BMW Xシリーズ X1 グレード毎に特徴を比較、魅力をまとめてみた!

BMWXシリーズX1

X1は、なんと前輪駆動! そこに4輪駆動システムを搭載するという、後輪駆動が基本のBMWとしては、とても珍しい設計になっています。

BMWらしい走りとは少し異なりますが、それはそれで面白いでしょう。国産車はFFが主流ですから、こちらの方が馴染み深くて良いという方も多いと思います。

FFになることでラゲージルームが拡大される、後部座席の居住性が高くなるなどの利点もありますからね。それに、これからじっくりと特徴を見ていく中で判明しますが、X1は無理に後輪駆動ベースでなくても良いんです。

そんなX1の特徴を、グレードごとに紹介しましょう。

Xシリーズ X1 グレード表

グレード名 価格
X1 sDrive18i 4,050,000円
X1 sDrive18i xLine 4,330,000円
X1 xDrive18d 4,490,000円
X1 xDrive18i M Sport 4,510,000円
X1 xDrive18d xLine 4,770,000円
X1 xDrive18d M Sport 4,950,000円
X1 xDrive20i 4,950,000円
X1 xDrive20i xLine 5,140,000円
X1 xDrive20i M Sport 5,330,000円
X1 xDrive25i xLine 5,920,000円
X1 xDrive25i M Sport 6,140,000円

X1にはグレードが十二個あり、その最低価格と最高価格の差は約200万円となっています。

個々のグレードの価格差を見ても、価格差が最大200万円ということを見ても、抱く感想はひとつです。「BMWにしては価格差が小さいな」ということ。

「18i」「18d」「20i」「25i」という大きな塊ごとに性能が異なるんですが、その性能差が小さいのではないかということが予想できますね。性能と装備がグレードごとにどれほど異なるのか、これからじっくりと見ていきましょう。

各グレードの特徴や違いを解説

価格差から、性能の違いがそれほど大きくはないのではないかということを予測しました。

実際のところはどうなのか? 装備に関しては一旦置いておくとして、まずは性能を基準にして各グレードの違いを説明します。

X1 sDrive18i/ xLine/ M Sport

18iは、直列3気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。BMWの車を見ていると、なかなか「3気筒」という文字にはお目にかからないですよね。

最低でも4気筒というモデルがほとんどなので、これには驚きを隠せないという方も多いと思います。

ただ、実際国内でゆったり走る分には、3気筒で必要十分なんですよ。

このエンジンの性能が、最高出力100kW/4,400rpm、最大トルク220Nm/1,250~4,300rpmなんです。アクセルを踏んですぐに最大トルクが発生して、それに引っ張られるようにして80km/hまでスムーズに速度が上がります。

最高出力に要する回転数が低いため、胸躍るような加速感覚は得られませんが、高速道路で楽なドライブがしたいという場合にはとても良いエンジンです。

加速を楽しんで遊ぶのには使えませんが、実用的なエンジンとしてとてもレベルが高いと感じます。

そしてもうひとつ、18iには特徴があります。

このグレードだけ「xDrive」じゃなくて「sDrive」なんですよ。xDriveはBMWの誇る4輪駆動システムで、駆動力配分をシームレスに最適化してくれるというもの。それではsDriveとは何かというと、二輪駆動です。

こうして見ると、18iはSUV=スポーティな多目的利用車の「スポーツ要素」を控えめにして、普段使いに用途を絞っているなあと感じますよね。

X1 xDrive18d/ xLine/ M Sport

18dは、直列4気筒DOHCディーゼルエンジンを搭載したグレードです。18iと比べると、とても大きな変化をしていますよね。そんな18dの最高出力は110kW/4,000rpm、最大トルクは330Nm/1,750~4,000rpmとなっています。

最高出力はそれほど変わっているようには見えないかもしれませんが、最大トルクの向上が凄まじいです。

発進するためにアクセルを踏んだ瞬間発生する力強さが、とても気持ちいい。出足からスッキリとしていて凛々しく加速してくれるために、信号の多い市街地でストレスを感じることがありません。

