BMW 5シリーズ M5セダン グレードを分析、M5セダンってどんな車?

BMW5シリーズM5セダン

痺れる、カッコイイ、M5セダン。

驚くほど平坦なボンネットに、BMW特有のグリル周り、点灯と同時に煌びやかに輝くヘッドライト……全ての要素が、見る者を痺れさせます。

5シリーズセダンの魅力ひとつであるデザインが、ハイパフォーマンスカーとなったことによって、より強調された感じがしますよね。

M5セダンは見た目に痺れて、走りに痺れる驚きのハイパフォーマンスカー。4ドアセダンなのにスポーツカー並みの走りをしてくれるということで、知れば誰でも欲しくなる車です。

そんなM5セダンの特徴や魅力を、徹底的に紹介しましょう。

5シリーズ M5セダン グレード表

グレード名 価格
M5 15,660,000円

グレード数は、M5のひとつだけです。「M5」という名を冠するグレードだけという設定が、メーカーの自信を感じさせますよね。

これ一本で勝負できる、十分だという堂々とした自信が伝わってくるようで、とてもワクワクします。

価格は1566万円ととんでもないですが、その分パフォーマンスもとんでもないはずです。

各グレードの特徴や違いを解説

M5セダンの特徴を知るには性能と装備の二つを知らなければなりませんが、二つを一度に見るには性能が特徴的すぎます。

まずは性能だけを取り上げて、説明しましょう。価格とグレード数を見せられたら、嫌でも期待が高まりますよね。

M5

M5は、4,394ccのV型8気筒DOHCエンジンを搭載しています。その最高出力は412kW/6,000rpmで、最大トルクは680Nm/1,500~5,750rpmです。

この数字を見ただけでも、モンスターマシンだということがわかりますよね。

紳士的な見た目とは裏腹に、エンジンを入れた途端に男らしい叫びを上げる。

アクセルを踏めば、その叫び声と共に速度が「あっ」と言う間に上昇し、少しでも踏み込もうものなら市街地では許されない速度になっていきます。

アクセルを踏んでからのタイムラグは一切感じず、読んで字の如く「踏んだ瞬間」に速度が上がるんです。

市街地ではアクセルを全然踏み込まなくとも、余裕で流れを牽引できます。紳士的に走る分には、力を入れなくても良いために非常に楽です。

ハイパフォーマンスカーで市街地を流すのは我慢の連続でしんどいかと思ったら、ストレスなんて微塵も感じさせられなくて驚きました。

そして、高速道路に出て無遠慮にアクセルを踏み込んだ途端、M5は性格を変えるんです。

余裕ある笑みを浮かべながらエスコートする紳士から、どんな遠くの獲物も捉えて追いかけていくチーターに変貌を遂げる。

冷徹でありながらも情熱的な走りをする、冷静に獲物を追い込んで狩りをする肉食獣のように、浅い踏み込みでキレ味の鋭い加速をしてくれるんです。ポーカーフェイスで、とんでもない爆走をする……凶暴な性格。

運転しているときの没入感は、本当に凄いですよ。

筋骨隆々な体をタキシードで隠すような、凶暴な性格を笑顔の下に隠すような、そんな恐ろしさを持った車です。

装備を基準に各グレードの特徴を見てみる

M5セダンの性能を見てきましたが、実に恐ろしくも頼もしいモンスターマシンですよね。

大人しく紳士的なイメージがある4ドアセダンを、これまで凶暴な性格にしてしまうところが、実に面白いです。Mシリーズの良いところと言えるでしょう。

性能を見たところで、今度は装備を基準にM5セダンの特徴を説明します。

なお、これから挙げる装備内容は公式ページから一部抜粋したものです。
https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m5-sedan/2013/at-a-glance.html

全グレード共通標準装備

  • Mキドニー・グリル
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • 20イチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング
  • (フロント)9J×20 265/35ZR20タイヤ
  • (リヤ)10J×20 295/30R20タイヤ
  • Mマルチファンクション・レザー・ステアリングホイール
  • Mレザー・シート(サイド・サポート付)
  • アクティブMディファレンシャル
  • Mカーボン・セラミック・ブレーキ・システム
  • Mサーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • Mダイナミック・ダンピング・コントロール(ノーマル、スポーツ、スポーツプラス)
  • M Driveボタン
  • Mダイナミック・モード
  • ブレーキ・エネルギー回生システム
  • iDriveコントローラー
  • BMWヘッドアップ・ディスプレイ
  • BMWナイト・ビジョン(歩行者検知機能付)
  • カメラ・システム
  • アクティブ&パッシブ・セーフティ

足回りや安全装備から快適装備まで、充実していますね。

ヘッドアップディスプレイはどんな情報を映し出すかを選ぶことができ、iDriveシステムもメニューを弄ると様々なことを選択・変更することができます。M5セダンの装備は「運転手に選ばせる」「乗り手にゆだねる」部分が絶妙ですね。

選ばせるということで言えば、ダイナミック・ダンピング・コントロールが特徴的。「ダンピング」という言葉から想像ができるとおり、好みに合わせてサスペンションを調整することができるものです。

快適な走りを重視したノーマルモード、快適性とスポーツ性の中間を取ったスポーツモード、そしてスポーツ性重視のスポーツ・プラスモード……。

そして、Mダイナミック・モード!

