここもエントリーモデルの愛嬌というものでしょうね。

A1が手動だからこそ、電動調整機能を搭載できるモデルに価値が生まれるわけですから、手動であることはA1の価値を下げる原因にはなりません。

それよりも、その機能がベースグレードでも搭載されており、Sportでは助手席にも搭載される点。そして、スポーツシートと併せてランバーサポートを搭載している点を高く評価したいです。特にランバーサポート!

スポーツシートのホールド力を高めて、より加速の楽しさなどを実感するには、ランバーサポートはあった方が良いんです。

これまたスポーツサスペンションのように、A1 Sportbackにとって必要不可欠ではないかもしれませんが、あった方がワクワクしますよね。

1.4 TFSI Cylinder on Demand Sport装備、特徴、異なる点

  • LEDリヤコンビネーションライト
  • エクステリアミラーハウジングボディカラー
  • パドルシフト
  • オートマチックエアコンディショナー
  • LEDインテリアライティングパッケージ
  • アウディドライブセレクト
  • アドバンストキーシステム

1.4TFSIのみの装備を挙げました。

パドルシフトを搭載して車を操っているという感覚をより体感しやすくなっているところが、個人的には気に入っています。

7段変速Sトロニックという擬似マニュアルのようなシフトチェンジモードもあるんですが、それでもシフトチェンジは自動です。あくまで、トルク感などのダイナミック性を高めて自分で操作している感覚を演出するものですからね。

ただ、パドルシフトは違います。実際にシフトチェンジを自分でもできるという、面白さがあるんです。

AT車が主流な現代では、こういうマニュアルチックな演出が必要とされているのではないでしょうか。

また、走行状況や運転手の好みによって走行特性を選択することのできる「アウディドライブセレクト」も搭載しています。

これは、Sトロニックを含むエンジン、パワーステアリングといった走行感覚に関わる部分を統合、コントロールするものです。

選択できるモードは「コンフォート」「オート」「ダイナミック」「EFFICIENCY」の四つ。

例えば、コンフォートを選ぶと快適性と静けさ重視になり、ダイナミックを選べばスポーティさ重視の走りになります。

市街地ではコンフォート、高速道路や開けて車どおりの少ない郊外なんかではダイナミックを選べば、楽しく快適なドライブが楽しめるわけです。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

A1 Sportbackの特徴を価格・性能・装備の三つから見てきましたが、各グレードについて知ると、この車は実用性重視でありながらも面白さを追求しているような印象を受けますよね。

そしてその面白さは、グレードが上がるにつれて磨きをかけていく……。

そこで、各グレードの面白さはどこにあるのか、どういう人にオススメなのかを、考えてみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
1.0TFSI ☆☆☆ シンプルで軽快な走りを楽しみたい方へ。
1.0TFSI Sport ☆☆☆☆☆ 軽快かつダイナミックな走りを楽しみたい方へ。
1.4TFSI Cylinder on demand ☆☆☆☆ システム面に支えられた面白い走りを楽しみたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

1.0 TFSIの評価

1.0TFSIはベースグレードであり、本来のアウディA1 Sportbackでもあります。インテリアも装備も、走りも全てがシンプルです。

特に走りに関してはダイナミックサスペンションによってエンジン性能そのままといった走りが楽しめるため、A1 Sportbackがどういう車かを知るには一度は体験してみて欲しいところと言えます。

また、1.0TFSIの走りはとても軽快です。この価格でこの走りが毎日楽しめるなら、安いものではないでしょうか。

1.0 TFSI Sportの評価

必要かどうかじゃない、ワクワクするから買うんだ。

アウディA1 Sportbackの性能や実用性や機能性重視の観点からすると、確かにスポーツサスペンションは不要かもしれません。

「3気筒にスポーツサスペンションなんて搭載させてどうするんだ、4気筒以上だろうが」という意見があるのは理解しています。

ただ、必要かどうかではないんですよ。

「これは必要だから搭載させよう、不要だから外そう」と必要性だけで車作りをしているなら、アウディはここまで有名ブランドになっていないでしょう。車に必要なのは「必要性や必然性」よりも、「ワクワク」です。

それが無ければ、車はただの移動手段になってしまいます。

移動手段としての側面はA1 Sportbackはベースグレードで完成されていて、後はどうやって乗る人をわくわくさせてやろうかという一点の勝負なんです。

個人的には、3気筒のスポーツサスペンションは、とてもわくわくさせられます。

1.0TFSIでも気持ちよかった走りを、エンジン性能を変えないまま、どのように調整しているのか。その走りの気持ちよさ・加速のスポーティさとはどれほどのものか。考えるだけでワクワクしてきませんか?

「わくわくする」と答えた方には、このグレードがオススメです。

1.4 TFSI Cylinder on Demand Sportの評価

1.4TFSIは4気筒でスポーツサスペンションを搭載し、更に走行特性を選択できる機能も搭載。走りに関しての「わくわく」が詰まっているグレードと言えるでしょう。

そんなこのグレードの面白さは、特にシステム面に支えられているなあという印象があります。

燃費重視の走りから快適性重視、スポーティさ重視の走りまで様々な走行特性を選べる点。そして、パドルシフトやSトロニックなどといった擬似マニュアル演出。

これらのシステム面が充実しているからこそ、どんな道をどう走るときでも「わくわく」できる面白さを感じられるんです。

単なる4気筒ターボエンジン搭載車というだけでは、面白さは半減するでしょうね。

アウディ A1 Sportbackの総合評価

車は移動手段という実用品でありながら、楽しむための趣向品でもあります。

アウディはその両方を大事にしているという印象があるんですが、A1 Sportbackはグレード設定によって両方のレベルを引き上げていると言えるでしょう。

この車は、実用品としての性能をベースグレードで完成させ、グレードアップしていくにつれて趣向品としての性能がアップするグレード設定になっています。

だからこそ、エントリーモデルとして価格を抑えながら実用性・楽しさ両方を高めることができているわけです。

プレミアムブランドとしてはエントリーモデルであっても低めの価格設定になっていて、手が出しやすく、それでいて面白くて「欲しいなあ」と思わされますよねえ。

本体価格300万円未満のグレードがある……これなら買えるかもしれないと、顧客を引き込むためのエントリーモデルとしてとても相応しい車だと言えるでしょう。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です