少しアクセルを深めに踏み込むと、ワクワクするようなトルクが体全体に伝わってきます。

1,500rpm程度で60km/hで流せるため、市街地での巡航中は室内は驚くほどに静かで快適です。ディーゼルエンジン特有の音や振動も少なく、ガソリン車よりもエンジン音が抑えられているように感じます。

そして、2,000rpmを超えたあたりで加速度が一気に膨らみ上がり、ドライバーの気分もグワッと高まります。

3気筒はあまりスポーティな印象を感じませんでしたが、この4気筒ディーゼルは紳士的な側面とスポーティな側面両方を併せ持っているんです。

落ち着いた走りを主体として快適に走り、たまに加速してみると面白いですよ。

燃費性能もJC08モードで19.6km/Lと、この手の車にしては低燃費! キラキラとした魅力溢れる車です。

X1 xDrive20i/ xLine/ M Sport

20iは、直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載したグレードです。最高出力は141kW/5,000rpm、最大トルクは280Nm/1,250~4,600rpmとパワフルなものになっています。

単純なパワーだけならディーゼルのほうが上かもしれませんが、20iの長所はなんといっても加速の鋭さです。

アクセルを踏み込んだ瞬間に大きなパワーが得られるのはディーゼル同様ですが、20iの特徴は中間加速から高速域にかけての気持ち良さ。

トルクの橋渡しがとても丁寧で、シフトが切り替わる感覚がほとんどなく、グングン加速していってくれます。

思わず「これはいい」と声が漏れてしまうほどに、加速感覚は鋭くスムーズ。4気筒という言葉からイメージするよりもずっとスポーティな走りが楽しめます。路面に張り付くような足回りとあいまって、とても走りやすい。

エンジン性能に過不足が全くなくて、必要十分という範囲内で思い切り楽しく運転できます。

X1 xDrive25i xLine/ M Sport

同じく4気筒エンジンを搭載しているんですが、最高出力が170kW/5,000rpm、最大トルクが350Nm/1,250~4,500rpmと20iよりも性能が向上しています。

発進時の加速の圧倒的鋭さ、中間加速の伸びの良さに加えて、高回転域での心が躍るような走りの楽しさを味わえるようになりました。

重厚で地に足がついたような濃厚な運転感覚でありながらも、加速は軽い。パワーステアリングが重い設定になっているというX1全体を通した特徴と相まって、車を運転しているという実感が他のグレードよりも真に迫って得られます。

放たれた矢のように加速しながら直進をし、曲がるときには粘り強く濃厚な走行感覚で曲がりやすい。

少し乱暴に扱ったとしてもグイッと曲がってくれて、安定感が高い。それはX1通しての魅力でもありますが、25iになって、それがより強調されたような感じがします。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

性能を基準にして特徴を見てきましたが、派手な違いは無いものの細かい走行感覚には違いがあるということがわかりましたね。

基本は全部4気筒で、ディーゼルとガソリンエンジンがあり、ひとつだけ3気筒もある。幅を持たせてユーザーに選ばせようという心遣いが見えるようです。

今度は先ほど置いておいた装備を基準にして、各グレードの特徴を見ていきましょう。

なお、装備内容はBMWのWEBページやWEBカタログから抜粋しています。
https://www.bmw.co.jp/ja/footer/contact/brochure.html

全グレード共通標準装備

  • 60;40分割スライディング・リヤ・シート
  • 40:20:40分割可倒式リヤ・シート
  • 可倒式フロント・シート(助手席)
  • コンフォート・アクセス(スマート・オープン/クローズ機能付)
  • iDriveナビゲーション・システム
  • iDriveコントローラー
  • リヤ・ビュー・カメラ
  • PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)
  • ドライビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • コースティング機能
  • エンジン・オート・スタート/ストップ機能
  • ブレーキ・エネルギー回生システム
  • 電動パワー・ステアリング
  • シフト・インジケーター