これを選択すると、ホイールのスリップを一定限度まで容認するようになります。「怖いなあ」と思うかもしれませんが、物理的な限界に近づくとDSCが作動するので最低限の安全は保たれていますよ。

運転に自信が無い人は選ばないほうがいいかもしれませんが、運転に自信があってダイナミックな運転感覚を楽しみたい方は選択してみてください。

このように「走りを楽しむ」システムがあって多少無茶できるつくりになっている一方で、安全性も重視されています。

制動力の高いブレーキシステムを採用しているから、無茶をしていてもしっかり止まる。

パワーステアリングの調整がうまくできているために、高速走行していても曲がりやすい。

夜に歩行者を検知してくれるナイトビジョンで事故を起こしづらくしているし、カメラ・システムで視認性の悪いところでの視界もバッチリ確保できます。

走りの楽しみは、安全性が確保されていてこそです。

安全でなく、快適でもなければ、運転の楽しみや加速の面白さを素直に感じることはできません。

ハイパフォーマンスなだけでなく、快適性も安全性もしっかりしていて、その上でスポーティな走りを支える装備が多く、M5セダンはスポーツセダンとしてとてもクオリティが高いと実感しますね。

各グレードの評価 こんな方にオススメ!

性能と装備を見てきたところで、M5セダンの特徴が掴めてきたのではないでしょうか。

性能だけを見ると完全に化け物じみていますが、装備は案外やさしいですよね。

安全性と快適性が重視されているのを実感して、「あ、セダンなんだな」という安心感を覚えます。

最後に、そんなM5セダンの個人的な評価をお伝えしましょう。

グレード名 評価 こんな人にオススメ
M5 ☆☆☆☆ 快適なモンスターセダンが欲しい方へ。
※評価は5段階でオススメ度を表しています。

M5の評価

M5セダンは、モンスターマシンです。

ただ、一言で「モンスターだ」と語れないんですよ。M5セダンのエンジンは、回転数によって表情を変えるから。

3,000rpmまでの回転数だと、パワフルなエンジンだなという印象を受ける程度です。スロットル操作に対して従順に反応してくれるために扱いやすく、スピードコントロールも楽。

快適な走り心地が楽しめるでしょう。やさしく運転手を導いてくれる、ジェントルマンです。

3,000rpmを超えてくると、途端に顔色を変えます。

圧倒的加速力、他の追随を許さないスピード感、運転手ながらに畏怖せざるを得ないような奇妙な感覚を覚えるようになるんです。

3,000rpmまでは紳士ですが、3,000rpm以上になると化けの皮が剥がれて、完全なモンスターが姿を現します。

5,000rpmを超えると、公道で試すと痛い目をみる。

「快適なモンスターセダン」と表現した理由は、基本的にM5セダンが快適性重視の車だからです。

3,000rpmまでの走りは本当にコンフォートですし、快適な室内装備、操作系統が揃っています。セダンとしての居心地の良さも、忘れられてはいません。

そして、3,000rpmを超えるとモンスター級の走りを楽しめるようになる。

凶暴性が強いだけでなくて快適なところが、オススメの理由なんです。

5シリーズ M5セダンの総合評価

M5セダンを購入する際、比較対象となるのは5シリーズ セダンでしょうか。

M3セダンと比較する方もいるでしょうが、シリーズが違うと装備などの特徴が異なるので比較しづらいかもしれませんね。

いずれにせよ、個人的にはM5セダンは比較対象が無いと感じています。

5シリーズ セダンと比較したとしても、比べ物にならないんですよ。

V8エンジンなんて設定されていないし、5シリーズ セダンは一番上のグレードでやっと6気筒エンジンが搭載されるくらいです。

それでも高速域での加速は素晴らしいんですが、スポーツ性より快適性重視なので、スピードマニア的には物足りません。

M5セダンは、完全にスポーツ性重視でありながらも、セダンとしての快適性も抜群。

だから、比較対象は存在せず、孤高の存在と言えるのではないでしょうか。この車を欲しいと思う方で、買えるだけの状況が整っているなら、比較せずとも購入するのだと思います。それくらいの価値は、十分にある車ですよ。

 

車を安く乗り換える上で最も大切なこと
ご存知ですか?


車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。

私はこの方法で毎回新車を30万円安く購入しています。覚えておいて損はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です