X1は実用性を重視しているということが、標準装備を見ているとわかりますよね。特に強くそう感じる部分が、シート周りです。

スライドシートと可倒式シートで、ラゲージルームの拡張が出来る点がとても良いですよね。助手席を折りたたむことができるというのが、何気にうれしいです。

これで自転車やスキー板も積み込めますよ。

X1はスポーツ走行をして遊ぶ車というよりも、「スポーツアクティビティに出かけるための車」といったイメージですね。

自転車を使ったサイクリングやポタリングに出かけたり、スキーに出かけたり、ソロキャンプに出かけたりするには最適です。

また、実用性重視と感じるのはシートやラゲージ周りだけではありません。

アイドリングストップやエネルギー回生システムなど、燃費を抑えるためのシステムが多数搭載されている点からもそう感じられます。

それに加えて、走行中にアクセルから足を離してブレーキを踏まずにいると、最高160km/hまで惰性走行を行うことができるというコースティング機能も搭載。

燃費を抑えて室内を使いやすくするという、近年の国産車のような取り組みをしています。

xLineの装備

  • ドア・シル・プレート(BMWロゴ、アルミ・インサート付)
  • クロス・トラック・クロス/レザー・コンビネーション・シート(カラー:グラナイト・ブラウン/ブラック)
  • ハイグロス・ブラック・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト
  • 左右独立温度調節機能付オートエアコン(オートマチック・リサーキュレーティング・エアコントロール)
  • 後席用エア・アウトレット(風量・温度調節機能付)
  • ステンレス・スチール製ラゲージルーム・シル・プレート
  • クローム・アクセント付リモートコントロールキー
  • PDC(フロント&リヤ、ビジュアル表示機能付)
  • パーキング・アシスト
  • 18インチYスポーク・スタイリング569アロイ・ホイール
  • フロント・エプロンのアンダー・ガード(マット・シルバー)
  • リヤ・エプロンのアンダー・ガード(ブラック・シルバー/マット・シルバー)
  • サイド・スカートのインサート(マット・シルバー)
  • クローム仕上げキドニー・グリル(マット・シルバー・バー)

エクステリアの各所にツヤ消し加工のようなものが施され、大人しくもワイルドな印象になりましたね。

装備のほとんどが内外装の雰囲気作りのためのものですが、中には空調の機能や駐車支援機能のグレードアップなど実用的な追加点も見られます。

見た目の雰囲気だけで選ぶのも良いかもしれませんが、それだけで通常グレードかxLineかM Sportのどれを選ぶのかを判断すると、痛い目を見るかもしれませんよ。

それはどうしてなのか、詳しくはM Sportの装備を見ながら語りたいと思います。

M Sportの装備

  • ドア・シル・プレート(Mロゴ、アルミ・インサート付)
  • スポーツ・シート(運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
  • マイクロ・ヘキサゴン・クロス/アルカンタラ・コンビネーションシート
  • アルミニウム・ヘキサゴン・インテリアトリム/パール・グロス・クロームハイライト)
  • BMW Individualアンソラジット・ルーフライニング
  • マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
  • M Sport専用リモート・コントロールキー
  • パーキング・アシスト
  • 18インチMライト・アロイホイール・ダブルスポーク・スイタイリング570M:7.5J×8Jホイール、225/50R18タイヤ(ランフラット・タイヤ)
  • Mエアロダイナミクス・パッケージ
  • BMW Individualハイグロス・シャドーライン・エクステリア
  • BMW Individualハイグロス・シャドーライン・ルーフレール
  • クローム仕上げキドニー・グリル(ハイグロス・ブラック・バー)
  • Mスポーツ・サスペンション
  • Mエクステリアバッジ

M SportはxLineと違って、艶やかな加工がされているのが特徴的です。艶やかでありながらも陰影のメリハリがしっかりしていて、精悍な顔つきに仕上がっています。

インテリアはブラックを基調とした落ち着きのある雰囲気になっていて、これまた艶やかなエクステリアと対比になっていて良いですよね。

そんなM Sportですが、見た目だけで選ぶと痛い目を見ると語った理由は「スポーツ・サスペンション」にあります。

元々X1は若干硬めのサスペンション設定になっているんですが、スポーツ・サスペンションはそれよりさらに硬いです。市街地走行をメインで、あまりガンガン加速しないという方がM Sportを選ぶと、少々足回りが硬くなりすぎます。

選ぶ動力性能によっても微妙に合う・合わないがあるため、注意が必要です。18iにはちょっと硬すぎますね。それ以外だと合わないことはありませんが、自分にスポーツ・サスペンションが必要かどうかはしっかりと考えましょう。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

価格・性能・装備と解説していく中で、X1は実用性重視なSUVであることがわかりましたね。

ただ、実用性だけを重視するのか、実用性重視の中でもスポーティな走りを重視したいのかによって、選ぶべきグレードは変わるでしょう。選ぶ幅が広くて、迷う方も多いと思います。

そこで、どんな人がどんなグレードを選ぶべきなのかを、独断と偏見で考えてみました。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
X1 sDrive18i ☆☆☆ 市街地走行メインな方へ。
X1 xDrive18d ☆☆☆☆☆ アクティブに色々な場所へ出かけながらも、燃費を出来るだけ抑えたい方へ。
X1 xDrive20i ☆☆☆☆ パワフルな車でスポーティな走りを楽しみつつ、出かけたい方へ。
X1 xDrive25i ☆☆☆ 出来るだけ性能にこだわりたい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

X1 sDrive18i/ xLine/ M Sportの評価

市街地走行での買い物や通勤・送迎がメインで、あまりアクティブに出かけていかない方なら18iで十分でしょう。日本国内の道路交通事情であれば、楽々と流れについていけますよ。

ただし、3気筒に少しでも不安があるのであれば、18d以上のグレードを購入する方が懸命だと思います。

X1 xDrive18d/ xLine/ M Sportの評価

X1で最もオススメしたいのが、18dです。

実用性重視のクロスオーバーSUVというX1の特徴を考えると、ディーゼルが一番キャラクターに合うんですよね。ディーゼルエンジンの特徴は「実用性重視」ですから。

発進時から太いトルクが出る点や、比較的少ない回転数で加速ができる点から、実用性重視と言えるんですよ。

それでいてパワフルで加速するのも楽しく、ワクワクさせられる。

アクティブにいろんな場所に出かけたくなるし、スポーツアクティビティにも利用したくなる。普段使いで運転していても、目的地に着くのが名残惜しく感じるくらいに出来がいいんです。

実用性重視のSUVとして求められるもののほとんどを持っていると言えるんじゃないでしょうか。

X1 xDrive20i/ xLine/ M Sportの評価

実用性重視でありながらもスポーティな走りも楽しみたいという方にオススメなのが、20iです。ガンガン加速したいという方は、ディーゼルよりもガソリンエンジンの重厚感のある走り心地のほうが好ましいでしょうからね。

また、単純に性能がディーゼルよりアップしているということもあり、加速を楽しみたい方にはもってこいなグレードというわけです。

M Sportを選んでスポーツシートのホールド感を得て、硬いサスペンションで高速走行中の安定感を高めるのも良いでしょう。

X1 xDrive25i xLine/ M Sportの評価

出来る限りで性能にこだわりたいと思っている方には、25iです。個人的には「25iをオススメしたい」という気持ちはあまりなく、M Sportが最も映えるグレードという評価をしています。

25iでM Sportを選べば、スポーツアクティビティに出かけるための車というだけでなく、走りを楽しむための車とも言えるようになるでしょうね。

Xシリーズ X1の総合評価

X1は1シリーズの延長線上にあるSUVで、兎にも角にも実用性が重視されています。高性能であることよりも普段使いの快適性と、出かける際の利便性を追求しているんです。

また、この車の面白さや魅力は、アウトドア系の趣味を持っている方にこそ最大限引き出せるものとなっています。

アウトドアをあまりしない方にとっても良い車なんですが、良さを最大限引き出しているかと問われると首を傾げざるを得ません。

シートアレンジの豊富さ、粘り強く地に足着いた走り心地など全てを活かすならアウトドアに出かけるべきです。普段使いのしやすさだけを追求するなら18i、それ以外も楽しみたいなら18d以上。

個人的には、アウトドア好きにこそ楽しんで欲しいから18d以上のグレードを選ぶことを推奨します。

アウトドア好きでなくても、この車をきっかけにスポーツ・アクティビティを楽しんで欲しいものですね。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です